MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 【マツダ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報
新型車・モデルチェンジ

更新

【マツダ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報

今後デビューが予想されるマツダの新型車、モデルチェンジ最新情報をまとめてお届けします。

新型CX-5のコンフィギュレーターがイギリスで実装

イギリスのマツダがCX-5の商品改良車のページを公開。グレードやカラーリングのシミュレーションができるカーコンフィギュレーターも実装されています。

日本とはグレード名が異なりますが、構成は同じ。そのため、見た目だけであれば日本で発売されるCX-5商品改良車のシミュレーションが可能となっています。

CX-50の前後デザインが判明か

出典:j-platpat.inpit.go.jp

2020年4月2日にマツダが新型SUV「CX-50」に関するものと思われる発明の特許出願をしていたことが、2021年10月11日に公開された情報で分かりました。

掲載されていた画像ではフロント、リアの一部の外観と車体下部の構造が公開されています。

既存モデルのどれとも一致しないデザインですが、欧州で登場しているCX-5と特徴が似ていることから、CX-50ではないかと予想しています。

日本発売のCX-60とCX-80の一部情報が判明

出典:Mazda_cz

その新型車と思われる車がヴェールに包まれた画像が、チェコのマツダなどによりInstagramで公開されました。

この画像の車両は、2021年10月7日に生産が発表された5車種のうちいずれかと思われますが、具体的な車種は不明。

あわせてスウェーデンのマツダがCX-60とCX-80のパワートレインを発表しました。今後少しずつ詳細が明かされていくものと見られます。

「CX-50」含む新型クロスオーバーSUV5車種の発売が発表

マツダが2021年10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表しました。2022年から翌年にかけて導入する新型車が明かされています。

生産が発表されたのは以下の5車種です。そのうち国内発売が予定されているのはCX-60とCX-80の2車種です。

モデル(特徴)導入市場
CX-50(スモール商品群)米国
CX-60(2列シート)欧州、日本、他
CX-70(ワイドボディ2列シート)北米、他
CX-80(3列シート)欧州、日本、他
CX-90(ワイドボディ3列シート)北米、他

RレイアウトSUV生産のため工場リニューアル

マツダは2021年10月07日、同社の防府第2工場をリニューアルしたことを発表しました。

このリニューアルは今後生産する新型車の生産にあわせて2021年8月よりおこなわれていたもので、リニューアルした防府第2工場ではさまざまなボディタイプの車を混流生産できる基盤を構築。

CX-60といった縦置きのエンジンレイアウトを採用した「ラージ商品群」と呼ばれる新型車もこの工場で生産されます。

キャロル&フレアワゴンのモデルチェンジを発表

出典:南九州マツダ

南九州マツダは2021年10月4日に公開した『特別展示会「MAZDA AUTUMN FAIR 2021」10/9(土)・10(日)開催』というリリースにて、軽自動車「キャロル」と「フレアワゴン」の2車種をモデルチェンジ予定のため生産終了する見通しであることを発表しました。

OEMモデルであるアルト&スペーシアのフルモデルチェンジについても注目です。

次期マツダ2はヤリスOEMでハイブリッドに?

出典:autocar.co.uk

現行デビューから7年以上が経過していて、まもなくフルモデルチェンジと噂されるMAZDA2。次期MAZDA2とみられる開発車両がヨーロッパのマツダ関連施設で目撃されました。

なんと次期モデルはトヨタ ヤリスのOEMになる可能性が浮上。事実、目撃された開発車両はヤリスそのもの。隠されたエンブレムがマツダのものであると見られることからMAZDA2ではないかと発覚しました。

ロータリーエンジン搭載のMX-30が2022年秋発売か

出典:mazdausa.com

北米マツダの公式サイトで、シリーズハイブリッド方式の「MX-30 PHEV」が2022年秋に発売予定と記載されました。MX-30 PHEVには、ロータリーエンジンが発電用として搭載されることも明記されています。

日本での発売は不明ですがMX-30 EVを例に挙げると、日本市場では北米よりも半年以上も早く発売しています。そのため、早ければ2022年初頭の登場も期待できます。

マイナーチェンジ後のロードスターに「FR-DYC」搭載か

マツダ ロードスター RS White Limited Selection

マツダ ロードスターは現在、公式サイトにて現行モデルの販売終了と新モデルの登場予告のアナウンスがされています。次期的に年次改良と思われ、ボディカラーの設定や特別仕様車の登場、マツダコネクトの変更などが予想されています。

海外では「FR-DYC」という、次世代版「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)」らしき新機能を搭載するという情報も。

スポーツクーペの特許申請を確認!RX-9?RX-VISION市販?

マツダ RX-VISION

2021年8月5日、マツダが特許申請をおこなった車両の後部車体構造が公開されました。

公開された特許の画像および説明は、明らかに2ドアスポーツクーペのもので、2015年に登場したFRスポーツコンセプトカー「RX-VISION」とよく似ています。いずれの形でもロータリーエンジンを搭載するとしたら、車名には「RX」が使われる可能が高く、「RX-9」になる可能性も考えられます。

フェイスリフトしたCX-5は2022年初めに登場

マツダの主力車種であるCX-5の、ビッグマイナーチェンジ後の内外装が公開されています。新世代の魂動デザインを取り入れたルックスであるほか、新しい塗装パターンの登場が明らかになりました。

公式が4車種の商品改良を予告

マツダの販売店がホームページでCX-5、ロードスター、MAZDA3、CX-30の商品改良およびグレード追加を予告しました。

これらの時期については、ロードスターとCX-5は今冬、MAZDA3とCX-30はまもなくとなるようです。

CX-3のマイナーチェンジ間近!

