MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ダイハツ > ロッキー > ダイハツ ロッキー完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
ロッキー

更新

ダイハツ ロッキー完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

ダイハツ ロッキーとはどんな車?

ダイハツ 2代目ロッキー G フロント
グレード:G
ダイハツ 2代目ロッキー G リア
グレード:G

ロッキーは、ダイハツが親会社のトヨタと共同で開発したSUVです。

2019年11月に発売が開始され、元号が令和になって初めてダイハツが市場へ投入した第1号となりました。

コンパクトカー向けのプラットフォーム「DNGA-Bプラットフォーム」を採用し、1Lエンジンを搭載したコンパクトなSUVとなっています。

ダイハツ 2代目ロッキー G 運転席
グレード:G
ダイハツ 2代目ロッキー G 内装
グレード:G

軽自動車を多く販売しているダイハツの車ですが、ロッキーは5ナンバーの普通自動車です。

トヨタからは「ライズ」の車名で販売されていて、フロントマスク以外に標準装備や価格に違いがあります。

兄弟車のトヨタ ライズについてはこちら

おすすめグレード

ロッキーのグレード構成と車両価格

2021年5月時点で販売されているロッキーのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
L1,705,000円~
X1,848,000円~
G2,002,000円~
Premium2,145,000円~

グレード構成は兄弟車「ライズ」と一緒ですが、単純に価格だけ比べるとロッキーのほうが10万円ほど高くなっています。これは、ライズの一部グレードで標準採用されていない装備が、ロッキーでは標準搭載されているためです。

装備差を大別すると、上位装備が「Premium」と「G」、標準装備が「X」と「L」です。

ちなみにライズの価格とグレード構成はコチラ

長距離・長時間ドライバーは「G」または「Premium」がおすすめ

ダイハツ 2代目ロッキー Premium フロント
グレード:Premium

ロッキーは最上位グレード「Premium」とミドルグレード「G」の装備差・機能差はほとんどありません。先進安全装備「スマートアシスト」の全車追従機能付きACCやレーンキープコントロールも、両グレードで利用できます。

全車追従機能付きACCに停止保持機能はありませんが、走行中に先行車の様子を検知し、先行車との距離のキープを支援。アクセルとブレーキの操作をサポートしてくれます。したがって、渋滞しがちな道路や時間帯を走る機会が多い人は、G以上のグレードがおすすめです。

「G」は、後方安全性を高めるためにBSM+RCTAのオプション選択がおすすめ

ダイハツ 2代目ロッキー G フロント
グレード:G

Premiumでは標準装備となっている、 「ブラインドスポットモニター」と「リアクロストラフィックアラート」 はGではメーカーオプションです。後方安全性を高めるために、Gでは選択しておくのがおすすめです。

「X」「L」はスマアシ機能が縮小。街乗りメインならアリ

ダイハツ 2代目ロッキー L フロント
グレード:L

「X」「L」はエントリーグレードで、標準装備・機能が似ています。上位グレードとの大きな違いは、「スマートアシスト」の機能が縮小していること。全車追従機能付きACC、サイドビューランプ、レーンキープコントロールなどが装備されていません。

ダイハツ 2代目ロッキー X フロント
グレード:X

長距離・長時間ドライブをしない人であれば、「X」でも問題ないでしょう。

ボディカラーは全11色

ダイハツ 2代目ロッキーのボディカラー一覧画像

ロッキーのボディカラーラインナップは、モノトーン8色、ツートーン3色の、全11色です。

査定額が高くなるのは、「ブラックマイカメタリック」「ブライトシルバーメタリック」「シャイニングホワイトパール」でしょう。

モノトーンカラー

カラー名称カラーコード
コンパーノレッド(R75)
レーザーブルークリスタルシャイン(B82)
マスタードイエローマイカメタリック(Y15)
ファイアークォーツレッドメタリック(R67)
ナチュラルベージュマイカメタリック(T32)
シャイニングホワイトパール(W25)
ブライトシルバーメタリック(S28)
ブラックマイカメタリック(X07)

ツートーンカラー

カラー名称カラーコード
ブラックマイカメタリック×
コンパーノレッド
(R75)
ブラックマイカメタリック×
シャイニングホワイトパール
(XH3)
ブラックマイカメタリック
×ブライトシルバーメタリック
(X95)

ダイハツ ロッキーのスペック

ダイハツ 2代目ロッキーの走行イメージ

ボディサイズ

全長3,995mm
全幅1,695mm
全高1,620mm
ホイールベース2,525mm
車両重量970~1,050kg
乗車定員5人

ロッキーは全幅1,695mmの5ナンバーサイズに収められていて、全長も4m以下の3,995mとSUVとしては非常にコンパクトなボディサイズです。

コンパクトな車体ながら、ホイールベースは2,525mmと長めに設計されているため、前席と後席は900mmの間隔があり、ゆったりと座れる室内空間となりました。

荷室容量は後席利用時でも369Lとたっぷり積むことができ、さらに買い物かご2つ分アンダーラゲージも用意。6:4の可倒式後席を倒せばさらに荷室を広げることも可能です。

小回り性能を表す最小回転半径は4.9mと軽自動車に匹敵する数値で、取り回しのしやすいコンパクトな車でありながら、広々とした室内で便利に、快適に移動ができることが特徴となっています。

パワートレイン

エンジン水冷直列3気筒
排気量996cc
最高出力72kW[98PS]/6,000rpm
最大トルク140N·m[14.3kgf・m]/2,400-4,000rpm
モーター最高出力
モーター最大トルク
トランスミッション6速EC-AT
駆動方式FF
4WD
使用燃料レギュラー

ダウンサイジングターボとなる1L直列3気筒エンジンを採用しており、トランスミッションはCVTが組み合わされます。

マニュアル車のようなシフトチェンジを楽しめるシーケンシャルシフトが採用されているほか、ステアリングにはアクセル操作の反応を向上させる「パワースイッチ」も設けられています。道路状況や気分に合わせて、特性を切り替えることが可能です。

駆動方式はFFと4WDの2種類が用意されています。4WDは「ダイナミックトルクコントール4WD」を採用。通常は燃費の良い前輪駆動で走行、発進時や滑りやすい路面では後輪にも駆動力を伝え、安定した走行を実現します。

歴代車種

【初代】ロッキー:F300S型(1990年~2002年)

ダイハツ 初代ロッキー フロント

初代ロッキーは当時珍しかったコンパクトサイズのクロカン4WDで、1990年から1997年まで販売されました。当時の販売価格は約130万円台から200万円前後です。

現行モデルとは全くコンセプトが異なり、初代ロッキーは本格クロスカントリーSUV。ラダーフレームを採用し、初代は5速MTのみの設定でAT車がないなど、クロカンらしさや悪路走破性を追求した一台でした。

取り外し可能なレジンハードトップを採用しており、オプションでソフトトップも選択可能。当時のダイハツはロッキーを「3変化できる車」として売り出しています。

1997年に国内販売を終了し、「ダイハツ ビーゴ」が登場。ロッキーの名は現行が登場する2019年まで途絶えることになりました。

最新「ロッキー」中古車情報
本日の在庫数 750台
平均価格 189万円
本体価格 90~268万円

新型情報はこちら!

ダイハツの新型車情報

ダイハツの軽自動車15車種一覧!特徴と違い

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード