MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 【ホンダ スポーツカー一覧比較】S660やNSXと新型モデルまで
ホンダ

更新

【ホンダ スポーツカー一覧比較】S660やNSXと新型モデルまで

ホンダのスポーツカー

ホンダは本田技術研究所を継承する企業として、本田宗一郎によって本田技研工業株式会社が設立され、1948年に創業された自動車会社です。

N-BOXやVEZEL、オデッセイなどファミリー向けの車種のイメージが強いを取り揃えているホンダですが、日本で初めてF1世界選手権に参戦したメーカーでもあります。たくさんのスポーツカーを生み出し、世界中のファンを魅了してきました。

今回は、ホンダの新型スポーツカーと歴代スポーツカーの情報をご紹介します。

現在も新車で買えるスポーツモデル

NSX

NSX
販売期間:1990年から

初代の発売から30年以上経ったにもかかわらず、いまだに憧れのスポーツカーに名前を挙げられる名車です。現行のNSXは新車で2000万円オーバーの高級車ですが、初代のNSXも2000万円を超えるものが出る程、高騰しています。

概要

伝説のF1パイロット、故アイルトン・セナ氏も開発に携わり所有したともいわれるNSX。有名になるべくして成ったこの車は、ドリキンこと土屋圭一氏の愛車だった時期もあるそうです。

そのパワーユニットは、ホンダ最大のV型6気筒3000ccのC30Aで、後に3200ccまで拡大されます。当時の280ps自主規制が無ければ、スポーツカーではなくスーパーカーの仲間入りだったでしょう。

エンジンだけでなくボディーもスペシャルで、軽量なアルミハニカム構造を採用しています。このボディーは板金屋泣かせといわれ、綺麗直すことが難しく、事故=全損と言われるほどでした。

最新「NSX」中古車情報
本日の在庫数 27台
平均価格 1,297万円
本体価格 460~2,499万円
NSXの中古車一覧へ

シビック

販売期間:1972年から

大衆乗用車として登場したシビックでしたが、環境規制を乗り越えた1983年のワンダーシビックでスポーツ色を強めます。同時にバラードCR-Xの登場。鈴鹿サーキットで行われるシビックレースは人気を博し、当時の改造車文化に大きな影響を及ぼしました。

概要

シビックのレーシーなイメージの多くは、この1983年のワンダーシビックから始まります。Siというグレードには、JTC(全日本ツーリング選手権)にも使われるZC型1600ccDOHCエンジンを搭載し、スポーツ色を打ち出していきます。

そして、グランドシビック(EF型)では、VTECを搭載した名機B16Aをパワートレインに採用。
続くEG型では、SiRという軽量化を意識したモデルの販売。EK型で登場したType Rは、より効率化されたB16Bへとエンジンが進化します。シビックType Rの歴史はここから始まることになります。

最新「シビック」中古車情報
本日の在庫数 301台
平均価格 223万円
本体価格 15~1,500万円
シビックの中古車一覧へ

アコード

アコード
販売期間:1976年から

1976年、シビックより少し大きな乗用車としてデビューしたアコードは海外を中心に人気を集めたモデルです。その人気が爆発したのは、1993年DC型アコードです。

VTEC搭載の2200ccエンジンは、シビックなどと同じSiRというグレードで販売され、スポーティーモデルであることを名前でもアピールします。

概要

日本では、1996年当時にJTCC(全日本ツーリングカー選手権)が開催され、アコードがエントリーしていました。ドライバーには、現GT監督の本山氏、道上氏、脇坂氏など、名だたる面々が若手として、星野氏や、関谷氏に果敢に挑んでいた時代です。

そのレーシーなイメージを引き継いだ6代目で、ついにアコードにもType Rが登場します(国内ではEURO R)。国内では、アコードの姉妹車トルネオもあり、その車にもEURO Rが用意されました。

