MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ RX-VISIONの市販化実現か?スーパースポーツRX-9に関する情報まとめ
マツダ

更新

マツダ RX-VISIONの市販化実現か?スーパースポーツRX-9に関する情報まとめ

マツダが2015年に発表したコンセプトカー「RX-VISION」はマツダが考える美しいFRスポーツを具現化したスポーツカーです。

ロングノーズ・ショートデッキのスタイルを採用し、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載。高い運動性能を備えたスーパースポーツとしてデビューしています。

そんなRX-VISIONの市販モデルとされる「RX-9」に関するこれまでの情報をまとめました。

VTuberゆっちょの「RX-9」解説動画はこちら

RX-VISIONに似た車体構造の特許申請

車両の後部車体構造
出典:j-platpat.inpit.go.jp

2021年8月5日、マツダが特許申請をおこなった車両の後部車体構造が公開されました。

公開された特許の画像および説明は、明らかに2ドアスポーツクーペのもので、2015年に登場したFRスポーツコンセプトカー「RX-VISION」とよく似ています。

詳しくは以下の記事で解説

前部の車体構造も申請される


車両の前部車体構造
出典:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

2021年9月にマツダ関係者の読者の方から寄せられた情報によると、RX-9の開発はすでに終盤に突入していて、マツダが以前発表したラージ商品群やスモール商品群といった枠組みには属さない独自のプラットフォームを採用しているとのことです。

さらに、RX-9には車体の一部にカーボンパーツが使われますが、レクサスのスーパースポーツカーであるLFAのようなカーボンモノコック構造ではなく、あくまでも一部に留められるという情報も8月末に寄せられています。

2021年9月2日に公開された車両の前部車体構造に関する特許申請情報の中にこの情報と一致するものがあったため、この情報の信憑性が高まりました。

詳しくは以下の記事で解説

燃費に課題…「RX-8同等では悪すぎる」と改善図る

マツダ RX-VISION CONCEPT

その後、RX-9は2023年発売を目標に開発を進めており、現在は550馬力以上の出力を誇るロータリーエンジンの燃費改善を進めているとの情報もキャッチ。

燃費や異音に問題を抱えており、その問題解決にあたっているようですが、試作品のロータリーエンジンは燃費が1リッターあたり8キロ前後と、悪くない数値に思えます。

しかし、開発陣はRX-8以上の燃費目標を掲げていて、現在の数値では「燃費が悪すぎる」として改善の対象にしているとのことでした。

詳しくは以下の記事で解説

タルガトップのオープンモデルも?

マツダ RX-VISION CONCEPT

現段階では検討に留まっているようですが、オープンモデルの発売も視野にあるようです。

2代目RX-7(FC3S)ではフルオープンのカブリオレが販売されていましたが、RX-9ではタルガトップタイプになるものと思われます。

詳しくは以下の記事で解説

無謀と思えたマツダのRX-9開発…トヨタの後ろ盾で実現に?

GR GT3 Concept

トヨタがオートサロンで公開した「GR GT3 Concept」は、RX-VISIONと関係がある車両なのではないかという予想が、海外の掲示板サイトに投稿されました。

似ているというだけでは関係性を見出すことは難しいのですが、トヨタはこれまでGRスープラやGR86など、他メーカーとの協業によるスポーツカー作りをおこなっており、トヨタとマツダが手を組んでスポーツカーを作るというのは、考えられない話ではありません。

RX-9の市販化については「マツダにRX-9の開発コストをかける余裕はないのでは?」という意見も見られましたが、トヨタとの協業ともなると、これはマツダにとって渡りに船なのではないでしょうか。

詳しくは以下の記事で解説

新たに50件超の発明が公開。RX-9に関すると思われるものも多数

車両走行用の駆動ユニットにおけるバランスウェイト
出典:j-platpat.inpit.go.jp

2022年1月17日に、マツダが特許出願をしていた発明50件超が公開されました。

公開された発明は、駆動時に発生する振動を抑制するバランスウェイトの配置に関する発明や、インバーターやモーターの冷却性能を確保するための放熱器に関するものなど。

これらに共通する目的としてパワートレインの小型化と、それによる重量バランスの最適化が挙げられています。

RX-9をハイブリッド化し燃費性能を向上させるとともに、ハイブリッド化に伴う重量バランスの最適化をおこなうことで、運動性能の向上もねらっているのかもしれません。

詳しくは以下の記事で解説

その他のマツダ車情報

後輪駆動ベースの新型SUV「CX-60」の発売時期は?

2022年以降はマツダのラインナップが激変?出る車、消える車

もうひとつのロータリーエンジンもまもなく登場!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード