初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ スターレット歴代モデルを徹底網羅!歴史や現在の評価・中古車情報を紹介

4代目スターレット EP82型

当時の最先端技術であった衝突安全ボディー「CIAS」を採用した、4代目スターレット。
トヨタのエントリーモデルという位置づけは変わりませんが、排気量アップなどの基本性能向上に向けた開発がなされたモデルです。このモデルから商用車の「バン」は廃止。

このモデルからガソリンエンジン車は全車DOHC化。ターボユニットを搭載する「GT」グレードの135PSだけでなくノンターボの「Si」も100PSという歴代最高スペックを誇っていたので引き続きスポーツユーザーからの支持を集めました。

4代目スターレットのスペック

販売期間:1989年12月 - 1995年
乗車定員:5人
ボディタイプ:3ドア/5ドアハッチバック
エンジン:4E-F型 / 4E-FE型 / 4E-FTE型 / 1N型
駆動方式:FF / 4WD
変速機:4速 / 3速油圧式AT or 5速 / 4速MT
サスペンション:ストラット式(フロント) / トレーリング車軸式(リヤ)
全長:3,770mm
全幅:1,600mm
全高:1,380mm
ホイールベース:2,300mm
車両重量:790kg

5代目スターレット EP91型

1996年登場の5代目。スタンダードモデルである「ルフレ」とスポーツモデルである「グランツァ」の構成となり、キャンバストップモデルは廃止されました。このモデルからエアバッグ、ABSが標準装備となり安全性に配慮されたコンパクトハッチとして評価されました。

グランツァはFF設定のみでしたが、その他のグレードには4WDも設定されました。

軽量ボディにターボエンジンを搭載しホットハッチとしてその名を轟かせたスターレットですが、1999年、オーダーストップに伴い生産が終了。

実質的な後継車であるヴィッツに1300㏄モデルが追加されたことで、5代26年の歴史は終了しました。

後継車としてトヨタを支えるヴィッツもファミリユースからサーキットユースまで応えられる様々なグレード構成のコンパクトカーとして人々に愛され続けています。

新型ヴィッツに関する最新情報!

5代目スターレットのスペック

販売期間:1996年1月 -1999年8月
乗車定員:5人
ボディタイプ:3/5ドアハッチバック
エンジン:4E-FE / 4E-FTE / 1N
駆動方式:FF / 4WD
変速機:4速 / 3速AT or 5速 / 4速MT
サスペンション:
・マクファーソンストラット式コイルスプリング(フロント)
・トレーリングツイストビーム(リア2WD)
・トレーリング車軸式(リア4WD)
全長:3,740 - 3,790mm
全幅:1,625mm
全高:1,400mm
ホイールベース:2,300mm
車両重量:810kg - 1,020kg
後継:トヨタ・ヴィッツ

現在のスターレットの評価

最新「スターレット」中古車情報!

本日の在庫数 27
平均価格 55.6万円
本体価格 8〜129万円
Pick up!
Pick up!

手ごろな価格で入手可能なコンパクトハッチということでサーキットユーザーを中心に高い評価を受けるスターレット。現在も多くの愛好家がおり、生産終了から20年近い現在でも比較的多くの個体が現存しています。

日本の名車「スターレット」は今でも愛され続けている!

日本の名車、スターレットの歴史を紐解いてみました。

小型車ながらも、サーキットで走り続け、走行性能や燃費性能もさることながら中古相場も手ごろで、初心者の練習用として申し分ないスペックのスターレット。
本記事を読むことで、スターレットに興味を持っていただければ幸いです。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

日本の名車に関連する記事!

名車の復活に関する最新情報!

コンパクトカーに関する記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!