最新「アコード」中古車情報
本日の在庫数 219台
平均価格 154万円
本体価格 15~434万円
アコードの中古車一覧へ

歴代のスポーツカー

S500/600/800

S800
S800
販売期間:1966年から

1963年にS500が販売され、翌年にS600、1966年にS800が販売されます。この数字は排気量を表しており、ホンダの軽自動車トラックT360と共に開発された、幻のスポーツタイプS360の排気量アップ版として、販売がされました。

概要

乗用車枠のスポーツカーとしては、S500がホンダ初めてのスポーツカーとなります。当時FRレイアウトは一般的なものでした。しかし、もともとがバイク屋だったホンダは、フロントに搭載したエンジンのパワーをチェーンでリアに伝達していた点が他社とは大きく異なる点でした。

基本はオープンボディでロードスターの装いですが、後によりレーシーなクーペボディの設定が追加されて、スポーツカーの色を濃くした車でした。

最新「S600」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 415万円
本体価格 378~451万円
S600の中古車一覧へ
最新「S800」中古車情報
本日の在庫数 4台
平均価格 459万円
本体価格 320~555万円
S800の中古車一覧へ

S2000

販売期間:1998年から

1998年に、ホンダSの復活となったS2000。当時と違うのは、リアへの駆動伝達がチェーンからプロペラシャフトになったこと。それ以外は、当時と同じネーミングにFRレイアウト、オープンボディとクーペボディなど、基本をそのまま引き継いでの登場となりました。

当時ホンダはFF車、しかもType Rモデルを販売していた頃で、久しぶりのホンダFR車の登場にクルマ好きがザワついた車両でした。

概要

S2000に搭載される2000ccのVTECエンジンは、当時1リッターあたり100ps出ていれば優秀とされていた時代に250psを叩き出す、超高回転型の高性能ユニットでした。そのため、オシャレなオープンカーでありながらも、タイムアタックやジムカーナといった競技車として使う人も多い、純粋なスポーツカーでもありました。

特性はピーキーとよく言われ、後に2200ccまで排気量が拡大。「S2000なのに2000ccじゃないなんて、ウソ2000だ」と冗談を言う人もいた車でした。

最新「S2000」中古車情報
本日の在庫数 146台
平均価格 363万円
本体価格 197~900万円
S2000の中古車一覧へ

歴代の軽スポーツカー

S660

S660
販売期間:2015年から

スポーツカーとして販売されたSシリーズの後継でもあり、ビートの後継とも言われるS660。2021年、惜しまれつつも最終モデルとなってしまいました。

ただし、2011年のモーターショーで公開したEV-STERが基モデルとなっているという事で、ビートは一切関係がないとも言われています。

概要

EVをコンセプトモデルとしながらも、ガソリンモデルで販売された珍しい1台でもあるS660。N-BOXのエンジンS07A型をベースに、専用設計のターボを搭載。エンジンの特性をよりスポーティーに仕上げたモデルです。

また、ベースエンジンの燃費性能も引き継いでおり、スポーツカーには珍しくWLTC燃費で20km/Lが諸元表に記載されるモデルです。

最新「S660」中古車情報
本日の在庫数 108台
平均価格 274万円
本体価格 136~560万円
S660の中古車一覧へ

ホンダZ

販売期間:1970年から

軽自動車ながらスペシャリティカーとして発売されたZ。クーペスタイルのサイドウインドウグラフィックが特徴的ですが、もっと特徴的なリアのスタイルは、「水中眼鏡」の愛称で親しまれました。

概要

ホンダZは1971年に5速マニュアルを搭載するモデルが追加されます。当時の5速マニュアルは、トヨペット・コロナでは5speed、日産・サニーではGX5とエンブレムが付ける程、スポーツカーのイメージでした。

今ではマニュアル車なら5速や6速ミッションの車が当たり前のように販売されていますが、当時は5速というだけで「おぉ」となった時代でした。

ビート

Beat
販売期間:1991年から

軽自動車版NSXとも言われた1台です。また、軽自動車ABCのうちの1台で、マツダ・AZ-1や、スズキ・カプチーノとならびバブルの香りを漂わせる車です。

概要

NSXと同じMRレイアウトなど、軽自動車ながらこだわりをもって作られた1台。ミッドシップレイアウト以外にも4輪独立サスペンションを搭載するなど、かなりスポーティーに仕上がっています。また、運転席のメーターパネルは、スポーツバイクを意識したホンダらしい仕様になっており、遊び心も満載でした。

乗って楽しく見ていても楽しい1台は、目立たないながらもMTREC(3連独立スロットルと、燃料マップ切り替え)による高レスポンスを実現し、ターボ無しにも関わらず軽自動車枠いっぱいの64psを出す高性能エンジンに仕上がっています。

最新「ビート」中古車情報
本日の在庫数 116台
平均価格 85万円
本体価格 36~244万円
ビートの中古車一覧へ

歴代のスポーティーカー

CR-X

ホンダ CR-X SiR 1989年
販売期間:1983年から

初代がバラード、2代目がサイバーという愛称で親しまれた、シビックのファストバッククーペモデルです。初代には、セミリトラクタブルヘッドライトなども採用され、シビックよりもスポーティーな装いとなっています。

3代目(EG型)は、デルソルのサブネームが与えられ大幅にイメージチェンジ。電動オープントップとなり、スペシャリティ色を強めます。

概要

シビックからの派生車種となるCR-Xは、シビックをよりスペシャリティ感の溢れるモデルとして仕上げたものでした。

とはいえ、その心臓や操作系はシビックそのもので、JTCに参戦したZC型エンジンやB16A型エンジンなど、1Lあたり100psという当時のハイスペックエンジンと同じエンジンをシビックよりもコンパクトなボディーに搭載。キビキビと走れるモデルでした。

また、後面にEF型より設置されたエクストラウインドウは、現在プリウスにも同じ目的で取り付けられるなど、デザインでも当時からすれば先進的なデザインのモデルでした。

最新「CR-X」中古車情報
本日の在庫数 20台
平均価格 158万円
本体価格 72~240万円
CR-Xの中古車一覧へ

インテグラ

販売期間:1985年から

1985年にクイントインテグラとしてデビュー。リトラクタブルヘッドライト搭載、全車DOHCエンジンという、当時のスポーツカーのイメージを詰め込んだ仕様で販売されました。

当時は、シビックと共通のエンジンユニットを搭載します。しかし、ホンダのVTEC第1弾は、このインテグラの2代目となるDA型XSiにB16Aが搭載されたのが最初です。

概要

インテグラは初代からスポーティーな要素が強い車両でした。そして、XSiで1Lあたり100psを発揮するB16Aの搭載し、よりスポーツの要素を強めていきます。その後のイメージともなるDC型インテグラType Rでは、インテグラ用のB18Cエンジンを搭載します。

シビックTypeRのB16Bより200cc大きな排気量は魅力的で、シビックへの載せ替えなども多く行われました。海外向けに販売されていたEJ型シビッククーペにはVTECモデルは無かったため、そのドナーとしてエンジンが外される事が多かったようです。

最新「インテグラ」中古車情報
本日の在庫数 66台
平均価格 97万円
本体価格 20~270万円
インテグラの中古車一覧へ

プレリュード

プレリュード
販売期間:1978年から

1978年にデビューしたプレリュードは、タコメーターとスピードメーターが重なった同芯メーターを採用するなど、新しいデザインが積極的に採用されていた車でした。

バブル期には、日産・シルビアと並びデートカーの代名詞となり、「車を持っていなければ彼女が出来なかった時代」を牽引する車となります。スポーティーなイメージになるのは、その後からです。

概要

1991年に4代目となったプレリュード(BA/BB型)は、よりスポーティーになるために全長が短くなります。そして、搭載されるエンジンはアコードSiRと同じVTEC搭載の2200cc。

運転席から助手席が倒せる元祖デートカーとしての機能は残しながらも、JTCCに参戦していたアコードのイメージもあり、スポーティー路線に変更するような仕上がりになりました。

しかしながら、横真一文字のダッシュボードやデジタルメーターなど、近未来的で先進的なデザインを採用していたのは、初代からの流れだったのではないでしょうか。

最新「プレリュード」中古車情報
本日の在庫数 27台
平均価格 111万円
本体価格 20~238万円
プレリュードの中古車一覧へ

一風変わったスポーツモデルも販売していた

インサイト(初代)

販売期間:1999年から

インサイトは、今ではホンダを支えるハイブリッドのミドルクラスセダンになっています。しかし、その初代モデルは現在からは想像がつかないようなスタイルでした。空力を突き詰めた結果、CR-Xを彷彿とされる空力に優れるクーペ・ファストバックスタイルになった車です。

概要

燃費性能をとことん追求した初代インサイトは、リアタイヤをすっぽりと覆うフェンダー、軽量化のために2人乗りのみを設定、極めつけはNSXさながらのアルミボディーの採用など、燃費向上のためにあらゆる手段をとられました。

リアのホイールまで覆うほど空力を意識したボディは、空気抵抗を意識するスポーツカーも凌駕するCd値0.25と、今のプリウスにも匹敵する数値を叩き出します。

最新「インサイト」中古車情報
本日の在庫数 666台
平均価格 70万円
本体価格 8~350万円
インサイトの中古車一覧へ

CR-Z

CR-Z(後期型)
販売期間:2010年から

今考えれば、CR-Zが元祖ハイブリッドスポーツだったのではないでしょうか。前述のインサイト(初代)と、CR-Xを混ぜ合わせたら、CR-Zが出来上がりといったイメージです。

概要

専用の6速MTミッション、i-VTEC搭載の1500ccエンジン、ホンダのIMAハイブリッド、スポーツカーの要素とハイブリッドを合体させた、近代的な1台です。

2021年現在、中古車をインターネット検索すると、MT車だけでも200台ほどヒットし、安いものは30万円からと、かなりリーズナブルなハイブリッドコンパクトカーともいえます。絞り込まなければ700台近く、検索にヒットします。

セカンドカーで、MTの面白いスポーツカーを探している人には吉報かもしれません。

最新「CR-Z」中古車情報
本日の在庫数 622台
平均価格 73万円
本体価格 16~259万円
CR-Zの中古車一覧へ

シティターボ

販売期間:1981年から

初代シティーは、今のフィット的なポジションのコンパクトカーでした。しかし、バブルの名残も残る中で、オープンエアが楽しめるキャンバストップや、オープンボディがあるなど、フィットでは考えられない装備が多くあった時代でした。

その中でも、ターボ=高性能というイメージもあり、シティターボなる当時らしいモデルがラインナップに追加されます。

概要

1982年に追加された、シティターボは、コンパクトなボディにターボを取り付けたモデルで、トヨタ・スターレットターボや、日産・マーチスーパーターボなど、他メーカーもどんな車種でもターボを乗せていた時代でした。

それは、3ナンバーの税金が5ナンバーと比較して高かった時代で、5ナンバーでも3ナンバー車と同じパワーをと、パワーを求めた結果でした(2000cc超、もしくは車幅1750mm以上は3ナンバー)。

そんな時代背景もあり、デビューしたシティターボは、他社と比較してもポップな見た目で、元祖ブサカワ系車両といえます。ブルドックのような見た目で、そのままブルドックという愛称で親しまれていました。

見た目も、ボンネットの真ん中が盛り上がり、スペースを確保、さらには、ブリスターフェンダーの装着など、見た目は過激になり、シティターボⅡも後に追加されます。今考えると、700kgという軽量車体(現在の軽自動車同等)に、110psを発揮するターボエンジンを搭載しているので、じゃじゃ馬以外の何物でもない、スポーツカーでした。

ホンダに関する記事はこちら

【ホンダ】新車で買える現行車種全21モデル一覧

【最新】ホンダ新型車スクープ・モデルチェンジ予想&新車スクープ|4月30日情報更新

新車で買えるホンダの軽自動車全5車種!

国産スポーツカー・オープンカーおすすめ人気ランキング

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事