初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型ハリアーVSライバル車7車種【人気SUV徹底比較】

トヨタの高級SUV「ハリアー」が新型にマイナーチェンジ! 今回のマイナーチェンジでは、新たにターボエンジンが追加され、トヨタセーフティセンスPが全車標準搭載となりました。本記事では、新型ハリアーとそのライバル車となる人気SUV7車種のスペックや価格などを徹底比較しています。

トヨタ ハリアーが新型にマイナーチェンジ

新型ハリアー

トヨタ 新型ハリアー 2017年 マイナーチェンジモデル

トヨタ自動車の高級SUV「ハリアー」が、新型へとマイナーチェンジを行いました。
今回のマイナーチェンジでは、新たなパワートレインとして2.0Lの直列4気筒直噴ターボエンジンが追加され、衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンス P (Toyota Safety Sense P)」が全車で標準装備となります。
また、外装にも変更が加えられ、より先進的なデザインとなりました。

走行性能や安全性能、デザインの面でより魅力的になった新型ハリアーの詳細については、以下の記事で解説しているので、ぜひご覧になっていってください。

新型ハリアー試乗レビュー記事はこちら

新型ハリアーについての情報はこちら!

トヨタ ハリアーとはどんな車?

新型 ハリアー

トヨタ 新型 ハリアー 2017年型

ハリアーとは、トヨタ自動車が1997年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
高級セダンの乗り心地とSUVとしての走行性能を併せ持ったハリアーは、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを生み出し、他社からも多数の追随モデルが発売される状況を作り出しました。
日本国内では一貫して「ハリアー」の車名で販売されていますが、海外において初代(1997-2003)と2代目(2003-2013)は、レクサスブランドの「RX」として販売されていました。
その後、現行モデルである3代目ハリアーが発売されると、レクサス「RX」とは完全に切り離され、ハリアーは日本国内専売車種として再出発することになったのです。

現行モデルのパワートレインには、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンと2.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが設定されるほか、今回のマイナーチェンジで追加された2.0Lの直列4気筒直噴ターボエンジンがあります。
駆動方式はFFと4WD(ハイブリッドは電気式4WDのみ)で、トランスミッションCVTと6速AT(ターボのみ)の設定です。

安全装備としては、自動ブレーキや車線逸脱防止装置、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール機能を統合した衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」を全車で標準搭載します。

レクサスに関する記事はこちら!

トヨタ新型ハリアーVSライバル人気SUV7車種

疑問 ポイント

次の項からは、新型ハリアーのライバル車となる人気SUV7車種のスペックや価格を新型ハリアーと徹底比較していきます。
SUV選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

新型ハリアー ライバル車1:日産 エクストレイル

日産 新型 エクストレイル 2017

エクストレイルとは、日産自動車が製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
世界戦略車であるエクストレイルは、日本国内のみならず世界でも高い人気を誇り、日産の主力車種の一つとして強い存在感を放っています。

現行型エクストレイルのパワートレインは、2.0L 直列4気筒のガソリンエンジンとハイブリッドエンジンのラインナップです。
安全装備としては、エマージェンシーブレーキやアラウンドビューモニター、後側方車両検知警報といった装備が搭載されます。
また、エクストレイルは2017年6月にビッグマイナーチェンジを行い、新たな装備として半自動運転システムの「プロパイロット」が搭載されました。
新型ハリアーと比較すると、ターボエンジンによる力強い走行性能や高級感ではハリアーが勝りますが、エクストレイルにはプロパイロットという強みがあり、価格の面でもハリアーよりお買い得感があるといえます。

新型ハリアーとエクストレイルのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアーエクストレイル
全長4,7254,690
全幅1,8351,820
全高1,6901,730-1,740
ホイールベース2,6602,705
車両重量1,580-1,8101,450-1,640
乗車定員55/7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアーエクストレイル
室内長1,9652,005/2,555(3列シート車)
室内幅1,4801,535
室内高1,2201,270/1,220(サンルーフ付車)
[単位]mm

新型ハリアーとエクストレイルのパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリン新型ハリアーターボエクストレイルガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L2.0L
最高出力111[151]/6,100170[231]/5,200〜5,600108[147]/6,000
最大トルク193[19.7]/3,800350[35.7]/1,650〜4,000207[21.1]/4,400
トランスミッションCVT6速ATCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ハリアーハイブリッドエクストレイルハイブリッド
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.5L2.0L
最高出力112[152]/5,700108[147]/6,000
最大トルク206[21.0]/4,400〜4,800207[21.1]/4,400
モーター最高出力フロント:105[143]
リヤ:50[68]
30[41]
最大トルクフロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
160[16.3]
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとエクストレイルの燃費を比較!

新型ハリアーエクストレイル
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:15.6~16.4
ハイブリッド:20.0~20.8
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとエクストレイルの価格を比較!

新型ハリアー&エクストレイルの新車価格
新型ハリアー295万~495万
エクストレイル220万~367万
[単位]円(消費税込み)

日産 エクストレイルについての記事はこちら!

新型ハリアー ライバル車2:レクサス NX

レクサス NX200t F SPORT 2014年

NXとは、トヨタ自動車がレクサスブランドで販売しているクロスオーバーSUVです。
レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、2014年に発売されました。
「プレミアム アーバン スポーツ ギア」をコンセプトに開発されており、都会の狭い路地でもキビキビと走り抜ける走行性能と、SUVの力強さ、そしてレクサスとしての高級感を併せ持っています。

2種類用意されているグレードのうち、ハイブリッド車の「NX300h」には2.5Lの直列4気筒ガソリン+モーター、レクサス初のターボ車となる「NX200t」には、2.0Lの直列4気筒ガソリンターボが搭載されます。
駆動方式はFF(前輪駆動)と4WDで、トランスミッションはハイブリッド車がCVT、ターボ車には6速ATが組み合されます。

ハリアーとはプラットフォームやパワートレインが共通しており、走行性能における違いはあまりありません。
しかし、その分レクサスとしての付加価値によって差別化がされているので、どちらを購入するか迷った時には、レクサスが欲しいかどうかを考えるようにするといいでしょう。
レクサス車はリセールバリューが高いという点でもおすすめです。

新型ハリアーとNXのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアーNX
全長4,7254,630
全幅1,8351,845
全高1,6901,645
ホイールベース2,6602,660
車両重量1,580-1,8101,760-1,850
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアーNX
室内長1,9652,080
室内幅1,4801,520
室内高1,2201,180
[単位]mm

新型ハリアーとNXのパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリン新型ハリアーターボNXターボ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L2.0L2.0L
最高出力111[151]/6,100170[231]/5,200〜5,600175[238]/4,800~5,600
最大トルク193[19.7]/3,800350[35.7]/1,650〜4,000350[35.7]/1,650~4,000
トランスミッションCVT6速AT6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ハリアーハイブリッドNXハイブリッド
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.5L2.5L
最高出力112[152]/5,700112[152]/5,700
最大トルク206[21.0]/4,400〜4,800206[21.0]/4,400~4,800
モーター最高出力フロント:105[143]
リヤ:50[68]
フロント:105[143]
リヤ:50[68]
最大トルクフロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
フロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとNXの燃費を比較!

新型ハリアーNX
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:12.4~13.0
ハイブリッド:19.8~21.0
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとNXの価格を比較!

新型ハリアー&NXの新車価格
新型ハリアー295万~495万
NX428万~582万
[単位]円(消費税込み)

レクサス NXについての記事はこちら!

新型ハリアー ライバル車3:スバル クロスオーバー7

スバル クロスオーバー7 2015年型 モダンスタイル

クロスオーバー7とは、スバルが製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
正式な車名は「エクシーガ クロスオーバー7」といいます。
2008年に「エクシーガ」という車名のミニバンとして発売された本車は、2015年のフルモデルチェンジにより車種をクロスオーバーSUVへと転換し、車名も現在の「エクシーガ クロスオーバー7」へと改めました。
なお、本車は日本専売車種となります。

パワートレインには、スバル伝統の2.0L 水平対向4気筒エンジンのみが設定されます。
トランスミッションCVTで、駆動方式はAWD4WD)の設定です。
安全装備としては、衝突被害軽減ブレーキのアイサイトver.2(最新版はver.3)が搭載されます。

ハリアーと比較すると、高級志向で5人乗りのハリアーに対して、手頃な価格で7人乗りのクロスオーバー7といった風に、完全に両車は差別化されているので、どちらかを選ぶ際に用途と予算をしっかり決めておけば、あまり迷うことはないでしょう。

新型ハリアーとクロスオーバー7のボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアークロスオーバー7
全長4,7254,780
全幅1,8351,800
全高1,6901,670
ホイールベース2,6602,750
車両重量1,580-1,8101,620
乗車定員57
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアークロスオーバー7
室内長1,9652,720
室内幅1,4801,510
室内高1,2201,275
[単位]mm

新型ハリアーとクロスオーバー7のパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリン新型ハリアーターボクロスオーバー7ガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ水平対向4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L2.5L
最高出力111[151]/6,100170[231]/5,200〜5,600127[173]/5,600
最大トルク193[19.7]/3,800350[35.7]/1,650〜4,000235[24.0]/4,100
トランスミッションCVT6速ATCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDAWD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとクロスオーバー7の燃費を比較!

新型ハリアークロスオーバー7
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:13.2
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとクロスオーバー7の価格を比較!

新型ハリアー&クロスオーバー7の新車価格
新型ハリアー295万~495万
クロスオーバー7275万
[単位]円(消費税込み)

スバル クロスオーバー7についての記事はこちら!

新型ハリアー ライバル車4:マツダ CX-5

マツダ CX-5 2016年 新型

CX-5は、マツダが2012年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
高い環境性能と動力性能を持ったCX-5は、低価格で高品質というコストパフォーマンスの高さも相まって、世界中で大ヒットしました。
2017年の2月には初のフルモデルチェンジを行い、2代目となっています。

現行型CX-5のパワートレインには、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンと2.5Lの直列4気筒ガソリンエンジン、そして2.2Lの直列4気筒ディーゼルターボエンジンの3種類が用意されています。
駆動方式はFFと4WDであり、トランスミッションは全車6速ATの設定です。
CX-5に搭載されるクリーンディーゼルエンジンは、マツダの次世代技術「スカイアクティブテクノロジー」が使用されており、ハリアーハイブリッドにも迫る燃費性能を発揮します。

スカイアクティブテクノロジーの詳細はこちら!

新型ハリアーとCX-5のボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアーCX-5
全長4,7254,545
全幅1,8351,840
全高1,6901,690
ホイールベース2,6602,700
車両重量1,580-1,8101,510-1,690
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアーCX-5
室内長1,9651,890
室内幅1,4801,540
室内高1,2201,265
[単位]mm

新型ハリアーとCX-5のパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリンCX-5 2.0Lガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L
最高出力111[151]/6,100114[155]/6,000
最大トルク193[19.7]/3,800196[20.0]/4,000
トランスミッションCVT6速AT
駆動方式FF/4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ハリアーターボCX-5 2.5Lガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.5L
最高出力170[231]/5,200〜5,600135-140[184-190]/6,000
最大トルク350[35.7]/1,650〜4,000245-251[25.0-25.6]/3,250-4,000
トランスミッション6速AT6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料ハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ハリアーハイブリッドCX-5ディーゼル
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒ディーゼルターボ
排気量2.5L2.2L
最高出力112[152]/5,700129[175]/4,500
最大トルク206[21.0]/4,400〜4,800420[42.8]/2,000
モーター最高出力フロント:105[143]リヤ:50[68]
-
最大トルクフロント:270[27.5]リヤ:139[14.2]
-
トランスミッションCVT6速AT
駆動方式4WDFF/4WD
使用燃料レギュラー軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとCX-5の燃費を比較!

新型ハリアーCX-5
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:14.6~16.0
ディーゼル:17.2~18.0
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとCX-5の価格を比較!

新型ハリアー&CX-5の新車価格
新型ハリアー295万~495万
CX-5246万~353万
[単位]円(消費税込み)

マツダ CX-5についての記事はこちら!

新型ハリアー ライバル車5:スバル アウトバック

2016年 6代目 スバル レガシィアウトバック

アウトバックとは、スバルが製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
同社のステーションワゴン「レガシィ」の派生車種として、1995年に登場しました。
2014年から販売されている現行型は、5代目となります。

パワートレインには2.5Lの水平対向4気筒エンジンを搭載し、駆動方式は4WDトランスミッションCVTが組み合されます。
安全装備としては、衝突被害軽減ブレーキの「アイサイトver.3」を搭載します。

アウトバックが搭載する「アイサイトver.3」は、現在世界最高レベルの安全性を誇る衝突被害軽減ブレーキといっても過言ではなく、非常に高い信頼性があるので、安全が何よりも第一と考えている人におすすめです。

スバル アイサイトについてはこちら!

新型ハリアーとアウトバックのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアーアウトバック
全長4,7254,815
全幅1,8351,840
全高1,6901,605
ホイールベース2,6602,745
車両重量1,580-1,8101,570-1,580
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアーアウトバック
室内長1,9652,030
室内幅1,4801,545
室内高1,2201,240
[単位]mm

新型ハリアーとアウトバックのパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリン新型ハリアーターボアウトバックガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ水平対向4気筒DOHC
排気量2.0L2.0L2.5L
最高出力111[151]/6,100170[231]/5,200〜5,600129[175]/5,800
最大トルク193[19.7]/3,800350[35.7]/1,650〜4,000235[24.0]/4,000
トランスミッションCVT6速ATCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDAWD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとアウトバックの燃費を比較!

新型ハリアーアウトバック
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:14.6
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとアウトバックの価格を比較!

新型ハリアー&アウトバックの新車価格
新型ハリアー295万~495万
アウトバック321万~348万
[単位]円(消費税込み)

スバル アウトバックについての記事はこちら!

新型ハリアー ライバル車6:トヨタ C-HR

トヨタ C-HR G 2016年

C-HRとは、トヨタが2016年の12月に発売したクロスオーバーSUVです。
トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」を導入して開発されたC-HRには、プリウスと同様のハイブリッド技術が搭載されており、JC08モードで30.2km/Lという燃費性能を発揮します。

パワートレインには、1.8Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンと、1.2Lの直列4気筒ガソリンターボエンジンの2種類が用意され、駆動方式はハイブリッドがFF、ターボが4WDとなります。
トランスミッションCVTの設定です。
安全装備としては、新型ハリアーと同じ衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」を全車で標準装備しており、高い安全性能を発揮します。

ハリアーとC-HRを比較すると、デザイン性や燃費性能を重視したコンパクトSUVであるC-HRに対し、ハリアーは室内の快適性や実用性、高級感を重視した大型SUVとなっているので、単純に優劣を決めることはできません。
どちらかを選んで購入する際には、予算や用途に合った方を選ぶといいでしょう。

Toyota Safety Sense Pについてはこちら

新型ハリアーとC-HRのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアーC-HR
全長4,7254,360
全幅1,8351,795
全高1,6901,550-1,565
ホイールベース2,6602,640
車両重量1,580-1,8101,440-1,470
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアーC-HR
室内長1,9651,800
室内幅1,4801,455
室内高1,2201,210
[単位]mm

新型ハリアーとC-HRのパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリン新型ハリアーターボC-HRターボ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L2.0L1.2L
最高出力111[151]/6,100170[231]/5,200〜5,60085[116]/5,200~5,600
最大トルク193[19.7]/3,800350[35.7]/1,650〜4,000185[18.9]/1,500~4,000
トランスミッションCVT6速ATCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD4WD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ハリアーハイブリッドC-HRハイブリッド
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.5L1.8L
最高出力112[152]/5,70072[98]/5,200
最大トルク206[21.0]/4,400〜4,800142[14.5]/3,600
モーター最高出力フロント:105[143]
リヤ:50[68]
53[72]
最大トルクフロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
163[16.6]
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとC-HRの燃費を比較!

新型ハリアーC-HR
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:15.4
ハイブリッド:30.2
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとC-HRの価格を比較!

新型ハリアー&C-HRの新車価格
新型ハリアー295万~495万
C-HR252万~291万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ C-HRについての記事はこちら!

新型ハリアー ライバル車7:三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダー 2015年

アウトランダーとは、三菱自動車が2005年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
2代目となる現行型は2012年に発売されました。
ボディには衝突安全強化ボディRISE(ライズ)が採用されており、全方向に対する高い衝突安全性を確保しています。
また、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置、レーダークルーズコントロールなどをパッケージした予防安全技術「e-Assist」を搭載することで、その安全性をさらに高めています。

パワートレインには、2.0Lと2.4Lの直列4気筒エンジンが用意されていますが、プラグインハイブリッドシステムを搭載した派生車種「アウトランダーPHEV」も存在しています。
駆動方式は2.0Lエンジンが2WDで、2.4Lエンジンが4WDの設定となります。
トランスミッションは全車CVTです。

5人乗りのハリアーに対して、アウトランダーは7人乗りであり、価格帯も異なるので、どちらかを選んで購入する際には、予算や用途に合った方を選ぶといいでしょう。

新型ハリアーとアウトランダーのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

新型ハリアーアウトランダー
全長4,7254,695
全幅1,8351,810
全高1,6901,710
ホイールベース2,6602,670
車両重量1,580-1,8101,480-1,570
乗車定員57
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型ハリアーアウトランダー
室内長1,9652,580
室内幅1,4801,495
室内高1,2201,265
[単位]mm

新型ハリアーとアウトランダーのパワートレインスペックを比較!

新型ハリアーガソリン新型ハリアーターボアウトランダー2.0Lガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒SOHC
排気量2.0L2.0L2.0L
最高出力111[151]/6,100170[231]/5,200〜5,600110[150]/6,000
最大トルク193[19.7]/3,800350[35.7]/1,650〜4,000190[19.4]/4,200
トランスミッションCVT6速ATCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD2WD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型ハリアーハイブリッドアウトランダー2.4Lガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒SOHC
排気量2.5L2.4L
最高出力112[152]/5,700124[169]/6,000
最大トルク206[21.0]/4,400〜4,800220[22.4]/4,200
モーター最高出力フロント:105[143]
リヤ:50[68]
-
最大トルクフロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
-
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ハリアーとアウトランダーの燃費を比較!

新型ハリアーアウトランダー
JC08モード燃費ガソリン:12.8~16.0
ハイブリッド:21.4
ガソリン:14.6~16.0
実燃費--
[単位]km/L

新型ハリアーとアウトランダーの価格を比較!

新型ハリアー&アウトランダーの新車価格
新型ハリアー295万~495万
アウトランダー254万~329万
[単位]円(消費税込み)

三菱 アウトランダーについての記事はこちら!

【アンケート実施中】人気SUV対決!買うならどれ?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q.

    回答せずに結果を見る
    ご回答ありがとうございました。
    アンケート結果を見る
    Powered by

    新型ハリアーとライバル車7車種の徹底比較はいかがでしたでしょうか?

    ハリアーのライバル車たちは、ハリアーにはない魅力を確かに備えています。
    しかし、高級感や室内の快適性においては、高級SUVの先駆者たるハリアーが群を抜いているといえるでしょう。

    新型ハリアーは高級感さらに向上した魅力的な車です。
    SUVに走行性能だけでなく高級感も求めているという方には、ハリアーが断然おすすめです。

    ハリアーのライバルならこちらも

    SUVに関連するおすすめ記事はこちら!

    新型ハリアー試乗レビュー記事はこちら

    この記事の執筆者

    進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

    ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...