初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタの新型車・新車 モデルチェンジ全情報【2018年最新版】

日本を代表する自動車メーカー・トヨタ。2018年も注目の新型車が目白押しです。2018年内・2019年以降に予定されているトヨタの新型車・新車のモデルチェンジに関する全情報を掲載しているので、まとめてチェックしてしまいましょう。

2018年以降注目の新型車・新車 モデルチェンジ情報

最新モデルチェンジ一覧カレンダー

発売日(未確定含) 車名【モデルチェンジの分類】
2018年 1月8日 トヨタ アルファード【マイナーチェンジ】
トヨタ ヴェルファイア【マイナーチェンジ】
6月22日 トヨタ センチュリー【フルモデルチェンジ】
6月26日 トヨタ クラウン【フルモデルチェンジ】
トヨタ カローラスポーツ【新型車】
冬頃 トヨタ アクア【フルモデルチェンジ】
2019年 春頃 トヨタ RAV4【フルモデルチェンジ】
9月頃 トヨタ カローラフィールダー【フルモデルチェンジ】
トヨタ カローラアクシオ【フルモデルチェンジ】
年内前半 トヨタ スープラ【フルモデルチェンジ】
年内後半 トヨタ エスティマ【フルモデルチェンジ】
年内 トヨタ TJクルーザー【新型車】
トヨタ GR HVスポーツコンセプト 【新型車】
トヨタ セリカ【フルモデルチェンジ
トヨタ ハイエース【フルモデルチェンジ】
トヨタ MIRAI【フルモデルチェンジ】
2020年以降 - トヨタ MR2(MR-S)【フルモデルチェンジ】
- トヨタ ランドクルーザー【フルモデルチェンジ】
発売日不明 - トヨタ 2000GT【フルモデルチェンジ】

【2018年最新】注目の新型車・新車 モデルチェンジまとめ

2018年にモデルチェンジされた、もしくはモデルチェンジが予想されている注目の新型車と新車の最新情報についてまとめました。

【2018年1月】新型アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジ

新型アルファード

新型ヴェルファイア

2018年1月8日、大型高級ミニバン「アルファード」および「ヴェルファイア」のビッグマイナーチェンジモデルが発売されました。エクステリアデザインの変更、インテリアの高級感アップ、新型V6エンジンの採用、次世代型トヨタセーフティセンスの全車標準装備など、大幅な変更が施されています。

新車車両価格:335万〜751万円(税込)

新型アルファード/ヴェルファイアについて詳しくはこちら

【2018年6月】新型センチュリー フルモデルチェンジ

新型センチュリー

2018年6月22日、トヨタブランドの最高級セダン「センチュリー」が3代目にフルモデルチェンジされ、販売を開始しました。内外装の刷新やボディサイズの拡大、V12エンジンの廃止、V8ハイブリッドの採用、次世代型トヨタセーフティセンスの搭載など、フラッグシップモデルに相応しい進化を遂げています。

新車車両価格:1,960万円(税込)

新型センチュリーについて詳しくはこちら

【2018年6月】新型クラウン フルモデルチェンジ

新型クラウン

2018年6月26日、トヨタを代表する高級セダン「クラウン」が15代目へとフルモデルチェンジされ、販売を開始しました。
新型クラウンでは、これまで設定されていた「ロイヤル/アスリート/マジェスタ」を廃止してグレードを一本化。TNGAプラットフォームをFR車で初採用し、車載通信機DCMを全車標準搭載してコネクティッド機能が利用可能になるなど、大幅な進化を遂げました。

新車車両価格:460万~719万円(税込)

新型クラウンについて詳しくはこちら

【2018年6月】新型カローラスポーツ 新型車

新型カローラスポーツ

2018年6月26日、オーリスの実質的な後継車種となる新型ハッチバック「カローラスポーツ」が発売されました。カローラシリーズとしては、12代目カローラへのフルモデルチェンジに際して、先陣を切る形で市場投入されるモデルとなります。
注目のポイントは、TNGAプラットフォームの採用やハイブリッドエンジンの設定、車載通信機DCMによるコネクティッド機能の搭載、次世代型トヨターセーフティセンスの全車標準搭載などです。

新車車両価格:214万~269万円(税込)

新型カローラスポーツについて詳しくはこちら

【2018年冬頃】新型アクア フルモデルチェンジ予想

現行型アクア

トヨタのコンパクトハイブリッド「アクア」のフルモデルチェンジが、2018年冬頃に行われると予想されています。

主な変更点としては、内外装の変更やパワートレインの一新、TNGAプラットフォームの採用、トヨタセーフティセンスのアップグレードなどが予想され、JC08モード燃費は40km/Lを達成するとのこと。価格は据え置きで、ベースグレードは178万円、上位グレードは188万円程度になるとの予想です。

発売日予想:2018年冬頃
新車車両価格予想:据え置き(178万~253万円)

新型アクアについて詳しくはこちら

2019年以降の新型車・新車 モデルチェンジ注目車種まとめ

2019年以降のモデルチェンジが予定・予想されている、注目の新型車と新車の最新情報についてまとめました。

【2019年春頃】新型RAV4 フルモデルチェンジ

新型RAV4

フルモデルチェンジで5代目となるクロスオーバーSUV「RAV4」の日本発売が、2019年春頃に予定されています。

3代目RAV4以降、約2年ぶりに国内での販売を再開する新型RAV4。すでに2018年3月のニューヨークモーターショーで実車が公開されており、ハイブリッドエンジンや電気式4WDシステム、次世代型トヨタセーフティセンスの採用といった詳細が明らかになっています。

発売日:2019年春頃
新車車両価格予想:300万~450万円台

新型RAV4について詳しくはこちら

【2019年9月頃】新型カローラフィールダー/アクシオ フルモデルチェンジ

現行型カローラフィールダー

現行型カローラアクシオ

カローラシリーズの12代目へのフルモデルチェンジに際して、先陣を切る形で発売されたハッチバックモデル「カローラスポーツ」。カローラのステーションワゴンモデル「カローラフィールダー」とコンパクトセダンモデル「カローラアクシオ」においても同様に、フルモデルチェンジが予定されています。

新型カローラフィールダーおよびカローラアクシオでは、TNGAプラットフォームが採用され、ボディサイズは従来の5ナンバーサイズから海外仕様に合わせた3ナンバーサイズに拡大。パワートレインにはカローラスポーツと同様の1.8Lハイブリッドと1.2Lターボが設定される他、BMW製の1.5Lクリーンディーゼルが追加されるとの噂もあります。

発売日予想:2019年9月頃
新車車両価格予想:現行価格より値上げ
※現行型フィールダー:166万~254万円
※現行型アクシオ:151万~248万円

新型カローラフィールダー/カローラアクシオについて詳しくはこちら

【2019年前半】新型スープラ フルモデルチェンジ

新型スープラ スパイショット

2002年に販売を終了したスポーツカー「スープラ」が、5代目モデルへとフルモデルチェンジされ、2019年前半に発売される予定です。

BMW新型「Z4」と共同開発されたという新型スープラ。海外サイトのリーク情報によれば、パワートレインには335馬力の3.0L 6気筒ターボエンジンを搭載し、内装はレクサスレベルの品質、アメリカでの新車車両価格は約700万円以上になるといいます。
また、コンソールやデジタル機器にはBMWスタイルが採用され、操作系統が新型Z4と共通している可能性もあるようです。

発売日:2019年前半
新車車両価格予想:約700万円以上(米国価格)

新型スープラについて詳しくはこちら

【2019年後半】新型エスティマ フルモデルチェンジ

現行型エスティマ

1990年から販売されている大型ミニバン「エスティマ」のフルモデルチェンジが噂されています。現行型の3代目エスティマは2006年の発売から10年以上が経過しているため、フルモデルチェンジする車種としてはかなり有力です。

新型エスティマにはTNGAプラットフォームが採用され、パワートレインには2.0Lのハイブリッドエンジンと、PHV(プラグインハイブリッド)システムが搭載されるといいます。

発売日予想:2018年後半~2019年後半
新車車両価格予想:415万円(PHVモデル)

新型エスティマについて詳しくはこちら

【2019年内】新型TJクルーザー 新型車

新型TJクルーザー

2017年10月の東京モーターショーで初公開された「TJクルーザー」。2018年1月に販売を終了したSUV・FJクルーザーの後継車種とも噂されていましたが、その実態はまったく異なる車種となっていました。

バンのユーティリティとSUVの力強い走りを両立した「SUVバン」というジャンルに属する新型TJクルーザーには、TNGAプラットフォームが間違いなく採用されているといいます。パワートレインには、1.8L 直4ハイブリッドエンジンが搭載されるとの予想です。

発売日予想:2018年末~2019年内
新車車両価格予想:330万〜450万円

新型TJクルーザーについて詳しくはこちら

【2019年内】新型GR HVスポーツコンセプト 新型車

新型GR HVスポーツコンセプト

2017年10月の東京モーターショーで初公開された新型スポーツカー「GR HVスポーツコンセプト」。スポーツカーと環境技術を融合した新たな車の楽しさを提案するコンセプトカーとして開発されました。

世界耐久選手権(WEC)に参戦しているレーシングマシン「TS050 ハイブリッド」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R」が搭載されており、高い環境性能と走行性能を両立しています。ルーフにはかつての「トヨタスポーツ800」や「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルを採用し、解放感抜群の走りを楽しむことが可能です。

発売日予想:2019年
新車車両価格予想:500万~600万円

新型GR HVスポーツコンセプトについて詳しくはこちら

【2019年内】新型セリカ フルモデルチェンジ

7代目セリカ

2006年に販売を終了したスポーツクーペ「セリカ」が、8代目にフルモデルチェンジされて復活するかもしれないと噂されています。トヨタが米国において「セリカ(Celica)」の商標権を申請したことも明らかになっており、セリカに関してなんらかの動きがあることは確かなようです。

ただし、現時点では有力情報やスパイショットなどはなにも出ておらず、セリカ復活の信憑性はあまり高いものではありません。一部海外メディアでは、GT86(トヨタ86の海外仕様)の後継車種としてセリカが復活するという情報が出ていますが、これも噂の域を出ていないようです。

発売日予想:2019年
新車車両価格予想:300万~400万円

新型セリカについて詳しくはこちら

【2019年内】新型ハイエース フルモデルチェンジ

現行型ハイエース

トヨタを代表するワンボックスカー・ハイエースが、現行の200系から300系へのフルモデルチェンジを計画しているようです。新型ハイエースでは、従来のキャブオーバー型ボディからセミボンネット型ボディに変更され、より高い衝突安全性能を手に入れることが予想されています。

また、パワートレインの改良やトヨタセーフティセンスのアップグレードなど、ボディタイプの変更にとどまらない進化を遂げることが予想されます。

発売日予想:2019年内
新車車両価格予想:220万~370万円

新型ハイエースについて詳しくはこちら

【2019年年内】新型MIRAI フルモデルチェンジ予想

現行型MIRAI

水素を燃料とし、CO2などを排出しない燃料電池自動車(FCV)の「MIRAI」が、2019年12月にフルモデルチェンジを行うと予想されています。

まだほとんど情報はありませんが、予想では15代目クラウンと同じTNGAプラットフォームが採用され、駆動方式がFFからFRに変更されるといいます。また、燃料電池システムのコストダウンにより、新車車両価格は現行型の724万円から値下げされるとの予想です。

発売日予想:2019年内
新車車両価格予想:724万円以下

新型MIRAIについて詳しくはこちら

【2020年以降】新型MR2(MR-S) フルモデルチェンジ

3代目MR2(MR-S)

2007年に販売を終了したミッドシップオープンカー「MR2(日本名:MR-S)」のフルモデルチェンジが噂されています。
86、スープラに次ぐ3番目の新型スポーツカーとして、開発が進められているという新型MR2。現時点では有力な情報がほとんどなく、実際にMR2(MR-S)の名称で発売されるかどうかも不明です。

発売日予想:2020年以降
新車車両価格予想:不明

新型MR2(MR-S)について詳しくはこちら

【2020年以降】新型ランドクルーザー フルモデルチェンジ

現行型ランドクルーザー

トヨタを代表する大型SUV「ランドクルーザー」が、現行の200系から300系へのフルモデルチェンジを行うと予想されています。

新型ランドクルーザーではパワートレインが刷新され、現行モデルから排気量をアップした5.7L V8エンジンと、200系の北米仕様に設定されている4.5L ディーゼルツインターボがラインナップ。また欧州仕様車では、排ガス規制に対応したダウンサイジングターボの3.5L V6ツインターボが設定されるとの予想です。

発売日予想:2020年以降
新車車両価格予想:550万円(ベースグレード)

新型ランドクルーザーについて詳しくはこちら

【発売日不明】新型2000GT フルモデルチェンジ

新型2000GT 予想CG

1967年から1970年まで生産された伝説のスポーツカー「2000GT」のフルモデルチェンジが噂されています。ただし、一部メディアで噂されている程度の情報であり、ほとんど信憑性はないようです。

新型2000GTが実際に発売される場合、パワートレインには新型スープラと共通の3.0L 6気筒エンジンが搭載され、最高出力は500PS以上を発揮すると予想されています。

発売日予想:不明
新車車両価格予想:2,000万円以上

新型2000GTについて詳しくはこちら

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!