MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 車の人気色は?ボディカラー選びのポイント|事故に遭いにくい&高く売れる色はどれ?
役立つ情報

更新

車の人気色は?ボディカラー選びのポイント|事故に遭いにくい&高く売れる色はどれ?

車の色について、人気傾向や安全性、使いやすさなどさまざまな視点から解説します。高く売れるボディカラーがある?女性にモテるボディカラーはどれ?といった疑問にもお答え。編集部おすすめのカラーも紹介します。

車のボディカラーの特徴早見表

人気事故低簡単ケア暑くない高額売却モテる
銀・灰
赤・黄

編集部が選ぶ世界中が認めた歴史上の「かっこいい車」ランキング!

世界で人気の車の色は?

アメリカのペイントメーカー「アクサルタ」によれば、2019年の車のボディカラーの人気色は以下の通り。

1位ホワイト38%
2位ブラック19%
3位グレー13%
4位シルバー10%
5位ブルー7%

1位~4位までの4色で全体の80%を占めていることから、赤青黄のようなビビッドな色ではなく、白黒灰のようなニュートラルな色が人気の傾向にあります。この結果はここ数年大きく変わっていません。

日本では白&黒が根強い人気

アクサルタによれば、日本では白(36%)と黒(22%)が依然として人気とのこと。特に黒は2016年以降で最高の割合となったそうです。

日本やインド、韓国などのアジア圏では白がダントツの人気です。ヨーロッパ圏になると反対に黒やグレーの方が人気です。
また、日本では表面に光沢のある「ホワイトパール」系が人気ですが、世界的に見ると光沢のない「ソリッドパール」の方が圧倒的に支持されているのもおもしろい傾向です。

トレンドはグレー系!シルバーを抑えて上位に浮上

注目したいのが世界3位のグレー。1位~3位は白、黒、シルバーが鉄板でしたが、ここに来て世界各地でグレーの人気が高まり、最近はシルバーよりも上位に食い込んでいます。ちなみに2011年までの10年間はシルバーが1位でした。

日本車でもシルバーよりも濃いメタリック系のカラー(ガンメタリック系)のカラーが選べる車が増えています。

【迷っている方向け】新車購入時のボディカラーの選び方

交通事故に遭いにくい車の色は?

渋滞する道
©naka/stock.adobe.com

白や黄色は交通事故に遭いにくい?

膨張色である白やアイボリー系は、遠くからでも車が大きく明るく見えるので視認性が高く、事故に遭いにくいと言われています。

また、赤、黄色、オレンジなどの暖色系のカラーも目立つので、視認性が高いと言われています。特に赤や黄色は、心理的に警告や注意を表すため、目を惹きやすいかもしれません。

一方で、視認性とは別の視点となりますが「派手な色で目立つ車に乗っている人ほど自己顕示欲が強く、危険な運転をしそう」という声も聞かれます。

黒や青は交通事故に遭いやすい?

黒は、暗くなると見えにくいうえ、ボディが引き締まって見えるため、視認性が低く、事故に遭いやすいと言われています。路上駐車OKエリアや夕暮れ時のまだライトを点灯していない時間帯などでは、注意したほうがよいでしょう。

また、青や紺などの寒色系のカラーもボディが引き締まって見え、実際より遠くに車があるように見えてしまうそうです。信号のない交差点などは注意したほうがよいでしょう。

汚れやキズが目立ちにくい車の色は?

汚れやキズが目立たないのはシルバーやグレー

シルバーやグレーは汚れもキズも目立ちにくい色のため、洗車やキズのお手入れをほとんどしない、したくないという人におすすめです。きちんと拭き上げをしなくても水垢やウォータースポットが目立ちにくいので、洗車機での時短洗車にも向いています。

白は水垢や泥に注意したいが、お手入れは簡単

白は水垢や泥はねが目立ちますが、小キズは目立ちにくい傾向があります。水垢や雨シミができないよう、水分を拭き取ったり落としたりするのがおすすめです。面倒な人は撥水・親水コーティングをかけてもOK。

黒は水垢やキズ、花粉、黄砂などに注意

黒は汚れやキズが目立ちやすい傾向があります。同様に、花粉や黄砂による汚れにも注意したいです。洗車後はしっかり拭き上げて、水垢やウォータースポットができないように気をつけるのがコツ。黒の新車を購入したら、車がきれいな納車前までにガラスコーティングをかけてもらうのがおすすめです。

どんなカラーもパールやメタリックがおすすめ

汚れやキズは、ソリッドカラー(パールやメタリックが入っていない色)よりも、パールやメタリック系の方が目立ちにくい傾向があります。同じく、経年劣化による色あせも、パールやメタリック系の方が少ない、目立ちにくいです。これは各カラーの塗装の上に、パールやメタリックの層が乗っているためです。

汚れやキズが気になる方は「●●パール」や「●●メタリック」などの名前のボディカラーを選ぶとよいでしょう。新車の場合、パールやメタリック系はソリッドカラーに比べてプラス料金がかかりますが、それを加味してもおすすめのカラーです。

洗車機の種類やブラシタイプの特徴、洗車機の使い方を解説!

車内が暑くなりにくい車の色は?

サンシェードを置いて駐車している車
©aapsky/stock.adobe.com

白のほうが5℃低くなるというデータも

白と黒それぞれのボディカラーの車の車内温度では、白のほうが5℃も低くなったというデータもあるようです。いずれにせよ、黒よりも白のほうが車内が暑くなりにくいといえます。気になる場合は防熱カーカバーをかけておくことをおすすめします。

サンシェード(カーシェード)で車の夏対策を万全にしよう!

査定や売却時に高額になる車の色は?

白、黒は査定時にボーナスがつくことが多い

中古車においても人気色の車のほうが売れる傾向にあります。アクサルタの調査結果からもわかる通り、日本では白と黒が人気ですので、売却を視野に入れて車を購入するのであれば、査定時に加点対象となる白や黒がおすすめです。同様に人気のシルバーやグレーもおすすめできます。

また、この場合もパールやメタリック系は高額査定となる傾向があります。つまり日本においてはホワイトパール系が最も高く売れるボディカラーと言うこともできます。

フラッグシップカラーや人気色がある場合は別

例えば、フェラーリのイメージカラーは赤ですので、中古車においても白いフェラーリより赤いフェラーリの方が人気の傾向にあります。つまり、フェラーリにおいては白より赤のほうが高値がつく場合があるといえます。同様に、スバル インプレッサであれば青はリセールの高いカラーです。

また、別の要因で人気になっている車種(グレードや型式)とボディカラーの組み合わせというものも存在します。例えば、トヨタ スプリンタートレノは頭文字Dで有名になったため、白黒パンダカラーのAE86が高額になっています。

流れを知っておくと安心!車買取で車を売る手続きの流れ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事