MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【年収別おすすめ車TOP3】200万から1000万円までの年収に合った新車・中古車は?
メーカー・車種別

更新

【年収別おすすめ車TOP3】200万から1000万円までの年収に合った新車・中古車は?

目安のひとつは年収の半分の車両価格

©methaphum/stock.adobe.com

クルマを購入する際の予算の目安のひとつは、年収の半分と言われています。なぜなら、ローン審査の基準の一つとなる総量規制を考えると、年収の半分程度が1つの基準となるからです。

ただし、これはあくまでひとつの基準でしかありません。下取り車があって総支払額が下がるケースや、自分に合った支払い方法を選択した場合は、購入できる車の選択肢がぐっと広がります。

今回はあくまで参考として、各年収の半分程度の新車車両価格の車を紹介します。

年収200万円の人におすすめの車TOP3

第3位 ダイハツ ミライース

第3位にランクインしたのはダイハツミライースです。ミライースはデビュー以来燃費の良さとコストパフォーマンスの高さでダイハツの軽自動車ランキングを支えてきたモデルです。

通勤からお買い物、また高速道路を使用したちょっとした遠出にも対応できます。燃費も良く経済的なため、家計を圧迫する事もなく安心です。

第2位 スズキ アルト

第2位にランクインしたのは、スズキ アルトです。アルトはデビュー以来スズキの軽自動車ラインナップを下支えしてきたモデルです。現行モデルには自動ブレーキサポート等の安全機能等も充実してます。

搭載されているR06型エンジンも熟成されているためトラブルが少なく、燃費も非常に良いため購入後の維持費も抑えられます。

第1位 スズキ ワゴンR

年収200万円の人におすすめな車ランキング第1位はスズキ ワゴンRです。ワゴンRは軽自動車でありながら広い室内スペースが特徴的なトールワゴンで、大人4人の移動でもゆとりがあります。また、スズキ独自のマイルドハイブリッドシステムも搭載されており、燃費も良く経済的です。

控えめな価格帯でありながら使い勝手の良いサイズ感であるワゴンRはとても魅力的な存在ではないでしょうか。通勤、買い物、家族旅行など、オールマイティーにこなしてくれる1台です。

年収300万円の人におすすめの車TOP3

第3位 トヨタ パッソ

年収300万円の人におすすめの車第3位は、トヨタ パッソです。パッソは排気量1,000CCのエンジンを搭載したコンパクトカーで、カタログ燃費も21.0km/Lと非常に経済的です。サイズも小柄で街乗りでも非常に扱いやすいです。

エンジンが1,000ccであるため高速道路の走行にも軽自動車と比べてゆとりがあり、車を使用した旅行にも問題なく対応できます。

第2位 スズキ ハスラー

第2位はスズキの軽自動車 ハスラーです。ハスラーは軽自動車でありながらSUVのような形状が特徴的です。室内スペースが広いためキャンプなどの野外活動にも大活躍してくれます。

趣味に振った車が欲しいけどできるだけお手頃なクルマが良いという人にとっては、非常に満足度の高い1台と言えるのではないでしょうか。

第1位 スズキ ソリオ

第1位はスズキ ソリオです。ソリオは後席両側にスライドドアを装備しているハイトワゴン型のコンパクトカーで、軽自動車よりも一回り大きなボディと燃費の良い排気量1,200ccのエンジンを搭載した非常に使い勝手の良いモデルです。

沢山の人が乗れる大きなミニバンは必要無いといった家庭にとっても、両側スライドドアを搭載して室内高にもゆとりがあるソリオは選択肢のひとつとなるのではないでしょうか。

年収400万円の人におすすめの車TOP3

第3位 ホンダ N-BOX カスタム

ホンダ N-BOX カスタム

第3位にランクインしたのはホンダ N-BOXカスタムです。N-BOXカスタムは日本の軽自動車市場で最も人気があると言っても過言ではないモデルで、軽ハイトワゴンの形状をフルに生かした使い勝手の良さが魅力的です。

軽自動車で有りながらもナビなどのオプションを含めれば乗り出し価格が200万円前後にもなり、コンパクトな普通車と比べても高額であることが特徴です。そのため少し収入に余裕のある層に支持されている高級軽自動車です。

第2位 トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

第2位にランクインしたのはトヨタのコンパクトSUV ライズです。ライズはトヨタのSUVラインナップの中で最もコンパクトなボディサイズを持つモデルで、SUV入門に最適と言えます。

シートアレンジ次第では荷物をたくさん載せる事ができ、趣味を満喫したい人にもおすすめのモデルです。

第1位 トヨタ ヤリス

年収400万円の人におすすめの軽自動車ランキング第1位は、トヨタヤリスです。

ハイブリッドモデルでは日本車でもトップクラスの燃費性能を誇り、経済面でも大きなアドバンテージがあります。更にはトヨタ車ならではのボディ剛性の高いプラットフォームや使い勝手を考えた内装など、日常使いからお出かけまで幅広く対応できる1台です。

年収500万円の人におすすめの車TOP3

第3位 ホンダ シャトル

年収500万円の人におすすめの車ランキング第3位はホンダ シャトルです。ホンダ フィットより延長されたボディーサイズでありながら5ナンバー規格の扱いやすいサイズ感が人気となっているモデルです。

また、ハイブリッド仕様も選択でき、優れた燃費性能も発揮しています。ステーションワゴンである事による積載能力の高さ、ホンダ センシングによる優れた予防安全機能など、現代社会に求められる機能を高バランスで実現している1台です。

第2位 トヨタ アクア

第2位にランクインしたのはトヨタのエコカー アクアです。アクアは同社の人気エコカープリウスのダウンサイジングモデルのような位置付けで、デビュー当初から老若男女問わず幅広く支持され続けています。

2021年にフルモデルチェンジが行われ、燃費性能もWLTCモードで33.6km/L(Zグレード)と国産車トップクラスに進化を遂げました。また、合計1,500wまでの100v外部給電機能が搭載され、もしもの災害時やアウトドア活動時にも大活躍です。

第1位 トヨタ ヤリスクロス

第1位はトヨタ ヤリスクロスです。ヤリスクロスは同社の人気コンパクトカーであるヤリスの兄弟車で、コンパクトなボディサイズのSUVです。昨今では走破性も高くスタイリッシュなSUVが人気で、そんな中でも比較的求めやすい価格設定になっています。

ハイブリッドモデルに関してはWLTCモードで27.8km/Lと驚愕の数値です。

年収600万円の人におすすめの車TOP3

第3位 トヨタ カローラクロス

年収600万円の人におすすめの車ランキング第3位にランクインしたのはトヨタから2021年にデビューしたカローラ クロスです。カローラのSUVバージョンであり、流線型のボディーは非常にスタイリッシュで、都会的な雰囲気を感じます。

インテリアも上質な仕上がりで申し分なく、後席のゆとりも十分で使い勝手も良いことが特徴です。トヨタ独自のプラットフォーム技術であるTNGAも採用されており、優れたボディ剛性が安定感のあるドライビングと質の高い乗り心地を実現しています。

第2位 スバル XV

第2位にランクインしたのはスバル XVです。XVはインプレッサをベースに車高をアップし、クロスオーバー的な位置付けになっているモデルです。キャンプなどのアウトドアライフを趣味にしている層に非常に人気となっています。

XVのように個性が強い車種でライフスタイルを演出するというのも楽しみ方の一つではないでしょうか。

第1位 ホンダ ヴェゼル

第1位はホンダのSUV ヴェゼルで、ホンダの人気SUVです。e:HEVと呼ばれるハイブリッドモデルはWLTCモードでの燃費が25.0km/Lと高い数値となっています。

2021年4月から販売がスタートした現行モデルは先代よりもさらにスタイリッシュになり、高級感も一気に増したイメージです。SUVである事の強みを生かして休日のレジャーに出かけたり、毎日の通勤でも扱いやすいサイズと優れた燃費性能がメリットになる、非常にオールマイティな1台です。

年収700万円の人におすすめの車TOP3

第3位 フォルクスワーゲン ポロ

年収700万円の人におすすめの車第3位は、フォルクスワーゲン ポロです。年収700万円クラスになると輸入車の購入も視野に入ってくるかと思いますが、そんな輸入車の中でも比較的親しみやすいのがフォルクスワーゲンではないかと思います。

ポロはフォルクスワーゲンの中でもかなりコンパクトな車種ですが、2018年に発売された6代目 AW型からは全長、全幅共に拡大され、ゆとりのあるサイズ感に進化しました。それでも扱いやすいサイズにとどめられているため、都会の立体駐車場にもしっかり対応できます。都市部に住む人も安心して購入することができるオシャレな1台です。

第2位 トヨタ ノア/ヴォクシー

トヨタ ノア X(7人乗り・2WD)

第2位にランクインしたのはトヨタのミニバン ノア/ヴォクシーです。こちらのモデルはファミリーカーの定番車種として認知度が高く、室内の広さ、質感、ルックスや走行性能等あらゆる面での完成度が高いモデルです。

また、2022年1月頃にフルモデルチェンジの予定が噂されています。最新モデルにはファミリーカーとして最も重要ともいえる優れた予防安全装備や、渋滞時、自動運転に近い快適な運転が可能となる機能など、デビューに向けて注目するべき部分の多い1台です。

第1位 トヨタ プリウス

第1位はトヨタ プリウスがランクインです。プリウスはデビュー以来『エコカー』路線を貫いてきたモデルで、優れた燃費はもちろんですが室内の居住性、荷物を詰めるキャパシティー、それぞれの時代に合わせた質感など、日本車として最もスタンダードな立ち位置を守り続けてきました。

先代モデルの中古車に関しては求めやすい価格になりましたが、故障も比較的少なく見た目も古臭くない事から、これから購入する人も多くなりそうな印象です。また現行モデルに関しても高級感がありステイータス性も悪くありません。年収が高い人にもそうでない人にも、幅広く満足されている部分もプリウスの持つ強みと言えるのではないでしょうか。

年収800万円の人におすすめの車TOP3

第3位 トヨタ RAV4

年収800万円の人におすすめの車第3位はトヨタRAV4です。RAV4にはガソリン車、ハイブリッド車の設定があり、燃費の良さと走りの良さや装備品などで比較しながら選ぶ事ができます。

SUVとしての室内スペースや積載量は平均的で使い勝手も良く街中での取り回しも悪くありません。また、カスタマイズの為のアフターマーケット品も豊富で、自分好みの仕様に仕上げる楽しみ方もある1台です。

第2位 トヨタ プリウス PHV

第2位にランクインしたのは、プリウスPHVです。プリウスPHVはトヨタのハイブリッド車の代名詞とも言えるプリウスのプラグインハイブリッドモデルです。通常のハイブリッド車よりも大きなバッテリーを搭載されているため、電気モーターのみで走行できる距離が大幅に長くなっています。

家庭に充電設備を設置する事で片道15kmまでぐらいの通勤であればガソリンを使わずに走行する事が可能です。これから一軒家を購入しようと考えている人でしたら通勤距離を考えた立地に家を構え、充電設備と一緒にプリウスPHVを所有すれば大幅なガソリン代の節約が期待できるのではないでしょうか。

第1位 日産 エルグランド

年収800万円の人におすすめの車第1位は、日産 エルグランドです。エルグランドは日産のミニバンラインナップの中では最も高級なモデルで、広々とした室内にラグジュアリー感のある外装が人気となっています。

国産ミニバンの中では大柄なボディーですが、360度セーフティアシストのおかげで視認性や安全性も高いです。さらには低重心プラットフォームの採用で走りも快適、休日のお出かけも楽しくこなせる1台です。

年収900万円の人におすすめの車TOP3

第3位 トヨタ GR ヤリス RZ High Performance

年収900万円の人におすすめの車第3位は、トヨタGR ヤリスです。GRヤリスはWRC(世界ラリー選手権)という自動車レースに参加するためのホモロゲーションモデルでもあり、優れた性能を発揮するスポーツカーです。

コンパクトなボディサイズではありますが、RSグレード以上には最高出力272psを発揮するエンジンを搭載し、さらには4WDの駆動系と相まってその走りは非常にパワフルです。昨今ではスポーツカーは新車、中古車共に高額なパターンが多く、贅沢な乗り物としてのイメージが高くなっています。スポーツカーに乗るにもある程度の年収が必要で、余裕のある大人の遊びとしても人気が高まっています。

第2位 アウディ Q3

年収900万円の人におすすめの車第3位にランクインしたのはAudi Q3です。年収900万円となれば居住地域にもよりますが一般的には余裕のある生活が予想できます。そのため輸入車を購入するという選択も十分視野に入れることができるのでは無いでしょうか。

Q3に関してはサイズ的にも大きすぎないため、都会から郊外まで問題がない使い勝手となります。また、休日のアウトドアレジャーやお買い物にも広い荷室スペースで対応できる非常にマルチなモデルです。仕事を頑張った自分へのご褒美として、オシャレな欧州車を所有してみるのも日常への良いスパイスになりそうですね。

第1位 トヨタ アルファード

第1位は国産ミニバンのフラッグシップモデルとも言えるトヨタ アルファードです。アルファードはデビュー以来『高級ミニバン』としての地位を常に維持してきました。現行モデルに関してはその特徴がさらにブラッシュアップされ、確固たる存在感を放っています。

アルファードに関しては現状リセール価格も非常に良く、残価設定型のマイカーリースで購入する車両としても非常に安定感があります。優れた内外装の質感、大人7人が快適に移動できる室内空間など、国産のファミリーカーとしては最もステータス性を感じるモデルです。

年収1000万円の人におすすめの車TOP3

第3位 BMW 3シリーズ

年収1000万円の人におすすめの車第3位にランクインしたのはBMW 3シリーズです。3シリーズはBMWの中でもスタンダードなモデルで、セダンタイプとツーリングと呼ばれるワゴンタイプの2種類から選べます。

BMWといえば高級車の代名詞的なイメージもあり、ステータス性も高いです。そんな中でも3シリーズセダンは上質かつスポーティーで質感を求める人はもちろんですが、走りの楽しさを求める人にもオススメです。休日のレジャーや使い勝手を重視する人にはツーリングが便利です。

第2位 トヨタ クラウン

第2位にランクインしたのはトヨタ クラウンです。かつてはファミリーカーの最高峰といえば高級セダンのイメージでしたが、昨今ではミニバン、SUVの人気が高まり、セダンの位置付けがより贅沢なポジションになっているイメージも受けます。

ドライブの楽しさやステータス性を重視した高級セダンを所有するのも非常に良い選択肢と言えます。普段の通勤だけでなく、休日のドライブもゆったり楽しみたい人におすすめのモデルです。

第1位 メルセデス・ベンツ Cクラス

年収1000万円の人におすすめの車第1位はメルセデスベンツ Cクラスです。メルセデス ベンツは世界1有名といっても過言ではない高級車ブランドです。そんな中でもセダン形状の車種が最もメルセデスらしいイメージで、そんなセダンラインナップの中でも高級感があり、サイズも扱いやすいのがCクラスです。

年収1000万円は一つの大台とも言えます。憧れのメルセデスを手にするにも十分と言える年収です。普段仕事を頑張っている自分へのご褒美に、休日のドライブも楽しくなる1台です。

執筆者プロフィール
ダイス
ダイス
プリウス専門店『Kyoei Japan』でセールス・マーケティングを担当しながらライターとして活動しています。愛車はホンダ シビックEG6型、普段乗りはZVW30 プリウス。仕事柄プリウスに関するネタに関しては引き出し...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード