MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > ハスラー > スズキ ハスラー完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
ハスラー

更新

スズキ ハスラー完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

スズキ ハスラーとはどんな車?

スズキ 2代目ハスラー フロント

ハスラーは「遊べる軽」として販売される、軽自動車+SUVの人気車の1台です。人気のジャンルだけあり、ダイハツ・タフトなどと比較されることが多い1台でもあります。

スズキ 2代目ハスラー ラゲッジルーム
収納イメージ

人気ジャンルの1台だけあり、細部の拘りは凝った仕上がりで、ダッシュボードのデザインや、荷室からそのまま持ち出せる収納など、車として必要な装備以外も充実しています。

とはいえ、最新の先進安全技術をはじめとする、ドライビングサポートが細部まで充実しているのが、人気車種としての存在が伺えるとこるです。

スズキ 2代目ハスラー 運転席
スズキ 2代目ハスラー 内装

変っている点は、オフロードを軽やかに走るイメージから、かつてスズキの生産していたオフロードバイクのハスラーから名前を引き継いでいる点です。バイクの名前が車の名前になった、少し個性的な背景のある1台です。

ラインナップは、FFと4WD、グレードはXとGの2種類があります。さらにそれぞれにターボモデルがあるので、計8種類の組み合わせに分かれます。

雪や泥の多いキャンプ場に行くのであれば4WD、市街地が専らで燃費の良いモデルならFFと、選び方を変えるとよいでしょう。

おすすめグレード

ハスラーのグレード構成と車両価格

2021年5月時点で販売されているハスラーのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
HYBRID G *ターボ車あり1,280,400円~
HYBRID X *ターボ車あり1,518,000円~

基本的な装備・機能は揃う「G」、「X」は内装がアップグレード

スズキ 2代目ハスラー HYBRID G フロント
グレード:HYBRID G

「G」のスズキセーフティサポート非搭載車を除けば、基本的に「G」「X」の装備・機能に大きな違いはありません。

上位グレード「X」のみの装備としては「LEDヘッドランプ」「LEDポジションランプ」「LEDサイドターンランプ付きドアミラー」、リアスピーカーの追加などが挙げられます。

そのほか、Xでは本革巻きステアリングやメッキ加飾など、内装のアップグレードが行われています。 こういった装備に魅力を感じるのであれば、上位グレードのXを選びましょう。

ターボ車はロングドライブ派にもおすすめ

スズキ 2代目ハスラー HYBRID Xターボ フロント
グレード:HYBRID Xターボ

「Gターボ」「Xターボ」は、上位下位グレードとして内外装の装備差はあるものの、どちらも追い越し車線や合流が多い道路をよく使う、家の周りに坂道が多い人などにおすすめです。

特に、ノンターボ車は搭載されない「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」や「車線逸脱抑制機能」「パドルシフト」が搭載されていますので、ロングドライブ派にもターボ車がおすすめです。

ボディカラー

スズキ 2代目ハスラーのボディカラー一覧画像

ハスラーのボディカラーラインナップは、モノトーン5色、ツートーン6色の全11色。グレードや仕様によるカラー選択の違いはありません。

査定額が高くなるのは「ブルーイッシュブラックパール」「ピュアホワイトパール」などですが、ハスラーはツートーンカラー主体のボディカラーラインナップですので、他色でも人気は高いでしょう。

カラー名称カラーコード
バーミリオンオレンジ
ガンメタリック2トーン
(XBK・EBK)
デニムブルーメタリック
ガンメタリック2トーン
(Y4E・D4E)
フェニックスレッドパール
ガンメタリック2トーン
(DW6)
チアフルピンクメタリック
ホワイト2トーン
(DAE)
アクティブイエロー
ホワイト2トーン
(C2G・X2G)
ブリスクブルーメタリック
ホワイト2トーン
(DRT・YRT)
シフォンアイボリーメタリック(ZVG・XVG)
オフブルーメタリック(ZYW・YYW)
ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3・YJ3)
ピュアホワイトパール(ZVR・XVR)
クールカーキパールメタリック(ZVD)

スズキ ハスラーのスペック

スズキ 2代目ハスラーのスタイリングイメージ

ボディサイズ

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,680mm
ホイールベース2,460mm
車両重量810~880kg
乗車定員4人

現行ハスラーのボディ形状は先代よりも角張ってタフな印象になりました。

サイズは先代と比べて全高が15mm上昇、ホイールベースが35mm拡大。全長・全幅については変わりなく、優れた取り回し性能はそのままに、居住性を向上させています。

室内空間には収納スペースが多いため、サイズ感とは裏腹にかなり広々使える車です。

パワートレイン

エンジン水冷直列3気筒ターボ水冷直列3気筒
排気量658cc657cc
最高出力47kW[64PS]/6,000rpm36kW[49PS]/6,500rpm
最大トルク98N·m[10.0kgf・m]/3,000rpm58N·m[5.9kgf・m]/5,000rpm
モーター最高出力2.3kW[3.1PS]/1,000rpm_1.9kW[2.6PS]/1,500rpm_
モーター最大トルク50N·m[5.1kgf・m]/100rpm40N·m[4.1kgf・m]/100rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

ハスラーのパワートレインは直列3気筒ターボと直列3気筒の2種類。いずれもモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドを採用しています。

4WD車には雪道などでのタイヤの空転を抑える「スノーモード」や、ぬかるみなどでもしっかりと発進できる「グリップコントロール」、下り坂で車速を約7km/hに制御する「ヒルディセントコントロール」を、スイッチ操作で使用することが可能です。

燃費性能や積載性に優れた軽自動車ですが、SUVとしても本格的な機能を備えているため、「遊べる軽」にふさわしいモデルと言えます。

歴代車種

【初代】ハスラー:MR31S/MR41S型(2014年~2019年)

スズキ 初代ハスラー フロント

初代ハスラーは「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発され、2013年の東京モーターショーで世界初公開。2014年に発売されました。

当時のスズキにとっては未開拓ジャンルであったトールワゴンのクロスオーバーモデルでしたが、発売からモデルチェンジまでロングヒットを達成。

2014年の日本カーオブザイヤーや、RJCカーオブザイヤーを受賞した経歴もあり、高く評価されたモデルです。

特別仕様や限定仕様、記念モデルなども多く販売され、中古車市場も豊富で選びやすい1台といえるでしょう。

OEM車としてマツダ・フレアクロスオーバーも存在します。

最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 89台
平均価格 91万円
本体価格 49~160万円
ハスラーの中古車一覧へ

新型情報はこちら!

スズキの新型車情報

スズキのSUV新型車情報

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード