MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > スズキSUVの人気車種を紹介!新型情報や中古車・車種一覧も
スズキ SUV 車種一覧
新型車・モデルチェンジ

更新

スズキSUVの人気車種を紹介!新型情報や中古車・車種一覧も

スズキSUVの新型情報

「ハスラー」「ジムニー」と人気車種を抱えているスズキのSUV

近未来も含めて、販売ラインナップに新たな車種が加わる可能性があるかもしれません。この項目では、スズキの新型SUV登場情報を一覧にしてみました。

なお、これらの情報はメーカーの発表、および一般からの目撃情報を参考に作成しています。

【日本にも導入か】ジムニー5ドア

スズキ ジムニー5ドア

1つ目に取り上げるモデルが、「ジムニー5ドア」です。

2023年1月にインドで開催された「Auto Expo 2023」にて実車が披露され、インド国内のほか、アフリカや中南米へ輸出も予定しているモデル。

日本でも販売されている3ドアの普通乗用車「ジムニーシエラ」をベースに、後席用の乗降ドアを装着して5ドア仕様に差し替えられています。加えて、パワートレインには普通車用の1,500cc直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されているのも、ジムニーシエラと共通している要素です。

2023年現在、ジムニーおよびジムニーシエラを新車注文すると納車まで1年以上の期間を要する状況で、引き続き人気の高さを維持しています。日本へ導入されるかどうかはスズキからのアナウンスはない状況が続いており未定です。

【2025年までに市販化か】eVX

スズキ eVX コンセプト

2つ目に取り上げるモデルが「eVX」です。

2023年1月にインドで開催された「Auto Expo 2023」において、“EV世界戦略車第1弾”と銘打ち発表されたEVコンセプトモデルが、eVXの名称で公開されました。スズキは2025年までにeVXの市販化を計画していると表明しています。

eVXは、欧州をはじめとした地域で販売しているSUV「S-CROSS」とほぼ同じボディサイズで、全長4,300mm、全幅1,800mm、全高1,600mmとコンパクトな設計です。バッテリー容量は60kWh、航続可能距離はインドMIDCモード測定値で550kmとしています。

本格的な四輪駆動の力強さと、ひと目でスズキのSUV車種とわかるエクステリアを備えています。これらの要素に加え、スズキは4WDのテクノロジーをさらに進化させ、本格的な走行性能の実現を目指していると明らかにしています。

【日本にも導入?】フロンクス

スズキ フロンクス

3つ目に取り上げるモデルが「フロンクス」です。

2023年1月にインドで開催された「Auto Expo 2023」にて発表された、クーペスタイルの新型SUV。1,000ccターボのマイルドハイブリッドシステム搭載車、および1,200ccガソリンエンジンを搭載しており、全長3,995mm、全幅1,765mmのコンパクトなボディサイズが特徴です。インドのほかアフリカや中南米にも輸出予定であると発表されました。

加えて、スズキは同じく2023年1月に開催した「2030年度に向けた成長戦略に関する説明会」にて、2023年度に6モデルのバッテリーEV車種を展開すると明らかにしており、フロンクスと思われる車種のシルエットも公開されています。

MOBY編集部には、積載車に載せられ運搬される新型『フロンクス』が確認できる目撃写真が寄せられています。

Auto Expo 2023で発表された車両と外観からは大きな違いがないものの、ナンバープレートの取り付けベースが日本仕様に適合するようなものに差し替えられているのが見受けられます。

フロンクスはバッテリーEVだけではなく、ガソリンエンジンも搭載した複数のパワートレインを展開するモデルとして登場する可能性も否めません。コンパクトなクロスオーバーSUVの購入を検討しているなら、フロンクスが日本にも導入されるか待ってみるのもよいかもしれません。

【新車で買える】スズキSUVの人気車種

この項目では、ランキング形式でスズキのSUV車種を1台ずつ解説します。

2023年時点でスズキが販売しているSUV車種は合計で5つ。軽自動車サイズの3車種、もしくは普通乗用車登録の2車種から選べます。

ぜひ、この5つのモデルからお気に入りの1台を選んでみてください。

【第5位】エスクード

エスクード(2022年)

「エスクード」は、普通車サイズのクロスオーバーSUVです。

現行モデルはハンガリーの子会社「マジャールスズキ」にて生産され、日本に輸入する流れで販売しています。海外でも共通のボディデザインが採用され、「ビターラ」の名前で親しまれている車です。

一度、販売が終了していましたが、2022年から販売を再開。日本での販売再開後のモデルでは、新たにハイブリッドシステムと6速AGS(オートギアシフト)が採用されたことが話題となりました。システムの電圧やエネルギーを蓄えるリチウムイオンバッテリーの容量を見直すなどの改良が施され、WLTCモード燃費で19.6km/Lを達成しています。

外観デザインは生産中断前のモデルと同じく、塊感を意識した盛り上がりを見せるサイドのキャラクターラインを維持。その一方で、フロントグリルの形状変更が行われてリファインがなされています。

他の新しい要素には、4WDシステム「ALLGRIP」の採用、メーターでの標識認識機能の追加など細かい箇所の変更が施されており、一部改良に留まらない大幅なテコ入れが行われたのも注目です。

最新「エスクード」中古車情報
本日の在庫数 223台
平均価格 191万円
支払総額 59~375万円

【第4位】クロスビー

クロスビー(2022年)

「クロスビー」は、2017年に登場した普通車サイズのクロスオーバーSUVです。

車高を引き上げたトールワゴンタイプのボディに随所へ樹脂パーツを取り付けたり、大型タイヤを装着したりした結果、遊びゴコロ満載に感じられるモデルとなりました。

本格的なオフロード走行ではクロスカントリーSUVみたいに行かないものの、荒れた路面や雪道、ぬかるみでも走れるよう十分な最低地上高を確保しているのに注目です。

丸さを意識したボディ形状・外観デザインは可愛いアイテム好きなユーザーから好かれるポイントで、眺めていても飽きの来ないスタイリングを作り出しています。

また、アウトドアレジャーを考慮した使い勝手のよいラゲッジ設計となっているのもクロスビーの注目ポイント。グレード別で汚れを取り除きやすい素材を使用したラゲッジフロアとしていたり、取り外しが可能な「ラゲッジアンダーボックス」を装着したりとアウトドアレジャーでの使い勝手を意識したパッケージに魅力を感じるかもしれません。

最新「クロスビー」中古車情報
本日の在庫数 815台
平均価格 182万円
支払総額 65~326万円

【第3位】ジムニーシエラ

ジムニーシエラ(2018年)

「ジムニーシエラ」は、普通車サイズのクロスカントリーSUVです。

1977年に登場した「ジムニー8」から継承されている車種。コンパクトながら本格的なオフロード走行を可能としているのが強みです。

2018年に登場した現行・JB74型は高い人気を獲得。新たに1,500ccのNA(自然吸気)ガソリンエンジンを搭載。軽自動車枠より大きくなったボディサイズにカタログスペックで100馬力を超えるエンジンパワーは実用性アップにつながっています。

また、ジムニーシエラでは、シリーズの要となる「ラダーフレーム構造」「パートタイム4WD」「リジッドアクスル式サスペンション」を引き続き採用。無駄を削ぎ落とし、実用性を重視した設計で、山坂道や荒れた道路で活躍できるでしょう。

最新「ジムニーシエラ」中古車情報
本日の在庫数 1019台
平均価格 264万円
支払総額 48~564万円

【第2位】ジムニー

ジムニー(2022年)

「ジムニー」は、クロスカントリーSUVタイプの軽自動車です。

1970年の初代登場以降、半世紀にわたって人気を集めている車種です。

2018年に登場した現行・JB64型では、ボックスタイプのボディ形状、丸目のヘッドランプを中心にしたフロントマスクなど、初代へ回帰した雰囲気の外観デザインが特徴です。

加えて、ラダーフレーム構造やパートタイム4WD、リジッドアクスル式サスペンションなど歴代モデルの設計・機能も健在。オフロード走行に対応した改良が随所に施されています。

搭載するパワートレインは、スズキの軽自動車ラインナップで使用されている信頼の「R06A」型ターボ付きガソリンエンジン。ジムニー専用のチューニングが施されています。

現在、日本国内で生産されている軽自動車では唯一のクロスカントリーSUVタイプとなり、存在感と意義のある一台です。

最新「ジムニー」中古車情報
本日の在庫数 5126台
平均価格 141万円
支払総額 20~415万円

【第1位】ハスラー

ハスラー(2022年)

「ハスラー」は、クロスオーバーSUVタイプの軽自動車です。日常生活に加えてちょっとしたアウトドアレジャーを楽しむ層にも受け入れやすく、人気を獲得しています。

2019年に登場した2代目・MR52/92型では、初代でも採用された丸目のヘッドライトやボックスタイプのボディ形状が特徴の外観デザインを継承しており、親しみやすさを感じさせます。

また、使用しているパワートレーンはマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたガソリンエンジン仕様に一本化。環境性能を向上させ、他ジャンルの軽自動車にも燃費性能で引けを取らない一台となっています。

さらに、後部座席のスライド機能や汚れを防ぎやすいラゲッジスペース、取り外し可能な「ラゲッジアンダーボックス」と、魅力的なアイテムを装備。キャンプ場や海辺など、お出かけ先で活躍する機能が備わっているのも注目です。

最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 6469台
平均価格 128万円
支払総額 26~311万円

【中古で買える】スズキSUVの人気車種

この項目では中古で購入できるスズキのSUVから、2つのおすすめ車種をピックアップして解説してみました。
旧型となってしまうものの、新型にも引けを取らない性能や使い勝手があり、購入しても後悔しないかもしれません。

ハスラー(初代)

ハスラー(2014年)

1つ目のモデルは、ハスラーの初代・MR31/41型です。

2014年から2019年まで生産されていた初代ハスラーは、トールワゴンタイプのボディ形状に、SUVの要素を加えたのが話題に。一躍人気を獲得し、のちの2代目・MR52/92型へのモデルチェンジにつなげています。

丸目のヘッドライトや箱型タイプのボディは愛着が湧きやすく、ホワイトもしくはブラックのルーフ色が選べるツートーン仕様で遊びゴコロが高められるのが魅力です。

また、走りの面では4WD仕様で「グリップコントロール」「ヒルディセントコントロール」を搭載。急な坂道でも安全に発進するのに役立ちます。

2023年10月時点の中古車市場をチェックすると、年式がまだ新しいため中古車の平均価格は約90万円~です。

エスクード(2015年~2021年)

エスクード(2015年)

2つ目のモデルは、2015年から2021年まで生産されていた現行型エスクードです。

現行型エスクードで生産中断となる前のモデルは、中古で狙い目かもしれません。

生産再開後のモデルとの違いはパワートレイン。2015年の新登場直後は1,600ccのNAガソリン仕様、2018年の一部改良では1,400ccの直噴ターボ付きガソリン仕様と、搭載されていたエンジンが度々差し替えられてパワーアップしています。後述の1,400cc直噴ターボ仕様は、2,000㏄のNA仕様にも匹敵するパワーとトルクを備えており、山坂道での走りが改善されているようです。

2023年10月時点の中古車市場をチェックすると、価格は100万円~330万円で推移しています。

スズキSUVの車種一覧

ここまでスズキSUVの特徴やおすすめ車種を紹介してきました。

この章では、スズキSUVを一覧で見れるので、ぜひ参考にしてみてください。

スズキSUVの車種一覧

SUVとは?種類・特徴・失敗しない選び方を解説

コンパクトSUVおすすめ10選!国産・外車でおすすめのコンパクトSUVとは?

国産SUVおすすめ9選!今購入すべきかも解説

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード