ハイブリッド車おすすめ人気ランキング!燃費・価格を一覧で比較

いろいろな種類があるエコカーの中でもハイブリッドカーは、EV(電気自動車)とガソリン車の両方の要素を持ち合わせたエコカーです。電気のモーターと、エンジンで動きます。文字通りのハイブリッドな自動車です。そんなハイブリッド自動車をこの記事ではより詳しく解説してきます。

ハイブリッドカーとは

出典:http://toyota.jp/

EV(電気自動車)とガソリン車のいいとこどり

ハイブリッド自動車は2つの動力源を持っているためハイブリッド(雑種)と言われています。その2つの動力源というのがモーターとガソリンエンジンです。
EV(電気自動車)からはモーターを、ガソリン車からはガソリンエンジンを受け継いでいでいて、この2つの動力源を効率よく切り替えるのがハイブリッド自動車と言います。
日本ではこのタイプが主流ですが、海外ではこれらの他に、ディーゼルエンジンとバイオエネルギーエンジンなどを混ぜ合わせたものもあります。

電気自動車のよりくわしい解説はこちらへ!

ハイブリッド車と他のエコカーの違い

これらの違いは2つあります。
それは、動力の種類と補給法です。

まず、動力の種類の違いについて説明します。
ハイブリッド自動車とプラグインハイブリッド自動車はどちらもエンジンとモーターの両方を持っていて、それらを切り替えて効率よく燃料を使い走行します。
EV(電気自動車)とFCV(燃料電池車)はモーターのみ搭載されています。そのため動力を切り替える必要がありません。

ではハイブリッド自動車とプラグインハイブリッド自動車はどう違うのかというと、それは家庭用電力から充電できるかどうかです。ハイブリッド自動車は発電するのに走行することを必要としますが、プラグインハイブリッド自動車はその必要がありません。その為短距離の走行にも対応できるのがプラグインハイブリッド自動車です。

FCVの詳しい説明はこちらへ!

プラグインハイブリッドの詳しい説明はこちらへ!

ハイブリッド車メリット

1.燃費がものすごくいい

面倒な給油が減って給油代も減ります。

2.エコカー減税対象

ハイブリッド車は高価ですが、エコカー減税の対象車となっていて、実際の購入価格はメーカー小売希望価格よりも安くなります。

3.環境に優しい

ガソリン車に比べて、環境に優しいという点もハイブリッド車のメリットと言えます。

4.騒音が少ない

ハイブリッド車はガソリン車に比べると、非常に静粛性が高く、ほとんど騒音が気になりません。

エコカー減税の詳しい解説はこちらへ!

ハイブリッド車のデメリット

1.バッテリーの寿命

スマートフォンやケータイ電話と同じようにバッテリーに充電しているので、いつかは交換が必要です。

2.修理費用が高価

ハイブリッドカーはガソリン車よりも特殊な機構なため、一つでもパーツが故障すると修理費用が高額となります。

3.価格が高い

エコカー減税対象車とはいえ、減税を加味してもガソリン車と比べるとやはり価格は高くなっています。

4.騒音が少なすぎる

静粛性が高いことは、基本的には良いことですが、歩行者が車が近づいていることに気づかないなど、静かすぎて逆に危険なシーンもあるようです。

ハイブリッド車おすすめ第15位 ホンダ シャトルハイブリッド

低燃費と快適な走行を両立

出典:http://www.honda.co.jp/

燃費 : 34.0km/L(JC08モード)
価格 : 1,995,000円

低燃費を維持しながらも、走行状況に応じて自動で走行モードが切り替わるSPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステムによって快適な走行を実現。

シャトルハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://www.honda.co.jp/

EVドライブモード(モーターのみ)とハイブリッドドライブモード(モーターとエンジン)を自動で切り替えるハイブリッドシステムです。
このハイブリッドシステムについて詳しく解説していきます。

1 発進 EVドライブモード
高出力モーターとバッテリーでスムーズに発進

2 低中速 EVドライブモード
クルーズ モーターのみで走行

3 加速 ハイブリッドドライブモード
エンジンが動き始めモーターがサポート

4 高速クルーズ ハイブリッドドライブモード
エンジンを中心に走行しモーターでサポート

5 減速回生 チャージ
減速エネルギーをつかい発電して、バッテリーに充電。

6 停車時 アイドリングストップ
エンジンを自動的に停止する。

大型積載容量

出典:http://www.honda.co.jp/

積載容量 : 約570~1,141ℓ(フラット時)
奥行き(フラット時) : 約184cm

積載容量が大きく取ってあり、後部座席が上がった状態でもゴルフバッグが4個載せれるほどです。それ以外にも例えばサーフボードのような長い物体も助手席を倒すことによって載せれますのでフレキシブルにユーザーのニーズに応えられます。

出典:http://www.honda.co.jp/

実は積載容量だけじゃないんです。
グローブボックス、フロントコンソールポケット、ドリンクホルダー、ドライバーズポケット、ドアポケットなどなど他8の収納を持ち合わせているシャトルハイブリッドは積載容量、収納を重視した低燃費コンパクトワゴンです。

シャトルの詳しい解説はこちらへ!


ハイブリッドZ
233.6万円
本日の在庫
57
平均価格
207.3 万円
本体価格
139 ~ 248 万円

ハイブリッド車おすすめ第14位 トヨタ クラウンアスリート

高い走行性能と安定性

出典:http://toyota.jp/

燃費 : 21.0~23.2km/L(JC08モード)
価格 : 4,395,600円

優れた走行性能と環境性能を併せ持つ2.5ℓエンジンを採用。
スーパーインテリジェント6速オートマチックとシーケンシャルシフトマチックにより、燃費を向上させながらもなめらかな加速を再現。

ハイブリッド&エンジン

出典:http://toyota.jp/

クラウンアスリートは2.5ℓハイブリッドシステムによって高トルクモーターへ電力を配給でき、そこからさらに電子制御ブレーキシステムが減速時の運動エネルギーを効率的に電力へ変換。モーターへ蓄電。

クラウンアスリートのハイブリッドシステム

出典:http://toyota.jp/

1 停車時 アイドリングストップを行う。
2 スタート時 ハイブリッドモーターのみを使い始動。
3 通常走行時 ハイブリッドモーターとエンジンの両方を使い効率的に走行。
(低負荷時にはハイブリッドモーターのみ)

出典:http://toyota.jp/

4 加速時には更にエンジンとハイブリッドモーターを使います。
5 減速時にハイブリッドモーターのみで駆動する。同時に発電も行う。
6 EVドライブモード選択時 モーターのみで走行を行い、騒音を抑えながら走ることが可能。

走行性&安定性

出典:http://toyota.jp/

狭い路地や小道でも活躍できる小回り。
コーナリングに強い車両応答性。

インテリパーキングアシスト

出典:http://toyota.jp/

ボタンのワンタッチで目標位置を設定し、駐車をアシスト。
停車位置を目標位置の中央付近に近づけます。

クラウンアスリートはより走行性能を重視したラグジュアリーなハイブリッド車です。

クラウンの詳しい解説はこちらへ!


アスリートS−T…
439.8万円
本日の在庫
1,362
平均価格
129.0 万円
本体価格
7 ~ 559 万円

ハイブリッド車おすすめ第13位 トヨタ ハリアーハイブリッド

パワフルな走りとゆとりある空間の融合

出典:http://toyota.jp/

燃費 : 21.4km/L(JC08モード)
価格 : 4,591,963円

広々な室内空間を持ちながら高い環境性能と力強い走りを可能にしたハリアーハイブリッド。
トヨタ発のハイブリッドSUV。

ハリアーハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://toyota.jp/

2.5L 2AR-FXEエンジン採用による高い燃費・環境性能・静粛性。
街中、高速問わず機敏な走行が可能。

電子制御ブレーキシステムによる運動エネルギーをハイブリッドシステムへ変換。

ハイブリッドトランスアクスル
動力を分割して伝達しトルクを増幅。

エコなエンジン

出典:http://toyota.jp/

アイドリングストップによってエンジンを自動的にストップ。
アイドリング中でもオーディオやナビなど使用可能。
エアコンは自動的に送風に切り替わります。

スポーティーなパフォーマンスを低燃費で

出典:http://toyota.jp/

空力性能を駆使して燃費や走りをより向上。

走行状況に応じて切り替える走行制御モードスイッチ

エコドライブモード
加速を緩やかにし、エアコンを調整することでより燃費を向上させるモード

EVドライブモード
モーター駆動にすることで走行場所や走行時間を気にせずに運転ができるモード

室内の広さを保ったまま低燃費でパフォーマンス重視なハリアーハイブリッド

ハリアーの詳しい解説はこちらへ!


エレガンス ZE…
456.2万円
本日の在庫
153
平均価格
242.7 万円
本体価格
85 ~ 486 万円

ハイブリッド車おすすめ第12位 トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド

燃費 : 18.4km/L(JC08モード)
価格 : 4,155,055円

最大8人乗りまで可能なトヨタの大型ハイブリッド。
ハイブリッドシステムによる静粛性。
上品なインテリアからなる居住性の良さ。

ヴェルファイア ハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://toyota.jp/

ハイブリッドシステムインディケータはハイブリッドシステム内の出力やチャージ状態を表示。
指針がリアルタイムに状況を伝えてくれるのでそれをエコエリアに保てればより燃料を節約して走行が可能。

トヨタのハイブリッド車に搭載されているモードスイッチによって運転に選択肢を与えます。
EVドライブモード モーターのみで走行し、走行時の音を抑える。
エコドライブモード アクセルを緩やかにし消費燃料を抑える。

車の中とは思えないほど室のいいインテリア

出典:http://toyota.jp/

助手席にロングスライドレールを採用することによって最大1,160mmのスライドが可能。
指一本のスイッチ操作でソートを簡単に操作できます。
シートをフルフラットにすることも可能なのでゆったりと寛ぐことも可能です。

ハイブリッドの静粛性と圧倒的な居住感を持ちながらも安定した走りができるヴェルファイア ハイブリッド。

ヴェルファイアの詳しい解説はこちらへ!


2.5Z Gエデ…
413.8万円
本日の在庫
1,140
平均価格
278.8 万円
本体価格
125 ~ 739 万円

ハイブリッド車おすすめ第11位 日産 エクストレイル ハイブリッド

出典:http://www2.nissan.co.jp/

燃費 : 20.6km/L(JC08モード)
価格 : 2,669,760円

ハイブリッドもアウトドアスポーツも諦められない方におすすめなのはエクストレイルハイブリッドです。
ハイブリッドシステムもインテリジェントデュアルクラッチコントロールや新エクストロニックCVT等といった日産の最新技術が多く使われているんです。
オフロードを走行する際に路面から響く不快な動きを世界初のアクティブライドコントロールにより制御。

エクストレイル ハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://www2.nissan.co.jp/

エクストレイル ハイブリッドのハイブリッドシステムは日産独自の2つのクラッチを1つのモーターに搭載しています。
これはインテリジェント デュアル クラッチコントロールと言われていて。
一つのモーターで走行と発電の両方を行うことによって効率的なシステムを構築。
エンジン始動時の衝撃をうまく吸収することによってよりよい燃費性能を維持します。

なおかつ省スペースなリチウムバッテリーと新エクストロニックCVTによってより荷物の積載量を向上させているんです。

エクストレイル ハイブリッドはオールラウンドな走りをする

出典:http://www2.nissan.co.jp/

最新のシャシー制御による世界初のアクティブライドコントロールによって整備されていない道だけじゃなくオフロードでも快適な操縦性を維持。
さらにアクティブエンジンコントロールとコーナリングスタビリティシステムのコーナリングの安定性も向上しました。

環境性だけでなくそのスポーティーな走りが魅力的なエクストレイル ハイブリッド。

エクストレイルの詳しい解説はこちらへ!


20Xt エマー…
272.4万円
本日の在庫
1,194
平均価格
164.3 万円
本体価格
5 ~ 392 万円

ハイブリッド車おすすめ第10位 トヨタ プリウスα

出典:http://toyota.jp/

燃費 : 26.2km/L(JC08モード)
価格 : 2,931,709円

プリウスαは住空間とラゲッジスペースをより広げたプリウスの兄弟のような立ち位置にいます。
プリウスαは他のトヨタのハイブリッド車のようにトヨタの技術の塊であるハイブリッドシステムを導入しています。

プリウスα ハイブリッドのハイブリッドシステム

トヨタはハイブリッドシステムより軽量化、効率化をゴールに開発されていました。
そして進化したハイブリッドシステムがあらゆる低燃費テクノロジーを駆使したずば抜けた環境性能を持ち合わせたものに仕上がりました。
4代目プリウスから導入されたこのハイブリッドシステムはもちろんプリウスαにも入っていて、よりプリウスαに最適化されています。

居住性重視のプリウスα

出典:http://toyota.jp/

空間をより広く、よりゆとりを室内空間に取り入れたプリウスαはラゲッジスペースがなんと535ℓもあるんです。
更に後部座席を前に倒すことでラゲッジスペースが1,070ℓに増量することが可能です。
そしてニッケル水素バッテリーを使うことによってより省スペースにし、運転席と後部座席のどちらにも足回りと頭付近にスペースがあります。

プリウス由来の走行性とゆとりあるスペースを取り入れたのがプリウスαです。

プリウスαの詳しい解説はこちらへ!


Sツーリングセレ…
327.4万円
本日の在庫
852
平均価格
175.6 万円
本体価格
78 ~ 340 万円

ハイブリッド車おすすめ第9位 日産 セレナ ハイブリッド

出典:http://www2.nissan.co.jp/

燃費 : 17.2km/L(JC08モード)
価格 : 2,678,400円

ミニバンクラスNo.1の広々空間と低燃費に輝いたセレナ ハイブリッドはファミリーをターゲットにしたハイブリッド車です。より空間を広く使えるように省スペースにこだわって設計されています。

セレナ ハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://www2.nissan.co.jp/

セレナ ハイブリッドにスマートシンプルハイブリッドは他のハイブリッドシステムより更に省スペースに焦点をあっています。
ラゲッジスペースや室内空間を犠牲にせず、よりハイブリッドシステムをコンパクトに抑えたからこそ実現できた広さ。
そして広さを維持したまま獲得したミニバンクラスNo.1の低燃費。
この低燃費は日産のハイブリッドシステムの技術だけじゃなく、あらゆる技術が節約に活かされています。
例えばMR20DDエンジン、低燃費タイヤとエクストロニックCVTです。
MR20DDエンジンで低燃費と高トルクの両立を可能とし、エクストロニックCVTでコーナーや急な坂道でも最適なギアを自動で選んでくれるアダプティブシフトコントロールから来る安定した力強い走りを遂げました。

世界初のハンズフリーオートスライドドア

出典:http://www2.nissan.co.jp/

ハンズフリーオートスライドドアは子供を抱えながらも足をスライドドアの下に入れ、引くだけでスライドドアを簡単操作できる世界初の技術です。
これで遊び疲れた子供を車に乗せるのも簡単です。

セレナハイブリッドはその他にも多くの快適装備を持ち合わせています。
ミニバンクラスの課題である3列目の乗り降りを楽にするサードシート用助手席側オートスライドドアスイッチや上下に分かれるラゲッジルームによって荷物が雪崩落ちることもありません。

No.1ハイブリッドミニバン セレナハイブリッドはファミリーに優しい設計が盛りだくさんです。

セレナの詳しい解説はこちらへ!


ハイウェイスター…
308.9万円
本日の在庫
2,149
平均価格
134.4 万円
本体価格
3 ~ 315 万円

ハイブリッド車おすすめ第8位 トヨタ カローラフィールダーハイブリッド

出典:http://toyota.jp/

燃費 : 33.8km/L(JC08モード)
価格 : 2,195,345円

トヨタの最新技術を具現化したハイブリッドの環境にやさしい車。
カローラ・フィールダーハイブリッドは低燃費を可能にしたエンジンのみならずより低燃費に抑えるため、高い伝達効率と電流最適化もあります。

カローラフィールダーハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://toyota.jp/

トヨタは昇圧コンバーター付パワーコントロールユニットを採用することによってバッテリーからスムーズな加速を可能にする直流電流とモーター駆動用の交流電流を制御。
更にはハイブリッドトランスアクスルでモーターや発電機を効率よく制御します。
トヨタのハイブリッドシステムでは省エネのために多くの電流の最適化や効率のいい制御などがありますが、より省エネに貢献しているのが上記のハイブリッドシステムインディケーターです。
ユーザーがリアルタイムのメーターを見れることでより電力を節約することができます。

小物からゴルフバッグまで幅広く積めるラゲージスペース

出典:http://toyota.jp/

ただでさえ407ℓのラゲージスペースがあるカローラフィールダーハイブリッドは後部座席を前に倒すことで更に872ℓに拡大。
それでいて手荷物をかけられるサイドにあるフックやデッキアンダートレイで小物もバッチリ収納できます。

スタイリッシュでありながらもゴルフバッグを4つも詰めるほどラゲージスペースがあり低燃費なハイブリッド車 カローラフィールダーハイブリッド。

カローラフィールダーの詳しい解説はこちらへ!


ハイブリッドG …
227.4万円
本日の在庫
620
平均価格
113.9 万円
本体価格
9 ~ 234 万円

ハイブリッド車おすすめ第7位 トヨタ ヴォクシーハイブリッド

出典:http://toyota.jp/

燃費 : 23.8km/L(JC08モード)
価格 : 2,996,509円

その存在感は周りの目を釘付けにするハイブリッドカー、トヨタのヴォクシーハイブリッド。
大人数の乗車でも揺るがない安定したパワフルな加速でき、広い視野がドライバーに安心感を与えます。

ヴォクシーハイブリッドのハイブリッドシステム

出典:http://toyota.jp/

ヴォクシーハイブリッドは、今までのトヨタハイブリッドカーにあったEVドライブモードとエコドライブモードの他にパワーモードがあります。
パワーモードではアクセルへの反応が高まり、ワインディングロードでも軽快な走りができます。
もちろんハイブリッドインディケーターも健在で、エコエリア、ハイブリッドエコエリア、チャージエリアの他にパワーエリアが増えています。

圧倒的な運転視界

出典:http://toyota.jp/

この持て余すほどの運転視界はミニバンクラスだからこそできたことです。
なおかつサイドミラーの下部にアスフェリカルミラー(非球面ミラー)があるためよりヴォクシーの視野範囲が広がっているので、運転にまだなれない初心者の方でも安心して後退駐車できます。
大きなハイブリッドカーですが、そのサイズによる運転し辛さは無く、逆に広い視野が確保されているので運転がしやすいハイブリッドカーです。

ヴォクシーの詳しい解説はこちらへ!


ハイブリッドV …
280.6万円
本日の在庫
1,707
平均価格
138.1 万円
本体価格
1 ~ 347 万円

ハイブリッド車おすすめ第6位 ホンダ フリード

出典:http://www.honda.co.jp/

燃費 : 27.2km/L(JC08モード)
価格 : 2,256,000円

フリードはホンダのエントリータイプのハイブリッドです。
価格を抑えながらも平成17年排出ガス基準75%低減レベルをクリアした本格的なハイブリッドカーです。

フリードのハイブリッドシステム

出典:http://www.honda.co.jp/

環境性能と燃費性能が抜群にいいホンダ フリード。
平成17年排出ガス基準75%低減レベルに加えて平成32年度燃費基準+20%もクリアしているほどハイブリッドのハイブリッドらしい環境性能と低燃費を意識して作られています。

安定走行性能

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

大人数が乗っていても、高剛性リアサスペンションと設計の低重心化の結果、あらゆる道を走っても安定して安心できる走りができます。
3列シートを搭載していますが、コーナリング力もしっかりと持っています。

フリードはハイブリッド車の中のハイブリッド車といえるほど純粋なハイブリッド車です。
中のメーターなどを自分の好きなように変えられる装備もあるため、自分色に染められる愛着のわくハイブリッドカーです。

フリードの詳しい解説はこちらへ!


G・ホンダセンシ…
229.9万円
本日の在庫
529
平均価格
111.7 万円
本体価格
23 ~ 244 万円

次のページ