MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > カムリ > 新型カムリが2024年に登場?その見た目は「クラウンよりクラウンっぽい」かも
カムリ

更新

新型カムリが2024年に登場?その見た目は「クラウンよりクラウンっぽい」かも

トヨタのセダンといえば…北米では圧倒的に『カムリ』

カムリ WS“レザーパッケージ”

北米で高い人気を誇っているトヨタのFFセダン『カムリ』は、2017年7月10日に現行型となる10代目モデルへとフルモデルチェンジを果たしました。

カムリの10代目モデルでは、それまでのカムリが採用していた保守的なデザインから一転し、トヨタの『キーンルック』を強調したスポーティな印象の見た目が与えられています。

2019年9月30日には、カムリとして初の4WD車となるE-Four搭載車が追加され、2021年には外観、内装のデザインを変更するなどの一部改良を実施。直近では2022年8月1日にも一部改良を行いました。

レクサス ESが一部改良を実施

FF化したクラウンはカムリを脅かす存在になる?

トヨタ 16代目クラウン クロスオーバー(プロトタイプ)
トヨタ 16代目クラウン クロスオーバー(プロトタイプ)

これまで、カムリは初代モデルを除き4年から6年程度でフルモデルチェンジを行ってきました。現行型となる10代目モデルは前述のとおり2017年7月にデビュー。2022年10月現在でフルモデルチェンジから5年が経過しています。

カムリはこれまでおおむね4年から6年でフルモデルチェンジを行ってきているため、現行型のカムリについても新型となる11代目モデルへのバトンタッチに向けた準備が進められている可能性は高いです。

気になるのは、新型クラウンがカムリと同じTNGAのGA-Kプラットフォームを採用している点です。それまでは後輪駆動ベースだったクラウンですが、クラウン クロスオーバーでは前輪駆動ベースに切り替わっています。

前輪駆動ベースの高級サルーンというキャラクターで重複してしまうため、トヨタ内で競合してしまう懸念がありますが、クラウンの“主戦場”がこれまで日本だったのに対して、カムリは日本国外。

また、ボディタイプもリフトアップしたセダンのようなクロスオーバーSUVと、伝統的な3ボックスのセダンという違いもあるため、カムリのモデル存続、セダンボディ継続について心配する必要はないのかもしれません。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード