MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 外車・輸入車 タイプ別人気おすすめランキング|外車SUVやコンパクトカーのオススメは?
ニュース

更新

外車・輸入車 タイプ別人気おすすめランキング|外車SUVやコンパクトカーのオススメは?

外車・輸入車 コンパクトSUV人気おすすめランキング

依然として高い需要があるSUV市場のなかでも、今もっとも過熱しているのは、日常の足からレジャーまで使える便利なコンパクトSUV。海外メーカーも力を入れて開発している外車・輸入車 コンパクトSUVランキングTOP5を紹介します。

第1位:フォルクスワーゲン T-Cross

フォルクスワーゲン T-Cross TSI R-line 2021モデル

フォルクスワーゲン最小コンパクトSUVであるT-Crossの大きさは、同社のポロとゴルフの中間サイズ。ボディサイズの拡大を抑えつつも、シートや荷室などの各部は大きめにつくられているため、コンパクトでもゆったりと乗れるSUVをお探しの方におすすめです。

特徴的な力強いエクステリアとポップなデザインのインテリアのほか、速度域が高い欧州に合わせた高速安定性など国産車にはない魅力がたくさん詰まっているのがT-Crossです。

最新「T-クロス」中古車情報
本日の在庫数 96台
平均価格 273万円
本体価格 215~336万円

第2位:MINI クロスオーバー

MINI クロスオーバー クーパー SE ALL4 2020年モデル

ファッショナブルなSUVの代名詞ともいえるのがMINI クロスオーバー。MINIが持つ可愛さと、SUVの無骨さをプラスして独自のカッコよさを演出したコンパクトSUVであり、この外観だけでも購入する価値ある魅力です。

また、豊富なエンジンラインナップに加え、内装トリムやホイール、アクセサリーが自由に選べるオーダープログラムで自分好みにカスタムできるのも特徴です。広い後席のMINI クロスオーバーは、MINIに乗りたいけれどもファミリカーとしても使いたい方におすすめします。

最新「MINIクロスオーバー」中古車情報
本日の在庫数 866台
平均価格 203万円
本体価格 16~499万円

第3位:アウディ Q2

アウディ Q2 1STエディション

全長4,200mmの小さなボディでも上質感なインテリアや、精悍なエクステリアがしっかりと備わっているのがアウディQ2の魅力。充実した運転支援装備や、フルデジタルメーターをはじめとする先進装備も特徴であり、斬新なシティSUVに乗りたい方や、高級感あるコンパクトSUVに乗りたい方にはアウディ Q2がおすすめです。

1.0 L3気筒ターボエンジンは2021年5月のマイナーチェンジで廃止され、以降は気筒休止機能が備わる新開発1.5L 4気筒ターボエンジンに一本化されています。

最新「Q2」中古車情報
本日の在庫数 201台
平均価格 292万円
本体価格 170~449万円

第4位:レンジローバー イヴォーク

ランドローバー イヴォーク 2021年モデル

ランドローバー最小のSUVであるイヴォークのおすすめポイントは、スタイリッシュな外観に似合わないほどの高い悪路走破性です。豊富なラインナップのエンジンに電子制御4WDを組み合わせることで泥や砂地の走行はもちろん、深さ530mm以下の川渡りにも対応します。

悪路走行のための各種センサーや、ボンネット下の路面状況を確認できるモニターカメラなどを備えるコンパクトなハイテクオフローダーがイヴォークであり、アウトドアレジャーでハードに使うならこれ一択といえます。

最新「レンジローバーイヴォーク」中古車情報
本日の在庫数 251台
平均価格 406万円
本体価格 150~798万円

第5位:ボルボ XC40

ボルボ XC40 2018年モデル

スタイリッシュなコンパクトSUVをお探しならボルボ XC40がおすすめです。日本車にはないスカンジナビアンデザインの内外装は、落ち着いた印象ながら個性的であり、それだけでボルボの車であることを主張します。

また、環境性能に優れた48Vマイルドハイブリッド&プラグインハイブリッドシステムと、先進の運転支援機能ボルボの特徴です。コンパクトSUVにエコロジーと高い安全性を求める方にもXC40をおすすめします。

最新「XC40」中古車情報
本日の在庫数 234台
平均価格 430万円
本体価格 299~649万円

外車・輸入車 コンパクトカー人気おすすめランキング

輸入コンパクトカーの特徴は、丁寧なつくり込みによる高級感と、高い速度域での走行安定性。また、国産車にはない個性的なデザインの車が多いのも特徴です。実用性と経済性を兼ね備えた魅力的な外車・輸入車 コンパクトカーランキングTOP5を紹介します。

第1位:MINI ONE/クーパー/コンバーチブル

MINI クーパー 3ドア 2021年モデル

輸入車特有のおしゃれな雰囲気を満喫したい方には性別を問わずMINをおすすめします。可愛くもあり、カッコよくもある個性的なデザインと、狭い道でもスイスイ走れるゴーカートフィーリングが特徴のMINIは、小さくても強い存在感を放つコンパクトカーです。

3ドア・5ドア・コンバーチブルのボディタイプと、豊富な種類のエンジン、さまざまなオプションを組み合わせて自分だけの車に仕上げられるのもMINIの特色です。

最新「MINI 3ドア」中古車情報
本日の在庫数 1798台
平均価格 121万円
本体価格 7~445万円

第2位:フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ eTSI R-Line 2021年モデル

コンパクトカーの世界基準ともいえるフォルクスワーゲン ゴルフは、ドイツ製FFコンパクトハッチバックの確かな性能を味わいたい方に最適な1台。時代のニーズにマッチしたボディサイズに抑えつつ、石畳も走行できる強靭なボディ、アウトバーンを高速走行できる直進安定性などをしっかり備えるのがゴルフという車です。

最新の8代目はフルデジタルメーターやLEDヘッドライト、運転支援装備などの先端テクノロジーもふんだんに用いられています。

最新「ゴルフ」中古車情報
本日の在庫数 1322台
平均価格 130万円
本体価格 3~435万円

第3位:メルセデス・ベンツ Aクラス

メルセデス・ベンツ A250e 2021年モデル

メルセデス・ベンツ最小最安のAクラスは、上質なコンパクトカーとしても、メルセデス・ベンツのエントリーモデルとしてもおすすめの車です。発売から2年を経ても需要が衰えず、女性にも人気のAクラスは、もっとも身近で実用的なメルセデス・ベンツといえるでしょう。

高級感に乏しいFFハッチバックではあっても、Aクラスはしっかりとメルセデス・ベンツクオリティで仕立てられ、運転支援機能の安全性は最上級モデルであるSクラスと同様です。メーター・ナビ一体型ディスプレイ「MBUX」の音声認識アシスト機能も搭載されています。

最新「Aクラス」中古車情報
本日の在庫数 695台
平均価格 195万円
本体価格 8~458万円

第4位:フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ TSI R-line 2021年モデル

女性ユーザーが約6割を占めるフォルクスワーゲン ポロは、4mほどの全長でもドイツ車らしいどっしりとした乗り味がしっかりと備わる車。このサイズでもフルデジタルメーターや運転支援装備、全車速追従機能付クルーズコントロールなどがしっかりと搭載されています。

ポロはドイツ車を試してみたい方のエントリーモデルや、おしゃれで扱いやすい輸入車をお探しの方におすすめです。

最新「ポロ」中古車情報
本日の在庫数 1339台
平均価格 105万円
本体価格 9~308万円

第5位:フィアット 500

フィアット 500 cult 2020年モデル

愛くるしいほどに小さくかわいらしいフィアット 500は、全長3,570mmの4人乗り2ドアボディを採用する軽自動車サイズの車。さらにおしゃれな電動オープントップの500Cもラインナップし、その存在感はMINIにも劣りません。

3代目500は、発売から10年以上たっても高い人気を誇るモデルです。後席は快適とはいえませんがチャイルドシートは装着可能。フィアット500は、おしゃれな通勤車をお探しの方や、車の取り回しが苦手な女性にもおすすめです。

最新「500」中古車情報
本日の在庫数 843台
平均価格 108万円
本体価格 18~439万円

外車・輸入車 セダン人気おすすめランキング

セダンは走行性能・安全性能・快適性能などのバランスにもっとも優れた車です。人気の輸入セダンは車づくり手本にされることも多く、所有しているだけで社会的ステータスとみなされるモデルもあります。外車・輸入車 セダンランキングTOP5を紹介します。

第1位:BMW 3シリーズ

BMW 3シリーズ Mスポーツ 2018年モデル

BMWを象徴するモデルとして、運転する楽しさを徹底的に磨き上げたスポーツセダンであるBMW 3シリーズは、運転が好きな方におすすめです。滑らかに回転上昇するエンジンフィールや、FRらしい素直なハンドリングの完成度は、世界中の自動車メーカーがミドルセダンの基準に見据えるほど。

3シリーズには音声認識アシスタントに加え、各種運転支援機能や一定条件下で直近のルートをバックで戻るリバースアシスト機能が備わり、扱いやすいセダンとしても魅力的です。

最新「3シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 57台
平均価格 184万円
本体価格 18~717万円

第2位:メルセデス・ベンツ Cクラス

メルセデス・ベンツ Cクラス 2021年モデル

扱いやすさと快適な居住性を備えるセダンをお求めの方には、メルセデス・ベンツ Cクラスをおすすめします。最新の5代目は、後輪操舵システムにより小回りがきくようになったうえ、音声でナビやエアコンなどを操作できるMBUXはさらに扱いやすく進化しました。

世界のセダン市場を牽引し続けるCクラスは、あらゆる部分にメルセデス・ベンツの高い技術力が惜しみなく注がれたミドルセダンです。

最新「Cクラス」中古車情報
本日の在庫数 1398台
平均価格 260万円
本体価格 22~1,488万円

第3位:アウディ A3セダン

アウディ A3セダン 2020年モデル

扱いやすい全長約4.5mのコンパクトボディと、アウディらしい端正なスタイリングが特徴のA3は、実用的かつ先進的なデザインのセダンをお求めの方に最適です。最新の4代目A3セダンは、フルデジタルメーターと鋭角的なデザインの内装によって、より近未来的なイメージに改められました。

搭載エンジンは環境性能を大きく引き上げた1.0L 3気筒ターボエンジン+マイルドハイブリッド。より高い安定性を必要とする方のために、2.0L 4気筒ターボのクアトロ4WDもラインナップしています。

最新「A3」中古車情報
本日の在庫数 579台
平均価格 165万円
本体価格 14~408万円

第4位:メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ E350 2020年モデル

メルセデス・ベンツ Eクラスの持ち味は、上質で快適な移動を提供するアッパーミドルセダンとしての高いトータルパフォーマンス。長距離移動のためにセダンを購入するならEクラスをおすすめします。

メルセデス・ベンツラインナップの中核モデルゆえに、2016年に登場した現行型5代目は発売から時間が経っても安定した人気を誇り、改良によってMBUXやARナビなど最新のものにアップデートされています。

最新「Eクラス」中古車情報
本日の在庫数 1003台
平均価格 295万円
本体価格 19~1,100万円

第5位:アルファロメオ ジュリア

アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ 2020年モデル

珍しいデザインのスポーツセダンや、性能やデザイン一辺倒ではない実用的なイタリア車をお探しの方にはアルファロメオ ジュリアをおすすめします。名車と謳われたジュリア ベルリネッタの名前を承継して登場したジュリアは、完全新規設計のFRシャシーが与えられました。

ハンドリングやエンジンフィーリングにイタリア車らしさを残しつつ、しっかり実用性にも配慮したセダンがジュリアです。荒々しいイタリア車らしさがお好みの方向けに、510PSの2.9L V6ターボエンジンを搭載した「クアドリフォリオ」もラインナップしています。

最新「ジュリア」中古車情報
本日の在庫数 111台
平均価格 454万円
本体価格 247~1,048万円

外車・輸入車 ミニバン人気おすすめランキング

海外では大きなフルサイズバンか、ワゴンを拡張して広い荷室や3列シートを備えたMPV(マルチバン)が主流であり、日本のような箱型ミニバンはほんど存在しません。

いずれの車種も高い速度域での使用が想定されているため、フル乗車時の安定感と安心感は抜群です。外車・輸入車 ミニバンランキングTOP3を紹介します。

第1位:メルセデス・ベンツ Vクラス

メルセデス・ベンツ V220d アンビエントロング 2020年モデル

荷物をたくさん積んで長距離レジャーに出かけられる輸入車ならメルセデス・ベンツ Vクラスをおいてほかにありません。全長4,905mmの標準ボディから、5,380mmのエクストラロングまで、用途に応じて選べる3種類のボディが用意されています。

ドイツ車ならではの高いボディ剛性に加え、片輪ブレーキ制御による姿勢制御によって強い横風時の高速走行でも盤石の安定感を保ちます。全グレードに2.2Lディーゼルエンジンを搭載し、ランニングコストに優れるのも美点といえるでしょう。

最新「Vクラス」中古車情報
本日の在庫数 184台
平均価格 416万円
本体価格 40~1,198万円

第2位:フォルクスワーゲン トゥーラン

フォルクスワーゲン トゥーラン TSI R-line 2021年モデル

フォルクスワーゲン トゥーランは、リアヒンジドアを装備したマルチバン。3列シートを備え、最大7人でロングドライブができる車をお探しの方にぴったりです。後部座席を倒せば荷室はフルフラットになり、電動テールゲートなどの快適装備も搭載されるためレジャー用途にも最適です。

全長4,545mmのボディに搭載されるエンジンは、2.0Lディーゼルと、気筒休止モードを備えた1.5Lガソリンターボ。素早く変速できる7速DSGの恩恵で峠道などでも軽快に走れます。

第3位:BMW 2シリーズ グランツアラー

BMW 2シリーズ グランツアラー 2018年モデル

BMWの異色作である7人乗りマルチバンが2シリーズ グランツアラーです。そのハンドリングはFFとはいえ、BMWらしさを感じさせるしっかりとしたものであり、大人数での移動や、アウトドアレジャーに使いながら、目的地までの運転を楽しみたいドライバーにおすすめします。

走行性能一辺倒ではなく、全グレードに電動パノラマガラスサンルーフがオプション設定され、輸入車らしい特別な雰囲気を乗員全員で楽しめる内装も2シリーズ グランツアラーの美点です。

最新「2シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 94台
平均価格 395万円
本体価格 100~550万円

外車・輸入車 高級SUV人気おすすめランキング

大柄なボディと豪華絢爛な内装、パワフルなエンジンと4WDが高級SUVを象徴する要素です。1,000万円を優に超える価格でも大人気の、外車・輸入車 高級SUVランキングTOP5を紹介します。

第1位:メルセデス・ベンツ Gクラス

メルセデス・ベンツ G350d 2018年モデル

軍用車両であったゲレンデヴァーゲンがGクラスの起源であり、強固なラダーフレームによる高い走破性と大排気量エンジンによる大トルクがGクラスの持ち味。1979年の登場当初からほとんど形を変えることなく継承され続ける無骨な外観とは裏腹に、内装はメルセデス・ベンツらしく豪華かつ洗練された仕立てが特徴です。

度重なる改良で、走行や快適性に関わるあらゆる部分は最新の電子制御に置き換えられており、本格的なオフロードカーとしても、ファッショナブルなラグジュアリーカーとしてもおすすめできる高級SUVです。

最新「Gクラス」中古車情報
本日の在庫数 403台
平均価格 987万円
本体価格 289~2,750万円

第2位:ランドローバー レンジローバー

ランドローバー レンジローバー スポーツ 2018年モデル

ランドローバーが製造するレンジローバーは、砂漠のロールス・ロイスとも呼ばれる高級オフロードカー。乗車定員は最大5人となっており大人数の移動はできませんが、豪華かつ広大な車内を広々使えるため、悪路走行を必要とするレジャーやラグジュアリーカーとしての用途におすすめです。

また、フォーマルな場でも使えるスタイリッシュな外観もレンジローバーの強みといえるでしょう。標準モデルよりも200mmホイールベースが延長されたLWB版の4人乗りは、まさにロールス・ロイスのような広い後席空間が広がります。

最新「レンジローバー」中古車情報
本日の在庫数 19台
平均価格 368万円
本体価格 65~1,430万円

第3位:BMW X7

BMW X7 M50i 2019年モデル

大柄な高級SUVにも、スポーティなハンドリングを求める方にはBMW X7がおすすめです。 X7は全長5,165mm、全幅2,000mmの大柄なボディにもかかわらず、電子制御のエアサスペンションと4WDシステムの恩恵で良質な乗り心地を保ったまま軽快に走れます。

7人乗りの広い車内は、豪華絢爛な内装とイルミネーション付きガラスルーフや音声認識アシスタントなど装備により、快適に移動できる空間に仕上げらてられています。

最新「X7」中古車情報
本日の在庫数 30台
平均価格 1,237万円
本体価格 1,079~1,648万円

第4位:アウディ Q8

アウディ Q8 2019年モデル

大柄な高級SUVのなかでも都市部で使うなら、比較的コンパクトなアウディ Q8がマッチするでしょう。5m×2m以内に収まるQ8のボディは、都市の景観に馴染む先進的なデザイン。小回りが効く後輪操舵システムも狭い場所での使用に際して嬉しい装備です。

5人乗りであるため大人数の移動はできませんが、そのぶんゆとりあるラゲッジスペースには大量の荷物を積むことができます。Q8は普段は都市部を移動し、時々レジャーを楽しむ方にぴったりのSUVです。

最新「Q8」中古車情報
本日の在庫数 28台
平均価格 867万円
本体価格 698~1,066万円

第5位:ポルシェ カイエン

ポルシェ カイエン ターボGT 2021年モデル

SUVにスポーツカーのような運動性能を求める方にはポルシェ カイエンがおすすめです。 内外装はポルシェ 911やケイマンを思わせるデザインにまとめ上げられ、エンジンはもっとも安価なモデルでも340PSを発揮する3.0L V6エンジンを搭載します。

さらには550PSのターボモデルや、システム出力680PSのプラグインハイブリッドなどもラインナップし、大柄なボディを感じさせないパワーとハンドリングがカイエンの持ち味です。

最新「カイエン」中古車情報
本日の在庫数 375台
平均価格 455万円
本体価格 59~2,150万円

外車・輸入車 スポーツカー人気おすすめランキング

ひとくちにスポーツカーといっても定義はさまざま。とくに輸入スポーツカーは、デザインや性能にメーカーごとの思想が反映されやすいジャンルといえるでしょう。高い趣味性を持つ外車・輸入車 スポーツカーランキングTOP5を紹介します。

第1位:BMW Z4

BMW Z4 ロードスター 2018年モデル

ショート&ワイドなボディと、50km/h以下なら走行中でも開閉可能な電動ソフトトップが与えられた3代目BMW Z4は、スポーツカーならではの軽快なハンドリングをオープンで楽しみたい方に最適な車に仕上げられています。

搭載エンジンは、197PSを発揮する2.0L 4気筒ターボと、387PSの3.0L 6気筒ターボの2種類。車内にはフルデジタルメーターや音声認識アシスタントに加え、小さいながら長物が積めるトランクスルーも備わります。

最新「Z4」中古車情報
本日の在庫数 9台
平均価格 157万円
本体価格 29~278万円

第2位:アウディ TT

アウディ TT クーペ 2019年モデル

実用的な2ドアクーペをお求めの方には、アウディ TTがおすすめです。大きなリアハッチは荷物の積み下ろししやすく、2人掛けの後席は狭いものの、背もたれを倒せばフルフラットにもなります。

メーターのフルデジタル化によって、中央のナビモニターを排したシンプルなインパネも秀逸。197PSのFFモデルと、245PSのクワトロ4WDモデルがラインナップし、それでも物足りない方には400PSを発揮する5気筒エンジンを搭載したTT RSも用意されています。

最新「TTクーペ」中古車情報
本日の在庫数 394台
平均価格 183万円
本体価格 17~598万円

第3位:ポルシェ 718ケイマン

ポルシェ 718 ケイマン 2016年モデル

2.0L水平対抗4気筒ターボエンジンをミッドシップに搭載したポルシェ 718ケイマンは、走り好きなドライバーにおすすめのスポーツカーです。RRのポルシェ 911と比べて乗りやすく、ワインディングロードからサーキットまで楽しく走れるうえ、小さいながらリア後端にもトランクが備わるのはMRのケイマンならでは。

実用的で安価であっても911に劣らない走りがケイマンの魅力です。搭載エンジンや装備によって様々なモデルがラインナップしており自分の用途にピッタリな車が選べます。

最新「718ケイマン」中古車情報
本日の在庫数 63台
平均価格 889万円
本体価格 598~1,538万円

第4位:シボレー カマロ

シボレー カマロ SS 2020年モデル

往年のカマロをオマージュしたモダンなボディに、6.2Lの大排気量V8エンジンを搭載した6代目シボレー カマロは、アメリカンスポーツカー好きにおすすめしたい1台です。

全長4,780×全幅1,900mm×全高1,345mmの大柄なボディながら、低く狭いリアシートはカマロの伝統と割り切りざるをえませんが、それを差し引いても今や希少なマッスルカーは魅力的。小排気量ながらトルクフルな2.0L 4気筒ターボを搭載したグレードや、オープンモデルもラインナップしています。

最新「シボレーカマロ」中古車情報
本日の在庫数 185台
平均価格 429万円
本体価格 39~1,500万円

第5位:BMW 4シリーズ グランクーペ

BMW 430i グランクーペ 2021年モデル

2ドアであるBMW 4シリーズを、5ドアハッチバックに仕立てたのが4シリーズ グランクーペです。内装デザインやグレードごとの動力性能は4シリーズクーペに準じ、運転支援機能や音声認識アシスタントも搭載されています。

60km/h以下ならハンドルから手を離しても前走車に自動追従するハンズオフ機能も搭載されるため、長距離運転が多い方におすすめです。また、セダンとクーペの中間的な性質をもつグランクーペは、3シリーズと4シリーズのどちらを購入しようか迷っている方の妥協点にもなります。

最新「4シリーズグランクーペ」中古車情報
本日の在庫数 198台
平均価格 292万円
本体価格 140~489万円

外車・輸入車 注目の新型車3選

ポルシェ マカンが電動化前にパワーアップ?

新型マカンのテスト車両

次期モデルは電動化されるとされているポルシェ マカン。現行モデルの改良テスト車両が目撃されていて、全グレードで出力アップする見込みです。2021年夏に改良モデルが登場予定となっています。

メルセデス・ベンツ 次期GLCはピュアEVも登場か

新型GLCのテスト車両
出典:carscoops.com

メルセデス・ベンツ Cクラスの派生モデルであるGLCは、Cクラスのフルモデルチェンジにあわせて次期モデルが登場する見込みです。次期モデルからはピュアEVモデルも設定されるとされ、2022年にワールドプレミアとなる可能性があります。

フォルクスワーゲン初のピュアEVがテスト中?

フォルクスワーゲン ID.BUZZのテスト車両

フォルクスワーゲンが現在開発中の次世代EVミニバンが「ID.BUZZ」です。顔認識機能などを備えるAIアシスタントを搭載し、車両所有者の識別などが可能に。市販型のワールドプレミアは2022年が予定されています。

その他の情報はこちら

外車のクーペは34車種以上!充実のラインナップ

国産SUVを全30モデルを比較!

外車SUVの燃費に関する情報はこちら

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る (31枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード