MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ヤリス クロス > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】ミステリアスSUV!?ヤリスクロスの外装・内装を徹底解説
ヤリス クロス

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】ミステリアスSUV!?ヤリスクロスの外装・内装を徹底解説

みぃぱーきんぐさんがトヨタ ヤリスクロスの外装・内装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、トヨタ ヤリスクロスの外装・内装を解説!

ヤリスシリーズとしてデビューした完全新型のSUV・ヤリスクロス。コンパクトでおしゃれな都会派と思いきや、本格的なオフロード機能も搭載した個性的なモデル。デザインや装備、機能などを分かりやすく紹介しています。

この記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第5回 日産 キックス編はコチラ!

インパクト大のフロントフェイスに注目!

ヤリスクロスは、なんといってもインパクト大の個性的なフロントフェイスが特徴。ヤリス系統の顔ではありますが、2車のデザインを改めて見比べると全く違うことがわかります。ヤリスにクロスオーバー風のデザインや加飾を施しただけの車ではありません。

独特な世界観のSUV!表情の読めないフロントマスクが、気になる存在感を演出しています♪

シンプルなフロントグリルと、すっきりしたボンネット、ライト周りのデザインは、今までのトヨタ車にはない方向性を示しているように見えますね。ちょっとミステリアスな雰囲気が、周囲の目を釘付けにするかもしれません。

リアは新型ハリアーにも採用されている、テールランプが一直線になったデザイン。トヨタマークを横切るラインがスタイリッシュですね。

横から見ると、ヘッドライトとテールライトが一直線に繋がるデザインがキレイ♪

ほどよい大きさのテールフィンアンテナとリアスポイラーとの一体感もあり、力強さよりもスマートなカッコよさが感じられる、今までにないSUVといえるでしょう。

みぃぱーきんぐさんが紹介する「ハリアー」はこちら!

【#みぃぱーきんぐの車紹介】上質オトナSUV・ハリアーの外装・内装を徹底解説

Z専用のダークブラウン内装は女性にもオススメ

最上級グレード「Z」は、唯一ダークブラウン内装を採用しています。インパネ、ダッシュボード、ドアトリム、内張りなどがダークブラウン色になっているほか、シートには本皮+ツィードを採用。車内が明るく見えるので、リラックスした雰囲気でドライブしたい人は嬉しい仕様かもしれません。

シートの色は賛否あるそうですが、わたし的にはアリ!センスのあるソファみたいです♪

ブラウン使いの車内は明るく見えるので、女性が乗っても可愛い&カッコいい雰囲気。
初めてSUVを選ぶ人にも親しみやすいのではないでしょうか?

ところどころにダウンライトが搭載されているのもポイント。適度に光り物を配しつつ、上品な雰囲気でまとめられた車内は、SUVに乗るのが初めてという女性にもぴったりです。

オフロード用走行モード「TRAIL」「SNOW」

みぃぱーきんぐさんが紹介してくれた、「TRAILモード」と「SNOWモード」の切り替えダイヤル。センターコンソールに搭載されており、左右にひねるとハンドル奥の液晶画面が切り替わります。

ちょっと補足すると、このオフロード用走行モードはRAV4にも採用されている本格仕様。ガソリン車では「SNOW」「MUD&SAND」「ROCK&DIRT」の3つ、ハイブリッド車では「TRAIL」「SNOW」の2つのモードを利用できます。

特に、雪の多い地域では4WD仕様が人気ですが、燃費性能の高いハイブリッド4WDに悪路走破性を持たせたヤリスクロスは、雪国ユーザーもぜひ検討していただきたい1台です。

ヤリスクロスの4WD性能やグレード構成についてはこちら♪

トヨタ新型ヤリスクロスおすすめグレードは「G」!4WDがスゴイ?違いを比較

後部座席の出番は少なめ?使い勝手は標準的

機能的には全く不便のないつくりですが、前席と比べるとスゴク簡素に見えるかも……

ヤリスクロスの後部座席はコンパクトSUVとしては問題ない広さですが、細かな点を確認すると、常にフル乗車することは想定されていないのかもしれません。

ドリンクホルダーの数や充電設備などの便利装備は控えめ。さらに、後席中央は倒してアームレストにすることもできますが、クッション性がないため、少しチープな印象です。

リア中央のアームレストを倒すと、ラゲッジスペースのツルッとした面が現れます。

しかし、後部座席に荷物を置くことが多い人や、基本は1~2人でしか車に乗らないユーザーにとっては、使い勝手は問題ないでしょう。

ラゲッジスペースは大容量!アウトドア派も安心

リアから見ると、「シートがブラウンでよかった!」って思えるほどオシャレに見えますよね!

コンパクトSUVながら、ヤリスクロスのラゲッジスペースは大容量!キャンプや釣りなどのアウトドア用品も、後席を倒さなくてもじゅうぶん収納できます。中央のアームレスト部を倒せば、長物も積み込みOK。

後席がややナナメになりますが、気になる段差や窪みはありません。
車中泊ではタオルやブランケットでうまく調整しましょう。

後席を前に倒すと、車中泊もできる広いスペースが現れますが、座席背面がやや斜めになっているので、フルフラット派は要注意。シートやタオルで高さを調節すると快適そうです。

トヨタ ヤリスクロスの基本情報

ヤリスクロスはトヨタのコンパクトSUV。ほぼ同じサイズのコンパクト&低燃費のハイブリッドSUVに「C-HR」がありますが、C-HRに比べるとヤリスクロスはアクティブな印象。

日常使いはもちろん、海や雪山のレジャーを楽しみたい人にもピッタリの、クロスオーバーSUVです。

2020年にデビューしたばかりのヤリスクロス。コンパクトカー「ヤリス(旧名ヴィッツ)」と同じ、GA-Bプラットフォームを採用した、新時代のトヨタを担うモデルといえます。

ヤリスクロスがデビューしたとき「なかなか変わった車がでたなぁ……」と思ったんですが、「SUVはこうあるべき」という固定概念にとらわれない、柔軟で革新的なクルマでした!

ヤリスクロスはX、G、Zの3グレード。価格帯はガソリン車が約180万~220万円、ハイブリッド車は約228万~258万円です。

ヤリスクロスの購入時にチェックしておきたい情報はこちらにまとめています♪

トヨタ 新型ヤリスクロスを徹底分析!購入時に失敗しないための情報まとめ

トヨタ ヤリスクロスのスペック

全長4180mm
全幅1765mm
全高1590mm
ホイールベース2560mm
車両重量1110~1270kg
乗車定員5人
エンジン直列3気筒直列3気筒
排気量1490cc1490cc
最高出力67kW[91PS]/5,500rpm88kW[120PS]/6,600rpm
最大トルク120N·m[12.2kgf・m]/3,800-4,800rpm145N·m[14.8kg・m]/4,800-5,200rpm
モーター最高出力前:59kW[80PS]
後:3.9kW[5.3PS]
モーター最大トルク前:141N·m[14.4kgf・m]
後:52N·m[5.3kgf・m]
トランスミッション電気式CVTCVT
駆動方式FF
E-Four
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 277台
平均価格 234万円
本体価格 163~351万円

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

グレード名Z
パワートレイン1.5Lハイブリッド
駆動E-Four
定員5人
WLTCモード燃費26.0km/L
価格2,815,000円~

ガソリン、ハイブリッドともに「Z」は最上級グレード。他グレードとの最大の違いは、ブラウン内装と合皮+ツィードシートを採用している点です。

ブラック内装に比べて車内がパッと明るく、高級な印象に。女性ドライバーにもピッタリの、上品でシックな内装です。

また、ハイブリッドモデルを選択すると駐車支援機能「トヨタチームメイト」を利用できます。ドライバーは駐車したいスペースの横に停車し、スイッチ操作をするだけ。駐車場が狭い人や、縦列駐車をよくする人におすすめの機能です。

ヤリスクロスのパワートレインスペックはこちらの記事で詳しく解説しています♪

ヨタ新型ヤリスクロスのエンジン&パワートレインスペック|ライバル車と比較&おすすめは?

みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

新型ランドクルーザー発売間近!?リーク情報は以下で随時更新中!

トヨタの新型車情報はコチラ♪

最新のモデルチェンジ・新型車情報はコチラで随時更新中!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る (16枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード