MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】上質オトナSUV・ハリアーの外装・内装を徹底解説
ハリアー

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】上質オトナSUV・ハリアーの外装・内装を徹底解説

みぃぱーきんぐさんがトヨタ ハリアーの外装・内装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、トヨタ ハリアーの外装・内装を徹底解説!

フルモデルチェンジを経て、さらにカッコよくなったハリアー。元祖高級SUVブランドは健在です。トヨタ車初採用の装備を含め、 デザインや装備、機能などを分かりやすく紹介しています。

この記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第2回 ステップワゴンスパーダ編はコチラ!

洗練されたシティ派高級SUVのデザインに注目!

鷹のエンブレムはトヨタのエンブレムに変更

切れ長のヘッドライトが洗練されていてすごくカッコいい!とても高級感を感じます!

もともとスマートで洗練された、都市派SUVとしての個性が強かったハリアー。フルモデルチェンジでフロントデザインはさらにカッコよくなりました。

「鷹の目」のような鋭いヘッドライト。さらにG、Zグレード専用のL字型デイライトからは洗練された印象を受けます。

ちなみに、ハリアーのアイデンティティともいえる鷹(チュウヒ)のエンブレムは外装から消えており、他のトヨタ車と同じ「T」のエンブレムになっています。鷹のエンブレムは車内に隠れていますので、ぜひ探してみてください。

知ってた?ハリアーのリアウインカーはココ!

エンブレムを中心とした一直線のリアコンビネーションが近未来的!サイドまで伸びているのも印象的です。

先進的なライト周りがカッコいいハリアー。テールゲート上のブレーキランプも、最上級グレード「Z」の場合は横長でインパクトがあります。真一文字の赤いラインが、夜は目を惹きそうですね。

リア部分を横から見ると、リアコンビネーションランプから下へ向かって抉れるようなボディラインも特徴的です。

さらに、ハリアーを後ろから見るとウインカーの位置にびっくり。リアコンビネーションランプ付近ではなく、テールゲート下が点滅するようになっています。

【#みぃぱーきんぐの車紹介】ハリアー 外装編はコチラ!

ハリアーのボディカラーについてはこちらの記事で詳しく解説しています♪

トヨタ新型ハリアーのボディカラー全色メリット・デメリット、おすすめの色は?

トヨタの最新装備が充実!上品なオトナの内装

12.3インチの大型ナビはオプションも充実

今回のハリアーは最上級グレードの「Z」ですので、12.3インチの大型トヨタ純正ナビが標準搭載。ナビ画面の大きさがお分かりいただけると思います。

地図を開いたまま、エアコンやオーディオ操作ができます。画面の切り替えが不要で、操作性がよさそう。

さらにオプションで「パノラミックビューモニター」や「シースルービュー」といった便利・安全機能も選択できます。

パノラミックビューモニターは車を上から見下ろす視点、シースルービューでは車両を透かして周囲をぐるりと見回せる視点。これにより、小さな子供が車の死角にいても、カメラを通して確認することができます。

後席も上質な空間。座席を倒せばほぼフラットに

大人っぽくてカッコいい内装です!足を伸ばせるくらい空間があるので、広く感じます♪

後席の3人がけシートは、真ん中の肘置きを倒すと大人1人1人がゆったり寛げる空間に。

後席も大人がしっかり座ることができるハリアー。エアコンの吹出口やUSBポートが2つあるなど、使い勝手もよく、上質な大人の空間でくつろぐことができます。

リアシートを前に倒せば、ほぼフルフラットな空間に。大きな荷物も積み込めますし、大人でもちょっとした休憩をすることができます。

【#みぃぱーきんぐの車紹介】ハリアー 内装編はコチラ!

トヨタ ハリアーの基本情報

トヨタ ハリアー

ハリアーはトヨタの高級SUV。高級セダンの乗り心地とSUVとしての走行性能を併せ持った「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを生み出したモデルでもあります。

今回ご紹介いただいたのは4代目ハリアー。2020年にクーペスタイルを強めてフルモデルチェンジとなりました。

トヨタ ハリアーの歴代車種を比較|10系・30系・60系から現行新型80系まで

レクサスRX300

日本では一貫して「ハリアー」の車名で販売されていますが、海外においては初代(1997-2003年)と2代目(2003-2013年)は、レクサスブランドから「RX」という車名で販売されていました。

3代目からは「ハリアー」は日本国内専売車種となっています。

4代目ハリアーはS、G、Zの3グレード。価格帯はガソリン車が299万~423万円、ハイブリッド車が358万~482万円。

現行モデル同士を比べると、RXのほうが価格帯がワンランク上となり、直接的な競合車にはならないかもしれません。

レクサスRXとはこちらの記事で詳しく比較しています♪

トヨタ新型ハリアーvsレクサス RX│SUVライバル車比較

トヨタ ハリアーのスペック

全長(mm)4,740
全幅(mm)1,855
全高(mm)1,660
車両重量(kg)1,530~1,690
パワートレイン2.5L 直4
+モーター
2.0L 直4
最高出力
(kW[PS]/r.p.m)
131[178]
5,700
126[171]
6,600
最大トルク
N・m[kgm・m]/r.p.m)
221[22.5]
3,600~5,200
207[21.1]
4,800
フロントモーター
最高出力(kW[PS])
88[120]
フロントモーター
最大トルク(N・m[kgm・m])
202[20.6]
リアモーター
最高出力(kW[PS])
40[54]
リアモーター
最大トルク(N・m[kgm・m])
121[12.3]
駆動方式FF/E-FourFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
最新「ハリアー」中古車情報
本日の在庫数 3408台
平均価格 254万円
本体価格 29~560万円

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

グレード名Z
パワートレイン2.0Lガソリンエンジン
駆動2WD
定員5人
WLTCモード燃費15.4km/L
価格3,930,000円

ガソリン、ハイブリッドともに「Z」は最上級グレード。さらに、「G」「Z」ではメーカーオプションでレザーシートなどを追加した「レザーパッケージ」も選択することができます。

Zはトヨタ純正ナビ、プロジェクター式LEDヘッドランプ+LEDデイタイムランニングランプ、7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなどが標準装備となっています。

ハリアーのスペックについてはこちらの記事で詳しく解説しています♪

トヨタ新型ハリアーのエンジン&パワートレインスペック|ライバル車と比較&おすすめはどれ?

ハリアーのGグレードとZグレードの違いは?

みぃぱーきんぐさんが今回紹介してくれたのは、最上級グレードの「Z」。ミドルグレード「G」との価格差は52万円です。

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)
ハリアー G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)

どちらも似ている装備やデザインを採用しているため、購入時に迷ってしまいますね。ZとGのデザインや装備の主な違いを比べてみましょう。

ZとGのデザインの違いは?

S、G、Zと3つのグレードにおいて、エントリーグレードの「S」はデザインの違いが比較的明確に分かります。対してGとZはL字型デイライトを装備するなど、ほぼ同等の見た目ですが、以下のような違いがあります。

ZG
アルミホイール19インチ18インチ
リアのブレーキ灯ロングタイプ標準サイズ
リアスポイラーピアノブラック塗装ブラック塗装

この他、メッキ使いや照明使いが異なり、やはり最上級グレード「Z」のほうが豪華で上質な仕様といえます。

Zには約37万円相当のナビ・オーディオが標準装備

GとZにおける最も大きな違いは、純正ナビゲーション画面の大きさでしょう。Gが8インチナビを採用しているのに対し、Zはトヨタ最大級の大きさである12.3インチの純正SDナビを採用しています。

さらにZではJBLプレミアムサウンド・システムを標準装備。車内に専用のスピーカーが配置されており、良音で音楽を聴きながらドライブしたい人には魅力的な装備といえます。

この12.3インチナビは、Gでも36万9,600円のオプションで選択することができます。

Zのみ調光ガラス式パノラマルーフが選択できる

もうひとつ、他グレードとZにおける大きな違いは、サンルーフをオプションで選択できるという点です。最上級グレードの「Z」のみ、トヨタ初の調光ガラスを採用したパノラマルーフを選ぶことができます。

カバーを開けた状態。ガラスが白く、外の景色は見えませんが、柔らかな光を取り入れることができます。
天井にあるスイッチを押すと……
ガラスが透明に!外の景色が見えるようになり、開放感のあるドライブが楽しめます!

調光ガラス式パノラマルーフは、ガラスのままでも光の入り方や量を調整できるという優れもの。障子ごしのような柔らかな光を車内に取り込むこともできます。

価格差は52万円!ナビ以外の15万円差をどう考える?

この他、Zのみの装備としてハンズフリーバックドア、ヘッドアップディスプレイなど、GではオプションとなるZの標準装備としてリアクエロストラフィックオートブレーキが挙げられます。

エアコン調整がZはタッチタイプ、Gはダイヤル式なのも好みが分かれそう!

GとZの価格差は52万円。12.3インチナビが約37万円分であると考えると、それ以外の部分で15万円分アップの価値がZにあるかどうかを考えてみるのがおすすめです。

編集部の見解では、ハンズフリーバックドア、ヘッドアップディスプレイなどの便利機能に加え、各種デザインのアップグレードを含めると、これらの装備をオプションや後付けで検討するよりもZを購入したほうがお得と言えます。

反対に「12.3インチナビだけほしい」という人は、Gでオプション選択することができます。ただし「パノラミックビューモニター」や「シースルービュー」といったオプションはZでしか選択できないので注意しましょう。

また、調光ガラス式パノラマルーフをオプションで選択すると、リセールバリューもアップします。後々の売却を考えている人には、最上級グレードである「Z」および「Zレザーパッケージ」がおすすめです。

おすすめグレードについてはこちらの記事でも詳しく解説しています♪

トヨタ新型ハリアーおすすめグレードは「G」!ハイブリッドはどう?違いを比較

#みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

第4回 スバル レヴォーグ編はこちら!

80系ハリアーの購入に役立つ情報はこちらの記事にまとめています♪

トヨタの新型やフルモデルチェンジ最新情報はこちら!

SUVを検討している人に人気の記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る (20枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード