初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【車 エンブレム一覧】日本車&外車のマーク(ロゴ)を完全網羅!

日本車と外国車のエンブレムを一挙に紹介します。エンブレム、社名の由来・意味まで詳しく説明していきます。エンブレムそれぞれに意味があり、それを知ることでより車への知識、興味が深まります。有名なエンブレムから、マイナーなものまで紹介します。

日本車

現存する主要自動車メーカーとブランド、今はなくなってしまいましたが、人気のあるメーカー、ブランドをまとめました。

おなじみの国産車のエンブレムからご紹介します。
エンブレム、ロゴの意味や由来に注目してください。

トヨタ

トヨタ

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタのエンブレムは3つの楕円で構成されています。
2つの楕円は、お客様の心とトヨタの心を表現し、大きな楕円はその2つの心を繋ぐ世界を表してます。
また、縦横に交わった楕円はTOYOTAの「T」やステアリングホイールを表しており、自動車そのものを意味しています。

日産

日産 エンブレム

日産のエンブレムは1950年代の創業から何度も変わりましたが、2001年に現在のものになりました。創業当時のエンブレムの基本デザインを踏襲、創業者の鮎川義助の精神「至誠天日を貫く」を表しています。

ホンダ

本田

英語表記で「HONDA」の頭文字「H」を車のハンドルのようにあしらったデザインになっています。
オートバイやスクーターはまた違ったロゴが採用されており、それぞれの独自性を表すデザインが描かれています。

スバル

スバル ロゴ

スバルのエンブレムのシンボルマークの星は、昂(牡牛座に属するプレアデス星団)の六連星をかたどったもので、富士重工業が6つの会社が合併して出来た事に由来します。

ダイハツ

ダイハツ

ダイハツ工業株式会社の本社は大阪池田市に所在しており、トヨタ自動車の完全子会社です。
エンブレムはダイハツ「DAIHATSU」の頭文字「D」をデザインしたものが描かれています。

スズキ

スズキ

社名は創業者の鈴木道雄の苗字に由来しており、頭文字の「S」をデザインしたマークは1958年以来今も変わらず製品や看板にスズキのシンボルとして使われています。

マツダ

マツダ

マツダ(MAZDA)の会社名は創業者、松田重次郎の苗字以外に「アフラ・マズダー」 というゾロアスター教の最高神から名付けられました。
現在のエンブレムは1997年に制定され、「自らをたゆまず改革し続けることによって、力強く、留まることなく発展していく」という決意を未来に向けて羽ばたくMAZDAの「M」の形に象徴されています。

三菱自動車

三菱自動車 ロゴ

現在のスリーダイヤ・マークの原型は創業当時九十九商会が船旗号として採用した三角菱で、これは岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」に由来すると言われており、社名を三菱と定めるきっかけにもなったそうです。

レクサス

レクサス

レクサスは1989年からアメリカ合衆国で発売されたトヨタ自動車の高級車ブランドで2005年から日本でも発売を開始しました。
LEXUSは英語で「高級」を意味する「ラグジュアリー(luxury)」とラテン語で「基準」を意味する「レックス(Lex)」を合わせた言葉で高級車の基準という意味が込められています。
エンブレムは頭文字の「L」をデザインしたものが採用されています。

光岡自動車

光岡自動車

光岡自動車のエンブレムには「車」を意味する紀元前800年頃の象形文字がデザインされており、いつまでも原点を忘れないという意味が込められています。

日本車メーカー海外ブランド

日本メーカーが作っていますが海外向けに販売されている高級ブランドが存在します。
有名なブランドを紹介します。

インフィニティ

インフィニティ ロゴ

インフィニティとは無限を意味しており、1989年から日本国外で展開されている日産自動車の高級ブランドです。
日本国内ではインフィニティ設立に伴い、フラッグシップ車の日産・インフィニティQ45が発売されました。
英語表記の「INFINITY」ではなくイタリア語の「INFINITI」綴りが採用されています。
「無限の彼方へと向かう開けた道」と「富士山」がデザインされています。

アキュラ

ホンダ アキュラ

ホンダが1986年にアメリカとカナダに高級車専門ブランドとして開業したのがアキュラの始まりです。
現地開発モデルが多く存在していることが特徴的です。
例えば、新型NSXは北米で開発、生産、販売されてから遅れて日本で発売されています。

ブランド名は正確を意味する「アキュラシー(Accuracy)」から由来し、エンブレムはホンダのHマークを逆さにしたAマークが採用されました。

次のページ