MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > PHV・PHEV(プラグインハイブリッド)とは?おすすめ車種や新型PHV情報も
役立つ情報

更新

PHV・PHEV(プラグインハイブリッド)とは?おすすめ車種や新型PHV情報も

プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)とは?

エンジンと走行用バッテリー、2つの動力源を持つ車がハイブリッド車(HEV、またはHV)。

その中でも、エンジンや回生ブレーキだけではなく、EVと同じように外部から走行用バッテリーへ充電できる仕組みを持つのが、プラグインハイブリッド車(PHEV)です。

一般的にはエンジンと走行用バッテリーという組み合わせが多いのですが、中にはメルセデス・ベンツの「GLC F-CELL」のように、燃料電池車(FCV)へ補助的な走行用バッテリーを搭載したPHEVもあります。

PHVとPHEVの違いは?

プラグインハイブリッドを指すアルファベットの略称に、「PHV」と「PHEV」があります。

結論からいえば、PHVもPHEVも技術的な差はありません。どちらも頭文字のPはPlug-inのP。あとは、Hybrid Vehicle(HV)か、Hybrid Electric Vehicle(HEV)かの差です。

トヨタのように、ハイブリッド車がベースに使われているとPHV、三菱のように、電気自動車をベースに作られているとPHEVと使われる傾向にありますが、メーカーによって呼び方が違うという認識で概ね問題ないものとなります。

PHVとHV(ハイブリッド)の違い

PHEVやEVと他の方式の違いを大雑把に分けると、以下のようになります。

大分類小分類燃料または電力源走行方法排ガス燃費
純エンジン車純エンジン車
(ICE)
ガソリン・軽油・水素などエンジン
ハイブリッドマイルドハイブリッド
(MHEV)
エンジン+
モーター
やや少やや低
フルハイブリッド
(HEV)
エンジンor
モーターor
エンジン+
モーター
シリーズ式
フルハイブリッド
(HEV)
モーター
プラグインハイブリッド
(PHEV)
ガソリン・軽油・水素など
+外部充電
エンジンor
モーターor
エンジン+
モーター
EVレンジエクステンダーEV
(REX/BEVx)
外部充電+
ガソリン・軽油・水素など
モーター
バッテリーEV
(BEV)
外部充電
FCEV燃料電池EV
(FCEVまたはFCHV)
水素など

プラグインハイブリッドはハイブリッド車をベースに、EV車へと近づけたものになっています。プラグインハイブリッドがハイブリッド車とことなる点は以下の2つです。

  1. バッテリー容量がハイブリッド車よりも大きい
  2. バッテリーの充電プラグがついている

プラグインハイブリッドは、通常のハイブリッド車よりも容量が大きいバッテリーを採用しているため、通常のハイブリッド車よりもEV走行の航続距離が飛躍的に向上します。これはガソリンの使用頻度の減少にもつながり、燃費の向上にも繋がります。

また、充電プラグがあることで、電源としても使用できます。また、電気自動車と違い、ガソリンが残っていればアイドリングさせることで発電することも可能と、ガソリン車・ハイブリッド車と電気自動車のいいとこ取りをしたような仕組みになっています。

具体的な例として、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車どちらも存在するトヨタ プリウスを比べていきます。

【例】プリウスハイブリッドとプリウスPHVの違い

トヨタ プリウスPHV

プリウスハイブリッドとプリウスPHVは、基本的な構造がほとんど同じ。唯一といってもいい違いはバッテリーや充電プラグなどです。バッテリースペックには以下のような違いがあります。

車種バッテリー性能
プリウスハイブリッド3.6Ah
プリウスPHV25.0Ah

上記表の通り、バッテリー性能はプリウスハイブリッドよりもプリウスPHVの方が、約7~8倍も高くなっています。モーターなどの性能は同じなので、単純にバッテリーが高性能な分、EV航続距離はPHVの方が高くなります。

プリウスPHVはハイブリッド走行で約1,290km、電気のみで約60km(満充電)、合計1,350kmという距離を走ることができます。

走行可能距離は、電気自動車ではおよそ400km、ガソリン車がおよそ600kmから800kmと言われています。これを踏まえると、プリウスPHVの1,350kmはその航続距離をはるかに凌駕する数値だということが分かります。

PHEVとEV(電気自動車)の違い

PHEVとEVの境目にある「REX」

ハイブリッドカーとEVの境目にあるPHEVですが、実はPHEVとバッテリーEV(BEV)の境目にも、BEVへエンジンを追加した「レンジエクステンダーEV(REX)」があります。

ただし、積んでいるのはあくまで電欠時に充電スタンドまでたどりつくための発電機です。

直接タイヤを駆動できたり、発電した電気でバッテリーの満充電走行距離より走ることができると、大抵はREXとして認められません。

REXとPHEVの分かれ目が、そのままPHEVとEVの分かれ目

つまり、直接タイヤを駆動できたり、発電した電気での走行距離がバッテリー以上のエンジンを積んだらPHEV。それができない程度の補助発電機を積むか、発電機を全く積んでいなければEVとなります。

REXはBMWのi3レンジエクステンダー仕様が代表的ですが、トヨタとマツダも、小型ロータリーエンジンを搭載したREXを開発中です。

PHEVはいずれ新車で売れなくなる?

PHEVには、「2030年代からの自動車電動化推進で、新車を販売できなくなるかもしれない」という事情があります。

経緯は省略しますが、その時代にはHVすらエコカーではなく普通の車扱い、一番厳しい国ではエンジンを積んだ車の新車販売を禁止する、という政策がヨーロッパを中心に進んでいるからです。

日本ではトヨタが強硬に反対しており、EVへの移行もスンナリいくとは限りません。

それでも現実的な価格で実用的なEVの量販が実現したならば、いずれPHEVは急速に消えていくかもしれず、実際にエンジンを積んだ車の廃止を公言しているメーカーもあります。

プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)のメリット

PHEVは通常のHVより大容量の走行用バッテリーを積んでいる事が多いです。BEVほどではないものの、走行用バッテリーの電気だけで40~70km程度の距離を、100km/h以上の高速で走行可能です。

そのため、以下のようなメリットがあります。

1.短距離ならバッテリーの電気だけで走れる

自宅や出先で十分に充電しておけば、ちょっとした買い物程度ならエンジンをかける事もなく、走行用バッテリーの電力だけで走りきれるため、BEV同様に給油は必要ありません。

2.長距離なら走りながら充電できる

基本的にはHVなので、BEVのように走行用バッテリーが切れそうになっても慌てる心配はなく、普通に走りながらエンジンと回生ブレーキで充電できます。

3.都市部で排ガスや騒音を抑える事ができる

車種によってはカーナビのルート設定で「出発地からしばらくモーターで走り、目的地の手前でフル充電となるよう制御して最後はモーターだけで到着」という技も可能。

都市ではモーターのみで排ガスや騒音を出さず静かに走れるため、既にフェラーリのSF90ストラダーレ/スパイダーなど、PHEVのスーパーカーすらあります。

4.BEV同様、家庭用非常電源とする事も可能

家電製品などへ電気を供給するだけなら、普通のハイブリッドでも可能な車種はあります。

しかしPHEVはBEV同様に大容量バッテリーを搭載しているためエンジンをかけずに長時間供給可能で、BEVと違って燃料が続く限りエンジンで発電可能です。

ただし、外部へのAC100V/1500W給電や、災害時の大規模停電時には家庭用電源とする仕組み(V2H。Vehicle to Home)は日本独特のもので、輸入PHEVではまだ採用車種がありません。

プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)のデメリット

HVとEVのいいとこ取りのように思えるPHEVですが、それゆえに双方が抱えているデメリットもそのまま。

「充電時間が給油より長いというデメリットさえ克服すればBEVの方がよほどマシ」と思える部分が多く、あくまでEVが普及するまでの過渡期の存在という考え方もあります。

1.とにかく高価!

エンジンと燃料タンクに加え、走行用バッテリーとモーター、制御装置を組み込まねばならないHVというだけでも、燃料でエンジンを動かすだけの車より高価です。

PHEVでは、それに加えて高価な大容量バッテリー、外部からの充電に関わる機械も詰め込むため、一層高価になります。

2.重くてかさばり、燃費も伸びにくい

これも同じ理由で、重くかさばり高価なメカニズムのため、小型軽量で安価、普通のHVでも燃費低減効果が薄いコンパクトカーには採用しにくく、スーパーカーなど軽さが求められる車種では走行用バッテリーの容量を減らし、電気での走行距離も最低限に留まります。

3.エンジンのメンテナンス費用やバッテリーの劣化問題

あまりエンジンを使わなくとも、早ければ数ヶ月で劣化するオイルの交換などエンジンのメンナンス費用はかかります。

さらに現在の技術では、使っているうちに劣化して容量や性能が落ちていくという走行用バッテリーの問題を解決しきれておらず、エンジンとバッテリーのデメリットが二重に襲ってきます。

4.急速充電に対応した車が少ない(特に輸入車)

出先で小刻みに充電すればガソリンを使わずに走りきれる急速充電には、実は国産車でも一部が、日本と同じ規格の急速充電用コンセントが少ない輸入車では、ほとんどが対応していません。

そのため、公共の充電スタンドで充電せずとも走れるPHEVが普通充電で長時間専有していると、EVユーザーとの間でトラブルになる事例もあります。

PHV/PHEVの国産車種一覧【2022年最新情報】

車名燃費
(kn/L)
電費
(km/kWh)
EV走行距離
(km)
急速充電
トヨタ プリウス PHV30.39.3560オプション対応
トヨタ RAV4 PHV22.26.4595非対応
レクサス NX450h+19.85.8888非対応
三菱 アウトランダー PHEV16.2〜16.65.14〜5.3583〜87
対応
三菱 エクリプスクロス PHEV16.45.5557.3対応

おすすめPHV/PHEVの国産車5選

トヨタ プリウス PHV

空気抵抗が少なく軽いセダンボディのプリウス PHVは、現状もっとも燃費・電費に優れるPHEVです。2019年5月のマイナーチェンジで5人乗りとなり、実用性は格段に向上。さらに、オプションの急速充電を追加すればV2LやV2Hにも対応します。

SUVに乗る必要がなく、経済性を最優先にするならプリウス以外の選択肢はありません。

トヨタ RAV4 PHV

SUVのPHEVのなかでは頭ひとつ飛び抜けた燃費・電費性能を備えるのがRAV4 PHV。2.5Lエンジンと2つのモーターによって合計306PSもの大出力を発揮する点も特徴です。

急速充電が備わらないため、出先での充電や災害時には活躍させづらい欠点があるものの、ハイブリッドモデル以上の燃費性能により、ガソリンエンジンを主体として気兼ねなく走れます。

{"status":404,"message":"NotFound \u691c\u7d22\u7d50\u679c\u304c\u3042\u308a\u307e\u305b\u3093\u3067\u3057\u305f."}

レクサス NX450h+

高級車国産PHEVと呼べるのは現状でNX450h+をおいて他にありません。プラットフォームはRAV4と共通であり、モーター出力やバッテリー容量もRAV4 PHVと同様。ただし急速充電に対応しない点も同じです。

エンジン出力はNXの方がわずかに高く、システム出力は309PSとなっており、ボディ剛性と静粛性の向上で重くなったボディを力強く加速させるだけの十分な動力性能が備わっています。RAV4 PHVと同じく、家庭に200V充電設備があればPHEVとしての性能を発揮しやすいでしょう。

三菱 アウトランダー PHEV

アウトランダーは2021年12月16日にフルモデルチェンジし、3列シート+PHEVのパッケージに一本化されました。内外装の刷新はもちろん、運転支援装備や走行モードも追加され、あらゆる面で先代よりも優れた車に進化しています。

エンジンは先代と同じ2.4Lガソリンエンジンながら環境性能が大きく改善。小型化したバッテリーによって電力総容量を拡大し、トヨタのPHEVに匹敵するEV走行距離が与えられています。標準で急速充電に対応しV2LやV2Hにも対応。燃料・電力満タン時には最大約12日分の電力が供給可能です。

三菱 エクリプスクロス PHEV

三菱 エクリプスクロス PHEV(グレード:P) フロント

2020年のマイナーチェンジで、ディーゼルモデルに代わって追加されたのがエクリプスクロス PHEVです。アウトランダーよりも一回り小さく、日常的な扱いやすさに配慮したモデルといえるでしょう。

中身は先代アウトランダー PHEVとほぼ共通であり、動力性能やPHEVとしての機能や信頼性は折り紙付き。違いは外観とボディサイズのみであり、アウトランダーでは大きすぎるという方におすすめです。

今後のPHV/PHEVの発表予定・予想【2022年最新情報】

新型SUVの発表予定・予想

【発表決定】マツダ CX-60

CX-60は、マツダが「ラージ商品群」と呼ぶ高級志向と電動化を重視した大型SUVの第1弾。2022年9月に発売予定で、すでに先行予約がスタートしています。

PHEVモデルの詳細は未だ不明ながら、パワートレインは2.5L直列4気筒エンジンと自社製プラグインハイブリッドシステムを組み合わせて最高出力323PS・最大トルク500N・mを発揮。PHEVモデルは4WDとなるものの、車体自体は後輪駆動がベースであり優れたハンドリングにも期待できます。

【発表決定】レクサス RX450h+

画像はレクサス RX500 F-sport(英国モデル)

2022年秋に登場予定の新型レクサスRXにはEVモデルに加えてPHEVモデルもラインナップして発売されます。

RX450h+は、2.5L直列4気筒エンジンに前後2つのモーターを組み合わせた4WDとなり、優れた駆動制御も組み合わさって高級EVのような走りと、EVモデルを遥かに上回る総航続距離を実現することでしょう。

【発表予定】トヨタ ハリアー PHV

画像は現行型ガソリンエンジンモデル

ラグジュアリーSUVの先駆者であるハリアーにも、PHEVモデルが追加される予定です。8月下旬ごろから受注が開始され、正式発表は2022年9月26日。生産開始は少し間があいた10月31日からとの情報があります。

現在のハリアーのプラットフォームは、レクサス RXとは異なるものの、PHEVのパワートレインは新型RX450h+と共通となる可能性が濃厚です。

【予想】日産 エクストレイル PHEV

画像は現行型e-POWERモデル

2022年7月25日に発売された新型エクストレイルは、三菱の新型アウトランダーPHEVと同じプラットフォームを用いているため、PHEV化は容易です。ただしアウトランダーとの差別化から、日本ではエクストレイルのPHEVモデルは販売しない可能性が高いとみられます。

ルノー・日産・三菱アライアンスは販売担当地域リーダーを分担する方針を明らかにしており、日産がリーダーを担当する北米ではエクストレイルPHEVが販売されるかもしれません。

新型ミニバンの発表予定・予想

【予想】三菱 デリカ D:6 PHEV

画像は現行型ディーゼルモデル

SUVより車体が重くなりがちなミニバンのPHEVは電費効率が悪くなります。またバッテリー体積も大きく増えるため、室内空間を広くとりたいミニバンにとってデメリットです。それでも、ミニバンにPHEVモデルが登場するのであれば、アウトランダーPHEVを抱える三菱のデリカが最有力候補といえます。

その場合、現在ディーゼルエンジンモデルのデリカ D:5と、リニューアルされたPHEVモデルが併売されることになると思われます。PHEVのデリカが登場すればアウトランダー以上に災害時などに活躍できる車となるでしょう。

【予想】ホンダ ステップワゴン PHEV

画像は現行型ハイブリッドモデル

2022年5月にフルモデルチェンジを果たし6代目となった新型ステップワゴン。その新型の公式画像のなかに家庭用急速充電器が写っている点を著名自動車ジャーナリストが指摘しており、PHEVモデル追加の噂が囁かれています。

日本ではPHEVとの関連が薄いホンダではあるものの、海外ではCR-VをベースとしたPHEVを積極的に販売しています。

中国メーカーとホンダの合弁会社の東風ホンダでは「CR-V SPORT HYBRID e+」、広汽ホンダは「ブリーズ PHEV」をすでに販売しており、国内のPHEV需要次第ではステップワゴンかCR-VのPHEVモデルが追加される可能性もゼロではありません。

2030年ガソリン車問題とPHV/PHEV

©beeboys/stock.adobe.com

2030年には、ガソリン車販売を無くすという政府方針が検討されているというニュースが先日あったばかりですが、NHKでも、日本政府が海外のハイブリッドも2035年まで、などともいう動きに合わせるような検討がなされていると報道されており、目が離せない分野となっています。

結局ハイブリッド走行では、ガソリンも使用する点が、カーボンフリーや、温室効果ガスの排出に関する世界の流れに関与しているということは、ガソリンエンジンと変わらない認識なのでしょう。

このことから、ハイブリッドにせよ、その進化系のプラグインハイブリッドにせよ、いずれは完全電気自動車になるべきと考えられています。

しかしながら、エネルギー源の自給率が10%前後と言われる日本では、多くを輸入に頼っています。石油や天然ガスが欧米のように採掘できない日本では、カーボンフリーや、水素などの新エネルギーを実現しない限り、現状の目標達成は困難という見込みを立てる関係者は多くいます。

そのなかで日本は、ガソリン車に比べ温室効果ガスの排出が少ないPHV/PHEVに関して、欧米諸国のようにハッキリ言及していません。

トヨタに見る企業の動向

その状況を見据えていたのか、トヨタとパナソニックは、合弁会社の「プライムプラネットエナジー&ソリューションズ」という会社を2020年4月1日に設立し、バッテリーの増産を計っています。

現状、他の自動車メーカーがこれほどのバッテリー生産施設をもっているかどうかが疑問視されるので、今後の政府の方針に各自動車メーカーがどういう方針をもって対応するかという点もポイントです。

トヨタの水素自動車「MIRAI(2代目)」
トヨタの水素自動車「MIRAI(2代目)」

その点では、水素エネルギーに関しても研究が進んでおり、神奈川県川崎市は、水素化社会に向けての戦略として、トヨタ自動車などもプロジェクトをもって活動しており、ハイブリッド、PHVのみならず、水素、燃料電池といった総合した分野で注目をすべき状態になっています。

PHV/PHEVについての今後の懸念点

©キャプテンフック/stock.adobe.com

2030年にガソリン車を無くすといっても新車販売の話です。既得権のある車両、中古車販売に関してはガソリン車の販売は続くとみられます。

そうすれば、ガソリンスタンドはそういった車の受け皿であり、ガソリンスタンドすべてを電気ステーションに変える、という考えは非現実的です。

ガソリンスタンドに充電ステーションが増えない理由

ガソリンスタンドと、電気ステーションが共存できない理由として何点かありますが、火気厳禁のガソリンにとって電気は大敵で、充電ステーションを整備スペースとして別途確保しなければならない点や、引火のリスク回避、充電時間と給油時間の差などがあり、大きな障害となっています。

例えば、ガソリン満タンで400kmから600kmの走行が可能なガソリン車ですが、消防法において、セルフスタンドの1台あたりの給油時間は、4分以内または100L以内と定められています。たいていの場合はそれ以下の時間で給油すれば、400kmから600kmの走行をすることが可能です。

EV車や、PHV、PHEVの満充電には30分前後の時間を要するため、非常に時間がかかります。そのため、充電スポットの順番待ちや、待ち時間に頭を悩ませているユーザーの方も多いのではないでしょうか。待機するスペースが限られるガソリンスタンドでは、渋滞が発生するまで考えられます。

よくあるトラブルとして、充電スポットの待ち時間に公園や食事などに行き、充電が終わっても戻らず、順番待ちの方と口論になるパターンです。

2030年までにはこういった問題の解決も課題のひとつとなるでしょう。

メンテナンスには専門知識が必要

さらに、従来車の整備はできても、仕組みが大きく異なるPHV/PHEVや、EV車の整備には別の専門の知識が必要で、車屋だからできるといったものではありません。技術者が不足した状態になり、しわ寄せが専門店にいくことになるでしょう。

このように、あと10年で、技術者の育成、充電スポットの増加は急務で、製油所で働く人、ガソリンスタンドで働く人の雇用問題など、もし実現するのであればかなりのスピード感での問題解決が必要になります。

余談ですが、水素は既存のエンジンを利用する方法と、水素電池の2種類の方法をとることができます。近年の水素の課題は、金属を水素が侵食し劣化させる問題、水素脆化というものがあり、その問題の解決次第では、電気自動車より現在の車の仕組みが流用できるメリットがあり、注目されている分野です。

不透明な行く末

これらのことから、今後の自動車メーカーの立ち振る舞いで、将来の自動車がどうなっていくか決まるといっても過言ではない状態へとさしかかっています。

電気自動車、ハイブリッド、燃料電池、水素など、様々なエネルギーが研究されています。ガソリン燃料は本当に無くなってしまうのか、次世代は一体どんな燃料が主流になるのか、注目が集まります。

車内で家電が簡単に使えたら便利なのに……どうしてコンセント標準装備車は少数派?

車のバッテリーから給電するのはアリ!?ちゃんとJAFが実験してくれていた

新型車のフルモデルチェンジ予想やリーク情報はコチラ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード