MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ミニバンおすすめランキング!かっこいい・子育て向きのミニバンとは?
かっこいい・子育て世代向けミニバンランキング
メーカー・車種別

更新

ミニバンおすすめランキング!かっこいい・子育て向きのミニバンとは?

ミニバンの種類と特徴

ミニバンは車体の大きさに応じてコンパクトサイズ・5ナンバーサイズ・3ナンバーサイズの3種類に分けられており、それぞれで最適な用途が変わります。そのためミニバン選びは使用目的とボディサイズが合っているかどうか重要になります。

コンパクトサイズ

@art_zzz/stock.adobe.com

コンパクトサイズのミニバンの特徴は、小さな車体による運転のしやすさと維持費の安さです。狭い駐車場などでも運転しやすいため都市部での使用に適しており、エンジン排気量が小さいこともあって税金や燃料代が安く済むメリットがあります。

トヨタ シエンタやホンダ フリードのように全長4m強のボディに6人ないし7人が乗れるコンパクトミニバンは5人乗車を主体とし、3列目シートは臨時席として用いるのが一般的です。

ダイハツ トールやスズキ ソリオのように全長4m以下のミニバンも存在しており、これらは乗車定員が5人に制限されるものの、ゆったりと乗れる室内空間と乗り降りに便利な電動スライドドアなどがしっかりと備わっています。

5ナンバーサイズ

@xiaosan/stock.adobe.com

ミドルサイズミニバンとも呼ばれる5ナンバーサイズミニバンの特徴は、大きすぎないボディサイズに7〜8人の大人数が乗車可能である点です。広い室内空間により快適性や利便性の高さはもちろん、価格や維持費、走行性能などのバランスにも優れ、短距離移動から長距離移動まで用途を問わず便利に使える性能を備えています。

以前はトヨタ ノア/ヴォクシーやホンダ ステップワゴン、日産 セレナなどが5ナンバーサイズミニバンに分類されていましたが、近年は車体の大型化が進み、3ナンバー登録となっている車種やグレードも少なくありません。

とはいえボディの拡大量はわずかであるため、依然としてこれらの車種が扱いやすいミドルサイズミニバンの代表です。

3ナンバーサイズ

@xiaosan/stock.adobe.com

3ナンバーサイズミニバンは排気量2,001cc以上、もしくはボディサイズのいずれかが全長4,701×全幅1,701×全高2,001mm以上のミニバンが該当します。しかし実際はトヨタ アルファードや日産 エルグランドのように全幅1,850mm程度までボディサイズが拡大された大型で高級なミニバンを指す場合がほとんどです。

3ナンバーサイズミニバンは、室内幅が広く3列目シートの足元空間にも余裕があるためフル乗車時でも圧迫感を覚えづらい特徴があります。また静粛性や乗り心地を高める工夫が凝らされており、強距離移動でも快適に移動できるようにつくられています。

ただし、そのぶんエンジン排気量が大きく維持費が高いうえ、車両価格も高額です。6人以上で長距離移動をする頻度が高いなら3ナンバーサイズのミニバンが適しています。

【かっこいい】ミニバンのおすすめランキングTOP10

本ランキングでの「かっこいい」とは、ボディの形状に曲線が織り交ぜられていること、カスタムパーツやアクセサリーが充実していることを指します。

また、本ランキングで紹介するおすすめのミニバンは主に3ナンバークラスの車です。かっこいいミニバンをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

  • 第1位:トヨタ・アルファード
  • 第2位:トヨタ・ヴェルファイア
  • 第3位:ホンダ・オデッセイ
  • 第4位:三菱・デリカD:5
  • 第5位:日産・エルグランド
  • 第6位:トヨタ・ヴォクシー
  • 第7位:トヨタ・グランエース
  • 第8位:フォルクスワーゲン・シャラン
  • 第9位:メルセデスベンツ・Vクラス
  • 第10位:BMW・2シリーズ グランツアラー

第1位:トヨタ・アルファード

現行型となる4代目アルファードは「性能を世界基準に昇華させる」をテーマに開発された高級サルーンです。

アルファードの特徴は、洗練された上質な外装&内装、乗り心地です。力強さがテーマとなっている外装デザインは力強く、快適性の高い室内空間の装備類は「おもてなし」がテーマとなっています。

従来型よりも約50%アップしたボディ剛性や、フロントとリアで異なるサスペンションによって乗り心地も高められています。

他にも、フルモデルチェンジにあたって改善された燃費も魅力的です。ハイブリッド車には新たに燃費性能が魅力の2WDが新設。Executive Loungeの2WDで17.5km/L(WLTCモード)を実現しています。

最新「アルファード」中古車情報
本日の在庫数 4276台
平均価格 394万円
支払総額 48~2,217万円

第2位:トヨタ・ヴェルファイア

アルファードとともに2023年にフルモデルチェンジしたヴェルファイア。4代目へのフルモデルチェンジでは、アルファードとヴェルファイアの個性がさらに明確化されています。

現行型のヴェルファイアの特徴は、専用のサスペンションチューニングおよびパワートレーンや、従来モデルよりも補強されたボディです。

また、専用グレード「Z Premier」が設定されており、ヴェルファイアらしさを感じられる上質なデザインを選択できます。

個性をより際立たせた外観や「運転する喜び」を感じられるヴェルファイアらしさを追求したい方におすすめの一台です。

最新「ヴェルファイア」中古車情報
本日の在庫数 3470台
平均価格 248万円
支払総額 40~1,290万円

第3位:ホンダ・オデッセイ

ホンダ・オデッセイは、ミニバンブームの先駆けとなったホンダを代表する車種のひとつです。2021年末に生産を終了しているものの、2023年冬には前モデルをベースとした改良モデルが発売される予定で、先行予約販売を行っています。

Honda独自の超低床プラットフォームによる3列のゆとりある空間と風格のあるスタイリングです。さらに、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」※1による優れた燃費性能と、上質で力強い走行性も魅力となっています。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

第4位:三菱・デリカD:5

2019年に現行型にフルモデルチェンジした、オールラウンドミニバンの三菱・デリカD:5。一目でデリカD:5と分かる特徴的なエクステリアが特徴であり、かっこよさの象徴でもあります。

採用されているのは、三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」や縦型のマルチLEDヘッドライトです。

また、走破性能や走行性能もフルモデルチェンジによりさらに進化。力強い走りを実現する大幅改良されたクリーンディーゼルエンジンや新開発の8速スポーツモードA/T、4WD性能の向上なども魅力的です。

最新「デリカD:5」中古車情報
本日の在庫数 2280台
平均価格 283万円
支払総額 26~657万円

第5位:日産・エルグランド

2010年にモデルチェンジした3代目エルグランドの特徴は、高級ミニバン用に調整された低重心かつ低フロア振動プラットフォームの採用です。

現在となっては設計の古さは隠し切れないものの、乗り心地向上のためにサスペンションのアームをアルミ製とするなど、エルグランドならではのこだわりが随所に見られます。

低めのルーフによる高速安定性の高さと、高級ミニバンとしての高い静粛性もエルグランドの特徴のひとつ。定期的なアップデートによって、外装および内装のデザインや予防安全機能も、現在のライバルと張り合えるだけの魅力と性能がしっかりと備わっています。

最新「エルグランド」中古車情報
本日の在庫数 1340台
平均価格 167万円
支払総額 30~593万円

第6位:トヨタ・ヴォクシー

多くのファミリー層から圧倒的な支持を集めるトヨタ・ヴォクシー。日本自動車販売協会連合会発表の2023年度上半期の乗用車ランキングによると、ヴォクシーは兄弟車のノアとともにTOP10入りしています。

ヴォクシーとノアの違いは、エクステリアデザインです。ヴォクシーの特徴は、先鋭かつ独創的なスタイル。存在感を感じられる圧倒的なデザインはまさにかっこいいミニバンです。

他にも、広くて快適な室内や乗り降りのしやすい後席など、快適性と機能性も充実しています。

最新「ヴォクシー」中古車情報
本日の在庫数 5257台
平均価格 230万円
支払総額 12~619万円

第7位:トヨタ・グランエース

トヨタ・グランエースは全長5m超えの大型高級ワゴンです。ミニバンに属する車種ではありませんが、8人乗りと6人乗りの展開があるたミニバンの購入層にもぴったりです。

特徴は、圧倒的な存在感を放つボディと快適な室内空間です。「かっこよさ」と言うと見た目をイメージしがちですが、グランエースは「移動するプライベートラウンジ」のようなインテリアデザインにも魅力を感じます。

リヤシートは、電動でオットマン付きのエグゼクティブパワーシートもしくはリラックスキャプテンシートが採用され、乗り心地も最上級です。インテリアのかっこよさにもこだわりたい方におすすめとなっています。

最新「グランエース」中古車情報
本日の在庫数 22台
平均価格 643万円
支払総額 495~1,180万円

第8位:フォルクスワーゲン・シャラン

丸いフォルムが特徴的なフォルクスワーゲンのシャラン。2022年に新車の生産は終了していますが、遊びも趣味も楽しめる幅広い用途に合った車種です。

シャランは丸みを帯びたエクステリアデザインをはじめ、インテリアのデザイン性や、機能性や走行性能も高いバランスの良い車種となっています。

年式によってラインアップされているグレードが異なりますが、代表的な「コンフォートライン」「ハイライン」など、さまざまな選択が可能なのも魅力です。

最新「シャラン」中古車情報
本日の在庫数 58台
平均価格 208万円
支払総額 78~395万円

第9位:メルセデスベンツ・Vクラス

ドイツを代表する自動車メーカー、メルセデスベンツの高級ミニバン「Vクラス」。スリーポインテッドスターがそびえ立ち、力強さと安定感を思わせるスタイリッシュな外観デザインが特徴です。

さらに、本ランキングの「かっこよさ」のポイントである「ボディの形状に曲線が織り交ぜられていること」。ベンツ・Vクラスは、インテリアに曲線が大胆にあしらわれた美しい造形が採用されています。

第7位のトヨタ・グランエース同様に、インテリアデザインにもこだわりたい方におすすめの一台です。

最新「Vクラス」中古車情報
本日の在庫数 267台
平均価格 522万円
支払総額 45~1,243万円

第10位:BMW・2シリーズ グランツアラー

BMW・2シリーズグランツアラーは、3列シートが特徴的なミニバンです。自分の好みや家族のニーズにあわせてカスタマイズのできるグランツアラーは、スタンダードモデルでもその個性を存分に発揮。

とくに、ダイナミックなフロントマスクはBMWの象徴的な「キドニー・グリル」やマッドブラックのエレメントがモダンでスポーティーな印象です。

現在、グランツアラーは生産を終了しており、中古車でしか購入できません。しかし、比較的高年式でも200万円台から購入できる場合もあるため、かっこいいミニバンを安く手に入れたい方におすすめの一台です。

最新「2シリーズアクティブツアラー」中古車情報
本日の在庫数 407台
平均価格 236万円
支払総額 52~524万円

【子育て向き】ミニバンのおすすめランキングTOP5

おすすめの「かっこいい」ミニバンに続き、おすすめの子育て向きのミニバンを5台紹介します。増車や買い替えを検討している子育て世代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 第1位:日産・セレナ
  • 第2位:ホンダ・ステップワゴン
  • 第3位:トヨタ・シエンタ
  • 第4位:トヨタ・ノア
  • 第5位:ホンダ:フリード

第1位:日産・セレナ

日産・セレナは、現在でも全幅1,700mm以下を保ち続けている正真正銘の5ナンバーサイズでありながら、ライバルに劣らない室内空間を備えたミドルサイズミニバンです。

現行型4代目からe-POWERモデルも8人乗りが選べるようになり、前後にスライドさせられるマルチセンターシートにより前後席間でのウォークスルーも可能。3列目シートがクラスで唯一スライドさせられる点もセレナの特徴です。

またサスペンションやシートの改善に加え、e-POWERモデルでは緻密な駆動制御も加わることで乗員の不快な揺れを抑え、乗り物酔いも防止してくれます。

優れた運転支援装備プロパイロットの恩恵もあって、セレナは長距離ドライブに最適なファミリー向けのミニバンです。

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 6778台
平均価格 182万円
支払総額 20~663万円

第2位:ホンダ・ステップワゴン

ホンダ・ステップワゴンは、「#素敵な暮らし」をグランドコンセプトに2022年に6代目となったミニバンです。

ステップワゴンの特徴は、運転する人だけでなく乗る人のことも考えられた快適装備と最新の安全運転支援機能です。

とくに、狭い場所でも使い勝手の良い「パワーテールゲート」や、静電タッチセンサー式のパワースライドドアは子育て世代の味方になってくれるでしょう。

また、安全運転支援「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は全タイプに標準装備となっています。

最新「ステップワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1419台
平均価格 203万円
支払総額 20~552万円

第3位:トヨタ・シエンタ

トヨタ・シエンタは、経済性と扱いやすさに重点を置いて開発されたトヨタの5〜7人乗りコンパクトミニバンです。

2022年8月に発売された3代目は、ボディサイズは従来型からほぼ据え置きのまま車内を拡大。2列目シートは、一般的な5ナンバーサイズミニバン並の快適性を実現しています。

オプションで追加できるUV&IRカットガラスとシートヒーターは、小さいお子様や女性には必須の装備といえるでしょう。また、新たに追加された予防安全機能「プロアクティブドライビングアシスト」が、積極的に危険を避けるように補助してくれるため、家族の安全も守れます。

最新「シエンタ」中古車情報
本日の在庫数 3557台
平均価格 179万円
支払総額 20~395万円

第4位:トヨタ・ノア

2022年1月に登場した4代目トヨタ・ノアは全車3ナンバーに変わったものの、より便利で快適に使えるさまざまな改善が加えられています。

新たに設定された「7人乗りユーティリティパッケージ」は2人掛けベンチシートを右側にオフセットし、2列目シートに2脚のチャイルドシートを装着しても3列目シートへのアクセスを容易にしてくれるオプションです。

また、キーを持っていれば手を使わずにスライドドアを開けられる機能も子育てには便利なオプション。そのほかにも、通信容量無制限で使える車内Wi-Fiなど、子育てを助けるさまざまな機能が追加装備可能です。

トヨタ・ノアは、子どもが小さい家庭におすすめしたいミドルサイズミニバンです。

最新「ノア」中古車情報
本日の在庫数 2676台
平均価格 215万円
支払総額 26~626万円

第5位:ホンダ・フリード

2016年に登場した現行2代目ホンダ・フリードは、初代で好評だったコンパクトミニバンとしての「丁度いい使いやすさ」がさらに改善されました。

2列目はゆったりと座れるキャプテンシートとなっており、チャイルドシートを装着しても車内のウォークスルーが可能です。また、左右跳ね上げ式の3列目シートは収納すればベビーカーを立てて載せられます。

さらに、フリード+は荷室床面を限りなく低く設計することで多用な使い方ができる5人乗りミニバン。使いやすさを向上させる独自機構や、ニーズに沿ったグレード選択ができる点がフリードの魅力です。モデル末期でも、子育てファミリーやレジャー用途での高い人気を維持しています。

最新「フリード」中古車情報
本日の在庫数 2059台
平均価格 147万円
支払総額 15~330万円

おすすめミニバン車の価格比較表

車種名新車販売価格
トヨタ・アルファード5,400,000円~8,720,000円
トヨタ・ヴェルファイア6,550,000円~8,920,000円
ホンダ・オデッセイ3,495,000円~4,580,000円(2022年9月終了モデル)
三菱・デリカD:54,001,800円~4,475,900円
日産・エルグランド4,038,100円~8,078,400円
トヨタ・ヴォクシー3,090,000円~3,960,000円
トヨタ・グランエース6,421,000円〜6,721,000円
フォルクスワーゲン・シャラン4,412,000円~5,490,000円(2022年4月発売モデル)
メルセデスベンツ・Vクラス9,260,000円~13,300,000円
BMW・2シリーズグランツアラー4,500,000円~4,950,000円(2022年1月1日時点)
日産・セレナ2,768,700円~4,798,200円
ホンダ・ステップワゴン3,053,600円〜3,912,700円
トヨタ・シエンタ1,950,000円~3,108,000円
トヨタ・ノア2,670,000円~3,890,000円
ホンダ・フリード2,330,900円〜3,333,000円

※新車販売価格は、かっこ書きがない限り2023年11月時点のメーカー希望小売価格(税込)です。

ミニバンとは?種類や選び方・人気のあるミニバンを紹介

100万円台で購入できるおすすめ中古車ミニバンを紹介

トヨタのミニバン人気ランキング!性能や選び方も解説!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事