MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > エアインテークとは?ボンネットにエアインテークがある車や効果
役立つ情報

更新

エアインテークとは?ボンネットにエアインテークがある車や効果

自動車のエアインテークとは?

スバル レガシィ

エアインテークは、空気の出入り口である「エアダクト」のうち、空気を取り入れる入り口を指します。「エア・インレット」「エアスクープ」「エアインテークダクト」などとも呼ばれます。

また、エンジンに吸気するための吸気管などの部品をエアインテークと呼ぶ場合もあります。

いずれにせよ、エアインテークはエンジンへの吸気や、機器の冷却などのために設けられます。そのほか、エアロパーツと同様に、単純にスポーティーな印象を高める装飾として装備される場合もあります。

車における最もわかりやすいエアインテークの例は、ボンネットの上に設けられた長方形の穴です。

エアロパーツはあなたの車にも付いている!?おすすめのパーツやエアロ標準グレード

エアインテークの効果とは?

エアインテークは基本的にターボ車のインタークーラーためのものです。ターボ車はエンジンの冷却能力がパワーや燃費に関わるためです。

過給機を搭載したターボ車は、より密度の高い酸素を取り込むために空気を圧縮します。圧縮した空気は発熱するため、インタークーラーで冷却します。これにより熱を持った空気を冷やし、酸素濃度を高めることができるため、トルクアップにつながります。

インタークーラーは熱交換で熱くなるため、冷やす必要があります。そのため、ボンネットなどのエアインテークからしっかり風を送り込む必要がありました。

また、エンジンの熱が高くなるとノッキング(異常燃焼)の頻度が上がってしまうため、燃料の気化熱で冷ます燃料冷却を行う場合があります。燃料冷却の頻度が上がると燃費も悪くなるので、冷却効率を高めることは燃費向上にも直結します。

ターボチャージャーとは?仕組みと構造と原理と、スーパーチャージャーとの違いを徹底解剖!

NA車には基本的にエアインテークは不要

NA車(ナチュラルアスピレーション車)は比較的熱効率が良いため、エアインテークを設けなくてもさほど変わらないと言われています。

自然吸気エンジンの場合は、エンジンの冷却のためにフロントグリルから風を取り入れるだけで十分。ボンネットにエアインテークが設けられていない車がほとんどです。

NAエンジンとは?ターボと自然吸気エンジンの比較や名機の音・チューニングも

エアアウトレットとは? エアインテークとの違い

エアインテーク

空気を逃がす出口は「エアアウトレット」と呼ばれ、エアインテークとは区別されます。エアインテークもエアアウトレットもエアダクトの一種です。

ボンネットに穴が空いていても、吸気目的のエアインテーク(エアインレット)ではなく、排気目的のエアアウトレットの場合があります。

ボンネットのエアダクトの見分け方

ボンネット後部(フロントガラス下部)のエアダクトはエアインテークであることが多いです。

対して、ボンネット前面~中面のエアダクトはエアアウトレットであることが多いです。

これは、車体前面にあたる空気圧には流れがあり、吸気・排気効率のよい場所が異なるため。フロントガラス下面は空気の取り入れ(吸気)に、ボンネット前面~中面はフロント(※)から取り入れた空気の排気に適しています。

※フロントバンパーなど車前面にもエアインテークが設けられている場合があります

様々な車のエアインテーク

ミッドシップ車のエアインテーク

マクラーレン イメージ

エンジンが後部寄りに設置されているリヤミッドシップなどの車の場合、車体サイドやリヤ上面にエアインテークが設けられています。

ミッドシップでもエンジンのラジエーター(放熱装置)やインタークーラーが前方に設置されている場合もあり、フロントからの風で冷却します。

また、床下のダクトから空気を取り入れる場合もあります。

レース車両のエアインテーク

ドラッグレース(直線距離の速さを競うレース)用の車両には大きなエアインテークが設けられています。運転席からみた前方視界はエアインテークでほとんどふさがれてしまうほどの大きさです。

F1マシンのエアインダクションポッド

F1 スポーツカー

レーシングカーなどでは、走行時の風圧を利用するために、ドライバーの頭部上のエアインテーク「インダクションポッド」が設置されている場合があります。

レーシングマシンでは、走行時の風圧を利用して積極的に空気を取り込みます。

インダクションポッドは走行時に車体にかかる風圧(ラム圧)を利用しやすい形状に設計されており、吸気抵抗を減らす効果を発揮します。

エンジン吸気用のサクションパイプ

エンジンに吸気するためのインテークパイプやサクションパイプをエアインテークと呼ぶことがあります。

アルミ製やカーボン製があり、いずれも吸気時の負圧による変形を防止してくれます。価格はアルミ製のものでおよそ2万円前後、カーボン製のものでおよそ4万円前後ほどします。

ボンネットにエアインテークがある車は?

スバル レヴォーグやWRX S4

高さがあり、その上にインタークーラーを配置するとボンネットが高くなってしまう直列エンジンに比べて、水平対向エンジンはエンジン上部にインタークーラーを設置するのに適した構造です。

スバルの現行モデルでは、レヴォーグとWRX S4のボンネットのエアダクトが装備されています。

【新型スバル レヴォーグ】サーキット全開試乗で新旧比較|10月15日正式発表

MINIクーパーSなど

MINIもボンネットのフロント部分にエアダクトのようなものが設けられています。これは現行モデルはダミーで、実際にはエンジンやインタークーラーへの吸気や排気はできていません。

「クーパーS」などのスポーティグレードにおいて、スポーティさやデザインを演出するものといえます。

新型MINI クラブマン試乗レポ「ジェントルマン」なクルマ

MINI JCW コンバーチブル チョイ乗り試乗レポ|ヤバいよ、このクルマ

ターボ車は増えているのにボンネットのエアダクトが少数派なのはなぜ?

スバル インプレッサ wrx

ボンネットのエアダクトは、ターボ車が全盛の頃はよく見かけたものですが、最近ではあまり見かけなくなってきました。

これには排気ガス問題によるパワー重視のターボ車の減少、熱効率のいい直噴エンジンの普及、ハイブリッド車の普及、デザイン性の問題などが理由として挙げられます。

もともとエアインテークやエアアウトレットは、ラリーカーやサーキットマシンのパワーやスピードを高めるための装備。

レーシングカー並みのパワーやスピード、レーシングカーのようなデザインの乗用車が人気だった1990年代頃までは、ボンネットや各所にエアダクトを備えたクルマをが市販されていました。

しかし、時代はパワーやスピードよりもエコや低価格を求めるようになり、クルマの価値も変化。スポーツ路線のクルマは以前よりも人気が衰えました。

さらに、現在のターボはさらなるパワーを得るためではなく、エンジンの排気量を小さくしつつ従来のパワーを得る役割にウエイトが置かれています。このダウンサイジングターボ車」においては、ボンネットのエアダクトはトレンドデザインではないようです。

理由は、ダウンサイジングターボはスポーツ路線というよりも、エコ(小排気量)路線のため、ユーザーにもすっきりしたデザインや高級感が支持されるからだと考えられます。

ダウンサイジングターボとは?メリット・デメリット|ハイブリッドカーと比較

クルマのパワーをアップするメカニズムについての記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事