MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 販売台数が多いSUVランキング|国産SUVの売れ筋は?2021年最新情報
メーカー・車種別

更新

販売台数が多いSUVランキング|国産SUVの売れ筋は?2021年最新情報

2021年上半期に人気だった国産SUVは?

迫力のあるボディとオールマイティに使いこなせる使い勝手の良さから、人気が高いSUV。2021年上半期に販売した「SUV」の累計販売台数TOP10は次の通りです。

順位車種名販売台数
1ヤリスクロス(トヨタ)59,556台
2ハリアー(トヨタ)48,271台
3ライズ(トヨタ)47,965台
4RAV4(トヨタ)28,383台
5キックス(日産)21,193台
6ヴェゼル(ホンダ)20,103台
7ランドクルーザー(トヨタ)18,540台
8CX-5(マツダ)12,460台
9フォレスター(スバル)11,692台
10ロッキー(ダイハツ)11,220台

(参照)日本自動車販売協会連合会「乗用車ブランド通称名別順位」(2021年1~6月)

10位:ダイハツ ロッキー

2019年に誕生したロッキーは、トヨタにOEMとして供給しているライズの兄弟車です。また1990年から2002年まで、本格的クロスカントリーとして生産されていた初代を、引き継いでいる車でもあります。

プラットフォームは同様となっているので、ボディサイズは同様。5ナンバーサイズのコンパクトSUVとしてライズ同様に人気の車種となっています。

ロッキーは六角形のヘキサゴングリルを採用。両車共に力強いイメージと押し出し感があり、クロスカントリーの装い。

また、ボディカラーには専用色「コンパーノレッド」が用意されました。この色は1963年にダイハツが販売していたコンパーノという車種に由来しており、光の加減で朱色に輝く発色が特徴となっています。

軽量に仕上げられたボディは、燃費性能にも大きく貢献しているといえるでしょう。また1.0Lのエンジンであっても、ターボを搭載と軽量ボディで、1.5Lエンジン並みのパワフルな走行を堪能することを可能にしています。

スマートフォンを利用したコネクト機能で、ライズは「トヨタコネクティッド」、ロッキーは「ダイハツコネクト」を搭載。「ダイハツコネクト」は車載通信機を使用しないので料金がかかりません。

最新「ロッキー」中古車情報
本日の在庫数 750台
平均価格 189万円
本体価格 90~268万円

9位:スバル フォレスター

スバル フォレスター

1997年に誕生し、2018年のフルモデルチェンジで5代目を迎えるフォレスター。もうすぐ6代目を迎えることが発表されており、フロントフェイスを中心に、イメージを大きく変えるようですが、現行モデルの人気も高いものがあります。

スバルがデザインコンセプトにしたのは「ボルダーデザイン」。個性をより際立たせる大型のヘキサゴングリルは精悍でダイナミックです。スバルのデザインを象徴する六連星(むつらぼし)も表現しています。

2Lの水平対向4気筒エンジンとモーターを組み合わせた「eボクサー」や1.8Lのターボエンジンを搭載したモデルもラインアップ。ガソリンエンジンを中心に、ハイブリッドモデルも設定されています。

全モデル「アイサイト」を標準装備としており、安全性能においても最新の技術が取り入れられました。非搭載車と比較すると追悼事故の発生率が84%低減していることがメーカーから発表されており、高い安全性能を誇っています。

特徴的なのは水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレインで構成した「シンメトリカルAWD」。そして重心が低く左右のバランスに優れた構造は、道路事情に合わせた最適なトルクを配分する「アクティブトルクスプリットAWD」。優れた走行性能を実現しています。

スバルではAWDと呼ばれる4WDのラインナップが多く、中でもフォレスターはオフローダーに向けたSUVです。世界戦略車として北米で高い人気を誇ります。

最新「フォレスター」中古車情報
本日の在庫数 1714台
平均価格 167万円
本体価格 12~368万円

8位:マツダ CX-5

マツダ CX-5

マツダCXシリーズの中ではミドルサイズとなるCX-5は、ちょうど良いボディサイズが人気となっています。「魂動~Soul of Motion~」をコンセプトに、躍動感あふれるデザイン性は見るものを惹きつけてやみません。 

フロントの長さが輸入車の雰囲気。世界戦略車として設計されていることが分かります。

パワーユニットにはガソリン車、ガソリンターボ、クリーンディーゼルがラインアップ。2Lと2.5Lが用意され、全てマツダ独自の「SKYACTIV」エンジンが搭載されています。クリーンディーゼル独特の音を低圧縮することに成功しました。

更に排ガス浄化システムを使用せず、排ガスフィルターのみでクリーンディーゼルを実現するという革新的なエンジンとなっており、低燃費に加え4LでV8に劣らないトルクを発生させています。

燃費性能では「気筒休止システム」といわれる、高速走行時に4気筒から2気筒に切り替えることのできるシステムのほか、適切なトルク配分を行う「i-ACTIV AWD」を採用。エネルギー消費を抑えることを実現しています。

ラゲッジスペースは定員乗車時でも505Lと広め。フロア下にもちょっとした荷物を収納できる「サブトランクボックス」も装備されています。後席は分割可倒式となっているので、さまざまなシートアレンジが可能です。

ファミリーだけでなく若い世代から大人世代まで幅広く支持されている理由には、すっきりとしたデザイン性のほかに、実用的な使い勝手とパワフルな走行性能にあるといえるでしょう。全てにおいてバランスの良さが光る一台になっています。

最新「CX-5」中古車情報
本日の在庫数 3375台
平均価格 206万円
本体価格 45~370万円

7位:トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

トヨタのフラッグシップSUVとして長い歴史を持つランドクルーザーは、本格的クロスカントリー4WDとして、最強の悪路走破性を発揮。国産車とは思えないほどの迫力あるボディはモノコックボディではなく、頑丈なラダーフレームが採用され続けています。

2021年8月2日に15年ぶりのフルモデルチェンジが発表されたランドクルーザーは、大反響となりました。年間生産計画が5,000台となっていることに対して、現在2万台の注文が殺到。現状では、納期に時間がかかる見通しとなっているようです。

今後のSUVランキングに大きな影響力を見せる存在になることはいうまでもありません。2020年上半期の販売台数には反映されているのは先代モデル・200系の数字となりますが、それでも7位にランクインする程の高い人気を得ている一台なのです。

パワートレインは4.6LのV型8気筒エンジンを搭載。高い悪路走破性を発揮する四駆性能の高さは、「マルチテレインセレクト」の採用によって向上しています。

また「4-Wheel AHC&AVS」によってどのような路面状況ででも操縦安定性と乗り心地を実現するサスペンションを搭載。オンロードの性能も好評を得てきました。また『パリ・ダカールラリー』の市販車無改造部門で優勝するなどの実績も挙げています。

3列シートの8人乗りをメインとしたグレード構成となっており、その中に2列シートの5人乗りを1グレード設定していました。室内は全席本革シートの採用や、前後左右独立温度コントロールフルオートエアコンの装備、また冷蔵庫まで完備しています。

新たなランクル300系も、これまで以上の悪路走破性の向上と「どこへでも行き、生きて帰ってこられる車」として進化を遂げているようです。ダウンサイジングされたエンジンや、トヨタ初となる「指紋認証スタートスイッチ」など話題は尽きないようです。

最新「トヨタ ランドクルーザー」中古車情報
本日の在庫数 166台
平均価格 547万円
本体価格 220~1,250万円

6位:ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル e:HEV カジュアルスタイル フロント

2021年4月にフルモデルチェンジを行い、2代目に進化。デザインを一新してスタイリッシュな印象となっています。今回の販売台数には先代と新型が含まれていることになりますが、安定した人気となっているといえるでしょう。

エクステリアで一番に目を惹くのは、フロントグリルです。ストレートラインが強調されたデザインを採用したことで、ボディと同系色にまとめられすっきりとした印象が際立っています。

先代と比較すると全長は変わっていませんが、全高が低くなり、全幅が一回り大きくなったため、先代よりもロー&ワイドなスタイリングになりました。

先代から上位クラスに迫るほどのボディサイズを持ち、同じクラスと比較すると大きめなので、上質な雰囲気が魅力です。全長は先代と変わっていないのに更に大きく見えるのは、のびやかなデザイン性にあるといえるでしょう。

後席のニースペースを広くして、快適性を向上。しかしクーペスタイルを採用したことで、ヘッドクリアランスは狭くなったような印象を与えています。パワートレインはガソリン車とe:HEVと呼ばれるハイブリッドを設定。購入されているのは、圧倒的にe:HEVとなっているようです。

ラゲッジスペースは「荷室空間最適化」と表示されているにとどまり、容量については非公開となっています。先代が393Lとなっており、それに劣ることはないとホンダでは語っているようです。

 安全装備には、最新の「HONDA SENSING」が標準装備されているほか、上位モデルのみですが「ブラインドスポットモニター」が搭載されています。高速道路での車線変更や、後退など周囲の車両を確認してくれる機能は安心感を与えてくれるのではないでしょうか。

最新「ヴェゼル」中古車情報
本日の在庫数 3498台
平均価格 181万円
本体価格 73~327万円

5位:日産 キックス

日産 キックス

キックスの歴史は長く1995年に誕生します。その後2008年には『三菱自動車』のパジェロミニのOEMとなりましたが、2012年に生産が終了。2016年に2代目として海外で、コンパクトSUVとして販売が始まり、人気を集めます。

そして2020年に日本仕様のキックスが誕生。日産からは10年ぶりに投入されるブランニューモデルとなり、大規模な新規開発が行われました。コンパクトSUVとしてはジュークの後継を担うモデルといえそうです。

エクステリアをみると、SUVらしいスポーティさと高級感のあるデザインとなっています。フロントグリルは、日産が採用を進めている「Vモーション」が大型化されました。そのため力強く精悍な印象を与えています。

海外ではガソリン車の販売もされているようですが、日本でのパワートレインは「e-POWER」一択に絞られるという潔さ。コンパクトSUVということもあり、スポーティな走行性能は望めないのではないかという不安を「e-POWER」を搭載することで、無くすことに成功しています。

そのため現在も好調ぶりを見せる結果となりました。グレードも1グレードとなっており、その中でツートンのスタイリッシュなインテリアを選択できる「インテリアエディション」も設定。お洒落にこだわる人にはおすすめといえるでしょう。

ラゲッジスペースは423Lとクラストップの広さを確保しています。通常のSUVは地上高が高いものですが、キックスの場合は開口部が低く設定されているので、荷物の積み下ろしも楽に行うことができるのが嬉しい点です。

コンパクトSUVかつ日産独自のハイブリッドを採用するキックスの人気もまだまだ続きそうです。

最新「キックス」中古車情報
本日の在庫数 653台
平均価格 259万円
本体価格 206~320万円

4位:トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

初代RAV4が販売された1994年から国内よりも海外での人気が先行していました。そのため2012年のフルモデルチェンジで4代目となったモデルは、日本未導入モデルとなりました。

世界での人気の高さから5台目となった2019年からは、国内市場に復活。2019-2020年の『日本カーオブザイヤー』を受賞して、トヨタを代表するSUVとなっています。5代目が登場以来、高い支持を得ており現在も好調な販売台数を維持しているようです。

人気の理由は、オフロードをメインにした「アドベンチャー」と街乗りユースの「G」「X」から選択できること。それぞれに異なるスタイルなので、好みに合わせて選択できるのは嬉しい点といえるでしょう。

フロントグリルには2つのオクタゴン(八角形)をはめ合わせた「クロスオクタゴン」をモチーフに、力強さとタフさが強調されています。「アドベンチャー」には専用のフロントグリル、フロントバンパーが装着されてよりオフロード感を表しているようです。

インテリアは水平基調のデザインが採用され、すっきりとした印象。触れやすい箇所にはソフトパッドを使用して、質感の良さと機能性を両立させています。ラゲッジスペースは5人乗車時でも580Lと十分な広さがあるといえるでしょう。

ガソリン車とハイブリッド車が用意され、2Lの直列4気筒「ダイナミックフォースエンジン」が採用されています。またトランスミッションには世界初となる「Direct Shift-CVT」を搭載。発進時から高速走行まで効率よくパワーのある走りが可能となりました。

ハイブリッドにはメーカーオプションで「非常時給電システム」の100V・1,500Wのアクセサリコンセントを取り付けることができます。アウトドアのみならず非常時や災害時には電源スポットとして使用することができるのは頼もしい限りです。

最新「RAV4」中古車情報
本日の在庫数 849台
平均価格 301万円
本体価格 32~513万円

3位:トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

トヨタ ヤリスクロスが登場する以前の2019年に登場したのがライズでした。SUV人気が高まり、大型化した3ナンバーがメインの中で5ナンバーサイズのライズは普段使いにちょうど良いサイズ感が受けたといえるでしょう。

それは現在も変わらない魅力となり、販売台数を確実に伸ばしているようです。全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmのコンパクトなボディを持ち、最低地上高は185mmあるので、SUVとしての魅力もあります。

エクステリアは直線を基調としていますが、張り出したフェンダーやバンパーの造り込みによって個性的で押しの強いデザインに仕上がりました。そのため、コンパクトさを感じさせない存在感があるといえるでしょう。

全長は4mもありませんが、ホイールベースは2,525mmと長め。サイズの割に室内空間が広く、後席に大人が着座して余裕の広さが生まれます。またラゲッジスペースは369Lを確保しているので、日常使いには重宝しそうです。

パワートレインは全車1Lの直列3気筒ガソリンターボエンジンを搭載。「D-CVT」という新型のCVTを搭載しており、1.5Lのエンジンと同等のトルクを幅広い回転域で発揮させ、効率よくエンジンを使うことができます。

例えば高速域では、エンジン回転数を低くすることができるため、低燃費性能を実現。また排気量が1Lということもあり、ランニングコストを抑えることにも貢献しているといえるでしょう。

大径のタイヤを装着したSUVのスタイルでありながら、小回りの効くコンパクトボディは、運転がしやすくなっています。車内には多くの収納機能が備え付けられ、「助手席シートアンダートレー」なども設置。女性からも多くの支持を集める結果となっているようです。

最新「ライズ」中古車情報
本日の在庫数 704台
平均価格 196万円
本体価格 139~314万円

2位:トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

初代ハリアーが誕生したのは1997年から3代に渡り進化を遂げ、2020年6月に4代目となりました。一時は人気の低迷期も経験したハリアーですが、現在過去最高の販売台数となるほどの人気を得ています。

とにかくカッコイイと話題のハリアーですが、そのエクステリアは欧州ブランドのSUVに採用されている「クーペフォルム」となりました。スタイリッシュでありながら力強さも感じられるスタイリングが魅力的といえるでしょう。

3代目までのデザインはどちらかというと大人の男性をターゲットにしたイメージがありましたが、4代目となってからは男性のみならず女性や若い世代からも支持を集めています。重厚感のあるデザイン性は、クロスオーバーSUVとして品格も醸し出しているようです。

3代目までエンブレムに採用されていた「チュウヒ」と呼ばれる鷹のマークがなくなったことは、寂しいというユーザーもいるようです。しかしヘッドライトは引き締まった目元を演出し、すっきりとしていると感じている人も多いのではないでしょうか。

インテリアにも、高級感と利便性が感じられます。電動シェード付きパノラマルーフの設置ができたり、スマートフォンとの連動機能でさまざまなことが行えるようになったりと、高級車並みの機能が揃いました。

プラットフォームは刷新されたトヨタ独自の「TNGAプラットフォームが採用されており、5代目となったRAV4、レクサス NXとも共通となっています。パワートレインでは、以前設定されていたターボは無くなり、2L直列4気筒の自然吸気エンジンと2.5Lハイブリッドエンジンが用意されています。

ボディサイズは3代目と比較すると拡大されました。実用性もあり、高級感もありカッコいいハリアーに人気が集まるのも頷けるのではないでしょうか。

最新「ハリアー」中古車情報
本日の在庫数 3408台
平均価格 254万円
本体価格 29~560万円

1位:トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

現在人気を集めている車のボディタイプといえば、SUVともうひとつ。コンパクトカーです。ヤリスクロスはその両方の要素を持った数少ないコンパクトSUVといえるでしょう。通常のSUVは、悪路走破性の高さやクロスオーバーSUVであっても大型のサイズになる傾向が強くなっています。

しかしヤリスクロスは、コンパクトなサイズ感で女性からの人気も高く、スタイリッシュなデザインで注目を集めたことも人気の理由です。実際2020年8月にデビューして1ヵ月で4,000台を突破し、3万台に届く勢いでした。

これは月の販売台数目標4,000台を軽々と超えています。兄弟車であるヤリス譲りのパワートレインを持っているので、走行性能は非常に高いといえるでしょう。ハイブリッドとガソリンエンジンが用意されています。

ハイブリッドのWLTCモードはXグレードで30.8㎞/Lと、他社を圧倒する数値をたたき出しました。ヤリスと兄弟車といっても、見ての通りエクステリアには共通するところがなく、ほとんどが新設計です。

フェンダー周りの樹脂製アーチがSUVらしさを強調していますが、クロスオーバーらしくすっきりとしたデザインとなりました。ラゲッジルームは390Lと、クラストップレベルの広さを実現。

安全機能も充実しており、なんと言ってもトヨタSUVでは初となる「トヨタチームメイト」を搭載。これはステアリング、アクセル、ブレーキの各操作を制御することで駐車操作をアシストするものです。

ブレーキに足を添えておくだけで駐車が完了する頼もしい機能が装備されたので、駐車に自信のない人には嬉しい機能のひとつになるのではないでしょうか。機能も充実したコンパクトサイズのSUV、ヤリスクロスからはまだまだ目が離せません。

最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 277台
平均価格 234万円
本体価格 163~351万円

SUVを検討中の人におすすめの記事

マップ付き!国産SUV全モデル比較してみた

燃費のいいSUVの人気おすすめモデルは?

SUVの新型車情報は随時更新中!

執筆者プロフィール
KAKO MIRAI
KAKO MIRAI
AE92やSOARER Z30を乗り継ぎ、たどり着いたのはトルクフルなV8サウンド。ユーロライクなCAMARO Z28からDODGE CHARGER HEMIとアメ車にどっぷりハマってしまいました。Bライセンスの所持経験を持ち、普段の足にVitz...
すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード