初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ CX-5は受賞なるか!ワールドカーオブザイヤー2018最終選考3台が発表

2018年3月6日、ジュネーブモーターショーにおいて2018年ワールドカーオブザイヤーの最終選考3台が発表されました。

おすすめ関連記事

日本カーオブザイヤー2017−2018をチェック!

【速報!最終選考結果発表】日本カーオブザイヤー2017−2018

2016年のワールドカーオブザイヤー結果はこちら

マツダロードスター2冠制覇!ワールドカーオブザイヤー2016各賞受賞車一覧!

ジュネーブモーターショーでワールドカーオブザイヤー候補が最終選出!

現地時間2018年3月6日から開催されているジュネーブモーターショー2018において、2018年ワールドカーオブザイヤーの最終選考3台が発表されました。

最終選考に残った3台は、マツダ CX-5、レンジローバー ヴェラール、ボルボ XC60です。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

世界カーオブザイヤーとは?

2017年のイヤーカー ジャガー F-PACE

世界カーオブザイヤー(WCA)とは、2006年に開始された世界中の自動車ジャーナリストによる自動車の評価プログラムです。

今回選考対象となるのは、2016年秋から2017年秋にかけて発表された新型車とマイナーチェンジモデルです。
日本専用車や北米専用車など、国や地域限定で発売される車は除外されます。

2018年ワールドカーオブザイヤーは2017年秋から各部門のエントリーを開始し、アメリカ、日本、イギリス、韓国で試乗会を行いました。
投票は2018年1月に行われ、部門ごとにトップ10またはトップ5を選出。
3月のジュネーブモーターショーでトップ3が選出されました。

最終選考は、3月28日のニューヨーク国際自動車ショーで行われます。

最終候補にCX-5が選出!ワールドカーオブザイヤー受賞なるか?

ジュネーブモーターショーでの選考の様子

WCAは、その年の最も優れた車である「イヤーカー」を決める「World Car of the Year(ワールドカーオブザイヤー)」がメインとなりますが、その他5つの部門に分かれています。

各部門で最終選考に残った3台をご紹介します。
CX-5をはじめ、最終選考まで残っている日本車にも注目です。

WCA 各部門 最終選考車一覧

2018 World Car of the Year

マツダ CX-5
レンジローバー ヴェラール
ボルボ XC60

2018 World Urban Car

フォード フィエスタ
スズキ スイフト
フォルクスワーゲン ポロ

2018 World Luxury Car

アウディ A8
ポルシェ カイエン
ポルシェ パナメーラ

2018 World Performance Car

BMW M5
ホンダ シビック タイプ R
レクサス LC 500

2018 World Green Car

BMW 530e iパフォーマンス
クライスラー パシフィカ ハイブリッド
日産 リーフ

2018 World Car Design of the Year

レクサス LC 500
レンジローバー ヴェラール
ボルボ XC60

2016年にはマツダ ロードスターがイヤーカーに選出

マツダ ロードスター(4代目)

日本メーカーの車がイヤーカーに輝いたのは、2016年のマツダ ロードスターが最後となっています。

2016年度、マツダ ロードスターは2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーおよび2016年UKカー・オブ・ザ・イヤーなど、世界的に高評価の車でした。

さらに、2016年イヤーカーに選出されただけでなく、日本車として初めて「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、マツダにとって大躍進の年となりました。

2018年ワールドカーオブザイヤーの最終選考には、マツダ CX-5が残っています。
ロードスターに続いての受賞となるか、期待が高まります。

最終発表は3月28日のニューヨークモーターショー!

2018年ワールドカーオブザイヤーの最終選考は、3月28日のニューヨーク国際自動車ショーにて行われます。

マツダ CX-5のライバルは、2017-2018年日本カー・オブ・ザ・イヤーおよび2018年北米SUVオブザイヤーを受賞している、ボルボ XC60でしょう。
ワールドカーオブザイヤーの最終選考結果についてはMOBYの記事でもお伝えしますので、お楽しみに!

イヤーカー最終選考に残った3台についてはこちら

ニューヨークなど2018年のモーターショー一覧はこちら

日本カーオブザイヤー2017−2018 結果はこちら