マツダ CX-3(2020年)

現行ラインナップの中では最もデビューが古いモデル「CX-3」。マツダ関係者によると、まだ当分の間は現行モデルの販売を継続する様子。

しかし、2021年の9月~10月にかけてマイナーチェンジを実施するとの情報も入手しました。

このマイナーチェンジにはデザインの変更やグレード構成の見直しなどが行われるとのことです。

マツダの新型SUV「CX-50」が年内発表?開発車両もスクープ

次期CX-5の予想CG
出典:www.motor.es

マツダが新たに商標登録の申請をおこなったCX-50。

2021年11月19日に開催予定となっているロサンゼルス・オートショーで新型車として発表がおこなわれることになりそうです。

開発車両も目撃された

画像提供:なおっきー様(@Official_Nqokky

2021年8月中頃、広島県のマツダ本社近くでSUVモデルの開発車両が目撃されています。車両を積んだトラックの行き先もマツダ本社方面だったとのことなので、マツダのテストカーであることがほぼ確実。

現在販売されているマツダ車にはない特徴を備えていることからCX-50なのではないかと予想されます。

ロータリー復活は目前!?「おにぎり型」エンブレムの商標を確認

出典:j-platpat.inpit.go.jp

マツダがロータリーエンジンに関連する商標を新たに4つ出願していたことが判明しました。

今回確認できたのは上記画像のエンブレムと思われるデザインと、以下3つの商標です。

  • e-SKYACTIV R-EV
  • e-SKYACTIV R-HEV
  • e-SKYACTIV R-Energy

エンブレムはロータリーエンジンのアイコンでもあるおにぎり型のローターを模しており、「e」と見られるデザインを中央に配置しています。

3つの商標はそれぞれパワートレインに使用している技術を表すもののようですが、これはロータリーエンジンを採用したパワートレインが複数存在することを示している可能性もあります。

「R」の商標登録を確認!高性能モデル登場に期待

出典:j-platpat.inpit.go.jp

2021年6月3日、マツダが新たなロゴの商標を出願していたことが判明。

ロゴはアルファベットの「R」をモチーフとしたデザインで、自動車はもちろん事務用品や貴金属、衣服、おもちゃなど対象となる製品がかなり多いです。

そのため、このロゴの使用用途は不明ですが、マツダのラインナップにハイパフォーマンスモデルが追加されることを示している可能性も考えられます。

次期新型マツダ2が’21年末から’22年初頭に発表か

次期新型MAZDA2(マツダ2)の予想CG
次期新型MAZDA2(マツダ2)の予想CG

次期新型MAZDA2(マツダ2)は最新の魂動デザインを採用するほか、現行よりもアグレッシブな外観になることが予想されます。

パワートレインは1.5L直列3気筒エンジン「SKYACTIVE-X」をモーターと組み合わせたマイルドハイブリッドになると予想。「レンジエクステンダーEV」の搭載にも期待です。

デビュー時期は2021年末から2022年初頭になると思われます。

MX-30にロータリー搭載予定と発表

マツダ MX-30EV

マツダが2021年6月18日に行った発表会で、MX-30にロータリーエンジンを採用したプラグインハイブリッド仕様を、将来的に追加すると明かしました。

マツダ新型CX-5のテスト車両がスクープ!

出典:tflcar.com

2021年5月、次期新型CX-5と思われるテスト車両が目撃されました。車両を見たところ次期モデルのデザインは、大半がキープコンセプトで、現行から大きな変更はないようです。

次期新型マツダ6は2022年3月にフルモデルチェンジか

マツダ6 ワゴン
マツダ6 ワゴン 現行モデル。
国産車では唯一となってしまった上級ステーションワゴン

マツダのフラッグシップ「Mazda6」旧車名アテンザは2022年3月のフルモデルチェンジ予想となっています。新開発の直列6気筒エンジンを搭載、ロングノーズのマツダ「魂動」デザインを纏うかと思われます。

新開発直6エンジンをはじめとしたパワートレイン、プラットフォームは、SUVの「CX-5」次期新型と共有するものと見られます。

2.5LツインターボのCX-30が北米デビュー!日本導入は?

※2020年9月15日更新

マツダ CX-30 フロント

CX-8、CX-5、マツダ6に搭載されるハイパワー直列4気筒2.0LツインターボエンジンをCX-30にも搭載へ。マツダ3は最近搭載したばかり。日本導入にも期待!詳しくはこちらの記事をご覧ください。

車名「CX-50」の商標登録を確認!CX-5の後継モデルに?

※2020年9月2日更新

マツダの人気ミドルクラスSUV、CX-5。次期新型はスタイリッシュになって「CX-50」へ車名を変更か?詳しくはこちらの記事をご覧ください。

コスモスポーツが復活??

※2020年7月28日更新

マツダ 復活新型 コスモ スポーツ デザイン予想CG
奥はマツダ コスモスポーツ初代

名車、コスモスポーツが復活したらこんなデザインに!詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ロードスター次期新型「スピードスター」予想CGを入手!

※2020年5月10日更新

次期新型マツダ・ロードスター スピードスター 予想CG

2016年米国で開催されたSEMAショーでマツダが出展した「ロードスター・スピードスター」をベースに次期新型の予想CGを入手しました!詳しくは下記の記事をご覧ください。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

国内外メーカー別の新型情報記事一覧

新型リーク情報提供求む!

「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

執筆者プロフィール
MOBY新型車スクープ&予想チーム
MOBY新型車スクープ&予想チーム
すべての画像を見る (24枚)

コメント

利用規約

関連する記事