MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 【セダンとクーペの違い】4ドアクーペとは?2ドアセダンはある?|定義と代表車種
役立つ情報

更新

【セダンとクーペの違い】4ドアクーペとは?2ドアセダンはある?|定義と代表車種

セダンとクーペの違いを、意味や定義、メリット・デメリットを紹介しながら解説します。それぞれの代表車種や「4ドアクーペ」の定義、2ドアセダンってあるの?という疑問にもお答えします。

セダンとクーペの定義まとめ

特徴メリットデメリット
セダン・3BOX
・4ドア
・居住性
ボディ剛性
・衝突安全性
・シートアレンジ
・小回り
・積載性
クーペ・3BOX
・多くは2ドア
・デザイン
・操縦性
・ステータス
・乗員数
・居住性
・積載性

セダンの意味・定義・歴史

トヨタ クラウンとボルボ S60
上がトヨタ クラウン、下はボルボ S60

セダンとは「ボンネット」「キャビン」「トランク」が独立している、ノッチバック型(3ボックス)の乗用車です。現代では2列の座席横に独立したドアがある「4ドア セダン」が主流となっています。

その他にも、ボディがコンパクトにまとめられている「コンパクト セダン」、スポーツーカー並みのパワートレインを搭載した「スポーツセダン」、後部座席の快適さを追求した「高級(コンフォート)セダン」など、さまざまなセダンが自動車メーカーから発売されています。

セダンチェア
セダンチェア
出典:wikipedia.org パブリック・ドメイン

セダンの語源はラテン語で「腰掛ける」を意味する「sedeo」「sedo」 からきた言葉です。17世紀頃の南イタリアにて「セダンチェア(sedan chair)」という、人が箱型の乗り物を運ぶ乗り物がありました。写真を見ると、日本で言えば江戸時代までよく使われた「駕籠(かご)」に似ていますね。

セダンとサルーンとの違い

ロールスロイス ファントム
ロールスロイス ファントム

サルーン」とはセダンと同じ、キャビンに2列の座席があり4人以上が座れる箱型の車のことを表す言葉です。

「セダン」は米国、「サルーン」は英国の呼び方です。箱型車の呼び方は以下のように国によって異なるため、自動車業界では「セダン」「サルーン」どちらの名称も使用されます。

  • ドイツ:「リムジーネ」
  • フランス:「ベルリーヌ」
  • イタリア:「ベルリーナ」「クワトロポルテ」

日本のJISや自動車技術会においては基本的に「サルーン」と呼びますが「セダンともいう」と添えられています。

また、日本においては英国高級車のサルーンをイメージして大型高級セダンに「サルーン」と名づけた時期があるため、「セダン」より「サルーン」の方がより高級感のあるイメージもあるようです。

サルーンについて詳しくはこちら

セダンのメリットとデメリット

メリット

居住性・広いキャビン
・静粛性能に優れる
・乗降しやすい
走行性能・ボディ剛性が高い
・重心が低い
リスク回避・前後の衝突時にキャビンが保護される
・トランクを覗かれない

メリットを「居住性」「走行性能」「リスク回避」としてまとめました。

トランクを覗かれないというメリットは、トランクが外部から確認できないことによって荷物の盗難を防ぐことができる点であり、SUVや1BOX車にはない特徴です。

デメリット

ユーティリティ・レジャーには向いていない
・シートアレンジができない
・乗車したまま荷物へのアクセスが不便
走行性能・小回りが苦手
積載物・積載量・長物の積載に向いていない
・FRの場合トランクの高さ、形が制限される

セダンのデメリットはシートアレンジができないことが挙げられます。小さな子供がいる家族には不便に感じるかもしれません。アウトドアにはSUV・1BOX車の方が利便性が高いといえるでしょう。

また、足代わりにチョイ乗りといった感じで車を利用するのであれば、小回りがきいて燃費もよいコンパクトカーの方が向いているといえます。

セダンの主要車種

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン
トヨタ クラウン

「クラウン」は日本を代表する高級セダンの1台であり、1983年のCMでは「いつかはクラウン」というキャッチコピーが話題を呼びました。

現行モデルは2018年に発売された15代目。 グレード構成も見直され「アスリート/ロイヤル/マジェスタ」といった聞き慣れたシリーズが廃止されました。

新時代の自動車・コネクテッドカーとして、車載通信機DCMを全車標準搭載。さらに、新プラットフォームTNGA」を採用し、3タイプのエンジンをラインナップするなど、車としての基本性能である「走る・曲がる・止まる」の機能が向上しています。

最新「クラウン」中古車情報
本日の在庫数 112台
平均価格 110万円
本体価格 19~440万円
クラウンの中古車一覧へ

トヨタ クラウンの詳細についてはこちら

ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティPHEV
©MOBY/ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティ PHEVは「次世代のプラグイン ハイブリッド」として、2018年7月20に一般顧客向けとして販売を開始しました。プラグインハイブリッド車として、国内トップレベルのEV走行距離を達成しています。

このほかクラリティシリーズには PHEVの他に官公庁・企業向けにリース販売されている、燃料電池車FCV)の「クラリティ フューエル セル(CLARITY FUEL CELL)」があります。

最新「クラリティPHEV」中古車情報
本日の在庫数 15台
平均価格 349万円
本体価格 298~450万円
クラリティPHEVの中古車一覧へ

ホンダ クラリティの詳細についてはこちら

マツダ6(MAZDA 6)

マツダ6
マツダ6

かつては「アテンザ」の名前で国内販売されていたモデル。「MAZDA6」は海外での販売名でしたが、2019年の一部改良にあたり日本国内向け販売名もマツダ6へと統一されました。

一部改良により、エンジンラインナップのSKYACTIV-G、SKYACTIV-Dに、ガソリンターボである「SKYACTIV-G 2.5T」が追加。さらに、マツダの最新鋭車両統合制御技術「G-ベクタリング コントロール」の改良版が標準装備となりました。

最新「アテンザセダン」中古車情報
本日の在庫数 340台
平均価格 141万円
本体価格 20~328万円
アテンザセダンの中古車一覧へ

マツダ6の詳細についてはこちら

日産 スカイライン

日産 スカイライン
日産 スカイライン

スカイラインの名前がつく車の歴史は長く、誕生はプリンス自動車(当時は富士精密工業)時代の1957年。「ハコスカ」の愛称で親しまれた名車も排出するなど知名度・人気が高く、これまでクーペやハッチバックなどのボディタイプでも登場しました。

現在の13代目スカイラインは4ドアセダンのみ。V6ハイブリッドとV6ターボモデルを基幹とし、さらに最大出力405PSのハイスペックV6モデル「400R」もラインナップしています。

ちなみに、11代目から国外用ブランド「インフィニティ」モデルとしても海外で販売されており、国内で販売されるスカイラインにもインフィニティのエンブレムが付いていたこともありました。

2013年から発売されている13代目は、2019年のビッグマイナーチェンジにより、日産のエンブレムに回帰。国産車として初めて、高速道路の同一車線内ハンズオフ(手放し)運転を可能にした「プロパイロット2.0」を搭載したことでも話題になりました。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1138台
平均価格 247万円
本体価格 11~2,980万円
スカイラインの中古車一覧へ

日産 スカイラインの詳細についてはこちら

スバル インプレッサG4

スバル インプレッサ G4 フロントからサイド
©MOBY/スバル インプレッサ G4

スバル インプレッサG4

スバル インプレッサG4_2018
新車価格:194.4〜261.36万円

インプレッサの4ドアセダンタイプに「G4」の名前が付いたのは、4代目(2011年)から。それ以降、ハッチバックと並行して販売されています。

現行のG4は5代目。2019年に大幅な年次改良が行われ、「アイサイト・ツーリングアシスト」が全車に標準装備となりました。

最新「インプレッサG4」中古車情報
本日の在庫数 245台
平均価格 112万円
本体価格 30~251万円
インプレッサG4の中古車一覧へ

スバル インプレッサG4の詳細についてはこちら

クーペの意味・定義・歴史

ジャガー Eタイプ
出典 : flickr.com Author:Ofer Deshe CC BY-SA 2.0

クーペとは、一般的に2ドアの箱型乗用車を指します。

代表的なものとして、ボンネット・キャビン・トランクが明確に分かれた3ボックスタイプとなる「ノッチバック・クーペ」のほか、リアウィンドウが大きく傾斜しているため、キャビン・トランクの境が明確でない「ファストバック・クーペ」などがあります。

他にも呼び方として、「オープンモデルに屋根を設けたクーペ」を意味する「フィクストヘッドクーペ」や、ソフトトップ(幌(ホロ))を持つ「ドロップヘッドクーペ」が使われる場合もあります。

クーペの歴史

クーペの語源は、馬車の時代、通常の馬車が2列シートであったのに対し、1列シートの馬車が登場。その馬車の形状が通常の馬車を中央で切ったように見えたことから、フランス語の「carrose coupe(カロッセ クぺ=切られた馬車)」と呼ばれたことに由来します。

クーペタイプの車が世界で認知されるようになったのは、概ね1960年代に入ってからだと言われ、1960年代から1990年代にかけては各メーカーがバラエティ豊かなモデルを発表し、人気を博します。

1960年代・1970年代を代表するモデルと言えるのは、欧州では1961年にデビューした美しいフィクストヘッドクーペとなる「ジャガー Eタイプ」や、1964年に発表されてから現在に至るまでファストバックスタイルを維持する「ポルシェ 911」をあげることができるでしょう。

同時期、米国では「フォード マスタング」や「シボレー カマロ」「シボレー コルベット」など大排気を持つスポーツクーペが人気を博しました。日本では1965年に美しい2シータークーペ「日産 シルビア」がデビュー。「いすゞ 117クーペ」「トヨタ 2000GT」「マツダ コスモスポーツ」などが次々と誕生し、1980年・1990年には「ホンダ プレリュード」「トヨタ ソアラ」がその流麗なスタイルからヒットとなります。

2000年に入り、原油価格の高騰などから車を選択する際、デザイン重視から実用性重視に転換するなかミニバン・トールワゴンが人気となり、クーペのラインナップは少なくなっているのが現状です。

クーペのメリットとデメリット

メリット

  • 車高が低いため車体重心位置が下がり、操縦安定性が高い
  • 流麗なスタイルでデザイン性能に優れ、注目度が高い
  • 実用車より凝った作りとなり、ハイスペックモデルが多い
  • 高級車が多く、ステータスとなる

それを証明するように、高級車とされる「BMW」や「メルセデス・ベンツ」では、概ねどのモデルにも「クーペモデル」が用意されています。

また、英国の高級車メーカーとして名高いロールス・ロイスは、通常「ショーハードリブンカー」として使用される観音開きの4ドアセダンが一般的ですが、セダン「ゴースト」をベースとした2ドアクーペモデル「レイス」では、ゴーストより高価格設定となっているのです。

デメリット

  • 荷室(トランク)スペースが狭い
  • リアシートが狭く、特に2ドアクーペ・4シーターの場合は乗降しにくい
  • 乗車定員が少なく、実用性が低い
  • 高級モデルが多く、車両価格が高い

流麗なデザインはクーペの長所でもありますが、その分どうしてもリア部は狭くなり、実用性という意味ではミニバンやトールワゴンには及ばないといった面もあります。

また、高級モデルとして位置付けられることが多いため車両価格が高くなったり、性能を高めるため大排気とした場合には税金や維持費も高くなるということもあるようです。

クーペの種類と主要車種

2ドアクーペ

2ドアクーペは、クーペの中で最もベーシックなモデルで、箱型乗用車でドアが2枚となるタイプの車です。車高は低く、流麗なデザインが特徴的で、座席は2シータータイプ(2人乗り)や4シータータイプ(2+2(4人乗り))があります。

走行性能にこだわりを持ったモデルが多く、価格帯は比較的安価なものから、高価なモデルまで幅は広いと言えます。

トヨタ 86/スバル BRZ

トヨタ 86
トヨタ 86
スバル BRZ
スバル BRZ

「トヨタ 86」「スバル BRZ」はトヨタとスバルが共同開発した兄弟車で、2012年4月に販売がスタート。現在はカタログ落ちしていますが、FRレイアウトを持つ「2ドアクーペ」として紹介します。

若者の車離れを防ぐため、走りを純粋に楽しんでもらいたいとのコンセプトで、エンジンはスバル開発の「水平対向エンジン(FA20型)」が搭載、価格も比較的低価格設定されています。2ドアクーペの特徴である流麗なデザインで、水平対向エンジンの特性を生かした超低重心、精悍なマスクが印象的です。

最新「86」中古車情報
本日の在庫数 841台
平均価格 223万円
本体価格 82~776万円
86の中古車一覧へ

トヨタ 86の詳細についてはこちら

最新「BRZ」中古車情報
本日の在庫数 255台
平均価格 217万円
本体価格 86~399万円
BRZの中古車一覧へ

スバル BRZの詳細についてはこちら

4ドアクーペ

4ドアクーペとは、箱型乗用車でドアが4枚となるタイプかつ、フロントからリアにかけて流麗なデザインを持つ車を指すときに用いられる言葉です。セダンとの明確な違いはあいまいで、メーカーによっては流麗なデザインであっても「セダン」と呼ぶ場合もあるようです。

いわゆる4ドアの居住性の高さと、流れるようなデザイン性の高さを合わせ持ったタイプの車だと言えるでしょう。

BMW 4シリーズグランクーペ

BMW 4シリーズ グランクーペ

BMWの3シリーズをベースに、クーペスタイルとした「4シリーズ」は2013年に販売が開始された比較的新しいモデルです。

2ドアとなる「クーペ」「カブリオレ」の他に、2014年からは4ドアクーペとなる「グランクーペ」がラインナップしています。グランクーペは、クーペの持つ流麗なデザインと、4ドアの居住性の高さを両立させたラグジュアリー・サルーンとなっていて、今ではBMWのなかでも人気モデルとなっています。

最新「4シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 21台
平均価格 277万円
本体価格 150~428万円
4シリーズの中古車一覧へ

BMW 4シリーズの詳細についてはこちら

SUVクーペ

SUVには、本格的なオフロードに対応する「クロスカントリーSUV」や、オンロードにも対応した「クロスオーバーSUV」などがあります。

クロスカントリーSUVは、悪路走行にも耐えるように頑丈なフレームを持ち車高も高く、それに見合うパワフルな外観を持つタイプのSUVです。

対して、SUVクーペとはクロスオーバーSUVを始めとするデザイン性にもこだわりつつ、悪路走行機能も持つSUVを指します。クロカンより車高は低くクーペに似た流麗なフォルムを持つモデルが該当します。

近年、SUVクーペは世界的な人気となり、各メーカーがバラエティ豊かなモデルをラインナップさせています。

メルセデス・ベンツ GLCクーペ

メルセデス・ベンツ GLCクーペ

メルセデス・ベンツ GLCシリーズは、ベンツのミドルサイズの主要モデル「Cクラス」のSUVバージョンとして2016年に日本デビューしたモデルです。2017年にはSUVでありながらファストバッククーペの雰囲気を漂わせる「GLCクーペ」がラインナップに追加されました。

GLCクーペは、SUVとしての存在感は保ちつつクーペの様なスタイリッシュで優雅なフォルムを併せ持ち、Cクラスの走行性能・安全装備を備えるオフロードでもオンロードでも使えるモデルとして、世界でも認知されています。

最新「GLC」中古車情報
本日の在庫数 226台
平均価格 519万円
本体価格 290~800万円
GLCの中古車一覧へ

メルセデス・ベンツ GLCシリーズの詳細についてはこちら

結局、セダンとクーペの違いは?

一般的なセダンとクーペの違いは、ドアの数です。ボンネット・キャピン・トランクが明確に分かれた3ボックスタイプの場合、4ドアであればセダン、2ドアであればクーペと区別できます。

しかし、クーペの中でも「4ドアクーペ」「SUVクーペ(ドアの枚数は不問)」といいたモデルが登場したことから、ドアの数だけでは一概に定義できなくなってきています。

近年人気のセダンは流れるようなルーフラインのデザインが特徴ですし、4ドアでも前後のピラーを強く傾斜させ、車高を低く抑え、流れるようなルーフラインをもつ車であれば、「4ドアクーペ」と称される場合もあります。

そのため、「(4ドア)セダン」と「4ドアクーペ」境界は曖昧です。4ドアでも、優れた走行性能や流麗なデザインを重視し、あえて「クーペ」と名付けることで、通常のセダンやSUVと区別することもあるようです。

「セダン」「4ドアクーペ」の厳密かつ客観的な判断基準はなく、車を作る・売る側であるメーカーやブランドの判断によるといえるでしょう。

【上級者向け】4ドアクーペとは?

厳密な定義は無い?

「4ドアクーペ」とは4ドアセダンの車高を低めにして、前後のピラー(窓柱)を寝かした車種のことをいいます。厳密な定義は無く、2000年代以降に登場したクーペ風デザインの「4ドアセダン」のことを「4ドアクーペ」と呼ぶようになっただけなのです。

ですから、全部まとめて「4ドアセダン」と呼んでも何も問題は無いのですが、各メーカーは「4ドアクーペ」と呼んで区別しています。「4ドアセダン」は実用性重視、「4ドアクーペ」はデザイン性重視といった感覚でしょうか。

4ドアクーペの代表はメルセデス・ベンツ CLS

初代メルセデス・ベンツ CLS
初代メルセデス・ベンツ CLS
出典:wikimedia.org Author:Jagvar パブリック・ドメイン

4ドアクーペの代表車種といえば、メルセデス・ベンツのCLSクラスです。

2005年に発売されたこの車は4ドアクーペの先駆けともいえる存在であり、BMW「6シリーズグランクーペ」やポルシェ「パナメーラ」、アウディ「A7」といった多くの追従モデルを生みました。

初代モデルは世界最速の4ドア車「BRABUS CLS-V12S ROCKET」のベース車両にもなっており、V12ツインターボエンジンを搭載して最高速度365.71km/hに達し、ギネスブックにも登録されています。

【上級者向け】2ドアセダンとは?

今はもう無い幻の車?

実は「2ドアセダン」を名乗る車種は現行モデルでは存在しません。かつてはトヨタの4代目「カローラ」やダットサンの3代目「ブルーバード」などに「2ドアセダン」が設定されていましたが、使い勝手が悪いので需要が激減し、1980年代を境にほぼ消滅してしまいました。

そして当時2ドアセダンと呼ばれていたような車は、現在の基準、分類名では「2ドアクーペ(=クーペ)」か「3ドアハッチバック」に分類されています。

2ドアセダンの代表はトヨタ カローラ

4代目 トヨタ カローラ 2ドアセダン

4代目 トヨタ カローラ 2ドアセダン
出典:wikipedia.org Author:IFCAR パブリック・ドメイン

トヨタの代表車種にして大衆車の代表選手ともいえるカローラには、80年代に販売されていた4代目まで2ドアセダンが設定されていました。

4ドアセダンと共に主力として販売されていましたが、時代の流れには逆らえず、4代目のセダンタイプが1983年に生産終了されたタイミングで、国産2ドアセダンもその姿を消したのです。4代目カローラの2ドアセダンは、国産最後の2ドアセダンとなりました。

【まとめ】中間を埋めるボディタイプで、多様なニーズに応える

セダンやクーペといった名前の定義は、メーカーのコンセプトや呼び名、個人の主観で決まったりと曖昧な部分も多いので、車を選ぶ際にはあまり気にしなくても問題ありません。

現在ではコンパクトカー・ミニバンといった実用向きの車の人気が高まっているため、趣味車・ステータスカーとしての一面も強いセダンやクーペの販売台数は、多いとは言えません。

しかし一方で、ニーズが多様化したことで、セダンとクーペの間を埋めるデザイン・スタイルの3BOXカーや、クーペらしさを持ったSUVといった、新たなモデルも生まれています。

これにより、従来のセダンやクーペのオーナーの選択肢を増やすだけでなく、従来のセダンやクーペのスタイルに興味がなかった層の獲得も期待できるでしょう。

すべての画像を見る (16枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード