MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 【ホンダ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2022年9月最新リーク情報
新型車・モデルチェンジ

更新

【ホンダ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2022年9月最新リーク情報

今後デビューが予想されるホンダの新型車スクープ、モデルチェンジ予想最新情報などをお伝えします。

【更新履歴】
2022年09月14日:ホンダ CR-V 北米デビュー
2022年09月09日:N-SUV(新型)
2022年09月08日:ZR-V(新型)
2022年09月06日:アコード タイプR(FMC)
2022年09月01日:シビックタイプR(FMC)
2022年08月25日:N-ONE(改良)
2022年08月15日:フィット(FMC)
2022年07月28日:プロローグ(新型)
2022年07月21日:シビックタイプR(FMC)
2022年07月15日:ZR-V(新型)
2022年07月13日:アコード(FMC)
2022年07月13日:CR-V(FMC)
2022年07月08日:N-WGN(MMC)
2022年06月30日:シビック e:HEV(追加)
2022年06月23日:フリード(改良)
2022年05月26日:ステップワゴン(FMC)
2022年05月23日:コンパクトEV(新型)
2022年04月12日:国内投入予定の電動モデルについて発表
2022年03月24日:電動化戦略を発表

目次

【CR-V】北米で世界初公開!スタイリッシュなプレミアムSUVに

2022年7月12日、6代目となる新型CR-Vが北米で公開されました。

しかし、2021年12月頃に開催されたというホンダの社内発表会にて、CR-Vをはじめ「シャトル」「インサイト」の計3車種の日本市場における廃止が明かされたとのことで、日本では発売しないことが判明しています。

しかし、中国ではCR-VのPHEV(プラグインハイブリッド)モデルの登場が中華人民共和国工業情報化部のWEBサイトに掲載された情報から明らかに。その驚異の燃費性能が話題となっています。

【N-SUV】第5のNシリーズ、車名は「N-SUV」もしくは「N-CROSS」?

MOBYではNシリーズの5番目のモデルとなるであろうクロスオーバーSUVの予想CGを入手しました。

ホンダの新型Nシリーズは、早ければ2023年後半に登場。遅れれば2024年初頭ころの発売になるものと見込まれます。

【ZR-V】先行予約がスタート!新CMも同時公開

ホンダの米国部門が2022年4月4日に発表した新型HR-Vが、「ZR-V」として日本で発売。9月8日から先行予約が開始されました。

すでに7月14日には特設サイトが開設され、日本仕様も公開済。

また、それに伴ってホンダアクセスから純正アクセサリーに関する情報を、公式ホームページで一部先行公開しました。

【アコード】次期モデルのデザインが海外の商標からリーク、タイプRも期待大?

出典:ブラジル産業財産庁

現在のホンダのフラッグシップセダン「アコード」の次期モデルとされる意匠が、ブラジル産業財産庁が発表した資料の中で明らかになりました。

また海外メディアは、この新型アコードにタイプRが設定される可能性が高いと予想しています。

現行アコードは日本でも発売されているものの、昨今のSUVブームの中で販売台数は低迷。新型モデルへの切り替えでタイでの生産もやめる可能性が高く、これに伴って日本での販売も終了となるかもしれません。

【シビックタイプR】9月発売!究極のピュアスポーツ性能目指す

2022年7月21日、新型シビック タイプRが待望の世界初公開。9月2日に発売となりました。

価格は税込み499万7300円。グレード展開はなく、ボディカラーは有償色1色を含む5色から選択可能となっています。

発表後もテストカーが目撃されている

7月の発表、ワールドプレミア後も、新型シビック テスト車両のテスト車両が目撃されているとの情報があります。追加装備や特別仕様車のテスト車両である可能性が。続報を期待しましょう。

【N-ONE】一部改良でグレードを追加

2022年8月25日に一部改良し、同月26日から販売開始しました。

今回の一部改良では、Originalグレードをベースとした特別仕様車「STYLE+ URBAN」を設定。また、PremiumとRSグレードの内外装にも改良が加えられてます。また新しいボディカラー4色も追加されました。

【フリード】一部改良で特別仕様車追加、世代交代も間近に?

フリードが2022年6月23日に一部改良し、同日より発売。コンプリートカー「Modulo X(モデューロ X)」も7月14日にデビューします。

一部改良に合わせて新たな特別仕様車「BLACK STYLE」を設定。名前の通りブラックをアクセントとした内外装が特徴で、より上質で洗練されたスタイルを目指しています。

来年にフルモデルチェンジ?

