MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 燃費のいいミニバンランキングTOP11【2020年最新情報】
メーカー・車種別

更新

燃費のいいミニバンランキングTOP11【2020年最新情報】

大人数が乗車できるミニバンは便利ですが、ボディの重さや大きさのために燃費も気になります。各モデルの最も燃費のよいグレードを比較し、ランキングを作成しました。燃費のいいミニバンランキングを紹介します。

※当ランキングの燃費は各メーカーが公表するWLTCモードの数値を参照しています。新しい燃費基準であるWLTCモードについて、こちらをご覧ください。

【1位】トヨタ シエンタ(22.8km/L)

トヨタ シエンタ 2019年
新車価格:177.6〜253.2万円

シエンタのWLTCモード燃費はガソリン車の4WDが14.0km/L、2WDが17.0km/L。ハイブリッド車が22.8km/Lという数値。

ガソリン4WDモデルには一世代前のエンジンである1NZが搭載されていることもあり、燃費性能は高いとはえないが、ガソリン2WD車は2NRという新型のエンジンが搭載されており高い燃費性能を誇ります。

最も燃費のよいグレードはハイブリッドの「G」「X」など。5人乗りモデルの「ファンベース」も同様です。

最新「シエンタ」中古車情報
本日の在庫数 4570台
平均価格 130万円
本体価格 0~290万円
シエンタの中古車一覧へ

【同率2位】ホンダ フリード(20.8km/L)

ホンダ フリード 2019
新車価格:188.0~272.8万円

フリードおよびフリード+のWLTCモード燃費はガソリン車で15.6km/L~17.0km/L。ハイブリッド車で19.8km/L~20.8km/Lとなっています。

ガソリン車は1.5Lの直噴エンジンを搭載。パワフルな走りの楽しさと、低燃費を両立するホンダ独自の技術「i-VTEC」機構を備えています。ハイブリッド車は伝達効率の高いオートマチックトランスミッションであるDCTの内部にモーターを備えた「i-DCD」という機構を使用。優れたレスポンスと燃費性能を誇ります。

最も燃費のよいグレードは「HYBRID B」「HYBRID G・Honda SENSING」。5人乗りモデルのフリード+も同様です。

最新「フリード」中古車情報
本日の在庫数 3013台
平均価格 96万円
本体価格 1~290万円
フリードの中古車一覧へ
最新「フリード+」中古車情報
本日の在庫数 124台
平均価格 180万円
本体価格 108~260万円
フリード+の中古車一覧へ

【同率2位】ホンダ オデッセイ(20.8km/L)

ホンダ オデッセイ 2019年
新車価格:390.8~400.9万円

オデッセイのWLTCモード燃費はガソリンモデルで約12.0〜12.8km/L前後。ハイブリッドモデルで20.6km/L~20.8km/L。

ガソリンエンジンはレギュラーガソリンで低燃費と高出力を狙った専用の直噴エンジンを搭載。ハイブリッド車は駆動用と発電用の2つのモーターと高効率エンジンを組み合わせてそれぞれを自由に動かす独自のハイブリッドシステムで低燃費を実現しています。

最も燃費のよいグレードは「HYBRID・Honda SENSING」です。

2019年9月に新型オデッセイが公式HPにて先行公開されました!くわしくはこちらをご覧ください。

最新「オデッセイ」中古車情報
本日の在庫数 9台
平均価格 164万円
本体価格 58~338万円
オデッセイの中古車一覧へ

【4位】トヨタ プリウスα & ダイハツ メビウス(20.7km/L)

トヨタ プリウスα(26.2km/L)

プリウスαのWLTCモード燃費は全グレード共通で20.7km/Lです。

トヨタのセダン、プリウスをベースにしており、基本的なスペックは同じです。プリウスαの方が車両重量が大きい関係で若干燃費が低くなっています。

プリウスαのOEM車両、ダイハツ メビウス

ダイハツ メビウスに関してもプリウスαと同様の燃費、環境性能となっています。

【5位】ホンダ ステップワゴンスパーダ(20.0km/L)

ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド(25.0km/L)
ホンダ ステップワゴンスパーダ e:HEV

ステップワゴンのWLTCモード燃費はガソリン車で13.0km/L~13.6km/L。ハイブリッド車で20.0km/L。

軽量コンパクトかつ低燃費でパワフルな走りが特徴。スイッチ1つで低燃費走行モードになる「ECONモード」も搭載。ハイブリッド車はスパーダのみの設定。オデッセイにも採用されているハイブリッドシステム「i-MMD」も備えています。

最も燃費のよいグレードは「e:HEV Honda SENSING」など。

最新「ステップワゴンスパーダ」中古車情報
本日の在庫数 3625台
平均価格 162万円
本体価格 8~539万円
ステップワゴンスパーダの中古車一覧へ

【6位】トヨタ ノア & ヴォクシー & エスクァイア(19.8km/L)

トヨタ ノア

トヨタ ノア(23.8km/L)
トヨタ ノア 2019年
新車価格:250.9〜328.6万円

ノアのWLTCモード燃費はガソリン車で13.2km/L~13.6km/L。ハイブリッド車で19.8km/Lとなっています。

ガソリンエンジンはハリアーなどにも搭載されているもので、優れた環境性能と走行性能を持っているほか、組み合わされるCVTも高効率なものを使用しています。ハイブリッドシステムはプリウスと同様のものであり、走行状況に応じてエンジンとモーターを使い分けて高効率な走行を実現します。

最も燃費のよいグレードは「HYBRID G」「HYBRID X」など。

最新「ノア」中古車情報
本日の在庫数 4086台
平均価格 158万円
本体価格 10~393万円
ノアの中古車一覧へ

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア(23.8km/L)
新車価格:

ノアとヴォクシーの兄弟車であるエスクァイア。ガソリン車、ハイブリッド車ともに同様のパワートレインが与えられており、燃費性能に関しても同等の数値。

ハイブリッド車だけでなくガソリン車にもエコドライブモードスイッチを押すとアクセルの踏み込みに対するレスポンスが穏やかになるほか、空調の効き具合も控えめなものとなり低燃費走行をサポートする。ハイブリッド車は「ハイブリッドシステムインジケーター」を装備しておりシステムの状況を確認しながら環境に配慮した走りが可能。

最も燃費のよいグレードは「HYBRID Gi」です。

最新「エスクァイア」中古車情報
本日の在庫数 1845台
平均価格 223万円
本体価格 76~440万円
エスクァイアの中古車一覧へ

【7位】トヨタ ヴォクシー(19.0km/L)

トヨタ ヴォクシー(23.8km/L)
新車価格:

ノアとエスクァイアの兄弟車であるヴォクシー。搭載されるパワートレインシステムは同等のスペック。ヴォクシーのWLTCモード燃費はガソリン車で13.2km/L、ハイブリッド車で19.0km/Lと、ノアより若干低いことが分かります。

ガソリンエンジンはバルブのタイミングを最適なものに制御する「デュアルVVT-i」を採用しており、低速から高速まで幅広い領域でパワー感とゆとりのある走りが可能。4WD車に装備されている駆動力制御システム「アクティブトルクコントロール4WD」も必要時のみ後輪にパワーを送るもので低燃費に貢献している。

最も燃費のよいグレードは「HYBRID ZS」です。

最新「ヴォクシー」中古車情報
本日の在庫数 7361台
平均価格 167万円
本体価格 5~438万円
ヴォクシーの中古車一覧へ

【同率8位】日産 セレナ(18.0km/L)

日産 セレナ 2019年マイナーチェンジ
新車価格:239.9万〜365.7万円

セレナのWLTCモード燃費はSハイブリッドモデルが11.8km/L~13.2km/L、e-POWERモデルが17.2km/L~18.0km/Lとなっています。

Sハイブリッドは減速時などに発生した回生エネルギーをエンジンアシストやアイドリングストップ中のエネルギーに用いるもの。e-POWERは完全なモーター駆動での走行を行なうもので、そのための電気エネルギーを作るためのエンジンを搭載しています。

最も燃費のよいグレードは「e-POWER X」「e-POWER ハイウェイスター」など。

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 9116台
平均価格 156万円
本体価格 6~408万円
セレナの中古車一覧へ

日産 セレナ マイナーチェンジで新型へ!新デザイン&全方位運転支援を採用

【同率8位】シトロエン ベルランゴ(18.0km/L)

シトロエン ベルランゴ(21.2km/L)

ベルランゴのWLTCモード燃費は全グレード共通で18.0km/Lです。

他のミニバンにはない、モダンで遊び心のあるデザインが魅力。両側スライドドアや個別に折り畳めるリアシートなど、ミニバンとしての実用性も優秀。デザイン性とミニバンとしての実用性を兼ね備えたモデルです。

最新「ベルランゴ」中古車情報
本日の在庫数 35台
平均価格 357万円
本体価格 319~448万円
ベルランゴの中古車一覧へ

【10位】BMW 2シリーズ グランツアラー(17.1km/L)

BMW 2シリーズ グランツアラー(21.3km/L)
新車価格:

2シリーズグランツアラーのWLTCモード燃費は2.0Lディーゼルエンジンで17.1km/Lを記録。

売れているのもディーゼルモデル。ターボとディーゼル組み合わせはあらゆる回転域でトルクフル。さらに燃費性能も優れており、国産のハイブリッドモデルとは一線を画す仕様となっている。

最も燃費のよいグレードは「218d Gran Tourer Luxury」です。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

【11位】トヨタ アルファード & ヴェルファイア(14.8km/L)

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード(19.4km/L)

アルファードのWLTCモード燃費はガソリン車が9.9km/L~10.8km/L。ハイブリッドモデルは14.8km/Lとなっています。

トランスミッションに関しても伝達効率の高いものを採用しており燃費性能の向上とダイレクト感のある加速フィーリングにつながっている。

最も燃費のよいグレードは「HYBRID X」。

2022年、アルファード/ヴェルファイアに1モーターの2.4Lハイブリッドモデルが登場するとの噂が!新型予想イメージなど、詳しくはこちらで紹介しています。

最新「アルファード」中古車情報
本日の在庫数 4598台
平均価格 303万円
本体価格 30~1,200万円
アルファードの中古車一覧へ

トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイア(19.4km/L)

ヴェルファイアのWLTCモード燃費はアルファードと同じです。

動力面に関しても、アルファードと同一のものが搭載されています。ハイブリッド車であれば「EVドライブモード」だけでなく「エコドライブモード」が用意されており燃費性能を高めるための走行を好きなタイミングで行なうことができます。ヴェルファイアの総合情報はこちらの記事から!

最も燃費のよいグレードは「HYBRID X」。

最新「ヴェルファイア」中古車情報
本日の在庫数 5044台
平均価格 228万円
本体価格 36~1,000万円
ヴェルファイアの中古車一覧へ

その他のミニバンランキングはこちらから!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (16枚)

コメント

利用規約

関連する記事