ドイツ車の特徴とは?人気のドイツ車メーカーとおすすめの車種4選!

日本の道を走っている輸入車の中でもかなりの台数を占めているドイツ車。なぜ私たちはドイツ車の魅力にはまるのでしょうか?日本車とドイツ車を比較しながら、おすすめメーカー、車種をご紹介していきます。

ドイツは自動車のパイオニア

自動車のパイオニアとして知られるドイツ。欧州車の代表格ともされ、日本における輸入車の販売ランキングでもドイツ車が上位を占めています。

高級車が多いイメージですが、これほどドイツ車が日本人に支持される理由は何なのでしょうか?

今回はそんなドイツ車の魅力をたっぷりとご紹介します。また、比較的手が届きやすいおすすめ車種も一緒に紹介していきます。

ドイツ車の特徴

高速安定性に優れる

アウトバーンという速度無制限の高速道路が存在するドイツは時速200km以上でも安定して走れる車が必然的に求められます。サスペンション・ブレーキ、エンジンすべてが高次元で高速域でも上質な乗り味を提供してくれます。

ボディ剛性が高い

日本車と同じクラスの車であってもドイツ車はボディ剛性が高く、ドアの厚みを見ればその違いは一目瞭然です。ドイツ車に乗る機会があったらドアを閉めるときの音にも注意してみてください。重厚なサウンドも剛性の高さをうかがわせてくれます。

また、ドイツ車の衝突安全基準は世界最高峰と言われており、万が一の交通事故でも乗員をしっかり守れる設計になっています。

内装の質感が高い

外観だけでもドイツ車は高級車だと思い知らされますが、車内に乗り込んでみるとなお、品質の高さを実感します。内装のプラスチック感はなく、ソフトパッドと呼ばれる素材を多く使用しており、デザイン性も高い車が多いです。

また、ドイツ車はシートはやや硬めに造られています。シートは柔らかい方が乗り心地がいいと思われがちですが、ドイツ車のシートは長時間乗っても疲れにくい設計なのです。

運転していて楽しい

日本車は近年、実用性や快適性を重視する方向に向かっていますが、ドイツ車は車とのコミュニケーションを大事にしています。

ハンドルが驚くほど軽い日本車に比べ、ドイツ車は若干ハンドリングに重さがあります。運転しているという感覚をドライバーにしっかり伝えるため、敢えてこのようなセッティングになっています。

また、日本ではエンジン音が車内に響くのは、敬遠されがちですが、BMWなどの車は車内にエンジン音が意図的に聞こえるように設計されています。

これはエンジンの状態を感覚的に運転手に伝えるためですが、回転数による音の変化が分かるようになればより一層運転は楽しくなることでしょう。

人気のドイツ車メーカー①フォルクスワーゲン

出典:http://thelondonpost.net/

フォルクスワーゲンはドイツ車の中でもラインナップが充実しており、日本車からの乗り換えでも抵抗のない価格帯の車が多いです。

元は大衆車という意味合いの自動車メーカーですが、近年は高級車も扱うメーカーへと変化してきました。

おすすめ車種フォルクスワーゲン・ゴルフ

出典:http://autoc-one.jp/

輸入車にしては大人しいデザインなので外車好きの人には好まれない傾向がありますが、同社が最も力を入れている車もこの「ゴルフ」なのです。

Cセグメントのものさし的な存在で同クラスの国産車でこのゴルフに勝る車はおそらく存在しません。それほどフォルクスワーゲン最新鋭の技術が投入され、評価されている一台なのです。

外車っぽくないから選ばないという人はちょっと損しているかもしれません。本当に良くできた車です。

新車価格:249~549万円

人気のドイツ車メーカー②アウディ

出典:http://logomarket.jp/

アウディはフォルクスワーゲングループですが、より高級ブランドとして年々シェアを拡大しているメーカーです。

中でもクアトロと呼ばれる4駆システムはオンロード走行を重視したものであり、従来の4駆=オフロードというイメージを払拭しました。

ヘッドライトの技術でも非常にこだわりを見せるメーカーとして知られており、同社のアイデンティティを表現する上で重要な要素になっています。

おすすめ車種アウディ・A4

「A4」はアウディを代表する4ドアセダンで、車はやっぱりドイツ車と思わせてくれるような良質な走りを味わうことができます。

プリウスを上回る空力性能の持ち主で、より車らしいフォルムを維持しながらcd値0.23という抵抗を実現し、高く評価されています。

新車価格:518~624万円

人気のドイツ車メーカー③BMW

出典:http://1616bmw.com/

インパクトのあるエンブレムはプロペラをモチーフとし、かつて航空機エンジンメーカーであった事に由来します。

「駆け抜ける歓び」をコンセプトに掲げ、運転する楽しさを常に追求するメーカーです。FR車を中心とした車づくりにこだわり、日本でも多くのファンを獲得しています。

車の王様「ロールスロイス」やプレミアムコンパクトの「MINI」もBMWグループに属しています。

おすすめ車種BMW・1シリーズ

「1シリーズ」もライバルのひしめくCセグメントにカテゴリーされます。しかし1シリーズにはFRという他社にはない明確な差別化が図られています。

FRの場合、後部座席やトランクスペースは狭くなりがちですが、現行1シリーズは他のFF車に引けをとらない室内空間を確保しています。

新車価格:298~578万円

人気のドイツ車メーカー④メルセデス・ベンツ

出典:http://carbic-town.com/

「スリーポインテッド・スター=高級」と言われるくらい、ベンツは高級車の代名詞となっています。しかし、近年は若い層も取り込むために、低価格帯のモデルや新しいデザインを積極的に取り入れています。

おすすめ車種メルセデス・ベンツ Aクラス

出典:http://www.yanase.co.jp/

「Aクラス」はベンツのエントリーモデルに設定されています。それでもベンツ譲りの高級車を思わせるテイストは至る所に散りばめられています。

1.6Lターボエンジンと2.0Lターボエンジンがラインナップされており、その走りの質は全く違うものになっています。

新車価格:298~596万円

世界で大人気のドイツ車

ドイツ車の満足度は総じて高い

出典:http://autoc-one.jp/

いかがでしたか?

ドイツは質実剛健の国と言われるようにクルマづくりにおいてもその性格は表れているようです。車の乗り換えサイクルも日本車よりも長く想定されており、新車で購入して10年以上乗る人も多くいます。価格は高めですが、その分、物が良いということです。

またドイツ車は自動車業界の先駆者でもあり、新技術を積極的に取り入れるメーカーとして知られています。
そのため、新車が発表されるたびにかなりの注目が集まります。

今後もドイツメーカーからどのような車が出てくるのか楽しみですね。

ドイツ車に関連するおすすめ記事

ドイツ以外の国の車の特徴についてはこちら