現在、ホンダディーラーではフリードが来年にフルモデルチェンジを控えているのではないかという噂が流れているようです。

予想されるデビュー時期は来年の夏頃とのこと。早ければ今年12月に先行公開されるといいます。

【フィット】今秋発売の改良モデルを先行公開

今回追加される新グレード「RS」

2022年8月5日、今秋発売予定の改良型に関する情報がスペシャルサイトにて先行公開されました。

既存モデルのデザインが変更されるほか、かねてより追ってきた新グレード「RS」の内外装デザインも公開。発売は10月6日を予定しているという情報を入手しています。

その後新たに入手した情報では、発売は10月6日になることなどが明らかになりました。

過去の情報はこちら

これ前に入手しているマイナーチェンジ版の新型フィットに関する情報はこちらの記事でお伝えしています。

【プロローグ】GMと共同開発の新型SUV、デザイン公開へ

ホンダ プロローグのスケッチ

2022年5月19日、SUVタイプの新型車「プロローグ」のスタイリングを示すデザインスケッチが発表されました。

プロローグはホンダとGMとで共同開発され、2024年頃の発売が予定されています。ただし日本発売は未定。今後の発表に期待です。

同年7月27日にはホンダの北米部門が公開した動画にて、制作中のモックアップが映り込みました。

【N-WGN】今秋登場予定の新型モデルを先行公開

2022年7月8日、今秋にマイナーチェンジを控える新型N-WGNに関する情報が特設サイトにて公開されました。

今回のマイナーモデルチェンジでは、N-WGNカスタムがよりスポーティーかつ存在感を高めたデザインに進化するとのこと。実際、公開された画像ではかなり質感が高められていることが伺えます。

【シビックハッチバック】e:HEVが遂に日本発売

シビック e:HEV

2022年7月1日、11代目となる新型シビックのハイブリッドモデル「シビック e:HEV」が遂に日本発売。

新たにハイブリッドシステムを搭載しただけでなく、内外装デザインにガソリン車と差別化された部分があります。

【ステップワゴン】ついに世界初公開!先行予約受付は2月から

新型ステップワゴン、AIR(左)とSPADA(右)

2022年1月7日に世界初公開された新型ステップワゴン。すでに2月から先行予約受付を開始していますが、5月27日から正式に発売します。

通常モデルに相当する「AIR(エアー)」と上位グレードの「SPADA(スパーダ)」の2種類が用意され、スパーダのみさらに高級感のある「PREMIUM LINE(スパーダ プレミアムアライン)」も用意されています。

【コンパクトEV】フィットEV復活か?特許を出願!

現行フィットと特許画像を重ねた画像

2022年5月23日、ホンダがバッテリーを搭載した車両の特許を「電池パック搭載車両」として出願しました。

特許には座席のフロア下に電池パック(バッテリー)を備えた2列シートのコンパクトカーが描かれており、フィットとよく似た特徴であることが分かります。実際に発売するかは定かでないものの、かつて販売されていた「フィットEV」の復活に期待が高まります。

多数の電動モデルを国内導入か!NSX後継などにも期待

2022年4月12日、ホンダは四輪電動ビジネスの取り組みについて会見をおこないました。その中で、商用軽EV」「乗用軽EV」「SUVタイプのEV」を2024年以降に日本市場へ投入予定であることを発表。

更に驚くべきことに、スペシャリティとフラッグシップの2つのスポーツモデルの存在も明らかになりました。これら2台の電動化スポーツカーは「3代目NSX」と「6代目プレリュード」になる可能性も期待されます。

発表の詳細はこちらの記事でお伝えしています。

【シビック】タイプRとハッチバックe:HEVを同時スクープ

画像提供:1988bmw520i様/Twitter

2022年3月、新型シビックの「タイプR」とハイブリッド車「e:HEV」の開発車両が目撃されました。

これらの2車種はそれぞれが別の場所で1台ずつ目撃されていたことはありますが、2台同時に捉えたスクープを入手したのは今回が初となります。

日本での発売はハッチバックe:HEVが6月頃、タイプRが遅れて秋頃になると予想しています。

【全体】2040年までにガソリン車の販売を完全終了

e:Ny1プロトタイプ

ホンダの欧州部門は2022年3月24日、欧州向けの新電動化モデル3機種を2023年に投入することを発表。

同時に、2050年までにカーボンニュートラルを達成し、2040年までに内燃機関車の販売を停止すると伝えました。

e:Ny1は2023年に発売予定のコンパクトSUVで、将来的にホンダの商品ラインアップの中心になると説明されているため、もしかしたら日本でも発売するかもしれません。

【全体】2022年にラインナップを大幅刷新か

現行で生産終了するという3車種

ホンダディーラーの営業担当の方によると、先日神奈川県の横浜市にて、ホンダが新作発表会のようなものを開催したとのこと。

その際、2022年内に3車種を生産終了、5車種を改良、1車種の新型車を投入する予定であることを発表したようです。

【N-BOX】一部改良で電動パーキングブレーキ搭載!

N-BOXカスタム 特別仕様車「STYLE+ BLACK」

ホンダは2021年12月16日、軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」を一部改良し、同月17日から販売開始することを発表しました。

主な変更点は電動パーキングブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)への機能追加など。

発表日である12月16日は初代N-BOX誕生から10周年にあたり、それを記念してNシリーズ4車種共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」を開始することも発表されました。

【インテグラ】アキュラブランドで車名復活を果たす

新型インテグラ プロトタイプ

アキュラは2021年11月12日、新型インテグラのプロトタイプをオンラインで世界初公開しました。

歴代モデルに対するオマージュが随所に見られ、1.5LのVTECエンジンや6速マニュアルトランスミッションなどを搭載することも明らかに。

より詳細な情報は来年前半の市場導入に向けて発表されるとのことです。

中国でも新型インテグラが登場

出典:広汽ホンダ公式サイト

インテグラと同名の車種が、ホンダが中国で展開する「広汽本田汽車(通称:広汽ホンダ)」からも発売。新型シビックの兄弟車になります。

アキュラ版との関連性はなく、日本市場への導入もされないと思われます。

SUV RSコンセプト発表、ZR-Vのベースに

2021年11月11日、小型SUVのコンセプトカーである「SUV RSコンセプト」をインドネシアで世界初公開しました。

RSの名を冠するスポーティモデルで、市販型の名称が「ZR-V」になるのではないかと言われています。

【ヴェゼル】中国でEV仕様がリーク!グリルレスの先進デザイン

東風ホンダ HR-V e:NS1

2021年10月、中国でホンダ ヴェゼル(海外名:HR-V)のEVモデルと思われる車両が公開されました。車両はホンダのグループ会社、東風ホンダが中国市場にて販売するモデルであると思われます。

現行のヴェゼルとシルエットは似ていますが、グリルやバンパー、リアのデザインなどに違いが見られます。リアには「e:NS1」というバッジが配置されており、車名は「HR-V e:NS1」になると予想。

中国市場や欧州市場よりも遅れると考えられますが、日本発売にも期待が高まります。

【ZR-V】ホンダ最小コンパクトSUVに?海外で謎のSUV公開

ホンダ ZR-V 予想CG
ZR-Vの予想CG

ホンダが海外向け発表会で謎のコンパクトSUVを公開しました。これは現在ホンダが開発中と噂されるSUV「ZR-V」と思われます。ZR-Vはヴェゼルより小さいコンパクトSUVで、国産車だとトヨタ ヤリス クロス、ライズなどと競合することが予想されます。

【大型ミニバン】オデッセイ後継モデルが来年発表か

中国で販売されているエリシオン

編集部は、ホンダが来年夏から秋にかけて大型のミニバンの発売を開始するという情報を関係者から販売店ディーラーから入手。

仮にこれが本当であれば、生産終了のアナウンスがあったオデッセイとは別モデルになると思われ、トヨタ アルファードや日産 エルグランドなどと真っ向から競合するフルサイズミニバンが登場すると予想します。

【NSX】最後のNSX「タイプS」登場

アキュラ NSX Type S

NSXの高性能モデル「Type S」がアキュラブランドより公開されました。2021年8月30日には日本仕様の価格やスペック正式に発表。

NSX Type Sは、パワートレインスペック向上はもちろんハンドリング性能も高められ、これまでのNSXの集大成にふさわしいパフォーマンスを実現。NSX史上で最も速いNSXであるとアキュラは発表しています。

全世界350台の限定販売となり、そのうち300台がアメリカ国内向けに、30台が日本向けに販売されます。

【NSX後継EV】3代目?または完全な新型車か

NSXに次期または後継となるモデルが存在する可能性が浮上。

アキュラの副社長兼ブランドオフィサーであるジョン・イケダ氏は2代目NSXについて、「NSXが生産の最終年を迎える一方で、アキュラは電動化時代のスポーツカーを追求し続けます。」と述べています。

編集部は後継EVの予想CGを入手するとともに詳細を予想。仮に次期モデルが登場するのであれば2023年以降になると思われます。

執筆者プロフィール
MOBY編集部 新型車スクープ&予想チーム
MOBY編集部 新型車スクープ&予想チーム
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事