MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > オービスは全6種類!ヤバいのはこれだ!全種詳細解説|2020年最新情報
役立つ情報

更新

オービスは全6種類!ヤバいのはこれだ!全種詳細解説|2020年最新情報

オービスとは?その名の由来

ループコイル式オービスのカメラ
ループコイル式オービスのカメラ

オービスとは「自動速度取締り装置」の事を指します。
自動で通行する車の速度を測定し、スピード違反車のナンバープレートと運転者の顔が判明できるよう自動で撮影する装置です。日中でも夜間でも時間帯に限らず24時間作動しており、常にスピード違反者がいないか目を光らせています。オービスには6種類ほどあり、それぞれ測定方法が違います。(各種については後述します)

オービスは何キロ以上の速度違反で光るのか?

オービスという名の由来

オービス(英字表記:ORBIS)とは正式名称「自動速度違反取締運転装置」で、オービスという名称はラテン語の「眼」を意味するアメリカのボーイング社の商標です。

1)レーダー式オービス

最も旧式のオービスがレーダー式オービスです。 レーダーを発射して車の速度を測ります。撮影できるフィルム枚数が限られており、メンテナンス性も低いです。

2)ループコイル式オービス

ループコイル式オービスは、道路内に埋め込まれたループコイルを利用して測定します。レーダー式オービス同様、フィルム枚数に限りが有ります。

3)Hシステムオービス

今最も多く設置されているオービスが、Hシステムオービスです。測定方法はレーダー式のものと同じですが、カメラがフィルム式ではなく、警察署と通信回線で常時接続されています。

Hシステム
Hシステム
100yen CC 表示 – 改変禁止 3.0 / CC BY-ND 3.0
出典: https://ja.wikipedia.org/

4)移動式(車載型)オービス

これまでの固定式のオービスとは打って変わって、移動式オービスはどこにあるか予想できません。主に有人の車両(トヨタ・ハイエースが多い)に積まれていて、レーダーを利用して測定します。

5)LHシステムオービス

LHシステムオービスは、ループコイル式とHシステムを組み合わせたオービスです。ループコイルによって速度を測定し、デジタルカメラで写真撮影、データ通信で警察担当部署へ送信されます。設置箇所が増加傾向にある新型オービス「LHシステム」は、旧来からある「Lシステム」と「Hシステム」の機能を統合したものです。「Lシステム」の「L」は「Loop coil(ループコイル)」、正式名称を「ループコイル式高速走行抑止システム」といい、道路のアスファルトに埋め込まれた磁気センサーにより速度を計測します。 環境や気象条件に影響を受けやすいレーダー波よりも、高い計測精度を誇ります。

LHシステム
LHシステム

「Hシステム」が登場したのは1992年。常にレーダー波を照射する旧来からのオービスでは、レーダー探知機で事前に察知されやすいため、断続的なパルスレーダー波を発振することで性能向上を狙ったオービスが「Hシステム」です。 同時に、旧来までのフィルム写真ではなく、デジタルカメラで撮影した画像データを通信回線により送信できるようにした、現在もっとも多く設置されている速度取締装置です。つまり「LHシステム」システムとは、レーダー探知機で探知できず、フィルム式のように1日あたりの撮影枚数に上限がない最新のオービスです。 新型とはいえ、登場したのは1994年。 特別目新しい装置ではありませんが、レーダー式のオービスに比べて計測精度が高い代わりに、高価な設置費用がかかるため、一部の主要箇所のみの運用とされていました。

旧型オービス「Lシステム」との違い

「LHシステム」は、旧来からある「Lシステム」と同様にループコイルにより、高い精度で車速を計測しますが、写真撮影に「Hシステム」譲りのデジタルカメラを用いるようになった点がその大きな違いです。交換式の写真フィルムから、デジタルカメラを用いた画像データとして取り扱うことで通信回線によるデータ伝送が可能になり、「Lシステム」の欠点であった写真フィルムの交換作業と撮影枚数の上限がなくなるため、経費削減と手間の軽減、処理手続き迅速化につながる利点から急速に設置箇所を拡大しています。

6)新型移動式小型オービス

新型移動式小型オービスは、これまでの固定型オービスの設置・撤去が難しいという弱点を、小型化で対策したオービスです。 2016年から運用が開始され、今後はどこにでも出現する可能性があります。

上の動画は、写真が今話題となっている新型オービスです。
これは「新固定式」や「移動式」と呼ばれる最新式のオービスで、従来に比べて非常に小型、軽量で設置時間は2時間以内とされているものです。スウェーデンの「Sensys」社が開発した新型移動式中型オービス(iM)で、速度違反の取締り以外に、違反車に対するライトによる警告機能や、歩行者への音声警告機能を有しているそうです。

小型移動式オービスは2020年から全国配置!青キップ違反でも光る!

新型小型オービスの目的

「生活道路」と言われる道幅の狭い道での事故を減らすために、警察庁は埼玉、岐阜で小型の速度違反自動取り締まり装置(オービス)の運用を始めました。効果や課題を検証し、のちに全国へ普及していく思考です。重量約8キロの1人で持ち運び可能のもの、およそ500kgの車で運ぶもの、およそ50kgの道路標識のように支柱を地中に埋め固定するものの3種類の小型オービスがあります。価格はおよそ1,000万円で、3月末に警察庁が各種類1台ずつ計6台を埼玉、岐阜県警に配備しました。生活道路は違反車両を止める場所がないので警察官による取り締まりが難しかったのですが、小型オービスなら狭い道広い道にこだわらず車を止める必要がありません。取り締まりは幹線道路や高速道路のオービスと同じ仕組みで、超過した車の運転席やナンバーを自動撮影し、警察が後日運転者を呼び出して違反切符を切るのです。持ち運びできるオービスと車で運ぶオービスは事故の発生状況などに応じて設置場所を変えられます。

新型オービスは、どこでも簡単に短時間で設置できることから、神出鬼没のスピード違反取締りとなってしまいます。 「昨日までなかったのに今日現れた!」というケースが続々と出てくると予測されます。警察側としては、特に一般道でスピード違反者が多い場所であるにも関わらず、オービスの設置スペースが無い場所や、ネズミ捕りをしようにもパトカーや違反者の車を止めるスペースがない場所で取り締まりようがなかったところで今後はできるようになります。そのような場所は運転者側にしてみれば、心理的にスピードが出しやすい場所となりやすいものです。
スピード違反を取り締まる場所は、往々にして比較的事故のない安全な道路であることが多くなっています。今後、新型オービスは一般道への設置の普及が進むこととなるでしょう。これに従い、スピード違反で一発免停となる運転者が続出するのではないかと推測されています。

オービスに関するおすすめ関連記事

オービスを光らせた!通知書はいつ来る?その後は?県外のときは?無視したら?

オービスを光らせた後、通知書が来ない3つのケースと調べる方法・時効は?

オービスの光り方4例・光らない理由・バイクで光るのか?

オービス警告通知アプリおすすめ2選・光らせない2つの方法

Nシステムとは?光り方の意味からオービスとの違いまで

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード