MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > レヴォーグ > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】新型レヴォーグ、日本カーオブザイヤー受賞の実力は?
レヴォーグ

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】新型レヴォーグ、日本カーオブザイヤー受賞の実力は?

みぃぱーきんぐさんがスバル レヴォーグの外装・内装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、スバル レヴォーグの外装・内装を徹底解説!

日本市場で売れ筋のミニバンSUVといった人気車を押しのけて、昨年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型レヴォーグ。走りや安全性、実用性を高次元で実現したにも関わらず、多くの人が購入しやすい車両価格という点が評価されました。

使いやすい上質な内装や装備を中心に、デザインや装備、機能などを分かりやすく紹介しています。

この記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第3回 トヨタ ハリアー編はコチラ!

スバル車伝統のエアインテークがカッコイイ!

フロントフェイスは、従来のスバル車のイメージを覆すような先進的な雰囲気です。鋭いヘッドライトや小型のフロントグリルからは、シンプルながら洗練された印象を受けます。

獲物を捉えるハンターのような顔つき!
サイドラインも前傾姿勢で、運動性能が高く見えるのもカッコイイです♪

リアはクーペ風の引き締まったデザインにまとめられています。ワゴンタイプの今っぽいボクシーなカッコよさを残しながら、スポーティで速そうにも見えるのがスゴいバランスです。

また、ターボ車らしいエアインテークも健在。ボンネットにエアインテークを備える車は少なくなってしまいましたので、スバル車らしい”ポスト”がお気に入りのファンには嬉しいデザインですね。

エアインテークとは?ボンネットにエアインテークがある車や効果

タブレットをハメコミしたような大型ディスプレイが未来っぽい

インパネ中央には存在感バツグンの大型のディスプレイが。カーナビやオーディオはもちろん、エアコンスイッチやハザードランプスイッチなども一体化されているため、操作系がひとつにまとまっていて便利です。

標準状態のメニュー画面は、すべてのメニューアイコンが表示されるので操作性も優秀。対してスイッチ類は、液晶内タッチパネルではなくサイドにボタンとして付いているので、運転中も直感的に操作することができます。

思わず声が出るような感動!スバルさんこだわりの技術や機能を、ぜひ体感してみてください!

大画面フル液晶メーターは高まるカッコよさ♪

運転席まわりも質の高い作り。さらにスイッチ類の角度や位置も配慮されていて、運転姿勢を崩さずに楽に&安全に操作できるのもポイントです。

なにより、大画面のフル液晶メーターがカッコイイ!エンジンをONにするとワクワク感が高まります。視認性もよいため、夜間でも安心できますね。

初めてフル液晶メーターの車に乗ったのですが、とても鮮明ですし、これは高まる!
ドライブに出かけたくなっちゃいますね♪

今回ご紹介できなかった先進安全装備「アイサイトX」については、MOBYの試乗記事でぜひご覧ください♪

次世代「アイサイトX」を一足先にテスト!すごいぞ!-スバル新型レヴォーグ プロトタイプ試乗会レポ#1

後席も4段階リクライニング付きでゆったり

ドアの開閉範囲が広く、後席へ乗り降りしやすいレヴォーグ。ステーションワゴンとして一般的な足元スペースと天井の高さで、大人でもロングドライブが楽しめます。

中央席を倒せばアームレストとドリンクホルダーが利用できるうえ、4段階のリクライニングも可能。後席でも大人がゆったりくつろぐことができます。

彼女・家族が喜ぶカー用品!おすすめ人気ランキング16選

ワゴン車ならではの広い荷室。アウトドア派にもおすすめ

ワゴンタイプならではの広いラゲッジスペースは、アウトドア派にもおすすめ。フル乗車しても人数分のテントやマット、寝袋をしっかり乗せることができます。

座席を倒すと完全にフルフラットになるため、車中泊もOK。小柄な人なら足を伸ばしてくつろぐことができます。

さらに釣り用ロッドなどの長物は、後席の中央部分だけを倒せば簡単に積むことができます。

後席はワンタッチで前に倒すことができます。後席背もたれ部のレバーに手を伸ばさなくても、ラゲッジスペース側に付いているボタンからでも倒せるのが嬉しい心遣いです。

スポーティな見た目からは想像できない収納力!

車中泊を快適に!おすすめ便利グッズ20選&選び方のポイント

スバル レヴォーグの基本情報

レヴォーグはスバルのステーションワゴンで、現在はスバルのフラッグシップモデルとしての役割を担う人気車種。ミニバンやSUVが人気の日本市場において、ステーションワゴン派の指示をほぼ総取りしていると言っても過言ではありません。

スバルのステーションワゴンといえば「レガシィ」が有名で、歴史の長い車でした。

しかし、2014年にレヴォーグが登場すると、日本では「レガシィB4(セダン)」と「レガシィアウトバック(クロスオーバーSUV)」のみの販売となり、ワゴンタイプはラインナップから外れてしまいます。

2009年にデビューした5代目レガシィ。ワゴンタイプはこの代で日本からは撤退し、6代目はセダンとSUVのみとなる。

そして2020年にはレガシィの名前がスバル車のラインナップから消え、現在ステーションワゴンはレヴォーグとインプレッサスポーツのみとなりました。

【スバルレガシィ総まとめ】初代から6代目までのスペックや中古車価格

今回ご紹介いただいたのは、2020年10月にフルモデルチェンジしてデビューした2代目レヴォーグ。2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、さらに人気と評判が高まっています。

GT-EXなど「EX」がつくグレードは「アイサイトX」搭載となる

予防安全に力を入れているスバルは、レヴォーグの全グレードに先進安全装備「アイサイト」を搭載。フルモデルチェンジで新たに登場した「アイサイトX」搭載グレード・EXを用意されていますが、車両価格は最上位グレードでも410万円とかなり良心的。

日本カー・オブ・ザ・イヤー選考時もその点が評価されたレヴォーグは、走りの楽しさや安全性を消費者が購入しやすい価格で実現している、まさにお買い得な車といえます。

参考までに、各グレードの車両価格をまとめてみました。

GT系310万~348万円
GH-X系332万~370万円
STI Sport系370万~409万円

スバル レヴォーグのスペック

全長4755kg
全幅1795kg
全高1205kg
ホイールベース2670mm
車両重量1550~1570kg
乗車定員5人
エンジン水平対向4気筒
排気量1795cc
最高出力130kW[177PS]/5,200-5,600rpm
最大トルク300N·m[30.6kgf・m]/1,600-3,600rpm
トランスミッションCVT(リニアトロニック)
駆動方式AWD
使用燃料レギュラー
最新「レヴォーグ」中古車情報
本日の在庫数 2301台
平均価格 195万円
本体価格 74~500万円

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

グレード名GT EX
パワートレイン1.8Lガソリン
駆動AWD
定員5人
WLTCモード燃費13.7km/L
価格3,487,000円

レヴォーグのグレードは大別すると3種類。エントリーグレードの「GT」、ミドルグレードの「GT-H」、スポーツティさも兼ね備えた最上位グレードの「STI」で、それぞれノーマルタイプと「EX」がラインナップします。

こちらはGT-H EX。GT EXの上位グレードで、ホイールなどの装備が異なる
STI Sportには赤の「STI」エンブレムも装着され、スポーティな装いに。

ノーマルタイプには「アイサイト」が、「EX」には最新の「アイサイトX」が搭載されています。

アイサイトXは、従来のアイサイトの予防安全機能に加え、高度運転支援システム=渋滞時ハンズオフアシストや渋滞時発進アシスト機能が追加されたパッケージ。

ハンズオフ(手放し)運転は近年ぐっと注目を集める運転支援システムですが、他メーカーがいわゆるフラッグシップモデルや高級モデルから実装を行っているのに対し、スバルはスタンダードな人気車種であるレヴォーグに真っ先に搭載しています。

レヴォーグの走りについてはこちらもご覧ください♪

【新型スバル レヴォーグ】サーキット全開試乗で新旧比較!

【新型レヴォーグ 雪上試乗】スバルの気の利いたおもてなしからちょっとマニアックなお話まで

みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

レヴォーグと似すぎ!?新型WRXのデザインはコチラ

スバルの新型車情報はコチラ♪

最新のモデルチェンジ・新型車情報はコチラで随時更新中!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る (17枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード