MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > メルセデスAMG > メルセデス・ベンツ・AMGとは?AMGの読み方や車種の違いも【歴史と名車】
メルセデスAMG

更新

メルセデス・ベンツ・AMGとは?AMGの読み方や車種の違いも【歴史と名車】

メルセデス・ベンツのAMGとは?

ドイツが誇る一流自動車メーカー「メルセデス・ベンツ」。ブランドの中に「メルセデスAMG」が存在しているのはご存知でしょうか?もともと「メルセデス・ベンツ」と「AMG」は別々の会社でした。

ダイムラー・ベンツのレース用エンジン開発者が設立

AMGの創立者はハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Hans Werner Aufrecht)とエアハルト・メルヒャー(Erhard Melcher)。二人は、元々ダイムラー・ベンツの開発部門でレース用エンジンの開発に取り組んでいました。

しかし、ダイムラーがレース部門から撤退すると、二人は自宅で独自にレースエンジンを開発します。1967年にレース用自動車エンジンの設計会社を設立。アウフレヒトの『A』、メルヒャーの『M』に加え、アウフレヒトの故郷であるグロース・アスパッハ(Großaspach) の『G』を取り、「AMG」という会社名を付けたと言われています。

AMGは、1971年のスパ・フランコルシャン24時間レースでの300SEL6.8クラスでの優勝や、ドイツ・ツーリングカー選手権での10回の勝利などを収めます。これにより、ベンツの性能を極限まで高めたエンジンを作った二人の名が知れ渡ったのです。

AMGの本社工場はアファルターバッハに

AMGの本社工場はドイツのアファルターバッハにあり、そこでマシンの製造を主に行っています。AMGにとってはこのアファルターバッハと言う土地に誇りをもっており、用地拡大などで難航した時もこの地を離れようとしませんでした。

近年では『One man-one engine(1人のマイスターが1台のエンジンを)』というコンセプトがあり、AMGの工場にいる熟練工、マイスターが手作業で最初から最後まで手掛け、一台のエンジンを造っています。仕上がったエンジンには必ず、そのエンジンを造り上げたマイスターのネームが刻印されているのです。

メルセデスAMGのロゴの意味

メルセデスAMGのロゴは、いたってシンプルで5本の斜線にAMGの文字のみ。斜線の太さや字体は時代により変更がありますが、基本に変わりはありません。

また、一部モデルのエンジンカバーやホイールキャップなどに入れられる丸いオーナメントは、左半分が本部のあるアファルターバッハの緑と小川を、右半分がスプリングとバルブをイメージしたものです。

【番外編】AMGってなんて読むの?

2012年 AMG

「AMG」は日本ではよく「アーマーゲー」と呼ばれています。これは日本のとある漫画で、AMGのマシンが出た時に登場人物が「アーマーゲー」と呼んだところから来ているのではとの一説があります。

しかし、正式には「エーエムジー」と英語表記で読みます。ちなみにドイツ語だと「アーエムゲー」となります。

アーマーゲーという読み方も広く浸透していますので、間違っているわけではありませんが、正しい読み方を覚えておくとウンチクとして自慢できるかもしれません。

メルセデスAMGの歴史|究極のパフォーマンスを追い求めて

【1967年】会社設立とレースでの輝かしい記録

エンジンセッティングを行うAMG創設者E.メルヒャー
セッティングを行うE.メルヒャー

1967年、アウフレヒトとメルヒャーはAMGを設立。レースエンジンの開発からテストまでを請け負う同社のエンジンは、確かな技術力で数々のレースで優勝。特に1971年のスパ24時間耐久レースでのクラス優勝で、一気にその名声を轟かすことになりました。

【1984年】モンスターエンジン誕生とDTM不変の王者へ

メルセデスAMG 300 SEL 6.8 フロント
AMG 300 SEL 6.8

1984年、アウフレヒトはエンジンヘッドをツインカム・4バルブとしたモンスター・エンジン通称「Hummer(ハマー)」を開発。同エンジンは、ポテンシャルの高さで人気を博します。また、DTM(ドイツツーリングカー選手権)では50度の優勝に輝きました。

【1990年】ベンツとの関係を強化。念願のコンプリートモデル誕生

メルセデスAMG C36 フロント
F1セーフティカーに採用されたC36 AMG

1980年代後半よりダイムラー・ベンツとの関係はさらに強化され、1990年には協力協定を締結。1993年には創業者の夢でもあったコンプリート・モデル「メルセデス・ベンツ C36 AMG」が誕生したのです。

【2010年】AMG専用モデルのデビューと未来への挑戦

メルセデスAMG CLK GTR フロント サイド
GTチャンピオンシップを走行するCLK GTR

1990年から2000年代にかけ、包括するダイムラーに紆余曲折はあったものの、2010年AMGは初となる自社専用モデル「メルセデス・ベンツ SLS AMG」を発表。2014年には現在のメルセデスAMGとしてあらたにスタートし、多岐にわたるクラスへの拡充を図っています。

メルセデスブランド内での『AMG』とはどんなもの?

1999年にメルセデス・ベンツの一部門に

AMGは1980年代半ばから公式にメルセデス・ベンツへ部品供給を開始。1993年には初の共同開発車C36を発売し、1999年にはメルセデス・ベンツの一部門となりました。当時はまだブランドという位置づけではなく、メルセデス・ベンツの乗用車のチューニングを行う「メルセデス・ベンツのAMG部門」でした。

これにより、メルセデス・ベンツ内に「AMG」のグレードが登場。各モデルに専用のアルミホイールやエアロパーツが装着され、リアエンドにAMGのエンブレムが付くほか、C63、S65というような数字2桁のエンブレムが付いていました。

ちなみに、日本で購入できるAMGの中古車は「メルセデス・ベンツ・AMG C36」「メルセデス・ベンツ・C63 AMG」など、「AMG」の名前の位置が異なる場合があります。これは輸入元の取り扱い方針によるものだそうです。

2014年に究極のハイパフォーマンスブランドとして始動

メルセデスAMG GT4 2016年型

「メルセデスAMG」が誕生したのは2014年。メルセデス・ベンツにおける「究極のハイパフォーマンスを追求するブランド」として設立されました。

メルセデスには「メルセデス・マイバッハ」という究極の高級感をコンセプトにしている部門があります。メルセデスAMGはその真逆のコンセプトといえます。

これにより主要ラインナップを展開する「メルセデス・ベンツ」のほか、サブブランドとしてラグジュアリーの「メルセデス・マイバッハ」、ハイパフォーマンスの「メルセデスAMG」が収まることになったのです。

メルセデスAMG誕生にあたり、第1弾モデルとして「メルセデスAMG GT」が発表されました。

メルセデスAMG第1弾「メルセデスAMG GT」とは

メルセデス AMG GT S 2017年型
メルセデス AMG GT C ロードスター 内装 2016年型

「メルセデスAMG GT」はハイパフォーマンス2ドアクーペです。

AMG部門時代の2009年~2014年には「メルセデス・ベンツ・SLS AMG」という、ガルウィングドアの2ドアクーペが販売されていました。SLS AMGは、それまでメルセデス・ベンツの乗用車のチューニングを手掛けていたAMGが、初めて完全独自開発した車。メルセデスAMG GTはその後継モデルにあたります。

メルセデス・ベンツ・SLS AMG

発売当時、エンジンは4L V8直噴ツインターボ。452馬力/600Nm~510馬力/650Nmというパワーでした。0-100kn/h加速3.8秒と、加速力も驚異のスペックです。

「AMG S」グレードに搭載されているレースモードは、エンジンとトランスミッションをボディとつないでいるマウントという部品を、電子制御で柔らかくしたり硬くしたりできる機能が付いています。

通常時は柔らかくしてエンジンやトランスミッションからの振動をカットしてドライビングの快適性を可能にし、レースモードでは硬くしてエンジンやトランスミッションの動きを抑制し、ボディの動きとのズレをなくすことで、車の反応に高い一体感を生み出します。

これほどパワフルに走るのに、総重量は1600kgとかなりの軽量です。これは独自のアルミフレーム構造によって実現されています。

最新「GT」中古車情報
本日の在庫数 70台
平均価格 1,272万円
本体価格 775~2,350万円
GTの中古車一覧へ

ライバルはポルシェ911!スポーツカーの頂点に

先代モデルの「メルセデス・ベンツ・SLS AMG」はスーパーカーとしての立ち位置でしたが、「メルセデスAMG GT」はスポーツカーとして、ポルシェ911をライバル車に見据えています。

メルセデスAMGの車はメルセデス・ベンツとどこが違う?

メルセデスAMG 現行モデルの特徴

メルセデス AMG A 45 2015年型

現在、メルセデスにおいて「AMG」の名前が付く車は2種類に分けられます。

1つは「メルセデスAMG」ブランドのハイパフォーマンスカー。もう1つはエクステリアやインテリアにAMGのテイストを取り入れたスポーティグレード「AMGライン」です。AMGラインはあくまでメルセデス・ベンツのグレードで、メルセデスAMGのモデルではありません。

この見出しでは「メルセデスAMG」ブランドのモデル体系について紹介します。

メルセデス・ベンツ Eクラスを例にすると、ベンツブランドのモデルは「メルセデス・ベンツ E200」など、アルファベット+3桁の数字で区別されます。対してAMGブランドのモデルは「メルセデスAMG E53」など、アルファベット+2桁の数字。現行車両を表すアルファベットは共通となります。

新車で購入できるメルセデスAMGの車を一覧で見る

メルセデス・ベンツとの違い

メルセデス AMG C 63 2015年型

「AMG」はメルセデス・ベンツから走行性能なども当然変わっていますが、エクステリアも特別仕様。最も特徴的なのはラジエーターグリルとエアインテークです。

ラジエーターグリルは車の縦軸と綺麗な調和を見せ、その下にあるエアインテークは「A」のような独特の形。見た目のダイナミズムと空気の流れによる冷却のベストのデザインが合わさったものになっています。

インテリア、特に運転席にも独自のこだわりがあります。シートの質感やポジション、フィット感は最上級。操縦するステアリング・パドルシフトレバーも、ドライバーを考えて設置されています。

日本には世界初のメルセデスAMG専売店がオープン

メルセデスAMGはメルセデス・ベンツの正規販売店で購入可能です。2017年には、メルセデスAMG専売拠点「AMG 東京世田谷」が世界で初めてオープンしました。

メルセデスAMGの名車|チューナーからトップブランドへ

AMG 300 SEL 6.8

メルセデスAMG 300 SEL 6.8 フロント サイド
AMG 300 SEL 6.8

創立から間もなく、名もなきチューナーであったAMGを世に知らしめることとなった「300 SEL 6.8」は、通称「RED PIG(赤いモンスター)」の異名を持つ名車。1971年開催のスパ・フランコルシャン24時間レースでは、いきなりクラス優勝を果たしたのです。

AMG 300 CE 6.0

メルセデスAMG 300 CE 6.0 フロント サイド
AMG 300 CE 6.0

初代Eクラス(W124)のボディに、Sクラス(M117)用V型8気筒エンジンを乗せ替え、さらにヘッドは「Hammar(ハマー)」と呼ばれたツインカム4バルブ、6Lとしたモンスター・マシンは、押し出しの強い容貌と圧倒的な走りで、AMG創世期の名車です。

C36 AMG

メルセデスAMG C36 フロント サイド
C36 AMG

メルセデス・ベンツとの初共同開発となったC36 AMGは、1993年にデビュー。創業者2人の古巣ともいうべきベンツとのコラボは、AMGのブランドとしての地位をゆるぎないものとした、まさにエポックとなったモデルでしょう。

CLK GTR

メルセデスAMG CLK GTR フロント サイド
CLK GTR

1997年、メルセデス・ベンツとAMGがFIA GT1参戦に向け開発したホモロゲ「CLK GTR」は、ピュアレーシングに相応しくカーボン素材のモノコックボディと、ミッドシップエンジンで、最高速は350km/hに迫るパワーの持ち主。究極のロード ゴーイング レーサーと呼ばれました。

SLS AMG

メルセデスAMG SLS フロント サイド
SLS AMG

AMG初のオリジナルモデルとして誕生したSLS AMGは、それまでの強靭なAMGのイメージは鳴りを潜め、優雅でしなやかなスタイリングとなりました。しかし、いざ走り出すと6.2LのV型8気筒エンジンは圧倒的なパワーを誇り、F1セーフティカーにも採用されました。

G63 AMG

メルセデスAMG G63 フロント サイド
G63 AMG

メルセデス・ベンツの中でも伝統のゲレンデヴァーゲンが、AMGの手に掛かるとどうなるか、G36デビュー当時から大きな話題を呼びました。V型8気筒エンジンはツインターボ化が施され、バリエーションには軍用車両技術を網羅した6輪駆動モデルもありました。

AMG GT

メルセデスAMG GT フロント サイド
AMG GT

SLS AMGの後継として2015年に誕生したAMG GT。ロングノーズ・ショートデッキのエレガントなスタイルに、新開発V型8気筒直噴ツインターボを搭載し、日本では「劇場版 仮面ライダー」の劇中車としても話題を呼びました。

AMG CLA45 4MATIC

メルセデスAMG CLA45 フロント サイド
AMG CLA45

2013年のニューヨーク・モーターショーにて披露された「AMG CLA45」は、それまでAMGは敷居が高いという若い世代の概念を覆すべく誕生したエポックモデル。コンパクトであってもパフォーマンスへの飽くなき探求が、最高出力360hpを生み出しました。

AMGと通常ベースモデルとの価格差は?

メルセデス・ベンツEのグレード

現行Eクラスのグレードは以下の通り。

  • E200スポーツ
  • E200 4MATIC スポーツ
  • E220d スポーツ
  • E300 eスポーツ
  • E350 deスポーツ
  • E450 4MATIC エクスクルーシブ
  • 4MATIC:四輪駆動仕様
  • d:ディーゼル(diesel)エンジン仕様
  • e:PHVモデル

メルセデスAMG Eのグレード

メルセデス AMG E63 2015年型

現行メルセデスAMG Eのグレードは以下の通り。

  • E53 4MATIC+
  • E63 S 4MATIC+

あくまでメルセデスAMGはメルセデス・ベンツよりハイパフォーマンス車の立ち位置なので、同じスペックで価格が比較できるモデルはありません。

エントリーグレード同士で価格を比較

メルセデス・ベンツ E200スポーツ7,690,000円
メルセデスAMG E53 4MATIC+12,590,000円
価格差4,690,000円

価格差は約470万円です。エントリーグレード同士といっても、メルセデス・ベンツ E200スポーツが2.0L直列4気筒ターボエンジン、最高出力135kW(184PS)なのに対し、メルセデスAMG E53 4MATIC+は3.0L直列気筒ターボエンジン、最高出力320kW(435PS)。

両車でエンジンやスペックは大きく異なるため、当然の価格差といえるでしょう。

ちなみに同じ3.0L直列気筒ターボエンジン搭載車である、メルセデス・ベンツ E450 4MATIC エクスクルーシブとの価格差もまだ115万円あります。

メルセデスAMGで世界最高級のドライビング体験を

メルセデス・ベンツは所有の喜びや、乗れることへの至福感が強い車です。その幸福感を維持しながら、「車を運転できる喜び・楽しみ」を追求したのが「AMG」といえるでしょう。

世界でもトップのメルセデス・ベンツですが、その中でも全く違うアプローチでメルセデス・ベンツを支え、成長させているのが「メルセデスAMG」です。人の手で最後まで究極を追求しつづけるチームには感嘆の息しか漏れません。

「AMG」は全てのドライバーにいつか乗ってみたいを思わせる憧れの車といえるでしょう。これからも「AMG」が魅せてくれる追求の美に注目しましょう。

メルセデス・ベンツの新型車情報を見る【随時更新中】

メルセデス・ベンツの新型車・新車情報はこちら

すべての画像を見る (24枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード