MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > トヨタ新型ハリアーのエンジン&パワートレインスペック|ライバル車と比較&おすすめはどれ?
ハリアー

更新

トヨタ新型ハリアーのエンジン&パワートレインスペック|ライバル車と比較&おすすめはどれ?

トヨタ新型ハリアーのエンジンを解説。パワートレインスペックをライバル車と比較して、車選びのポイントを紹介する。国産SUVと比較検討している人や、ガソリン車とハイブリッド車、2WDと4WDで迷っている人は参考にしてもらいたい。

トヨタ ハリアーがフルモデルチェンジ!

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)

2020年6月、トヨタ ハリアーがフルモデルチェンジして4代目となった。

ハリアーは、トヨタ自動車が1997年から製造・販売しているクロスオーバーSUV。高級セダンの乗り心地とSUVとしての走行性能を併せ持ち、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを生み出した。

4代目となる新型ハリアーは、コロナ禍の真っ只中である4月に発表されたにも関わらず、発売まで大きな反響を呼び、発売から1ヶ月の7月時点で約45,000台、月販目標台数である3,100台を大幅に超える受注があったという。

また、ハリアーの登場は、他社からも多数の追随モデルが発売される状況を作り出した。新型ハリアーにおいてもライバル車との比較を行っているので、こちらからチェックしてもらいたい。

新型ハリアーのエンジンは2.0Lと2.5Lハイブリッドの2つ

新型ハリアーのエンジンは2.0Lと2.5Lの2種類だ。2.0Lダイナミックフォースエンジンはガソリン車に、2.5Lエンジンはモーターと合わせてハイブリッド車に搭載されている。

以下にパワートレインごとのグレードをまとめた。

2.0Lダイナミックフォースエンジン搭載グレード

S ガソリン2,990,000円~
G ガソリン3,410,000円~
G レザーパッケージ3,710,000円~
Z ガソリン3,930,000円~
Z レザーパッケージ4,230,000円~

2.5Lダイナミックフォースエンジン+モーター搭載グレード

ハイブリッド3,580,000円~
G ハイブリッド4,000,000円~
G レザーパッケージ ハイブリッド4,300,000円~
Z ハイブリッド4,520,000円~
Z レザーパッケージ ハイブリッド4,820,000円~

ガソリン車とハイブリッド車の価格差は約60万円。グレード自体は「S」「G」「Z」の3つで、全てにおいてガソリン/ハイブリッドの選択ができる。

新型ハリアーのグレード構成やおすすめグレードについては、こちらで詳しく解説しているので参考にしてほしい。

トヨタハリアーのガソリン車|2.0Lダイナミックフォースエンジンのスペック

エンジン2.0Lガソリン
最高出力
*kW[PS]/rpm
126[171]/6,600
最大トルク
*N・m[kgf・m]/rpm
207[21.1]/4,800
トランスミッションDirect Shift-CVT
駆動方式FF/4WD
燃料レギュラー

直列4気筒2.0Lガソリンは「TNGA」に基づいたトヨタの新世代の「ダイナミックフォースエンジン」だ。

じゅうぶんなパワーがあるため、重いSUVでも鋭く加速する。街中での走行が中心、ロングドライブは月に数回程度といったユーザーなら、じゅうぶん使い勝手がよいといえる。

ちなみに、先にデビューしたトヨタ RAV4のガソリン車も同じパワートレインを採用している。

先代モデルとの比較

新型ハリアー3代目ハリアー
エンジン2.0L
ガソリン
2.0L
ガソリン
2.0L
ターボ
最高出力
*kW[PS]
rpm
126[171]
6,600
111[151]
6,100
170[231]
5,200~5,600
最大トルク
*N・m[kgf・m]
rpm
207[21.1]
4,800
193[19.7]
3,800
350[35.7]
1,650~4,000
トランスミッションDirect Shift-CVTSuper CVT-i6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
燃料レギュラーレギュラーハイオク

先代のノンターボモデルよりもスペックは向上している。先代はターボモデルが後から追加された。

トヨタハリアーのハイブリッド車|2.5Lエンジン+モーターのスペック

エンジン2.5Lハイブリッド
最高出力
*kW[PS]/rpm
131[178]/5,700
最大トルク
*N・m[kgf・m]/rpm
221[22.5]/3,600~5,200
モーター最高出力フロント:88[120]
リア:40[54]
モーター最大トルクフロント:202[20.6]
リア:121[12.3]
トランスミッションCVT
駆動方式FF/E-Four
燃料レギュラー

2.5Lハイブリッドのエンジンには、前輪に120PS、202N・mのモーターが、4WD車にはさらに後輪にもモーターがプラスされる。

追い越し車線をよく走る人にとっては、モーターによるパワーがプラスされた加速力は魅力だろう。

ちなみに、このハイブリッドエンジンもトヨタ RAV4が採用している。

先代モデルとの比較

新型ハリアー3代目ハリアー
エンジン2.5L
ハイブリッド
2.5L
ハイブリッド
最高出力
*kW[PS]
rpm
131[178]
5,700
112[152]
5,700
最大トルク
*N・m[kgf・m]
rpm
221[22.5]
3,600~5,200
206[21.0]
4,400~4,800
モーター最高出力フロント:88[120]
リア:40[54]
フロント:105[143]
リヤ:50[68]
モーター最大トルクフロント:202[20.6]
リア:121[12.3]
フロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/E-FourFF/E-Four
燃料レギュラーレギュラー

先代モデルに比べて、エンジンパワーは向上、モーターのパワーは低下しているが、単純に数値を合計した出力・トルクは同じくらいだ。

トヨタハリアーはガソリンとハイブリッドどちらがおすすめ?

ハリアー Z レザーパッケージ(ホワイトパールクリスタルシャイン)

街乗りがメインのユーザーであれば、無理にハイブリッドを選ばなくてもいいだろう。新型ハリアーのガソリン車は、他社SUVと比較しても街乗り燃費数値は標準であるので、神経質になる必要はない。

ハイブリッド車がおすすめなのは、毎日長距離を通勤するユーザー。信号が少なく、ある程度巡航できる道路であれば、ガソリン消費も理想的に抑えることができるうえ、追い越し車線での走りもスムーズだ。

もちろん、長距離ドライブが趣味で走行距離がかさむユーザーであれば、ハイブリッド車を選んだほうがお得感がある。

トヨタハリアーは2WDと4WDどちらがおすすめ?

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)

雪国での使用を前提としないのであれば、基本的に2WD(FF)車で問題ない。ただし、ハイブリッド車の4WDは「E-Four」というもので、ガソリン車の四駆とは少し性格が異なると考えよう。

新型ハリアーのハイブリッド四駆、いわゆる「E-Fourハイブリッド」は、スポーツカー並みの走りだ。

2.5Lハイブリッドのエンジンの最高出力は178PS、最大トルクは221N・m。さらに前輪に120PS、202N・m、後輪に最高出力54PS、最大トルク121N・mのモーターがプラスされるため、単純計算で余裕の350PS超えとなる。

特に停止状態からの加速が鋭い。重い車体をパワフルに加速させてくれるため、キビキビした出足を好むユーザーにはおすすめだ。

新型ハリアーE-Fourハイブリッドの加速力は、こちらの記事でも確認してほしい。

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード