MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > タイヤメーカーの人気ランキングTOP10|メーカーの特徴やタイヤの種類【2021年最新情報】
タイヤ・スタッドレス

更新

タイヤメーカーの人気ランキングTOP10|メーカーの特徴やタイヤの種類【2021年最新情報】

人気のタイヤメーカーはどれ?

タイヤメーカーランキング

タイヤは、車をよく運転する人であればなにかと気になるパーツ。燃費が気になる人や雪道を走る人などがタイヤの購入を検討するとき、値段や性能はもちろんのこと、メーカーやブランドも重要な要素です。

初めてタイヤを購入する場合、装着率の多いタイヤなら安心という人もいるでしょう。

毎年ブリジストンが発表しているシェア率のデータをもとに、タイヤメーカーのランキングでTOP10までまとめてみました。(参考データは2021年のもの)

【タイヤメーカー人気ランキング第1位】ミシュラン

ミシュラン公式サイト
ミシュラン公式サイト
出典:https://www.michelin.co.jp/

世界のタイヤ市場シェア率:15.0%

フランスが世界に誇るミシュランです。一律して高い水準で非常にバランスの良いタイヤを作り出しています。2位のブリヂストンとは、毎年僅差で1位を争っています。

1880年にフランスで創業したミシュランは、老舗メーカーとしての高い技術力を持つのはもちろん、供給地域で膨大なテストと調整を繰り返すことで、高性能と高品質を維持しています。また、ミシュランのタイヤは他メーカーよりも真円に近いことでも有名です。

国内展開主要ブランド

  • パイロット(スポーツタイヤ)
  • プライマシー(コンフォートタイヤ)
  • エナジー(エコタイヤ)
  • ラティチュード(SUV専用タイヤ)
  • プレミア(SUV専用タイヤ)
  • クロスクライメート(オールシーズタイヤ)
  • エックスアイス(スタッドレスタイヤ)
  • アルペン(スタッドレスタイヤ)
  • クラッシック(クラッシックタイヤ)

F-1をはじめとする数々のモータースポーツで培った技術によって生み出された「パイロット」シリーズは世界最高水準のハイスペックスポーツタイヤ。そのなかでも「パイロット・スーパースポーツ」を含む一部のタイヤは特殊な製法を用いて、さらに高い真円度を実現しています。

「プライマシー」シリーズは静粛性と高速安定性、グリップ力がバランス良く備わるプレミアムカー向けタイヤ。スタッドレスタイヤ「エックスアイス」は、日本の特殊な雪質に合わせるために北海道の士別で開発されています。

【タイヤメーカー人気ランキング第2位】ブリヂストン

ブリヂストン公式サイト
ブリヂストン公式サイト
出典:https://www.bridgestone.co.jp/

世界のタイヤ市場シェア率:14.6%

世界一のシェアのトップ争いを続けているブリヂストン。他タイヤメーカーの一歩先を見据え、技術向上に力を注いでいます。運転者や乗用者のストレス軽減を目的にしたタイヤを発表した際は、大きな話題になりました。

ブリヂストンの創業は1931年。ライバル社に比べて後発であっても、世界トップクラスにまで登り詰めた確かな技術力と、日本企業らしい徹底した品質管理がブリヂストンタイヤの特徴です。

また、ブリヂストンは数々のモータースポーツへのタイヤ供給を行なう一方、トラックやバス、月面探査機などあらゆるタイヤを研究開発しています。

日本国内では他社を圧倒するシェアを誇り、長年の愛用者が多いのもブリヂストンタイヤの特徴です。

国内展開主要ブランド

  • プレイズ(コンフォートタイヤ)
  • レグノ(コンフォートタイヤ)
  • ブリザック(スタッドレスタイヤ)
  • ポテンザ(スポーツタイヤ)
  • デューラー(SUV専用タイヤ)
  • アレンザ(SUV専用タイヤ)
  • エコピア(エコタイヤ)
  • ネクストリー(エコタイヤ)

高いグリップ力が自慢の「ポテンザ」シリーズは、モータースポーツユースや、高性能スポーツカーの純正タイヤとしても大人気のタイヤです。

そのほかにも、背高なミニバンやSUVのふらつきをタイヤ技術で抑制し、運転疲労を抑える「プレイズ」シリーズや、スタッドレスタイヤ国内装着率No.1の「ブリザック」シリーズも有名です。

【タイヤメーカー人気ランキング第3位】グッドイヤー

グッドイヤー公式サイト
グッドイヤー公式サイト
出典:https://www.goodyear.co.jp/

世界のタイヤ市場シェア率:8.2%

第3位はアメリカ市場に根強いファンを持つグッドイヤーです。110年以上の歴史があり、靴に羽が生えたロゴが有名。古代神話の神マーキュリーが由来と言われています。

1898年にアメリカで創業したグッドイヤーのタイヤは、広いアメリカ大陸での長距離走行を想定した高い耐久性が特徴です。

世界25カ国の自動車メーカーにの純正タイヤを供給するほか、過去にはF-1、現在でもNASCARにタイヤ供給を行い、その技術フィードバックを製品開発に活かしています。

国内展開主要ブランド

  • イーグル(ハイパフォーマンスタイヤ/コンフォートタイヤ/スポーツタイヤ)
  • Eグリップ(ハイパフォーマンスタイヤ/コンフォートタイヤ/エコタイヤ/SUV専用タイヤ)
  • イーグリップ(エコタイヤ)
  • アシュアランス ウェザーレディ(オールシーズンタイヤ/SUV専用タイヤ)
  • ベクター(オールシーズンタイヤ)
  • アイスナビ(スタッドレスタイヤ)

フラッグシップモデル「イーグル」シリーズのなかでも「イーグルF-1」は高いグリップ力やコントロール性を有する人気のスポーツタイヤ。気候変化が激しい広大なアメリカで需要が高いオールシーズンタイヤである「ベクター4シーズンズ」に加え、オフロードタイヤの「ラングラー」シリーズもSUVに人気です。

【タイヤメーカー人気ランキング第4位】コンチネンタル

コンチネンタル公式サイト
コンチネンタル公式サイト
出典:https://www.continental-tire.jp/

世界のタイヤ市場シェア率:6.8%

コンチネンタルは1871年創設されたドイツのメーカー。コンチネンタルはヨーロッパ新車装着率NO.1です。

欧州車に純正装着されていることが多く、最近ではタイヤ事業以外にも自動車関連事業を幅広く展開していることでも注目を浴びています。

アウトバーンでの高速走行を前提に開発されるコンチネンタルのタイヤは、剛性と耐摩耗性に優れた特徴を持ちます。BMWやメルセデス・アウディ・ポルシェなどをはじめとするドイツ車での高い純正装着率を誇る一方、コンチネンタル・ジャパンは2000年に創設されたばかりであり、日本での知名度は低めです。

国内展開主要ブランド

  • スポーツコンタクト(スポーツタイヤ)
  • コンチスポーツコンタクト(スポーツタイヤ)
  • コンチプレミアムコンタクト(コンフォートタイヤ)
  • プレミアコンタクト(コンフォートタイヤ)
  • エココンタクト(エコタイヤ)
  • コンチエココンタクト(エコタイヤ)
  • マックスコンタクト(ハイパフォーマンスタイヤ)
  • エクストリームコンタクト(ハイパフォーマンスタイヤ)
  • バイキングコンタクト(スタッドレスタイヤ)
  • ノースコンタクト (スタッドレスタイヤ)

ハイパフォーマンスカーやスポーツカーにマッチする「スポーツコンタクト」シリーズや、省燃費性と耐摩耗性に優れる「エココンタクト」シリーズに加え、トレッド面の直径5mm以内パンクをすぐさま自己補修するセルフシーリングタイヤもラインナップしています。

【タイヤメーカー人気ランキング第5位】住友ゴム(ダンロップ・ファルケン)

ダンロップ公式サイト
ダンロップ公式サイト
出典:https://tyre.dunlop.co.jp/
ファルケン公式サイト
ファルケン公式サイト
出典:http://www.falken.tires/

世界のタイヤ市場シェア率:4.2%

住友ゴムは、国内ではお馴染みの「ダンロップ」と、レッドブル・エアレースに出場する室屋義秀選手の飛行機に描かれたロゴとしても注目を浴びた「ファルケン」の2ブランドを展開しています。

1889年にイギリスで誕生したダンロップは、横溝パターンの有効性やハイドロプレーニング現象を解明しタイヤ開発の技術発展に多大な貢献を果たした偉大なメーカーです。

ファルケンは1944年に創業した大津ゴム工業のブランドであり、住友ゴムとの提携後、海外向けブランドとして転身。国産タイヤにもかかわらず、安価な価格設定が特徴です。

国内展開主要ブランド

ダンロップ

  • ビューロ(コンフォートタイヤ)
  • ルマン(コンフォートタイヤ)
  • エナセーブ(エコタイヤ)
  • SPスポーツMAX(ハイパフォーマンスタイヤ)
  • グランドトレック(SUV専用タイヤ)
  • ディレッツァ(スポーツタイヤ)
  • オールシーズンマックス(オールシーズンタイヤ)
  • ウィンターマックス(スタッドレスタイヤ)

ダンロップタイヤでもっとも有名なのは、省燃費性能と耐久性が特徴の「エナセーブ」シリーズ。ほかにも、高い静粛性を誇るスポーツタイヤの「ル・マン」や、サーキット向けの「ディレッツァ」がラインナップします。オフロードタイヤの「グラントレック」シリーズもSUVに人気です。

ファルケン

  • アゼニス(コンフォートタイヤ/スポーツタイヤ/SUV専用タイヤ)
  • シンセラ(エコタイヤ)
  • ジークス(スポーツタイヤ/コンフォートタイヤ)
  • エスピア(スタッドレスタイヤ)
  • ユーロウィンター(オールシーズンタイヤ)

転がり抵抗を抑えつつウェットグリップを向上させたエコタイヤ「シンセラ」や、低燃費のスポーツタイヤ「ジークス」、高品質ながら安価なスタッドレスタイヤ「エスピア」などをラインナップします。

【タイヤメーカー人気ランキング第6位】ピレリ

ピレリ公式サイト
ピレリ公式サイト
出典:https://www.pirelli.com/

世界のタイヤ市場シェア率:3.6%

イタリア ミラノに本社があるピレリ。F1グランプリの公式タイヤとしても有名なタイヤメーカーです。

1872年に創業したピレリは、イタリア車をはじめとする欧州スポーツカー用の高性能タイヤを製造するメーカー。F-1やWRCにもタイヤ供給をした実績があり、高速走行時でもしっかりとグリップ性能を発揮する信頼性が特徴です。

国内展開主要ブランド

  • P ZERO(スポーツタイヤ)
  • ドラゴン(スポーツタイヤ)
  • スコーピオン(SUV専用/オールシーズンタイヤ)
  • アイス アシンメトリコ(スタッドレスタイヤ)
  • ウィンターソットゼロ(スタッドレスタイヤ)
  • チントゥラート(エコタイヤ)

アルファロメオやフェラーリ、ランボルギーニなどの標準タイヤとしても装着される高性能タイヤ「P ZERO」シリーズだけでなく、素材と転がり抵抗に拘った環境性能に優れた「チントゥラート」、日本の雪道用に開発されたスタッドレスタイヤ「アイス」もラインナップしています。

また、トレッドパターンやサイドウォールのデザインにもこだわってつくられるのも芸術の国イタリアのピレリらしい特徴です。

【タイヤメーカー人気ランキング第7位】ハンコック

ハンコック公式サイト
ハンコック公式サイト
出典:https://www.hankooktire.com/

世界のタイヤ市場シェア率:3.4%

世界第7位のタイヤメーカーが韓国のハンコックです。国産車に新車装着タイヤとして採用されるほか、カー用品店イエローハットにて「ZETRO(ゼトロ)」というブランド名でも展開しています。

ハンコックの前身である朝鮮タイヤ工業は、ブリストン系列の工場として1941年に創業した韓国初のタイヤメーカー。

1953年にハンコックへと社名を改め、1963年には横浜ゴムと技術提携結び、現在では日本車や欧州車の純正装備タイヤ認定を受けるグローバル企業にまで成長をとげました。現在は韓国でのシェアNo.1、アジアではNo.3の巨大タイヤメーカーです。

国内展開主要ブランド

  • ヴェンタス(コンフォートタイヤ/スポーツタイヤ)
  • ダイナプロ(SUV専用タイヤ)
  • キナジーエコ RV(エコタイヤ/SUV専用タイヤ)
  • ウィンター アイセプト(スタッドレスタイヤ)

数々のモータースポーツへのタイヤ供給からのフィードバック技術で開発されたフラッグシップスポーツタイヤ「ヴェンタス」シリーズや、幅広いシーンに対応するオールラウンドタイヤ「キナジー」シリーズをラインナップ。スタッドレスタイヤ「アイ・セプト」も販売しています。

【タイヤメーカー人気ランキング第8位】横浜ゴム

横浜ゴム公式サイト
横浜ゴム公式サイト
出典:http://www.y-yokohama.com/

世界のタイヤ市場シェア率:2.9%

BFグッドリッチとの合弁会社として1917年に創業したのが横浜ゴムです。創業以来、タイヤ・工業用品・スポーツ用品などさまざまな商品を展開しています。2017年には有名サッカーチーム「チェルシーFC」のスポンサー契約を結んだことで大きな注目を浴びました。

国内展開主要ブランド

  • アドバン(スポーツタイヤ/コンフォートタイヤ)
  • ブルーアース(エコタイヤ)
  • エコス(エコタイヤ)
  • ジオランダー(SUV専用タイヤ)
  • パラダ(ドレスアップタイヤ)
  • アイスガード(スタッドレスタイヤ)

優れた組成設計技術を持つ横浜ゴムは、エコタイヤ「ブルーアース」「エコス」、スタッドレスタイヤ「アイスガード」に独自のナノブレンドゴムを用いて、相反する高いグリップ力と省燃費性の両立を図っています。

日本国内のモータースポーツへ積極的にタイヤ供給を行い、その技術フィードバックによって誕生したのがスポーツタイヤ「アドバン」シリーズです。

なかでも「アドバン ネオバ」はセミスリックタイヤ並のグリップを発揮するとしてサーキットで大人気。また、幅広い用途をカバーするオフロードタイヤ「ジオランダー」シリーズもSUVに人気です。

【タイヤメーカー人気ランキング第9位】正新

正新公式サイト
正新公式サイト
出典:http://www.maxxis.co.jp/

世界のタイヤ市場シェア率:2.3%

正新(チェンシン)は、1967年に自転車用タイヤ製造業として創業した台湾のメーカーです。 普通乗用車から4×4バギー、モトクロスバイク、カートなど幅広いモータースポーツにて使われています。

自動車用タイヤメーカーとしては2005年に設立されたばかりであるにもかかわらず、最新のコンピュータ設備を活用して急成長。正新では「マキシス」ブランドとして、スポーツ向けから一般用途、トラック用タイヤまで幅広くラインナップしています。

国内展開主要ブランド

  • マキシスタイヤ MAシリーズ(コンフォートタイヤ)
  • マキシスタイヤ VRシリーズ(スポーツタイヤ)
  • マキシスタイヤ VSシリーズ(スポーツタイヤ)
  • マキシスタイヤ SPシリーズ(スタッドレスタイヤ)
  • マキシスタイヤ i-ECO(エコタイヤ)

レースタイヤの技術を盛り込んだスポーツタイヤ「VR-1」をはじめ、日産・三菱の純正タイヤとしても選ばれるコンフォートタイヤ「MA」シリーズや、燃費性能を重視したエコタイヤ「i-ECO」などをラインナップ。MTB用やバギー用タイヤの製造技術を活かした、オフロード競技向けタイヤも人気です。

【タイヤメーカー人気ランキング第10位】中策ゴム

中策ゴム公式サイト
中策ゴム公式サイト
出典:http://www.chaoyang-japan.com/

世界のタイヤ市場シェア率:2.1%

1958年に創業した中策ゴム(ZCラバー)は、ゴム靴を生産する小さな工場から、世界指折りのタイヤメーカーまで成長した中国のメーカー。中策ゴムは5種のタイヤブランドを保有し、日本では「GOODRIDE(グッドライド)」が比較的安価で性能が高いタイヤとして有名です。

日本国内では、主にトラック専用タイヤのみの展開ですが、中国では乗用車タイヤなど幅広いラインナップを揃えています。

国内展開主要ブランド

  • SPORT RS(スポーツタイヤ)
  • SA37(スポーツタイヤ)
  • SA57(スポーツタイヤ)
  • SA07(コンフォートタイヤ)
  • RP28(エコタイヤ)
  • SW618(スタッドレスタイヤ)
  • SW608(スタッドレスタイヤ)
  • SW658(スタッドレスタイヤ/SUV専用タイヤ)
  • SW606(スタッドレスタイヤ/SUV専用タイヤ)
  • SU318(SUV専用タイヤ)
  • SL366(SUV専用タイヤ)

「SPORT RS」はグリップ力と耐摩耗性、タイヤ剛性に優れ、フォーミュラドリフトジャパン2020の認証タイヤとしての実績があるドリフト向けタイヤです。

そのほかにも、ヨーロッパの環境基準ECEに対応する静粛性に優れたスポーツタイヤ「SA37」や、低騒音のエコタイヤ 「RP28」、SUV向けオールシーズンタイヤ「SU318 」など、コストパフォーマンスに優れたタイヤをラインナップしています。

【あなたは知ってる?】タイヤの種類

タイヤには、走行するシーンにおいて適切な種類を選ぶ必要があります。大きく夏タイヤ(ラジアルタイヤ)と冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の2種類に区別され、その中でも夏タイヤにはさまざまなタイプのタイヤがあります。

コンフォートタイヤ(別名:プレミアムタイヤ)

コンフォートタイヤとは、乗り心地と静粛性を重視しているのが特長です。基本的にタイヤが柔らかく、剛性が低いため燃費性能やグリップ性能はあまり高くありません。

エコタイヤ(別名:低燃費タイヤ)

エコタイヤとは、転がり抵抗を小さくすることで省燃費性を高めているタイヤです。コンフォートタイヤに比べると乗り心地は固めですが、道路との摩擦を少なくすることでより転がりやすくしています。

スポーツタイヤ(別名:ハイグリップタイヤ)

スポーツタイヤとは、グリップ力を重要視したタイヤです。主に走りにこだわる車種やユーザー向けの商品で、加速時やブレーキ時に大きく性能を発揮します。

愛車に合ったタイヤ選びをしよう!

©beeboys/stock.adobe.com

誰もが耳にするメーカーから、あまり馴染みのないメーカーまでシェア率をもとにランキングしました。

一言にタイヤと言っても多くのメーカーがあり、メーカーによるブランド力はもちろん、注力しているジャンルもさまざま。タイヤそれぞれの種類や特長をよく理解してタイヤ選びの参考にしてください。

タイヤ交換の前に読んでおきたい記事

タイヤ交換はいつする?費用はどれくらいかかる?

スタッドレスタイヤおすすめ商品はコチラ!

タイヤの状態をチェックしたいときはコチラ

タイヤローテーションって何?どうして必要?

スリップサインって何?どこにあるの?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード