MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > キックス > 【3つのポイント】日産キックス試乗レポ – 車名のイメージ通りのクルマ
キックス

更新

【3つのポイント】日産キックス試乗レポ – 車名のイメージ通りのクルマ

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

2020年6月に国内デビューした新型コンパクトSUV「キックス」の公道試乗会に参加した筆者が読者にお伝えしたいポイントを3つに絞って画像を中心にわかりやすくお届けします。

キックス
フロント・ボディサイド
試乗車は「サンライトイエロー」を選んだ。天気もよかったので。

コンパクトSUVのキックスはブラジルで2016年にデビュー、以降、中国、北米、インド、タイといった地域で発売が展開され、どちらかというと新興市場国向けのクルマ。

※2008年に三菱の軽SUV「パジェロミニ」のOEM車が「キックス」だったいう経緯あり。しかし、この車名のスペルは「KIX」、今回の新型は「KICKS」と異なる。

キックス
青空を背景

よく走って気持ちイイ!

キックス
エンジンルーム
直列3気筒1.2Lのガソリンエンジンを搭載するが専ら発電用。駆動力のすべてモーターが担う「e-POWER」。WLTCモード燃費は21.6km/L。

新型キックスの走りを一言で表すなら「よく走って気持ちイイ!」。とにかく加速がイイ!。ノートe-POWERに比べて約20%の出力向上。ノートe-POWERのオーナーなど乗ったことのある方は比較して「よく走るな」と感じるはず。

キックス
リアサス
開発陣か特に苦心したのがリアサスとのこと。トーションビームサスペンション

乗り心地も「よく走って気持ちイイ!」と感じられるもの。特にリアサスの開発は、日本の道路事情に合わせて力を入れたとのこと。子供が乗っても大丈夫な乗り心地でしょう。

キックス
ホイール周り
ホイールは17インチ。サイズは、205/55R17 91V。

安全で楽な運転支援をしてくれる「プロパイロット」は全車標準装備。ひととおりの先進安全装備を搭載。今やこの点も“気持ちよく走る”ための必須アイテムになりましたね。

キックス
シフト周り
もちろんEV走行も対応。

全車標準装備の「eペダル」はブレーキペダルを使わず、アクセルペダルを緩めるだけで回生ブレーキが働いて停止状態までに持っていってくれます。慣れるまで少し時間がかかりますが、慣れると非常に楽。

コンパクトで広い室内、実用的

キックス
ボディサイド
全長4,290mm

キックスのライバルとなるトヨタ C-HR、ホンダ ヴェゼルよりも少しコンパクト。

キックス
フロントマスク
全幅1,760mm

最小回転半径5.1mmとライバルよりも小回りが効きます。

キックス
リア
全高 1,610mm

横浜市内の細い路地を走っても視界の良さと相まってとても走りやすく感じました。

キックス
ドア全オープン

キックスはもともとは新興市場国向けのクルマ。国内仕様はエンジンや足回りなど全面的に見直されていますが、基本的なパッケージングは日本市場よりも実用性が重視されるアジア新興市場国に対応したものです。

キックス
リアシート

後席はきちんとした居住性が確保されています。

キックス
ラゲッジスペース

ラゲッジスペースも十分な容量です。

ちょうどイイ価格、276万円と287万円

キックス
運転席インパネ
試乗車はモノトーンインテリア。

キックスのグレード構成は1つしかなく、インテリアが2トーンカラーになるかどうかだけの価格設定。標準インテリアグレード「X」が税込2,759,900円、「ツートーンインテリアエディション」が2,869,900円。

キックス
ヘッドスペース、ルームミラー
メーカーオプションの「インテリジェント ルームミラー」は後席に人が乗っても後方視界を確保できる。夜間も見やすいのでおすすめのオプション。

ライバル車(ハイブリッドのコンパクトSUV)での価格比較をご参考にどうぞ。

車名車両価格
日産 キックス276万~287万円
トヨタ C-HR275万〜315万円
ホンダ ヴェゼル250万〜362万円

全13タイプのボディカラーラインナップ

ボディカラーのラインナップの多彩さもライバルより一歩リード。ポジティブな「キックス」車名にあった明るいボディカラーが多いのが特徴的。対して紺、濃灰メタリックといった落ち着いた色もしっかりラインナップ。

キックス
プレミアムホライズンオレンジ
プレミアムホライズンオレンジ
キックス ダークブルー
ダークブルー
キックス
ダークメタルグレー × ピュアブラック 2トーン
ダークメタルグレー × ピュアブラック 2トーン

見出しにはしていませんが、デザインのカッコよさも特筆すべき。インテリアの質感もよかったですね。このあたりは文章より画像の方がお伝えしやすいので、筆者のひとことコメントと共にまとめて掲載します。

キックス
フロントマスク
筆者的ベストショット。
キックス
フロント俯瞰
フェンダー部までヘッドライトが周り込む躍動感あるデザイン。
キックス
ドアミラー
ドアミラーのウィンカーは視認性が高い。
キックス
リア・サイド
実際のボディサイズより大きく見える。
キックス
リア俯瞰
他のボディカラーでは、ルーフがブラック塗装のものが設定されている。
キックス
リアクォーター周り
「キックス」の車名にマッチしたデザイン。
キックス
リアエンド
「蹴っ飛ばせ!日産」
※日産を蹴飛ばすのではありません。
キックス
フロントシート
良い意味で普通なシート。
キックス
後席
後席の頭周りの空間がきちんとある。身長180cmの筆者が座っても問題なし。
キックス
インパネ
試乗車はモノトーンインテリア。
変に飾らないデザインで好感が持てた。
キックス
インフォテインメントシステムディスプレイ
直感的に使えたインフォテインメントシステム
キックス
ラゲッジスペース
リアシートを倒した際、フロアに段差ができる。日産開発担当者へは、ディーラーオプションでも良いので、段差を埋めるクッションなどを設定して欲しいとお願いしてみた。車中泊にはあった方が便利だろう。

次号で開発者から訊いた裏話をお届け

新型カキノタネ
お土産でいただいた「新型カキノタネ」。日産の技術開発拠点「日産テクニカルセンター」の地域貢献活動の一環として、伊勢原市と地元企業と共同でクルマの形をした柿の種「新型カキノタネ」を企画・製作したもの。伊勢原市内飲食店、東名高速、新東名などのSAにある中日本ハイウェイ売店で購入できる。辛さ控えめで醤油の味がしっかりして旨い。

新型キックス試乗会で開発者との意見交換の場があったのですが、そのときに伺った話は意外なものでした。開発の裏に「グランドキャニオンあり」。こちらの記事でそのインタビューのダイジェストをご覧ください。

あと、9月のシルバーウィークあたりにはキックスで長距離ドライブテストをしてみようかと思っています。そのレポートもお楽しみに。

日産 キックス 公式HP

すべての画像を見る (30枚)

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智