MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ディーゼルエンジンとは?ガソリンエンジンとの違いやメリット・デメリットを解説
メーカー・車種別

更新

ディーゼルエンジンとは?ガソリンエンジンとの違いやメリット・デメリットを解説

ディーゼルエンジンとは?

マツダ SKYACTIV-D エンジン

ディーゼルエンジンとは、1892年にドイツのルドルフ・ディーゼルが発明した内燃機関です。

一般的にはトラックのエンジンとしてよく知られていますが、汎用性が高いエンジンなため、船や鉄道、発電機、建設重機などさまざまな機械に使用されています。

近年では、乗用車にもディーゼルエンジンが広く採用されるようになり、マツダの「SKYACTIV-D」をはじめとした環境に良いディーゼルエンジン、「クリーンディーゼル」も登場するようになりました。

クリーンディーゼルについてはこちらの記事で解説しています!

ディーゼルエンジンの仕組み

©Pathompong/stock.adobe.com

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンともに燃料を燃やすことで動力を発生していますが、その過程に違いがあります。

ガソリンエンジンでは、ガソリンと空気が混ざった「混合気」をピストンで11分の1程度まで圧縮し、「スパークプラグ」で着火することで燃焼をおこないます。

一方、ディーゼルエンジンでは、空気のみをピストンで圧縮。18分の1程度まで圧縮され、高温となった空気に霧状の燃料を噴射することで燃焼をおこなうため、「スパークプラグ」が不要です。

ガソリンエンジンよりも強く圧縮することから、燃焼されたときのエネルギーがガソリンエンジンよりも大きくなり、それが高いトルクを生むことにつながっています。

なお、ガソリンエンジンでも「直噴エンジン」と呼ばれるエンジンは、空気のみを圧縮して、あとから燃料を噴射するディーゼルエンジンに似た仕組みが採用されています。

ガソリンエンジンとの違いは?

©mikitea/stock.adobe.com

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの大きな違いとして、まずは燃料が違います。ガソリンエンジンはその名の通りガソリンが燃料ですが、ディーゼルエンジンの燃料は軽油です。

また、排気量や過給器の有無などが同じ条件であれば、ガソリンエンジンよりもディーゼルエンジンのほうがトルクが大きくなります。

エンジンの最高回転数はガソリンエンジンよりも低くなるため、ガソリンエンジンを積むモデルよりもディーゼルエンジンを積むモデルのほうが、タコメーターに表示されるレッドゾーンの回転域が低めになっています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード