MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 燃費の良い乗用車・軽自動車ランキング【国土交通省2018年発表ランキング】
メーカー・車種別

更新

燃費の良い乗用車・軽自動車ランキング【国土交通省2018年発表ランキング】

国土交通省が燃費のいい車ランキングを公開!

トヨタ 初代プリウス

2000 トヨタ 初代 プリウス

国土交通省は、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進することを目標に、毎年年度末に「燃費の良い乗用車ベスト10」と、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要項(平成16年度国土交通省告示第61号)」に基づき自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表しています。

近年、ハイブリッドカーの電池とモーターの性能が飛躍的に向上したことで、自動車の燃費性能は急激に向上しました。
1997年に発売されたトヨタ初代プリウスは、燃費が10・15モード走行(運輸省審査値)で28.0km/Lでしたが、20年経った今のハイブリッドカーはさらに低燃費化し、運動性能、乗り心地、安全性能も大幅に向上しました。
現在はハイブリッドカーだけでなく、ガソリン車でも初代プリウスの28.0km/Lと同等、ディーゼル車に至ってはそれを超える燃費を達成している車種さえあります。
自動車技術の進歩には驚かされるばかりです。

平成29年度までに発売された車で、もっとも燃費の良い車はどれでしょうか。
発表された「普通・小型乗用車部門」と「軽自動車部門」の2種類のランキングをご紹介します。

ハイブリッドカーやディーゼル車についてはこちら

HV・PHEV・PHV・FCV・EVとは?その意味とメリットと代表車種をご紹介!

ディーゼルエンジンとは?メリット・デメリット&ディーゼル車人気車種ランキングTOP10

燃費に関するおすすめランキングはこちらも

燃費の良い乗用車・軽自動車ランキング【国土交通省2018年発表ランキング】

【2018年版】燃費の良い外車ランキングTOP10|維持費のお得なコスパ輸入車は?

燃費のいいSUVおすすめランキングTOP10車種比較|低燃費の外車SUVは?【2017年最新版】

【国土交通省発表】燃費の良い普通・小型自動車ランキングTOP10

国土交通省が発表した自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」から、「平成29年の燃費の良い乗用車ベスト10」をご紹介します。

軽自動車以外の普通・小型自動車でのランキングです。
ハイブリッドカー/ガソリン車/ディーゼル車の垣根なく順位をつけています。

燃費の良い車ランキング第1位:トヨタ プリウス E【40.8km/L】

トヨタ プリウス 2015年

現行型トヨタ プリウスは2017年度 普通乗用車販売台数ナンバーワンにも輝いており、燃費性能、販売台数ともに日本トップとなりました。

JC08モード燃費がもっとも良いグレードは「E」で40.8km/Lとなり、初代プリウスから12km/Lも向上したことにエコカーの凄まじい進化を感じます。

また、プラグインハイブリッドのプリウスPHVは、JC08モード燃費は37.2km/Lです。
EVモードでの航続距離は68.2kmで、充電した電気が切れてもハイブリッド走行が可能です。
国土交通省のランキングではプリウスとプリウスPHVが同一車種扱いとなっているため、実際のランキングにプリウスPHV単体ではランクインしていません。

トヨタ プリウスの価格

トヨタ プリウスのグレード「E」は、FFで243万円です。
またプリウス 全グレードの価格帯はFFで243万~320万円、4WDで267万~339万円です。

トヨタ プリウスPHVの価格は、326万~422万円です。

トヨタ プリウスの中古車情報

トヨタ プリウスについての記事はこちら

新型プリウスの年間維持費まとめ!車検費用や税金や修理費や保証や燃料費など

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ最新情報!発売日は2018年初頭?価格やデザイン・燃費などの変更点は?

新型プリウスPHV 燃費は37.2km/Lで発売開始!早速人気で価格や納期はどうなる!

燃費の良い車ランキング第2位:トヨタ アクア L【38.0km/L】

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

2017年6月にマイナーチェンジしたアクアは、燃費性能を向上させ、JC08モード燃費値を38.0km/Lまで向上させました。
アクアはデビューから5年で約125万台が販売され、プリウスに続くトヨタの顔ともいえるハイブリッドカーにまでなりました。

アクアは登場以来フルモデルチェンジされておらず、そろそろ2代目アクアの誕生に期待がかかります。

トヨタ アクアの価格

トヨタ アクアの価格は、グレード「L」で179万円です。
また、トヨタ アクア全グレードの価格帯は179万~254万円です。

トヨタ アクアの中古車情報

トヨタ アクアについての記事はこちら

トヨタ 新型アクアが初のフルモデルチェンジ!2019年12月デビューか

【トヨタ新型アクア最新情報】スペックや燃費と価格、クロスオーバーについても

燃費の良い車ランキング3位:日産 ノート e-POWER S【37.2km/L】

日産 ノート e-power 2016年

ノート e-POWERは従来のハイブリッドと異なり、エンジンの駆動をバッテリーの充電のみに使用するシリーズ式ハイブリッドを採用することで、今までの日産車のハイブリッドカーから大幅にアップした低燃費性能を実現しています。

また駆動がモーターのみなので、モーター特有のトルクフルでスムーズな加速をし、e-POWER Driveシステムでアクセルペダルのみで走行も可能です。

日産 ノートe-POWERの価格

ノート e-POWER Sの価格は、190万円です。
また、ノートe-POWER 全グレードの価格帯は190万~246万円です。

日産 ノートの中古車情報

日産 ノートe-POWERについての記事はこちら

日産 新型ノートe-POWERの燃費は37.2km/L|2017年上半期の販売台数コンパクト1位

日産新型ノート C-Gear(シーギア)発売開始&オートサロン出展!クロスオーバーSUVルックでe-POWERも?価格や燃費は

燃費の良い車ランキング同率3位:ホンダ フィット HYBRID【37.2km/L】

ホンダ 新型 フィット 2017

ホンダ フィットは2017年6月にマイナーチェンジされました。
エクステリアデザインとインテリアの質感強化を図り、ハイブリッドモデルのJC08モード燃費値が36.4km/Lから37.2km/Lへと性能向上を果たしています。

ここまで高性能なコンパクトハイブリッドカーを170万円から購入できるコストパフォーマンスも素晴らしいです。

ホンダ フィットHYBRIDの価格

ホンダ フィットHYBRIDの価格は、FFで170万円、4WDで189万円です。
また、フィットHYBRID全体の価格帯は170万~237万円です。

ホンダ フィットの中古車情報

ホンダ フィットハイブリッドについての記事はこちら

新旧ホンダ フィットの違いを比較!マイナーチェンジの変更点まとめ

新型フィットVSライバル車5車種を燃費・価格・性能で比較【人気コンパクトカー対決】

燃費の良い車ランキング第5位:ホンダ グレイス【34.8km/L】

新型 ホンダ グレイス HYBRID EX・Honda SENSING スタイリングイメージ(ブリリアントスポーティブルー・メタリック) (3)

ホンダ グレイスHYBRIDは、2017年7月にマイナーチェンジを果たし、HYBRID DX およびHYBRID LX・Honda SENSINGではJC08モード燃費34.8km/Lを達成し、ホンダ車で2番目に燃費のよい車両になりました。

また、「HYBRID LX・Honda SENSING」では、安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備され、オプション装備のナビゲーションシステムにはアップルカープレイが搭載されるようになり、安全性や機能性でも格段に向上しました。

ホンダ グレイスハイブリッドの価格

グレイスHYBRIDは、HYBRID DXのFFで198万円、4WDで220万円です。
そして、HYBRID LX・Honda SENSINGのFFで224万円、4WDで245万円。
グレイスHYBRID 全グレード価格帯は、FFで198万~235万円、4WDで219万~257万円です。

ホンダ グレイスの中古車情報

ホンダ グレイスハイブリッドについての記事はこちら

ホンダ新型グレイスがマイナーチェンジして発売!価格や燃費と変更点など最新情報

グレイスハイブリッドは損?得?価格・減税や実燃費・スペック・パワーからガソリン車と比較

燃費の良い車ランキング第6位:トヨタ ヴィッツハイブリッド【34.4km/L】

トヨタ 新型ヴィッツ 2017年モデル

トヨタ・ヴィッツは、1999年のデビューから18年目となる今年1月に、初めてハイブリッドモデルが追加されました。
小型な車体にトヨタ アクアのハイブリッドユニットを搭載したことで、JC08モード燃費は34.4km/Lを達成しています。

ヴィッツのガソリンモデルにはMTスポーツの1.5RSモデルも用意され、ハイブリッドからスポーツまで幅広い用途で選ぶことができるマルチなコンパクトカーといえるでしょう。

トヨタ ヴィッツハイブリッドの価格

ヴィッツハイブリッド 全グレードの価格帯は、182万~233万円です。

トヨタ ヴィッツの中古車情報

トヨタ ヴィッツハイブリッドについての記事はこちら

トヨタ新型ヴィッツ・ヴィッツハイブリッド最新情報!燃費や価格からGRMNについても

【トヨタ新型ヴィッツ GR/GRスポーツ】価格や性能・スペック・デザインの違いは?

燃費の良い車ランキング同率6位:ホンダ シャトル HYBRID【34.4km/L】

ホンダ シャトル 2015年

ホンダ シャトル HYBRIDは、フィットのステーションワゴンモデルだった「フィットシャトル」の後継車として登場し、5人乗りのステーションワゴンを5ナンバーサイズに抑えた設計がされています。
これにより車重が約1,200kgと軽くなったことに加え、フィットハイブリッドやグレイスハイブリッドと同じハイブリッドユニットを搭載。
FFモデルはJC08モード燃費値34.4km/Lを達成しました。

ホンダ シャトルハイブリッドの価格

ホンダ シャトルHYBRIDは、FFで208万円、4WDで227万円です。
シャトルHYBRID 全グレードの価格帯は、FFで200万~247万円、4WDで227万~263万円です。

ホンダ シャトルハイブリッドの中古車情報

ホンダ シャトルハイブリッドについての記事はこちら

ホンダ・シャトルハイブリッドは損?得?価格・減税や実燃費・維持費・スペックで徹底比較

燃費の良い車ランキング同率6位:トヨタ カローラフィールダーハイブリッド【34.4km/L】

トヨタ カローラフィールダー 1.5G 2015年

トヨタ カローラフィールダーハイブリッドは、アクアやヴィッツハイブリッドと同様のパワートレインを搭載し、トヨタのステーションワゴンではもっとも低燃費なJC08モード燃費値34.4km/Lを達成しています。

2015年のマイナーチェンジでは、トヨタ自動車の衝突回避支援パッケージ・トヨタセーフティセンスCが搭載され、安全性能も充実です。

トヨタ カローラフィールダーハイブリッドの価格

トヨタ カローラフィールダーハイブリッド 全グレードの価格帯は、223万~254万円です。

トヨタ カローラフィールダーハイブリッドの中古車情報

トヨタ カローラフィールダーハイブリッドについての記事はこちら

カローラフィールダー徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

トヨタのカローラフィールダーを買うならベストグレードは「1.5G(FF・CVT)」とその理由まとめ

燃費の良い車ランキング同率6位:トヨタ カローラアクシオハイブリッド【34.4km/L】

2代目後期カローラアクシオ

トヨタ カローラアクシオハイブリッドは、トヨタの伝統あるカローラの最新モデルで、カローラシリーズとして11代目、カローラアクシオとしては2代目モデルになります。

ハイブリッドモデルはこの2代目カローラアクシオからデビューし、カローラフィールダーハイブリッドと同様に、アクアやヴィッツハイブリッドと同じハイブリッドユニットを使用しています。

トヨタのセダン車で最も燃費の良い車です。

トヨタ カローラアクシオハイブリッドの価格

トヨタ カローラアクシオハイブリッドの全グレード価格帯は、207万~248万円です。

トヨタ カローラアクシオハイブリッドの中古車情報

トヨタ カローラアクシオハイブリッドについての記事はこちら

カローラアクシオハイブリッドは損?得?価格・実減税や燃費・スペック・パワーからガソリン車と徹底比較

【トヨタカローラアクシオの購入前確認事項4選】実燃費やカスタムの評価など!

燃費の良い車ランキング10位:トヨタ カムリ【33.4km/L】

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017

トヨタ カムリは上質でありながらスポーティさも兼ね備えたハイブリッドセダンです。
2017年7月にフルモデルチェンジが行われ、外観イメージも大きく変わりました。

新開発エンジンの「ダイナミックフォースエンジン2.5」を初採用し、直噴エンジンにより効率的にパワーを引き出し燃費を向上させることに成功しています。

トヨタ カムリの価格

トヨタ カムリの全グレード価格帯は、329万~419万円です。

トヨタ カムリの中古車情報

トヨタ カムリについての記事はこちら

【トヨタ新型カムリ】日本カーオブザイヤー候補にも選出!ハイブリッドの試乗レビューなど

【トヨタ 新型カムリ】衝突安全テストで最高評価「2017トップセーフティピック+」に認定

新型カムリの人気カスタムパーツ&内装オプションまとめ!

ガソリン車/ディーゼル車で燃費の良い車ランキングTOP3

国土交通省の発表は、ハイブリッド車とガソリン車、ディーゼル車合わせての評価となっていました。

そこで、MOBY編集部ではハイブリッドを除き、ガソリンエンジンまたはディーゼルエンジンのみを搭載した普通・小型自動車の燃費TOP3をランキングにしてみました。

第1位:マツダ デミオ【30.0km/L】

マツダ デミオ XD Touring L Package

マツダ デミオのディーゼルモデルは、グレードの「XD」「XD Touring」「XD Touring L Packege」「XD Tailored Brown」です。

JC08モード燃費値30.0km/Lを達成し、しかも燃料はレギュラーガソリンよりも安価な軽油であるため、燃料代はハイブリッド車並みにお買い得です。
さらに、ディーゼル独特の低回転時からパワフルな加速は、停車・発進が連続する日本の道路事情に合ったエンジン特性です。

デミオ XD/XD Touring/XD Touring L Packegeの価格帯は、FFで181万~206万円、4WDで202万~226万円です。

デミオディーゼル(XD)を解説|実燃費はアクアよりもいい?エンジンのリアルな評判などを紹介

第2位:トヨタ パッソ/ダイハツ ブーン【28.0km/L】

トヨタ パッソ 1.0X G Package 2014年

トヨタ パッソは、ダイハツ ブーンのOEM車種であり、ヴィッツやアクアといったトヨタを代表するコンパクトカーよりも一回り小さいAセグメントの車です。
しかし、設計と開発や生産はダイハツが行っているため、事実上はダイハツ車といえます。
車重は1トンなく、非常に軽量な車体と排気量1.0Lのコンパクトなエンジンで、優れた燃費性能を実現しています。
また、最小回転半径は4.6mで、切り返しや小回りがきく運転のやり易さは、ビギナードライバーにおすすめしたい車です。

トヨタ パッソの価格は、FFで115万~166万円、4WDで132万~183万円です。
ダイハツ ブーンの価格では、FFで115万~168万円、4WDで135万~185万円です。

トヨタ パッソ 裏情報!実燃費や悪い口コミと評判、値引目標額は?

第3位:日産 ノート X DIG-S / MEDALIST【27.8km/L】

日産 ノート 2015年型

日産ノートは、e-POWERが国産乗用車トップクラスの低燃費ですが、ガソリンエンジンのみを搭載したグレード「X DIG-S」と「MEDALIST」も、JC08モード燃費値26.2km/Lを達成しており、ノートのグレード全体で見ても燃費性能に優れた車であることがわかります。
e-POWERのようなモーターのパワフルさはありませんが、外装のデザインや内装の質感は同クラスのコンパクトカーの中で高いです。

日産ノート X DIG-Sの価格は174万円、MEDALISTの価格は199万円です。

日産ノートおすすめのグレードはXかX DIG-S Vセレクション!違いを比較

【国土交通省発表】燃費の良い軽自動車ランキングTOP3

次に、「平成29年の燃費の良い乗用車ベスト10」の軽自動車部門トップ3をピックアップしてご紹介します。
4位以降も表にまとめました。

第1位:スズキ アルト/マツダ キャロル【37.0km/L】

スズキ アルト

現行スズキアルト

スズキ アルトは、現行モデルで8代目となり、燃費値は歴代モデルで最高値を記録したことで、軽自動車最高のJC08モード燃費値を記録しています。
マツダ キャロルは、スズキからのOEM供給車です。
アルトでは、スポーツモデルのアルトワークスが2015年12月に15年ぶり復活したことで軽スポーツの車両としても注目され、街中からワイディング、サーキットまでマルチな活躍を見せる軽自動車です。

スズキ アルトの価格は、FFで85万~115万円、4WDで95万~125万円です。
マツダ キャロルでは、FFで85万~101万円、4WDで102万~111万円です。

スズキ新型アルト次期マイナーチェンジは?ハイブリッド追加や燃費・価格を予想

第3位:スズキ アルト ラパン X / S / L【35.6km/L】

スズキ アルトラパン X 2015年型

スズキ アルト ラパン X / S / Lは、アルトをベースにデザインをリメイクしたモデルです。
燃費性能を向上させるために、アイドリングストップシステムも改良し、ブレーキを踏んで時速13km以下の段階から自動でエンジンを停止しアイドリングストップ時間を拡大させてます。
「エネチャージ」と「エコクール」も搭載し、2WD・CVT車で120kgの大幅な軽量化を行ったことで、JC08モード燃費値35.6km/Lを達成しています。
アルト ラパンX / S / Lの価格は、FFで120万~139万円、4WDで131万~149万円です。

【可愛すぎる】スズキアルトラパンショコラの内装や実燃費への口コミは?

燃費の良い軽自動車ランキング 第4位から第10位はこちら

順位車名JC08モード燃費(km/L)
同率4位ダイハツ ミラ イース35.2
トヨタピクシス エポック
スバル プレオ プラス
同率7位スズキ ワゴンR33.4
マツダ フレア
同率9位スズキ ハスラー32.0
マツダ フレア クロスオーバー

軽自動車おすすめランキングはこちら

軽自動車人気ランキング 全43車種比較【2018年最新版】

【2018年版】可愛い軽自動車ランキングTOP10|内装がレトロでポップなものが人気?

車内が広い軽自動車ランキングTOP10|室内が一番広い車は?【最新版】

エコカーのさらなる進化に期待!

ガソリンスタンド 給油 クラシックカー
©everystockphoto.com/ reynermedia

近年、国内自動車メーカーはエコカーや燃費重視で自動車開発を進めてきた結果、ハイブリッドPHVe-POWERの技術が進歩し、燃費性能は全体的に飛躍して向上してきました。
また、マツダのスカイアクティブや、アトキンソンサイクルエンジンを採用してきた内燃機関もどんどん燃費向上が上がっています。

これからはハイブリッドやガソリン車などの燃費性能向上だけでなく、EVなど新たなパワートレインの進化にも期待です。

様々なランキングに関連する記事!

【2018年版】コンパクトカーの燃費の良い車種ランキングTOP10!コスパ最強は?

燃費の良いSUV車種比較ランキングTOP10|一番燃費の悪い車種は?【2017年版】

燃費のいいミニバンランキングTOP10【2019年最新情報】

燃費のいいスポーツカー人気ランキングTOP6|低燃費のスポーツカーは存在する?【2017年最新版】

燃費のいいセダン人気ランキングTOP10|低燃費のセダンのおすすめは?【2017年最新版】

燃費に関するおすすめ記事はこちら

【車はエアコンで燃費が変わる?】真夏に冷房オンオフ比較ドライブしてみた結果

【燃費のいい車の運転とは】教習所でエコドライブ講習を実践!実燃費の変化は?

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