MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

メーカー・車種別

更新

キャンプにおすすめの車 ボディタイプ別ランキング|2022年最新情報

キャンプにおすすめのミニバン ベスト5

第5位 トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

キャンプにおすすめなミニバンランキング 第5位はトヨタ VOXYです。VOXYは大きすぎないサイズ感で非常に人気のあるミニバンです。キャンプの際に気になる積載量も抜群です。サードシートは跳ね上げて収納するタイプですが、収納時の積載力には問題がないレベルです。

燃費の良いハイブリッドモデルもラインアップされていますので、遠方に出かけてのキャンプでも利点を生かすことができます。広々とした室内を生かした車中泊もできますので、急な悪天候にも安心できる一台です。

最新「ヴォクシー」中古車情報
本日の在庫数 5376台
平均価格 231万円
支払総額 20~623万円

第4位 日産 セレナ

日産 セレナ

第4位には日産 セレナがランクインです。セレナは日本で人気の5ナンバーサイズで、ファミリー層に人気の一台です。家族が多くなると欲しくなるのがミニバンですが、そんな家族とのアウトドアライフを満喫するにも十分なサイズで、社外パーツを含めてアウトドア仕様にカスタマイズすることも可能です。

人気のe-Powerやプロパイロットによる快適、省燃費なドライブで、郊外のキャンプ場へのお出かけも快適です。普段使いから休日のレジャーまで、幅広く対応させたい人には抜群にマッチする一台です。

最新「セレナ」中古車情報
本日の在庫数 6843台
平均価格 183万円
支払総額 20~517万円

第3位 ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

第3位はホンダ ステップワゴンです。ステップワゴンはこちらも日本で人気の5ナンバーサイズで、初代モデルから積載量には定評がある一台ですので、キャンプ愛好家にも人気のある車種です。

ステップワゴンのサードシートは格納時に床下へ収納されるため、積載能力が一際高いのが特徴です。床が低い設計なので荷物を積み込む際にも体への負担が少ないです。

昨今ホンダでは『ホンダ キャンプ』というホームページが開設されており、こちらのステップワゴンも使い方やおすすめのオプションパーツなどが詳しく紹介されていますので、こちらを見ながらイメージを膨らませるのも楽しいのではないでしょうか。

最新「ステップワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1426台
平均価格 204万円
支払総額 20~552万円

第2位 トヨタ シエンタ ハイブリッド

トヨタ シエンタ ハイブリッド

第2位にランクインしたのは、トヨタ シエンタ ハイブリッドです。シエンタ ハイブリッドはトヨタの比較的コンパクトなミニバンです。ハイブリッドモデルの燃費の良さは遠く離れたキャンプ地への移動でも大きなアドバンテージとなります。

燃費だけでなく、おしゃれなボディーカラーやフォルムも魅力的で、ルーフラックなどのアタッチメントを取り付けた際のバランスも非常に良く、女性にもおすすめなモデルです。テントの横に置いて写真をとった際にも非常に映えるため、オシャレなキャンプを楽しみたい人にもおすすめと言える一台です。

最新「シエンタ」中古車情報
本日の在庫数 3672台
平均価格 179万円
支払総額 20~403万円

第1位 三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5

キャンプにおすすめなミニバンランキング 第1位に輝いたのは、三菱デリカD:5です。デリカは初代モデルから一貫してオフロードでの走破性の高さを謳ってきたモデルで、現行モデルに関してもそのコンセプトは受け継がれています。

デリカにはコアなファンも多く、昨今のアウトドアブームが起こる以前からキャンプ場で見かける頻度も高かったのも特徴です。そのためキャンプでの使い勝手を高めるパーツや、オフロードでの走破性を高めるパーツなど、オーナー1人1人の個性に合わせた一台を作り出しやすい特徴もあります。

大柄なボディサイズを生かした積載能力とオフロード走破性の高い駆動系、見た目のフォルムでオフロード感を感じさせてくれるビジュアル面など、間違いなく日本で1番キャンプに向いたミニバンです。

最新「デリカD:5」中古車情報
本日の在庫数 2281台
平均価格 283万円
支払総額 26~657万円

コスパ重視!キャンプにおすすめのコンパクトカー ベスト5

第5位 スズキ ソリオ

スズキ ソリオ(2020年)

キャンプにおすすめのコンパクトカーで第5位にランクインしたのは、スズキの「ソリオ」です。

全長が4mを切るコンパクトサイズに収めながらも、全高は1.7mを超えており頭上空間にゆとりをもった設計となっています。

リアドアはスライド式となっており、上級グレードでは両側もしくは片側に携帯リモコンでドアの施錠が予約できる機能を採用。「パワースライドドア」に付加価値を加えたことで使い勝手を高めています。

ソリオはシートアレンジにも強みをもっており、大きな荷物や長い荷物を積んだ状態で移動がしやすくなっているほか、車中泊も可能となるフルフラット機構を備えています。大人2人でキャンプに出かけても、車内でぐっすり眠る環境が作れるのは、ソリオを選ぶポイントとなるでしょう。

最新「ソリオ」中古車情報
本日の在庫数 1734台
平均価格 123万円
支払総額 10~288万円

第4位 ホンダ フィット

ホンダ フィット(2020年)

キャンプにおすすめのコンパクトカーで第4位にランクインしたのは、ホンダの「フィット」です。

2020年に4代目へモデルチェンジしたフィットには、クロスオーバーSUVタイプの「クロスター」が新たにラインアップへ加わっています。

ノーマルのフィットより重厚感を増した外観デザインによりキャンプでも活躍する雰囲気を醸し出すスタイリングに変更されているのが特徴。加えて、「e:HEV」ハイブリッドシステム仕様も用意したことで、パワーを要する山坂道や高速道路でも難なく走りたいユーザーの要望に応えています。

インテリアでは、撥水ファブリックを取り入れたシートに注目。川や海で遊んだあと、水気がついた服で車に乗り込んでもシートが汚れにくくなっています。

最新「フィット」中古車情報
本日の在庫数 4061台
平均価格 120万円
支払総額 14~304万円

第3位 トヨタ ルーミー

トヨタ ルーミー(2020年)

キャンプにおすすめのコンパクトカーで第3位にランクインしたのは、トヨタの「ルーミー」です。

全長が約3.7mとコンパクトサイズながら、1.7mを超える全高とフロアの低床化によって子どもでも乗り込みやすく作られているのが特徴。大人5名乗車でもゆとりある空間で圧迫感がなくドライブを楽しめる車となっています。

また、大きく開くバックドアも注目ポイントです。テントやコンロなどのキャンプ道具が積み込みやすくなり、大きな荷物や長物も安心して持ち運べるでしょう。

最小回転半径は4.6mと取り回しがよく、狭い私道が多い印象のあるキャンプ場でも移動しやすい一台です。

最新「ルーミー」中古車情報
本日の在庫数 2875台
平均価格 159万円
支払総額 61~309万円

第2位 トヨタ ライズ

トヨタ ライズ (2021年)

キャンプにおすすめのコンパクトカーで第2位にランクインしたのは、トヨタの「ライズ」です。

ライズの強みは、5ナンバーサイズのボディでありながらSUVチックのデザインを取り入れているのが挙げられます。シートポジションを高めの設計としたことで運転しやすさが高まり、かつ地上高も上げているため砂利道でも安心です。

また、ラゲッジスペースの広さも注目したいポイント。5人乗車でも荷室容量を300リットル以上確保しており、シートを倒せばさらに広々とした荷室空間が生まれます。

おひとり様やカップルで、これからキャンプを始める人に最適な一台です。

最新「ライズ」中古車情報
本日の在庫数 2914台
平均価格 220万円
支払総額 140~301万円

第1位 トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス(2020年)

キャンプにおすすめのコンパクトカーで第1位にランクインしたのは、トヨタの「ヤリスクロス」です。

世界基準のコンパクトカー「ヤリス」の派生モデルとして登場したクロスオーバーSUVであり、走りの力強さと使い勝手を高めた一台となっています。

ヤリスクロスの強みはシートアレンジで、リアシートに4:2:4の可倒式機構を採用。シート中央部が独立して倒れることで、釣り竿などの長物が無駄なく積み込めます。

また、「ハンズフリーパワーバックドア」や「アクセサリーコンセント」をオプション設定。キャンプ道具の積み込みや電気ポットなどの調理器具を使いたいときに便利な機能がお好みで追加できるのも強みです。

最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 1836台
平均価格 268万円
支払総額 169~386万円

ソロキャンプにもおすすめな軽自動車ランキング ベスト5

第5位 三菱 eKクロススペース

三菱 eKクロススペース(2022年)

ソロキャンプにもおすすめな軽自動車ランキングの第5位は、三菱の「eKクロススペース」です。

ハイトールワゴン「eKスペース」とボディ骨格を共通としつつ、フロントマスクに備わった”ダイヤモンドシールド”グリルは存在感が際立つデザインです。加えて、6種類のツートーン仕様を加えた合計13色のボディカラーも、個性的なマイカーを作るのに役立ちます。

また、eKクロススペースはバックドアにも注目です。開口部が広く、地上高を低く抑えており、重い荷物でも積み下ろしが手軽にできるのが強みとなるでしょう。リアシートを倒すことでラゲッジ容量の調節が自在な点と組み合わさり、キャンプを身近な存在にできる一台です。

最新「eKクロススペース」中古車情報
本日の在庫数 266台
平均価格 158万円
支払総額 100~260万円

第4位 ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX カスタム(2020年)

ソロキャンプにもおすすめな軽自動車ランキングの第4位は、ホンダの「N-BOX」です。

日本国内の販売台数でNo.1の座を掴んでいるN-BOXは、ハイトールワゴン軽自動車の代表格でありキャンプでも便利な使い勝手をもっています。

特にN-BOXで注目したいのはリアスライドドア。ミニバン並みの開口幅を実現したほか、グレード別に自動開閉機能を備えていたり、オプションでハンズフリーシステムを用意していたりと、利便性を高められます。

また、低床設計により、自転車などの大きな荷物を無理な力を掛けずに積み込めるのも特徴です。簡単操作で倒せるリアシートによりラゲッジスペースを拡大できるのも、キャンプ道具を運ぶのに重宝するでしょう。

最新「N-BOX」中古車情報
本日の在庫数 8070台
平均価格 116万円
支払総額 15~418万円

第3位 スズキ ジムニー

スズキ ジムニー(2018年)

ソロキャンプにもおすすめな軽自動車ランキングの第3位は、スズキの「ジムニー」です。

ジムニーの強みで真っ先に挙げたいポイントは、どのような路面でも対応できる走行性能。ラダーフレームを土台とした本格SUVとしており、軽自動車の枠を超えたオフロード走行が可能です。

泥によるぬかるみや雪道を走破できる力と技術を備えたパートタイム4WDと、車体左右の車輪を結んでいるリジッドアクスル式サスペンションによって難なく障害物も交わして車を走らせることができます。

石が敷かれている河川へ車を移動させたいなら、ジムニーはベストチョイスとなるでしょう。

最新「ジムニー」中古車情報
本日の在庫数 5477台
平均価格 147万円
支払総額 20~417万円

第2位 ダイハツ タフト

ダイハツ タフト(2020年)

ソロキャンプにもおすすめな軽自動車ランキングで第2位にランクインしたのは、ダイハツの「タフト」です。

タフトを選ぶなら注目したいポイントが”スカイフィールトップ”と呼ばれるガラスルーフです。頭上に備え付けられたガラスルーフはフロントシートとリアシートにまたがった広大な面積をとっており、空の隅々まで車内から眺めることが可能。夜空の星を車中泊しつつプラネタリウム感覚で楽しめるのが強みです。

また、リアシート背部とラゲッジスペースは汚れにくい素材を取り入れられているのも特徴です。水遊びで濡れた遊具やキャンプ道具を置いても汚れがこびりつく心配が軽減されるでしょう。

最新「タフト」中古車情報
本日の在庫数 2663台
平均価格 158万円
支払総額 100~399万円

第1位 スズキ ハスラー

スズキ ハスラー(2022年)

ソロキャンプにもおすすめな軽自動車ランキングで第1位となったのは、スズキの「ハスラー」です。

2019年に2代目へモデルチェンジしたハスラーは、おもちゃ感覚に富んだ外観だけでなくキャンプでの利便性も考えられた車となっています。

ワンタッチで倒せるリアシートや水分・汚れがついても掃除がしやすい素材を使ったラゲッジスペース、取り外しできるラゲッジアンダーボックスは、キャンプでも有効活用が可能。

インパネ周りや助手席下など多彩な収納スペースも、キャンプに使う道具やちょっとした小物まで保管できて便利です。

また、ハスラーでは、マイルドハイブリッドシステムを全グレード採用。燃費・環境性能への意識が高く、コストパフォーマンスに優れたお財布に優しいキャンプ向けの車でもあります。

最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 6963台
平均価格 132万円
支払総額 30~1,844万円

キャンプにおすすめなピックアップトラック ベスト5

第5位 日産 ダットサントラック

日産 ダットサン トラック ダブルキャブ 8代目 1980年
日産 ダットサン トラック ダブルキャブ 8代目 1980年

キャンプにおすすめなピックアップトラック第5位は、日産 ダットサントラックです。ダットサントラックは現在新車で購入することはできませんが、中古車の流通はあるため、ピックアップトラック好きには人気車種となっています。

海外でもハードボディやフロンティアの名で販売されていた経緯もあり、アウトドアでの使い勝手を良くしてくれるルーフラックなどのアタッチメントのラインアップも意外と豊富だったりします。古い車にはなりますが、自分の個性を生かしたカスタマイズを施してキャンプに行けば楽しさ倍増すること間違いなしです。

最新「ダットサントラック」中古車情報
本日の在庫数 5台
平均価格 210万円
支払総額 121~300万円

第4位 トヨタ タコマ

トヨタ タコマ

キャンプにおすすめなピックアップトラック第5位にランクインしたのは、トヨタの日本未発売モデルとなるタコマです。ピックアップトラックというジャンルは日本では販売台数が多くありませんが、タコマのメインマーケットとなるアメリカでは非常に人気もあり、タコマに合わせた多数のキャンプギアもラインアップされています。

海外のアウトドア製品には日本製品にはない使い勝手の良さやオシャレさもあり、オーナーそれぞれの個性に合わせたキャンプを行うには最適です。ベース車両は日本国内にも流通しているため、比較的入手しやすい逆輸入ピックアップです。

最新「タコマ」中古車情報
本日の在庫数 63台
平均価格 513万円
支払総額 137~1,219万円

第3位 シボレー C1500

シボレー C1500
©Sergey Kohl/stock.adobe.com

第4位にランクインしたのは、シボレーC1500です。C1500はアメ車の中でもポピュラーな車種になります。日本国内にも沢山の車両が輸入販売されていました。ジャンルとしてはフルサイズトラックとなりますので、国産車にはないベッドサイズの広さもキャンプに行く車両としては魅力的です。

C1500にも海外製キャンプギアが沢山ラインアップされていますので、国産ギアにはないタフネスさ、オシャレさを演出できるのも魅力的なポイントです。少し人と違った雰囲気でキャンプを行いたい人にはおすすめなモデルです。

最新「シボレーC-1500」中古車情報
本日の在庫数 33台
平均価格 280万円
支払総額 150~554万円

第2位 トヨタ タンドラ

トヨタ タンドラ

第2位にランクインしたのはトヨタの日本未発売モデルとなるピックアップトラック タンドラです。タンドラは5位にランクインしたタコマよりも大柄なボディサイズとなるピックアップトラックで、アメリカでは非常に人気のあるモデルです。

タンドラも並行輸入車の流通が多く、日本でも購入が可能となるモデルです。純国産車にはラインアップのないオシャレな海外製キャンプギアの豊富さも魅力で、海外から車両と一緒に輸入するなんていう荒技も計画できてしまう一台です。積載能力の高いベッドと広い室内スペースは、キャンプの際にも大活躍すること間違いなしです。

最新「タンドラ」中古車情報
本日の在庫数 183台
平均価格 599万円
支払総額 109~1,540万円

第1位 トヨタ ハイラックス

キャンプにおすすめなピックアップトラック第1位は、トヨタハイラックスです。ハイラックスは国産車で新車購入が可能なピックアプトラックとしては貴重な存在で、アウトドアライフを好む層からの支持が厚い車両です。

純正オプションパーツ、社外パーツともにキャンプ時の使い勝手を良くしてくれるパーツも豊富に揃い、悪路走破製も高いので荒地でのキャンプにも強みを発揮してくれます。汚れたり濡れた荷物もベッドに気兼ねなく積載できるため、SUVやミニバンにはない雰囲気でのキャンプが楽しめる点もピックアップトラックの大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

最新「ハイラックス」中古車情報
本日の在庫数 664台
平均価格 421万円
支払総額 80~639万円

キャンプにおすすめなおしゃれ・レトロな車 ベスト5

第5位 スズキ アルトラパン

スズキ アルトラパン(2022年)

キャンプにおすすめなおしゃれ・レトロな車で第5位にランクインしたのは、スズキのハッチバック軽自動車「アルトラパン」です。

アルトラパンに道具を積み込み、キャンプ場へ出かける姿は「SNS映え」することが期待できるでしょう。ウサギをモチーフにして、外観やインテリアに施された丸型のデザインは、かわいいアイテムが大好きな女性から人気を獲得しています。

インテリアの随所に収納スペースを備えており、かつ長物や大きな荷物も積み込めるシートアレンジを備えていることで、”おひとりさま”やカップルでのキャンプに向いた一台です。

最新「アルトラパン」中古車情報
本日の在庫数 5106台
平均価格 80万円
支払総額 10~187万円

第4位 日産 ノート

日産 ノート AUTECH CROSSOVER(2020年)

キャンプにおすすめなおしゃれ・レトロな車で第4位にランクインしたのは、日産のコンパクトハッチバック「ノート」です。

2019年に3代目へモデルチェンジしたノートには、キャンプやアウトドア向けのグレード「AUTECH CROSSOVER」がラインアップされているのに注目です。

エンジンによる発電でモーターを回し車を走らせる「e-POWER」のシステムと、衝突被害軽減ブレーキなどの安全運転サポート機能はノーマル仕様との共通点。加えて、AUTECH CROSSOVER専用に用意された外観パーツは、車体下部にSUVチックなデザインを施していて力強さが感じられます。

e-POWERによるリニアな走りで、山奥のキャンプ場まで家族や仲間、荷物といっしょに快適な移動が楽しめるでしょう。

最新「ノート」中古車情報
本日の在庫数 6258台
平均価格 117万円
支払総額 17~1,180万円

第3位 三菱 eKクロス

三菱 eKクロス(2020年)

キャンプにおすすめなおしゃれ・レトロな車で第3位にランクインしたのは、三菱のトールワゴン軽自動車「eKクロス」です。

eKクロスは、ボディを「eKワゴン」と共有しつつもSUVチックなデザインが取り入れられているのが特徴。フロントマスクに備わった三菱のSUV・ミニバン特有のダイナミックシールドは強い信頼性を表しています。加えて、タイヤハウス周りのフェンダーモールの採用と、ツートーン仕様のボディカラーを揃えたことで、強靭な印象を受けるでしょう。

高速道路で力を発揮する安全運転サポートシステム「マイパイロット」をオプション設定したり、衝突被害軽減ブレーキなどの機能をまとめた「e-Assist」を全グレードに装備したりと、安全にキャンプ場まで乗る人を導くアイテムが揃っている一台です。

最新「eKクロス」中古車情報
本日の在庫数 448台
平均価格 134万円
支払総額 61~260万円

第2位 スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア(2020年)

キャンプにおすすめなおしゃれ・レトロな車で第2位にランクインしたのは、スズキのハイトールワゴン軽自動車「スペーシアギア」です。

「スペーシア」をベースに、丸型のヘッドランプと車体の随所に施したガンメタリックのカラーリングによって、幼少期の”遊び心”を大人でも感じさせるレトロな雰囲気となっています。

おもちゃ感がある外観とは裏腹に、インテリアの使い勝手のよさがスペーシアギアの強みです。汚れにも強いアウトドア向きのラゲッジスペースやはっ水加工が施されているシート、容量十分の収納スペースと、キャンプで活躍する装備が充実しています。

最新「スペーシアギア」中古車情報
本日の在庫数 925台
平均価格 170万円
支払総額 77~309万円

第1位 スズキ クロスビー

スズキ クロスビー(2019年)

キャンプにおすすめなおしゃれ・レトロな車で第1位にランクインしたのは、スズキのコンパクトクロスオーバーSUV「クロスビー」です。

ハスラーのおしゃれなデザインが好きだけど、走りに不安を感じている人におすすめの一台。デザインはハスラーにも使われている丸目のランプやツートーンルーフはそのままに、ボディサイズやエンジン排気量が拡大しているため、坂や険しい道が多い山奥でも安心です。

クロスビーの強みは4WDシステムにあります。4段階の走行モードによって、高速道路や上り坂、雪、泥、急な下り坂でも状況に応じた走りができる仕組みを取り入れているのが特徴。クロスビーを選択するなら、4WD仕様が適しているでしょう。

最新「クロスビー」中古車情報
本日の在庫数 899台
平均価格 185万円
支払総額 77~326万円

キャンプ場で聞いた!乗ってきた車と今欲しい車とは!?

【不安解消】テント泊メインでも、車中泊用の装備は必要?!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード