MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > リジットアクスル式サスペンションはなぜジムニーに採用されている?特徴や構造を解説
役立つ情報

更新

リジットアクスル式サスペンションはなぜジムニーに採用されている?特徴や構造を解説

リジッドアクスルサスペンションとは

左右の車輪を1本の車軸で連結したサスペンション

リジッドアクスルサスペンションとは、左右の車輪を1本の車軸で連結したサスペンションです。

日本語では「車軸懸架式」と呼ばれていますから、車軸が特徴的な要素のサスペンションともわかります。

現在、乗用車のほとんどは独立懸架式サスペンションが採用されていますが、トラックや一部の乗用車にはリジッドアクスルが使われています。

車軸は昔から車に使われている

©Delphotostock/stock.adobe.com

車輪と車軸を使った乗り物は紀元前の頃にはすでに誕生していたと言われています。つまりリジッドアクスルサスペンションはインディペンデントサスペンションよりも長い歴史があるのです。

リジッドアクスルサスペンションとインディペンデントサスペンションの違い

車軸を通して左右の車輪が直接的につながっているリジッドアクスルサスペンションに対して、インディペンデントサスペンション(独立懸架)は左右で独立した構造になっています。

例えばサスペンションの数に注目すると、フロントがインディペンデントサスペンション・リアがリジッドアクスルサスペンションの車ではサスペンションの数は3つ、フロントもリアもインディペンデントサスペンション(四輪独立懸架)の車では4つです。

数の違いは1つだけですが、この違いによる構造・コストなどは大きく変化します(後述)。

リジッドアクスルサスペンションの種類

インディペンデントサスペンションに種類があるように、リジッドアクスルサスペンションも多様な仕様が存在します。

大きくと分けると、パラレルリーフ式とリンク式の2種類です。車軸の位置を決める際に何が使われているのかがポイントとなります。

パラレルリーフ式(リーフリジット式)

©Rattanapon/stock.adobe.com

パラレルリーフ式は、板ばね(=リーフスプリング)が使われているリジッドアクスルサスペンションになります。細くて縦長な形状をしているのが特徴です。その名称にもあるように、ばねとしての役割も果たしています。

構造が単純でスペースを確保しやすいのが長所です。ただし、板ばねそのものが重たかったり、その構造ゆえの運転しづらさがあることなどが短所です。主にトラックのサスペンションとして採用されています。

多くの人々が日常的に使っている自動車に板ばねは採用されておらず、筒のような形状をしたバネ(=コイルスプリング)が主流となっています。

そのため、サスペンションの違いをスプリングの種類で分けることもあるようです。ただ、どちらのスプリングでもダンパーはセットになっています。

リンク式(コイルリジッド式)

©RoClickMag/stock.adobe.com

板ばねではなくリンク機構が用いられたリジッドアクスルサスペンションは、リンク式と呼ばれています。リンク機構とはロッドと呼ばれる棒状のパーツやブッシュ類が使われている構造を示します。

リンク式サスペンションはFR(後輪駆動)乗用車のリアサスや四輪駆動の本格オフロード車両に採用されてきました。

スズキ ジムニー(4代目)

例えば現行車では、スズキ ジムニーの前後サスペンション共にリジッドアクスルサスペンション(3リンク)です。古い車種だと、トヨタ AE86のリアサスペンションがリジッドアクスルサスペンション(5リンク)になっています。

リンクによって車軸が支えることで、横力をはじめとして車軸に掛かる様々な力をリンクで受け止めることができます。これはパラレルリーフ式と比べた際のメリットの1つです。

その他、パラレルリーフ式よりもサスペンションの部品重量が軽くなること、セッティングの自由度が広いことなどが挙げられます。

その一方でデメリットを挙げるとすれば、部品点数増加によるコストの増加や、リンクに使われるブッシュ類(振動を受けるゴムのこと)が経年劣化すると性能が低下するなどがあります。

トーションビームアクスル式はリジッドアクスル?

©Орлов Александр/stock.adobe.com

多くのFF車(前輪駆動車)のリアサスペンションとして採用されているのがトーションビームアクスル式。これは、アクスルビームと呼ばれるビーム、トレーリングアームなどの部品で構成されています。

製造コストを抑えて空間を広く確保できることで知られるこの形式は、リジッドアクスルサスペンション、それともインディペンデントサスペンションなのかと疑問にかけられることが多いです。

左右のサスペンションがある程度独立して動くという面ではインディペンデントサスペンションですが、「四輪独立懸架(四独)」というカテゴリーから省かれることは多々あります。

リジッドアクスルと解説されることもあったりと、その立ち位置は意外と複雑です。

リジッドアクスルのメリット・デメリット

インディペンデントサスペンションと相対的に見た時のリジッドアクスルのメリットは、単純な構造で部品点数が少なく、製造コストを安く抑えられることです。その結果、車両本体価格も安くなり、整備・調整も容易です。

反対に、インディペンデントサスペンションのような繊細な足回りではない点はデメリットとなります。アライメント調整はほとんどできませんし、乗り心地や操縦性で劣ります。

このようにメリット・デメリットどちらもありますが、そもそもリジッドアクスルとインディペンデントサスペンションは、ほぼ使い分けられていますので、購入時に心配することはほとんどないと見て良いでしょう。

強いて言うなら、すでに述べたように現行ジムニーの足回りは3リンク式リジッドアクスルサスペンションとなっているので、興味のある方には一度試乗した上で購入の判断をおすすめします。

ジムニーは代々リジッドアクスルを採用

©yo camon/stock.adobe.com

ジムニーにはフロント・リアサスペンション共にリジッドアクスルサスペンションが採用されています。

理由には、シンプルな構造を維持することで軽自動車らしい安くてリーズナブルな価格帯に抑えること、未舗装路を走って遊べる設計であること、そしてサスペンションが破損して部品を交換したとしても比較的安く済むようにすること、これら3つが考えられます。

なおかつラダーフレームが採用されているわけですから、モノコックボディのコンパクトカーやちょっと走破性を高めたSUVでは絶対に走れないような場所でも、平然と走破できるのです。

現代ではほとんど見ることのない仕様だからこそ、根強い人気があるのだとわかります。

リジッドアクスルの現行車はほとんどない

現行車種のほとんどがインディペンデントサスペンションとなり、リジッドアクスルの乗用車はほとんどなくなりました。

しかし、いざ少なくなってみると一抹の寂しさみたいなものも感じますし、高性能化しても価格高騰で買えなくなっては意味がありません。古典的なサスペンションで時代を逆行してみてもよいのではないでしょうか。

オフロード/クロカン車好きな人におすすめの記事はこちら

小さくても本格オフローダー!軽クロカン特集

ジムニーの対抗馬・ダイハツ ラガーが復活か?

懐かしの元祖・ロッキー!こっちもカッコいい

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード