MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 【ホンダ スポーツカー一覧比較】S660やNSXと新型モデルまで
ホンダ

更新

【ホンダ スポーツカー一覧比較】S660やNSXと新型モデルまで

ホンダのスポーツカー

ホンダは本田技術研究所を継承する企業として、本田宗一郎によって本田技研工業株式会社が設立され、1948年に創業された自動車会社です。

N-BOXやVEZEL、オデッセイなどファミリー向けの車種のイメージが強いを取り揃えているホンダですが、日本で初めてF1世界選手権に参戦したメーカーでもあります。たくさんのスポーツカーを生み出し、世界中のファンを魅了してきました。

今回は、ホンダの新型スポーツカーと歴代スポーツカーの情報をご紹介します。

現在も新車で買えるスポーツモデル

NSX

NSX
販売期間:1990年から

初代の発売から30年以上経ったにもかかわらず、いまだに憧れのスポーツカーに名前を挙げられる名車です。現行のNSXは新車で2000万円オーバーの高級車ですが、初代のNSXも2000万円を超えるものが出る程、高騰しています。

概要

伝説のF1パイロット、故アイルトン・セナ氏も開発に携わり所有したともいわれるNSX。有名になるべくして成ったこの車は、ドリキンこと土屋圭一氏の愛車だった時期もあるそうです。

そのパワーユニットは、ホンダ最大のV型6気筒3000ccのC30Aで、後に3200ccまで拡大されます。当時の280ps自主規制が無ければ、スポーツカーではなくスーパーカーの仲間入りだったでしょう。

エンジンだけでなくボディーもスペシャルで、軽量なアルミハニカム構造を採用しています。このボディーは板金屋泣かせといわれ、綺麗直すことが難しく、事故=全損と言われるほどでした。

最新「NSX」中古車情報
本日の在庫数 64台
平均価格 1,673万円
支払総額 670~6,015万円

シビック

販売期間:1972年から

大衆乗用車として登場したシビックでしたが、環境規制を乗り越えた1983年のワンダーシビックでスポーツ色を強めます。同時にバラードCR-Xの登場。鈴鹿サーキットで行われるシビックレースは人気を博し、当時の改造車文化に大きな影響を及ぼしました。

概要

シビックのレーシーなイメージの多くは、この1983年のワンダーシビックから始まります。Siというグレードには、JTC(全日本ツーリング選手権)にも使われるZC型1600ccDOHCエンジンを搭載し、スポーツ色を打ち出していきます。

そして、グランドシビック(EF型)では、VTECを搭載した名機B16Aをパワートレインに採用。
続くEG型では、SiRという軽量化を意識したモデルの販売。EK型で登場したType Rは、より効率化されたB16Bへとエンジンが進化します。シビックType Rの歴史はここから始まることになります。

最新「シビック」中古車情報
本日の在庫数 665台
平均価格 261万円
支払総額 40~647万円

アコード

アコード
販売期間:1976年から

1976年、シビックより少し大きな乗用車としてデビューしたアコードは海外を中心に人気を集めたモデルです。その人気が爆発したのは、1993年DC型アコードです。

VTEC搭載の2200ccエンジンは、シビックなどと同じSiRというグレードで販売され、スポーティーモデルであることを名前でもアピールします。

概要

日本では、1996年当時にJTCC(全日本ツーリングカー選手権)が開催され、アコードがエントリーしていました。ドライバーには、現GT監督の本山氏、道上氏、脇坂氏など、名だたる面々が若手として、星野氏や、関谷氏に果敢に挑んでいた時代です。

そのレーシーなイメージを引き継いだ6代目で、ついにアコードにもType Rが登場します(国内ではEURO R)。国内では、アコードの姉妹車トルネオもあり、その車にもEURO Rが用意されました。

最新「アコード」中古車情報
本日の在庫数 289台
平均価格 238万円
支払総額 26~415万円

歴代のスポーツカー

S500/600/800

S800
S800
販売期間:1966年から

1963年にS500が販売され、翌年にS600、1966年にS800が販売されます。この数字は排気量を表しており、ホンダの軽自動車トラックT360と共に開発された、幻のスポーツタイプS360の排気量アップ版として、販売がされました。

概要

乗用車枠のスポーツカーとしては、S500がホンダ初めてのスポーツカーとなります。当時FRレイアウトは一般的なものでした。しかし、もともとがバイク屋だったホンダは、フロントに搭載したエンジンのパワーをチェーンでリアに伝達していた点が他社とは大きく異なる点でした。

基本はオープンボディでロードスターの装いですが、後によりレーシーなクーペボディの設定が追加されて、スポーツカーの色を濃くした車でした。

最新「S600」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 534万円
支払総額 411~658万円
最新「S800」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 570万円
支払総額 508~625万円

S2000

販売期間:1998年から

1998年に、ホンダSの復活となったS2000。当時と違うのは、リアへの駆動伝達がチェーンからプロペラシャフトになったこと。それ以外は、当時と同じネーミングにFRレイアウト、オープンボディとクーペボディなど、基本をそのまま引き継いでの登場となりました。

当時ホンダはFF車、しかもType Rモデルを販売していた頃で、久しぶりのホンダFR車の登場にクルマ好きがザワついた車両でした。

概要

S2000に搭載される2000ccのVTECエンジンは、当時1リッターあたり100ps出ていれば優秀とされていた時代に250psを叩き出す、超高回転型の高性能ユニットでした。そのため、オシャレなオープンカーでありながらも、タイムアタックやジムカーナといった競技車として使う人も多い、純粋なスポーツカーでもありました。

特性はピーキーとよく言われ、後に2200ccまで排気量が拡大。「S2000なのに2000ccじゃないなんて、ウソ2000だ」と冗談を言う人もいた車でした。

最新「S2000」中古車情報
本日の在庫数 205台
平均価格 438万円
支払総額 178~1,030万円

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード