初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ステーションワゴンとは? 特徴や代表車種を解説

ステーションワゴンはSUVに取って代わられる絶滅危惧種。走行性能と積載性能の両立を実現したモデルが多いこのボディタイプの特徴や代表車種について解説します。

ステーションワゴンとは?

1990年代のステーションワゴンブーム立役者、スバル二代目レガシィ ツーリングワゴン

ステーションワゴンの特徴は、キャビンと一体になった大きな荷台。セダンの屋根を延長した2ボックス形状のステーションワゴンは、セダンの運動性能と快適性に加え、長い荷物も積み込める積載性能を追加した万能車です。

ステーションワゴンの起源は、駅から駅へと人や荷物を運んで移動するための駅馬車。長い歴史のなかでさまざまな人や荷物を運びながら進化し、現在のようなステーションワゴンの形になりました。

同じステーションワゴンボディでも、メーカーによって呼び名は異なります。「ステーションワゴン(SW)」を筆頭に、「ツーリング(ツアラー)」「エステート」「ブレーク」「アバント」「バリアント」などの各メーカー独自の哲学を込めた呼び名が用いられます。

運動性と積載性のバランスに優れるステーションワゴン

ステーションワゴンのメリットは、運動性と積載性、快適性のバランスに優れる点です。キャビンと一体になった大容量のラゲッジスペースを備えるため、大きな荷物はもちろん、リアシートを倒せば長い荷物も積むこともできます。車種によっては、人が横になるに十分なスペースを確保しているため、長距離移動をしながらの車中泊も可能です。

また、ミニバンに比べてはるかにルーフが低いため、低重心による安定したコーナリング性能が持ち味。高い運動性能を発揮しながら、たくさんの荷物を積んで快適な走りが可能なステーションワゴンは、長距離を快適に旅するツーリングカーとして最適です。

国産ステーションワゴンの特徴と代表車

国産ステーションワゴンの特徴は、コンパクトセダンをベースとした扱いやすいボディサイズが特徴です。マツダ アテンザやスバル レガシィのように大型ステーションワゴンは存在するものの、ターゲットはおもに海外市場。短距離走行が中心になる日本ではステーションワゴンのメリットが活かしづらく、SUVミニバンへと需要が移っているのが実情です。

トヨタ カローラフィールダー

3代目となるカローラフィールダーは、通算11代目となるカローラをベースにするステーションワゴン。2013年には、トヨタ アクアのパワートレインを搭載したハイブリッドモデルが追加され、JC08モード燃費は34.4km/Lをマークします。

スバル レヴォーグ

かつてステーションワゴンブームを巻き起こしたスバル2代目レガシィ ツーリングワゴンの実質的な後継にあたるコンパクト・ステーションワゴンがスバル レヴォーグ。1.6Lと2.0Lの水平対向4気筒直噴DOHCターボエンジンを搭載し、2.0Lエンジン搭載グレードの方は300PSを発揮する快速ステーションワゴンです。

マツダ アテンザ ワゴン

マツダのフラッグシップモデルのマツダ アテンザのステーションワゴンです。エレガントな内外装を備え、エンジンは滑らかに回る2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンと、厚いトルクで長距離移動を楽々こなす2.2Lディーゼルエンジンをラインナップします。

スバル レガシィ アウトバック

スバル レガシィは、海外市場を意識して大型化を続けるとともにツーリングワゴングレードが消滅しました。現在はセダンのB4と、ワゴンとSUVのクロスオーバーであるアウトバックがラインナップ。高められた車高と、シンメトリカルAWDが相まって高い走破性を発揮します。

ドイツ御三家ステーションワゴン特徴と代表車

世界的なSUVブームにもかわらず、ヨーロッパ圏ではステーションワゴンのシェアは一定数を守り続けています。たくさんの荷物を積んでの長距離移動をすることが多いヨーロッパでは、運動性能と積載性のバランスに優れるステーションワゴンがもっとも扱いやすい車です。

とくに国間の長大な山岳道路をハイスピードで渡るには優れた運動性能が必要であり、ドイツ御三家のメルセデス・ベンツ、BMW、アウディはコンパクトクラスとミドルクラスのセダンをベースとしたステーションワゴンを広くラインナップしています。

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン

セダンとともに、ステーションワゴンにおいても、世界中の車からベンチマークとして設定されるのがメルセデス・ベンツ。最新のメルセデス・ベンツ C200 ステーションワゴンはダウンサイジングターボとマイルドハイブリッドシステムにより、排気量が1.5Lまで縮小されています。

BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズの特徴は、スポーツセダンとして世界屈指の優れたハンドリング。ステーションワゴンであるBMW 3シリーズ ツーリングにも、ワゴンボディとは思えないほどシャープなハンドリングが与えられます。トップグレードのエンジンにはBMWの伝統であるストレート6が設定されています。

アウディ A3 スポーツバック

アウディ A4と、アウディ A6のステーションワゴンにはアバントのネーミングがつけられるのに対し、A3のステーションワゴンモデルはスポーツバックと呼ばれます。コンパクトなボディに軽量化を施したA3スポーツバックは、アウディのプレミアム感を備えながら軽快に走るスポーティなステーションワゴンです。