MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > キックス > 日産 キックス完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
キックス

更新

日産 キックス完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

日産 キックスとはどんな車?

日産・キックスは、ジュークの後継車種というかたちで2020年より日本で発売が開始されたコンパクトSUVです。

現行キックスのアルファベット表記は「KICKS」ですが、過去に販売されていたPA0型では「KIX」、コンセプトカーでは「XIX」や「KYXX」と、毎回違う表記が用いられています。

エンジンを発電専用、走行をモーターのみでおこなうハイブリッドシステム「第2世代e-POWER」を採用。

自動運転レベル2の運転支援技術「プロパイロット」が標準装備となっており、そのほか「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」といった安全装備も備えています。

フロントシートにはマットスプリングタイプの座り心地がよい「ゼログラビティシート」を採用。リアシートは可倒式となっており、シートアレンジによりクラストップの荷室容量を確保可能です。

おすすめグレード

キックスのグレード構成と車両価格

2021年4月時点で販売されているキックスのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
X2,759,900円~

キックスは現状「X」のみ、1グレードとなっています。e-POWERを始めとした日産の最新装備や機能を全て搭載したモデルのため、ユーザーとしてはありがたいですね。

基本グレード「X」はe-POWERやプロパイロットなどを標準装備

X

「X」および「X ツートーンインテリアエディション」の装備差はありません。ツートーンインテリアエディションでは、寒冷地仕様系の装備が標準となりますが、Xでもセットオプションとして選択できます。

キックスは全車e-POWER仕様のうえ、「プロパイロット」や「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」などの最新装備が標準設定されています。

ただし、駐車支援システムである「インテリジェントアラウンドビューモニター」や「インテリジェントルームミラー」などはメーカーオプションとなります。

内装にもこだわりたいなら「ツートーンインテリアエディション」

X ツートーンインテリアエディション

「X」の内装色はグレーで、合皮/織物コンビシートと本革巻ステアリング仕様となっていますが、「ツートーンインテリアエディション」を選択すると、インテリアがツートンカラー仕様となります。

見た目もXに比べてスポーティですし、ステアリングヒーターや前席シートヒーターも装備されますので、実用性もアップ。Xとの価格差は約10万円ですので、こちらのシートカラーが魅力的に感じる人にはかなりお買い得といえます。

ボディカラー

キックスのボディカラーラインナップは、ワントーン9色、ツートン4色の全13色。「ツートーンインテリアエディション」を選択しても、選べるカラーは同じです。

査定額が高くなるのは「ブリリアントホワイトパール」「ピュアブラック」「ブリリアントシルバー」など。白黒ツートンカラーも人気があります。

ツートーン

カラー名称カラーコード
プレミアムホライズンオレンジ×
ピュアブラック
(XFP)
フローズンバニラパール×
アッシュブラウン
(XFY)
ダークメタルグレー×
ピュアブラック
(XFZ)
ブリリアントホワイトパー××
ピュアブラック
(XDN)

モノトーン

カラー名称カラーコード
ブリリアントホワイトパール(QAB)
ブリリアントシルバー(K23)
チタニウムカーキ(EAN)
ラディアントレッド(NAH)
ナイトベールパープル(GAB)
ダークブルー(RAA)
プレミアムホライズンオレンジ(EBB)
ピュアブラック(G42)
サンライトイエロー(EAV)

日産 キックスのスペック

ボディサイズ

全長4,290mm
全幅1,760mm
全高1,610mm
ホイールベース2,620mm
車両重量1,350kg
乗車定員5人

ジュークの後継車種にあたるキックスですが、サイズはジュークよりも長く、高くなり、ライバルであるマツダ・CX-30やホンダ・ヴェゼルが同程度のサイズです。

最小回転半径は5.1mとなっており、これは上記のライバル車よりも小さい数値。一方で、全高が1600mmを超えるため立体駐車場の利用は難しくなります。

パワートレイン

エンジン水冷直列3気筒
排気量1,198cc
最高出力60kW[82PS]/6,000rpm
最大トルク103N·m[10.5kgf・m]/3,600-5,200rpm
モーター最高出力95kW(129PS)/4,000-8,992rpm
モーター最大トルク260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
トランスミッション
駆動方式FF
使用燃料レギュラー

搭載されている1.2Lの3気筒エンジンは発電専用となっており、走行自体はモーターのみでおこなう「e-POWER」を採用しています。

なお、 ノートでは後輪用のモーターを備えた「e-POWER 4WD」を選択できますが、キックスには4WDモデルが用意されておらず、前輪駆動のモデルのみ。今後追加されるかどうか、残念ながら現在のところは不明です。

最新「キックス」中古車情報
本日の在庫数 823台
平均価格 262万円
本体価格 200~320万円
キックスの中古車一覧へ

日産のSUV全モデルはこちらから!

日産の新型車・最新情報はこちら!

人気の国産SUVランキングはこちら

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード