MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ポルシェ > 【ポルシェ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ2021年9月最新情報
ポルシェ

更新

【ポルシェ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ2021年9月最新情報

今後デビューが予想されるポルシェの新型車、モデルチェンジ最新情報、スクープ情報をお届け。

【シンガー911 DLS】2億円の究極モデル、市販に向けて最終調整

米カリフォルニアを拠点とする「シンガー・ビークル・デザイン」社は現在、1989年登場の911「964」をベースにした「シンガー911 DLS」を開発中で、その開発車両が市販に向けた最終ロードテストを開始しました。

シンガー911 DLSは8月の「グッドウッドフェスティバル・オブ・スピード」にて、2台の車両が発表されています。DLSは「Dynamic and Lightweighting Study」の略で、ウィリアムズが調整したシャーシとカスタムカーボンファイバーボディパネルを備えた「究極の軽量空冷911」になるよう設計されています。

その心臓部には、ウィリアムズと共同開発された4.0L水平対向6気筒NAエンジンを搭載し、最高出力は500PS/9000rpmを発揮。カーボンファイバーによって軽量化を図ることで空力性能を向上させています。チタンや磁気などの高度な材料を使用した新開発のアンダーボディにより、さらなる軽量化を実現。軽量サスペンションなどによりハンドリング性能も高めています。

シンガー社はウィリアムズ以外にも、ブレンボ、ミシュラン、BBSモータースポーツ、ボッシュなど様々な企業と提携、75台のDLSモデルを生産することを予定しており、販売価格は180万ドル(約2億円)と予想されます。

【911GT3 RS】トップモデル次期型!スワンネックスポイラーを装備

最新の開発車両

モーターレース「GT3」規格に準拠したポルシェのフラッグシップ・スポーツカー。

ボンネットにはエアロダイナミックフラップを備えた巨大なダブルスクープが露出。新設計のサイドインテークを備えるフロントバンパー、側面にはダミーのパーツでで覆われた、エアエクストラクターを備えるワイドフロントフェンダーも確認できます。

気になるのが、右フェンダー付近に確認できる充電口らしき部分。992が電動化することはすでに判明していますが、重量が大幅に増加するため、サーキット性能重視のGT3 RSに搭載する理由がありません。そのため、GT3 RSが本当に電動化するのかは議論の余地がありそうです。

最新の開発車両

リアのバンパー周辺はカバーされていて詳細は不明。プロトタイプはF1にインスパイアされたアクティブリアウィングを装備しています。以前目撃された開発車両とは両サイドのウィング形状がことなり、開発が終盤であることを考えると、これが最終生産バージョンである可能性が高いです。

そしてもう一つの注目はルーフフラップが初めて装着されている点。これにより、トラック走行時のエアロダイナミクス向上が期待できます。

予想されるパワートレインは、4.0L水平対向6気筒エンジン。最大9000rpmで最高出力は573PS以上になるとみられ、PDKデュアルクラッチオートマチックと組み合わされます。仮にこのスペックが実現するのであれば、先代よりも60PS以上ものパワーアップになります。0-100km/h加速は3.0秒以下となる可能性も考えられます。

911 GT3 RSのワールドプレミアは、最速で2021年内とも伝えられていますが、エンジン認証の問題から遅れが生じる可能性もあるといいます。

【911ターボ】ダックテールを備える「スポーツクラシック」復活へ

最新の開発車両
最新の開発車両

通称「アヒルの尾」の異名を持つ911ターボ。かつての「スポーツクラシック」の復活をスクープ。開発車両が目撃されたのは今回が2度目となります。

最新の開発車両は、ほぼフルヌード状態で、市販モデルに限りなく近づいているように見えます。「ターボS」に酷似したフロント&リアバンパーを装着し、「911 2.7RS」のリアを想起させるレトロなダックテールスポイラー、センターロック式ホイール、ダブルバブルルーフも確認できます。

またボンネットのキャラクターラインに着目すると他の911より幅が狭く、ダブルバブルルーフのスタイリングラインにマッチしているのも特徴。

以前目撃された開発車両
以前目撃された開発車両

パワートレインに関しては諸説ありますが、編集部が入手した最新情報によると、6月に発表されたばかりの「GTS」に搭載されている3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを流用する可能性があるとのこと。この場合、最高出力は473PS、最大トルク596Nmを発揮するとみられます。

スポーツクラシックの開発が順調に進めば、ワールドプレミアは早ければ2021年内、または2022年初頭に行われ、販売は限定生産になるでしょう。

【パナメーラ】新グレード「ターボGT」開発車両がニュルで高速テスト

新型パナメーラの最新開発車両

2020年末に改良新型が発表されたばかりのパナメーラ。

すでに「ターボS」や「ターボS E-Hybrid」といった上位モデルは出揃っており、この開発車両に関する情報は現状ありません。しかし、メーカーが最新モデルの発表直後にさらなる改良モデルを発表することは稀ですが事例がないわけではありません。そのため、この車両がさらなる改良モデルである可能性もあります。

これまでに何度か開発車両が目撃されていますが、新たに撮影された車両は、プロトタイプは改良されたエアインテークを装備しているほか、ボンネット先端、ナンバープレート上部にも給気口が追加。後部では円形の4本出しマフラーから最初に見られた形状へと戻っています。

キャビン内はカバーで覆われていて詳細は不明。しかし、インフォテイメントシステムの最新バージョンを搭載、センターコンソールのデザインが変更されていると予想されます。

以前目撃された開発車両
以前目撃された開発車両

以前目撃された開発車両は、現行パナメーラよりも大型のセンターグリルを装着し、改良新型で導入された丸いフォグランプは削除、ナンバープレート上部には控えめなエアインテークが追加されていました。後部では左右に1本ずつの角張ったマフラーから4本出しになっていました。

注目は車の隅々に貼られているステッカー。これはビデオ録画に関する会社のプライバシーポリシーの概要を説明するもので、ポリシーでは「特に運転支援システムのテスト用」ビデオ録画について具体的に言及しています。ポルシェは、今後自動運転の分野にも進出していくビジョンを描いている可能性があります。

パワートレインはクロスオーバーSUV「カイエン ターボGT」から流用される4.0L V8ツインターボエンジンを搭載する可能性があることが新たに発覚。改良される8速セミオートマと四輪駆動が組み合わされ、最高出力640PS、最大トルク850N・mを発揮することが予想されます。車名は「パナメーラ ターボGT」が有力候補の一つです。

【911ハイブリッド】市販型プロトタイプを目撃

ポルシェが開発中と公式発表している電動化した911のプロトタイプが目撃されました。

プロトタイプのリアウィンドウには電動モデルを意味するイエローステッカーが貼られていることから、ハイブリッドモデルであることはほぼ確実。

基本的には「911ターボ」と同じデザインが見られますが、ディフューザーはそれほどアグレッシブでなく、4本出しではなくツインマフラーを採用しているなどの違いが見られます。ボディには目立った給電口は確認できないものの、開発初期段階のため、もしかしたらプラグインハイブリッドになる可能性も否定できません。

注目はサイドリアウィンドウとリアウィンドウのプライバシーガラス。黒く塗りつぶされた車内には後部座席がなく、バッテリーを隠している可能性が高いといいます。

市販型の車名は「911ターボハイブリッド」や「911ターボEハイブリッド」が有力で、発売時期は2023年から2024年と予想されます。

【911 サファリ】新型オールラウンダーが2022年発売か

ポルシェが開発を進めているオールラウンダー「911サファリ」の市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクでテスト走行している場面を撮影されました。

「911サファリ」は同ブランドのラリー仕様「サファリ」を彷彿とさせるハイランディング仕様の911。

プロトタイプではフロントとリアフェンダーにホイールアーチを固定。サスペンションはベースより高くなっているほか、フロントバンパー下部のコンポーネントが異なっているように見えます。これは、高い最低地上高を実現するための措置である可能性が考えられています。

市販型では全輪駆動となるため「911 4S」がベースとなり、パワートレインにはハイブリッドを設定するという噂も。ワールドプレミアは2022年初頭に期待されます。

【マカン】現行最後の大幅改良モデルをスクープ

新型マカンのテスト車両
新型マカンのテスト車両
新型マカンのテスト車両

次期型が電動モデルになることが正式発表されているマカン。現行モデル最後となる改良モデルのテスト車両が目撃されました。

新型マカンのテスト車両
新型マカンのテスト車両

今回の改良ではパワートレインの向上が期待され、エントリーモデルは261PS、最大トルク430N・mへ向上すると言われています。マカンSはダウンサイジングして2.9LのV型6気筒ツインターボエンジンに変更、最高出力375PS、最大トルク519N・mに。マカンターボでは最高出力434PS、最大トルクは549N・mへ向上すると思われます。

最強モデルのGTSはアップグレードされたECUを備える2.9L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力434PS、最大トルク549N・mにまで性能が引き上げられるとのこと。

これらの改良モデルは2021年7月下旬に発表されることが予想されます。

フル電動化する次期モデルのプロトタイプも発表済

2021年5月10日、ポルシェは次期新型マカンの最新プロトタイプを公式発表しています。

【カイエン】改良新型の内外装を撮影!

ポルシェの最高級SUV、カイエンの改良新型モデルがスクープされました。

初の4点LEDデイタイムランニングライトを採用し、スリムなヘッドライト、全く新しい形状のバンパーとグリル、そして大型のコーナーエアインテークなどを備えています。またエンジンフードも四角いヘッドライトに合うように再調整されているようです。

リアエンドでは、LEDテールライトにダミーの部品を装備していることから、大幅な新設計となることが期待されます。さらにナンバープレートがリアバンパーへ移動され、後部デザイン全体が大きくイメージチェンジすると思われます。

内装の一部も撮影されています。

キャビン内にはフルデジタルインストルメントクラスタを装備しているほか、より大型のインフォテイメントディスプレイやHVACシステム、そのほかの機能を制御するためのセンターコンソールに沿ったタッチ・キャパシティブボタン、「911/992」同様のギアシフターなどが確認できます。

衛生ナビゲーションが覆われており、画像右下のギアシフターの場所にはスマートフォンが2台立っていますが何のためかは不明。

改良新型のデビュー次期は不明ですが、プロトタイプの状態からも1年程度先の可能性も考えられます。

【ケイマン】開発車両がニュルブルクリンクに出現!

この超ワイドな「718ケイマン」ベースのプロトタイプが、ニュルブルクリンクで撮影されました。

ボディに多数のデカール(転写シール)が貼られており、四輪すべてに幅の広いフェンダーフレアを装着しています。これはサスペンションがどの程度機能し、タイヤが動くかを確認するために、最初のシャーシテストであることを意味しています。

新型ポルシェ ケイマン GT4 RS プロトタイプ
ボディサイド
ケイマンGT4 RS

以前捉えたフラッグシップモデル「ケイマンGT4 RS」で見られた、カーボンセラミックブレーキ、センターロックホイール、大型のリアウィングなどは最新のプロトタイプでは見られませんでした。

【カイエンクーペ】初の大幅改良!560馬力「SEハイブリッド」設定か

フラッグシップSUV「カイエン」のクーペSUVモデル「カイエンクーペ」の改良新型モデルと思われるテスト車両をスクープ。

改良新型カイエンのテスト車両同様に新しいフード、スリムなヘッドライトや全く新しい形状のバンパー、水平バーを備えるグリル、拡大されたコーナーエアインテークなどを備えています。

通常のカイエンと違い、クーペではリアに大きな変更はみられません。しかしクーペの開発進行はベースモデルより遅いので、今後着手される可能性が高いです。

キャビン内はカイエンとレイアウトやパーツを共有し、刷新されたセンターコンソールと、新設計されたシフトレバーを装備、シフトレバーは911のようなシェーバーデザインを採用すると思われます。アップデートされたインフォテインメントシステム、フルデジタルインストルメントクラスタが搭載される可能性も高いでしょう。

パワートレインは現行と同じものを引き継ぐと思われますが、新たにぷPHEVモデルの「SE-ハイブリッド」を新設定ことも考えられます。プラグインハイブリッドのシステム合計出力は560PS、最大トルクは750N・mになると予想されます。

【タルガ4 GTS】最強470馬力超モデルを追加へ

新型ポルシェ 911 タルガ4 GTS 市販型プロトタイプ
フロントサイド

日本市場でも今年デビューを果たした922型新型911 タルガ。当初予定されていなかったはずの最強「タルガ4 GTS」をラインナップ追加へ。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【車名不明】918スパイダー後継?謎のハイパーカー特許画像が流出

ポルシェ918後継かと思われる謎のハイパーカーの流出特許画像

1億円の価格設定で注目を集めたポルシェ・918スパイダーの後継と思われる謎のハイパーカーの特許画像が流出、MOBY編集部が入手しました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

日本導入が期待される車種

911 ターボ カブリオレ

2021年に発表された車種

カイエンターボ GT

911 GT3/GT3ツーリングパッケージ

タイカン/タイカン クロスツーリスモ

タイカン
タイカンクロスツーリズモ

カレラ GTS

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

国産車の最新情報リーク情報

海外メーカーの新型車スクープはこちらから

執筆者プロフィール
MOBY新型車スクープ&予想チーム
MOBY新型車スクープ&予想チーム
すべての画像を見る (38枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード