初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホットハッチ最新おすすめ人気ランキング全20車種比較【2018年版】

ホットハッチとは、各メーカーがハッチバックをスポーツ走行向けにチューニングした車。普段使いからサーキット走行まで幅広く使えるホットハッチは近年人気上昇中!国産および輸入車から、最新人気ホットハッチ20車種をピックアップし、価格や速さなどMOBYが独自に調査したランキングをご紹介します。

ホットハッチとは?

ホットハッチとは、各メーカーが自社のハッチバックをスポーツ走行向けにチューニングした車。
ホットハッチの定義は曖昧ですが、一般的にホットハッチと分類される車の主な条件には以下があります。

①ハッチバックであること。
②ベース車から走行性能を高めるチューニング(エンジン・足回りなど)がされていること。
③軽量・コンパクトであること。
④ある程度安価で実用性があること。
⑤「走り」を楽しめるパフォーマンスを兼ね備えていること

これらの条件がそろえば、軽自動車・外車問わず、ホットハッチと呼ばれるケースが多いです。
ホットハッチはいわば、「羊の皮を被った狼」なのです。

ハッチバックについてはこちら

最速はどれ?速いホットハッチTOP10

0-100km/h加速タイムランキング

1位:メルセデス・ベンツ AMG A454.2秒
2位:BMW M140i4.6秒
3位:VW ゴルフ R4.6秒
4位:ホンダ シビックタイプR5.6秒
5位:アルファロメオ
ジュリエッタ ヴェローチェ
5.7秒
6位:VW ゴルフ GTI5.9秒
7位:ルノー メガーヌRS6.0秒
8位:プジョー 308 GTI6.0秒
9位:ミニ クーパーS ジョンクーパーワークス6.1秒
10位:ルノー ルーテシアRS6.6秒

ホットハッチを名乗るからには、速さも必要です。
0-100km/hまでの発進加速タイムで速さを比較し、ランキングにしました。
0-100km/h加速タイムは、エンジン出力が高く、よいタイヤを履いていれば速いというほど単純ではありません。
エンジンのトルク特性や各ギアのつながり、トラクションのかかり方、ボディ形状などあらゆるパラメーターのバランスが整わなければ、よいタイムを出すことができません。

速さで選ぶならメルセデス・ベンツ AMG A45がおすすめ!

メルセデスベンツAMG A45

381PSを発揮する2.0Lターボエンジンに、4WDで武装するメルセデス・ベンツ AMG A45 4MATICが最速の座を射止めました。
幅広い領域で大トルクを発生するターボエンジンと、トラクション性能に優れる四輪駆動は0-100km/h加速タイムにおいて絶対的な武器になりますが、2位にはFRであるBMW M140iがつけています。
さらにトラクションのかかりにくいFFであり、出力でも劣るシビックタイプRが4位につけていることも特筆です。

価格が安いホットハッチTOP10

車両価格ランキング

1位:スズキ アルトワークス151万円
2位:マツダ デミオ 15MB156万円
3位:スズキ スイフトスポーツ184万円
4位:日産 ノート nismo S210万円
5位:トヨタ ヴィッツ GR SPORT “GR”230万円
6位:アバルト 595299万円
7位:ルノー ルーテシア RS308万円
8位:プジョー 208GTI322万円
9位:VW ポロGTI328万円
10位:ミニ クーパーS ジョンクーパーワークス342万円

高価なスポーツカーは速くて当然。
ホットハッチの魅力は、安価でも軽い車体でスポーツカー並に速く走らせることができるのがポイントです。
そのうえで、ある程度の実用性を兼ね備えたハッチバックであることが条件になります。
価格の安いホットハッチをランキングにまとめました。

安さで選ぶならスズキ アルトワークスがおすすめ!

スズキ アルトワークス 2015年型

もっとも安いホットハッチはスズキ アルトワークスです。
ベース車両の価格がそのまま反映する結果となりました。
安いからといって、それが性能や魅力に直結するものではありません。
1位になったアルトワークスはもっとも安い価格にもかかわらず、トルク向上されたスペックのエンジンが搭載され、専用開発の5速MTに専用ニューニングされたKYB製のショックアブソーバーを奢り、専用レカロシートを装備。
内装にも専用装飾が加えられ、車の至るところにアルトワークスとして手が加えられています。

MT(マニュアル)ホットハッチ全車種一覧

国産スズキ アルトワークス
スズキ スイフトスポーツ
トヨタ ヴィッツGR SPORT “GR”
日産ノート nismo S
ホンダ シビックタイプR
マツダ デミオMB
外車アウディ S1
アバルト 595
アバルト 595 コンペツィオーネ
BMW M140i
VW ポロ GTI
ゴルフ GTI
ゴルフ R
プジョー 208GTI
プジョー 308 GTI
ルノー ルーテシアRS
ルノー メガーヌRS

近年販売される新車では、スポーツモデルでもATしか設定のないものが増加傾向にあります。
とくに、革新的な構造のデュアルクラッチトランスミッションによる自動変速は、人間では到底真似できないシフトスピードを誇り、もはや単純な速さでは自動変速に敵わない程に性能が向上しています。
しかし、限られたパワーを、マニュアルトランスミッションを駆使して速く走らせるのがスポーツドライビングの醍醐味であり、ホットハッチの信条。
AT車が主流の現在においても、MTのラインナップが多いのもホットハッチの魅力です。

ホットハッチおすすめ人気ランキング【TOP10】

性能や価格、検索ボリュームや販売台数など、ホットハッチたりうるあらゆる条件を基に比較し、MOBY独自でホットハッチおすすめ人気ランキングを制作しました。

【第1位】スズキ スイフト スポーツ

スズキ スイフト スポーツのスペック

発売日2017年9月20日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,890
全幅:1,730
全高:1,500
車両重量(kg)970〜990
乗員定員5
エンジン直列4気筒直噴DOHCターボ
最高出力103kw[140PS]/5,500
最大トルク230N・m[23.4kgm・f] /2,500〜3,500
トランスミッション6MT/6AT
駆動方式FF
JC08モード燃費16.2〜16.4
燃料ハイオク
新車車両価格184〜205万円
ライバル車トヨタ ヴィッツGR SPORT

初代スイフトスポーツは、決してスポーティとは言えない安価で実用的なスズキ スイフトに、チューニングを施した高出力エンジンと、強化されたサスペンションを与え、専用エアロパーツでスポーティに仕立てあげたメーカーチューンドカーという経緯を持ちます。
さらにスイフトスポーツはJWRC(世界ジュニアラリー選手権)のベース車両として使用されてる点もポイントです。
性能や価格、外観やスペック、開発にまつわるストーリーなどを考慮した結果、ホットハッチ・ランキング1位にふさわしい車であると判断しました。
3代目となる現行型スイフトスポーツにも、軽量高剛性な新型プラットフォームを採用するボディに、1.4Lターボエンジンと新開発のサスペンションを与え、高い動力性能とハンドリングのバランスが持ち味。
先進の安全装備もそなえ、現代の需要にマッチした正真正銘のホットハッチです。

最新「スイフトスポーツ」中古車情報!

本日の在庫数 478
平均価格 126.7万円
本体価格 36.9〜249万円
Pick up!
Pick up!

【第2位】スズキ アルト ワークス

スズキ アルト ワークスのスペック

発売日2015年12月24日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,395
全幅:1,475
全高:1,500
車両重量(kg)670〜740
乗員定員4
エンジン直列3気筒DOHCターボ
最高出力47kw[64PS]/6,000
最大トルク100N・m[10.2kgm・f] /3,000
トランスミッション5MT/5AMT
駆動方式FF/4WD
JC08モード燃費22.0〜23.6
燃料レギュラー
新車車両価格151〜168万円
ライバル車ダイハツ コペン
ホンダ S660

第2位はスズキ アルトワークス。
1987年、2代目アルトに設定されたアルトワークスはターボと4WDで武装された軽自動車。
軽自動車とは思えないほどの高出力が660ccの排気量から絞りだされ、軽自動車の64馬力出力規制の発端となった車です。
5代目アルトでついえていたアルトワークスが、「クルマを操る楽しさを追求し、さらに走りを磨き上げた軽ホットハッチ」として2015年に8代目アルトで復活。
670kgの軽量ボディに乗せた高出力ターボエンジンを、専用開発のクロスレシオの5速MTで操るアルトワークスは、世界最小最軽量のホットハッチです。

最新「アルトワークス」中古車情報!

本日の在庫数 500
平均価格 97.7万円
本体価格 3.8〜297万円
Pick up!
Pick up!

【第3位】ホンダ シビック タイプ R

ホンダ シビック タイプ Rのスペック

発売日2017年9月29日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:4,560
全幅:1,875
全高:1,435
車両重量(kg)1,390
乗員定員4
エンジン直列4気筒DOHCターボ
最高出力235kw[320PS]/6,500
最大トルク400N・m[40.8kgm・f] /2,500〜4,500
トランスミッション6MT
駆動方式FF
JC08モード燃費12.8
燃料ハイオク
新車車両価格450万円
ライバル車ルノー メガーヌRS

1974年に発売されたホンダ シビック RSは国産ホットハッチの先駆けであるとも言われる車です。
10代に渡って生産されるホンダ シビックの中でも最高グレードに位置づけされるのがタイプR。
コスト度外視でチューンされる高性能エンジンのパワーを、受け止めるよう強化されたブレーキとサスペンション。
快適性を無視してまで軽量化と補強されたボディが与えられたタイプRは、ホンダのスポーツマインドを具現化したスポーツモデルです。
10代目シビックに設定されたタイプRが目指したのは究極のFFスポーツ。
歴代シビック タイプRに比べてボディは大型化していますが、すべては速く走るために必要な構造であり、ニュルブルクリンクで叩きだした7分43秒80のラップタイムは、世界のスーパースポーツカーを追い回すだけのポテンシャルの秘めたる証拠。
シビック タイプRは国産最速のホットハッチです。

最新「シビック」(タイプR 社外ナビ バックカメラ)中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

【第4位】フォルクスワーゲン ゴルフ R

フォルクスワーゲン ゴルフ Rのスペック

発売日2017年10月23日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:4,275
全幅:1,800
全高:1,510
車両重量(kg)1,470〜1,510
乗員定員5
エンジン直列4気筒直噴DOHCターボ
最高出力228kw[310PS]/5,800〜6,500
最大トルク380N・m[38.7kgm・f] /1,850〜5,700
トランスミッション6MT/7DSG
駆動方式フルタイム4WD
JC08モード燃費12.6〜13.0
燃料ハイオク
新車車両価格585〜597万円
ライバル車メルセデス・ベンツ AMG A45

初代フォルクスワーゲンゴルフをスポーツモデルとしてチューニングしたゴルフ GTIは、ホットハッチのルーツと言われる車です。
歴代ゴルフにも設定されるGTIでも十分にホットハッチとして魅力溢れる車ですが、さらにパフォーマンスを向上させたゴルフには「R」の名前が冠されます。
ゴルフ GTIよりもさらに高出力化されたエンジンパワーを、余すことなく路面に伝えられるように電子制御4WDでトラクションを制御。
GTIよりも1速多い7段デュアルクラッチトランスミッションと、大径のブレーキディスクなどが与えられ、どのような路面でも高いパフォーマンスを発揮します。
ホットハッチのルーツの系譜を受け継ぐ、卓越した性能を発揮するのがゴルフ Rです。

最新「ゴルフ」(R 新車並行 左ハンドル 6速MT)中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

【第5位】ルノー メガーヌ RS

ルノー メガーヌ RSのスペック

発売日2017年4月6日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:4,320
全幅:1,850
全高:1,435
車両重量(kg)1,420
乗員定員5
エンジン直列4気筒DOHCターボ
最高出力201kw[273PS]/5,500
最大トルク360N・m[36.7kgm・f] /3,000
トランスミッション6MT
駆動方式FF
JC08モード燃費-
燃料ハイオク
新車車両価格399万円
ライバル車ホンダ シビックタイプR

ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが開発を手掛ける、世界最高峰のホットハッチがルノー メガーヌ RS。
メガーヌ RSは、ルノーのCセグメントハッチバックのメガーヌを、サーキットでのファステストラップを叩き出すために生み出されたモデルです。
ダブルアクスルストラットサスペンションや4輪操舵など、革新的なシャシー技術をラップタイムに結びつける技術力の高さがルノー・スポールの魅力であり、ホットハッチの真骨頂ともいえるコーナリングマシンに仕上げられています。

最新「メガーヌ」(トロフィー)中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

【第6位】メルセデス・ベンツ AMG A45

メルセデス・ベンツ AMG A45のスペック

発売日2013年7月1日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:4,370
全幅:1,780
全高:1,420
車両重量(kg)1,560
乗員定員5
エンジン直列4気筒DOHCターボ
最高出力280kw[381PS]/6,000
最大トルク475N・m[48.4kgm・f] /2,250〜5,000
トランスミッション7AT
駆動方式フルタイム4WD
JC08モード燃費12.6
燃料ハイオク
新車車両価格720万円
ライバル車VW ゴルフR

初代メルセデス・ベンツ Aクラスの背高なボディは、とてもホットハッチと呼べる車ではありませんでした。
3代目となったAクラスは、先代から一転して大きく低められたルーフはスポーティなスタイルとシャシーを手に入れ、ホットハッチの資質を与えられることとなりました。
メルセデス・ベンツのスポーツブランドが仕立てたAMG A45は標準のAクラスにAMGチューンのツインターボエンジンと7速DSG、4WDが与えられ、ホットハッチとしての高いパフォーマンスとメルセデス・ベンツのラグジュアリーを兼ね備えた大人のホットハッチと呼べる1台です。

最新「Aクラス」(A45 4マチック)中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

【第7位】トヨタ ヴィッツGR SPORT “GR”

トヨタ ヴィッツGR SPORT “GR”のスペック

発売日2017年9月19日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,975
全幅:1,695
全高:1,490
車両重量(kg)1,060
乗員定員5
エンジン直列4気筒DOHC
最高出力80kw[109PS]/6,000
最大トルク136N・m[13.9kgm・f] /4,800
トランスミッション5MT/CVT
駆動方式FF
JC08モード燃費-
燃料レギュラー
新車車両価格230万円
ライバル車マツダ デミオ 15MB

トヨタのコンパクトカーであるヴィッツを、トヨタ・ガズー・レーシングのレース技術をフィードバックして開発されたのがヴィッツGR SPORT “GR”です。
搭載されるエンジンはノーマルからの据え置きですが、専用チューニングされたザックス製サスペンションとヘリカルLSD、ボディには補強のためのブレースバー追加にとどまらずの溶接箇所を追加するなどして徹底したシャシー性能の向上が図られています。
インテリアもスポーティに演出されており、気分を高めるのに一役かっています。
扱いきれるパワーを、高められたシャシー性能で完全にコントロール下に置いたドライビングができるトヨタのホットハッチです。

最新「ヴィッツ」(GRスポーツGR 5速マニュアル車)中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

【第8位】フォルクスワーゲン ポロ GTI

フォルクスワーゲン ポロ GTIのスペック

発売日2010年9月21日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,995
全幅:1,685
全高:1,445
車両重量(kg)1,240
乗員定員5
エンジン直列4気筒DOHCターボ
最高出力141kw[192PS]/5,400〜6,200
最大トルク250N・m[25.5kgm・f] /1,250〜5,300
トランスミッション6MT/7DSG
駆動方式FF
JC08モード燃費15.9〜17.2
燃料ハイオク
新車車両価格328〜338万円
ライバル車アウディ S1

近年進むボディの大型化の影響を受け、ホットハッチのルーツを引き継ぐはずの現行フォルクスワーゲン ゴルフ GTIも、ホットハッチとしてやや大きくなりすぎてしまったきらいがあります。
フォルクスワーゲン ポロGTIは、ゴルフの1つ下のカテゴリーの属する車であり、初代ゴルフ GTIのハッチバックとしての正当な遺伝子はポロ GTIこそが受け継いでいると言えるでしょう。
適度なパワーに適切なシャシー、快適性も損なわずにまとめられ、過度に尖った部分のないバランスの取れたクラシカルホットハッチを今に伝えるのがポロ GTIという車です。

最新「ポロ」(GTIカップエディション シリアル99禁煙HDD地デジETC)中古車情報!

【第9位】アウディ S1

アウディ S1のスペック

発売日2014年2月14日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,390
全幅:1,740
全高:1,425
車両重量(kg)1,360
乗員定員5
エンジン直列4気筒直噴DOHCターボ
最高出力170kw[231PS]/6,000
最大トルク370N・m[37.8kgm・f] /1,600〜3,000
トランスミッション6MT
駆動方式フルタイム4WD
JC08モード燃費14.4
燃料ハイオク
新車車両価格423万円
ライバル車VW ポロ GTI

コンパクトハッチバックモデルのアウディ A1に、同社のスポーツモデルであるSシリーズのコンセプトを移植したホットハッチがアウディ S1です。
「S1」という名前は、消滅してしまったWRC(世界ラリー選手権)グループSカテゴリのために開発していた「アウディ スポーツクアトロ S1」に由来するものでもあり、アウディ S1が最小モデルとはいえ、正当なスポーツモデルであることを物語ります。
パワートレインは2Lターボエンジンパワーを6速MTとアウディ自慢のクアトロシステムで、あらゆる路面を走破するポテンシャルが秘められています。

最新「S1」中古車情報!

本日の在庫数 7
平均価格 264.2万円
本体価格 223〜328.9万円
Pick up!
Pick up!

【第10位】マツダ デミオ 15MB

マツダ デミオ 15MBのスペック

発売日2015年10月22日 デビュー
ボディサイズ(mm)全長:4,060
全幅:1,695
全高:1,500
車両重量(kg)1,020
乗員定員5
エンジン直列4気筒直噴DOHCターボ
最高出力85kw[116PS]/6,000
最大トルク148N・m[15.1kgm・f] /4,000
トランスミッション6MT
駆動方式FF
JC08モード燃費19.2
燃料ハイオク
新車車両価格156万円
ライバル車トヨタ ヴィッツGR SPORT “GR”

マツダ デミオ 15MBとは、現行デミオのラインナップには設定されていない、1.5Lのガソリンエンジンに6速MTを組み合わせたモデルです。
エンジンは、エンジンオイルの流量まで制御される機能の搭載で、わずかながら出力向上が果たされ、それに最適化されたギア比が設定されたトランスミッションを搭載。
大径ブレーキが与えられ、ダートラやジムカーナなどのモータースポーツのベース車両としての需要を満たしたスペシャルモデルです。

最新「デミオ」(15MB ユーティリティパッケージ スマートキー)中古車情報!

番外編:生産終了した国産ホットハッチおすすめ人気車種3選

車の製造技術に大きな躍進があった1980年台後半から1990年代にかけては、エンジンの高出力化と、コンパクトでハンドリングに優れたシャシーの開発が急ピッチで進められたホットハッチの黄金期といってもよいでしょう。
その中で生み出されたホットハッチは、現代の車と比べれば完成度は低いものの、造り手の情熱も身近に感じさせるものでした。
生産終了した人気の国産ハッチバック3車種をご紹介します。

生産終了した国産ホットハッチ①ホンダ シビック SiR(EG6)

ホンダといえばタイプRばかりが注目されがちですが、その存在はスポーツカーやレーシングカーに近く、ホットハッチの中心からはやや外れた存在です。
1991年に登場した「スポーツシビック」で親しまれる5代目シビックは優れたシャシーをもち、VTEC搭載の名機B16Aが搭載されたSiRが設定されていました。
価格と性能と快適性のバランスがとれたホンダ シビック SiRこそがホットハッチの中のホットハッチといえるでしょう。

生産終了した国産ホットハッチ②トヨタ スターレット GT(EP82)

トヨタ スターレットGT(EP82)は1989年に発売されました。
830kgの軽量ボディに高回転高出力の1.3Lターボエンジンを搭載したスターレットは、乗れば誰もが驚くほど速いクルマでしたが、そのパワーにシャシー性能がまったく追いついておらず、FFにも関わらず全開加速ではまっすぐ走らないほど危険な車でもありました。
しかし、そのじゃじゃ馬っぷりが、暴れ馬を乗りこなすカウボーイがごとく、ホットハッチファンの心を鷲掴みにしたのです。
暴れる車をドライバーの技量でねじふせて走らせる。
車としては未完成ですが、そのようなドラマ性もホットハッチの魅力の一つです。

生産終了した国産ホットハッチ③日産 パルサー GTI-R

1990年、日産がWRC(世界ラリー選手権)に参戦するために開発されたのが日産 パルサー GTI-Rです。
ベースとなる日産 パルサーに、マルチスロットルでレスポンスアップを図った2Lハイチューンターボエンジンと電子制御4WDシステム「アテーサ」を搭載し、疾走する様はまるで小さな日産 スカイラインGT-R。
有り余るパフォーマンスを備えることもホットハッチとして魅力的な要素です。

2018年のホットハッチの人気はどうなる?

スズキ スイフトスポーツ

車の発展はレースとともに進んできました。
実用とスポーツを兼ね備えたホットハッチは、車本来の魅力を形にしたものといえます。
普段は快適に使うことができて、ひとたびアクセルを踏み込めば、胸をすくような加速性能と運動性能を隠し持っていることがホットハッチの条件であり、近年のホットハッチはどんどん高性能化してきています。

2017年はスズキ スイフトスポーツをはじめ、ルノー メガーヌRS、VW ゴルフRなどの多くの魅力的な新型ホットハッチが登場しました。
2018年も、トヨタ ヴィッツGRMNや、メルセデス・ベンツ新型AMG A45などの発売が控えています。
ホットハッチ人気は今後も衰えることはないでしょう。
ホットハッチ市場の今後の動向に期待です。

他のボディタイプ別おすすめ人気ランキングはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!