MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 【2022年版】外車・輸入車 タイプ別人気おすすめランキング|SUVやコンパクトカーのオススメは?
ニュース

更新

【2022年版】外車・輸入車 タイプ別人気おすすめランキング|SUVやコンパクトカーのオススメは?

外車・輸入車 コンパクトSUV人気おすすめランキング

依然として高い需要があるSUV市場のなかでも、今もっとも過熱しているのは、日常の足からレジャーまで使える便利なコンパクトSUV。海外メーカーも力を入れて開発している外車・輸入車 コンパクトSUVランキングTOP5を紹介します。

1位:フォルクスワーゲン T-Cross

フォルクスワーゲン T-Cross(2021年)

フォルクスワーゲンのSUVラインナップでエントリー車種となるのが「T-Cross」です。2021年、JAIA(日本自動車輸入組合)が公表しているデータで、輸入車SUVジャンルではトップの登録台数を記録しています。

コンパクトなボディサイズながら、リアシートを倒していない状態でも十分な荷室空間を実現。加えて、”ダウンサイジングターボ”仕様となっている1,000ccの直噴4気筒エンジンも、街乗りだけでなく休日のドライブで十分な性能となっています。

2位:フォルクスワーゲン T-Roc

フォルクスワーゲン T-Roc(2021年)

2021年、JAIAが公表しているデータで、輸入車SUVジャンルの2番目に多い登録台数を記録したのが「T-Roc」です。

T-Crossとプラットフォームを共有しつつ、コンパクトカー「ゴルフ」と同じ程度のボディサイズで取り回しのよさを保っているのが特徴。緩やかなルーフラインによるクーペチックのスタイリングにより、街なかでの存在感が際立っています。

リアシートの頭上空間も十分に確保しているので、大人同士の複数名乗車にも対応できるユーティリティ性も、T-Rocで注目したいポイントです。

第3位:MINI クロスオーバー

MINI クロスオーバー クーパー SE ALL4 2020年モデル

ファッショナブルなSUVの代名詞ともいえるのがMINI クロスオーバー。MINIが持つ可愛さと、SUVの無骨さをプラスして独自のカッコよさを演出したコンパクトSUVであり、この外観だけでも購入する価値ある魅力です。

また、豊富なエンジンラインナップに加え、内装トリムやホイール、アクセサリーが自由に選べるオーダープログラムで自分好みにカスタムできるのも特徴です。広い後席のMINI クロスオーバーは、MINIに乗りたいけれどもファミリカーとしても使いたい方におすすめします。

4位:ルノー キャプチャー

ルノー キャプチャー(2021年)

「トゥインゴ」や「ルーテシア」などコンパクトカーづくりが得意なルノーが送り出したコンパクトSUVが「キャプチャー」です。

メーカーエンブレムと左右へ鳥の翼のようにかたどられたグリルが特徴のフロントマスクは、すぐにルノーの車であると認識できるでしょう。なだらかに下っているリアルーフからは、クーペを思わせるスポーティさが感じられます。

高出力・高トルクを両立した直噴ターボエンジンと、軽量で強度の高いプラットフォームは、コンパクトSUVジャンルでも指折りの高品質とも評価されている車です。

5位:ジープ コンパス

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は jeep_compass_2021_front_side-1000x666.jpg です
ジープ コンパス(2021年)

「コンパス」はジープのSUVラインナップで中核を担っているモデルです。

フロントマスクに備わった「7スロットグリル」はジープのモデルで共通しているポイントであり、上級SUVの「グランドチェロキー」を小型化したかのような勇ましい外観デザインとなっています。

悪路も難なく走り抜けるジープのイメージを受け継いだ「アクティブドライブ」4WDシステムはコンパスでも安定感のある走りを楽しめます。「タイガーシャーク」と名乗ったシャープなレスポンスを発揮するエンジンと、変速数が異なる2種類のAT(オートマチックトランスミッション)を組み合わせているのも注目です。

外車・輸入車 コンパクトカー人気おすすめランキング

輸入コンパクトカーの特徴は、丁寧なつくり込みによる高級感と、高い速度域での走行安定性。また、国産車にはない個性的なデザインの車が多いのも特徴です。実用性と経済性を兼ね備えた魅力的な外車・輸入車 コンパクトカーランキングTOP5を紹介します。

1位:MINI ONE/クーパー/コンバーチブル

MINI 3ドア/5ドア(2022年)

誰もが名前を知っている外車・輸入車の代表モデルが「MINI」シリーズです。コンパクトカーラインナップとなる「ONE」や「クーパー」は、BMC(ブリティッシュモーターコーポレーション)が生産していたモデルをモチーフとしています。

3ドアや5ドアのハッチバックスタイルが基本ラインナップ。加えて、専用のエアロパーツと300馬力オーバーのターボエンジンを搭載したグレード「ジョンクーパーワークス」、3ドアをベースとした4人乗りオープンカーとなっている「コンバーチブル」も用意しています。

”ゴーカートフィーリング”と銘打ったクイックなハンドリングと軽快な加速が魅力のコンパクトカーです。

2位:フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI(2021年)

フォルクスワーゲンの屋台骨を支えてきたコンパクトカー「ゴルフ」。2021年、日本にも通算8代目の現行モデルが導入されました。

8代目は「デジタル技術」および「パワートレイン」を充実させているのに注目です。

前面タッチスクリーン式でスマートフォンのように情報操作ができるシステム「Discover Pro」を標準装備したグレードを用意。マイルドハイブリッドシステムを付け加えたガソリンエンジン仕様2種類と、最大トルクに優れたクリーンディーゼル仕様の合計3種類をラインナップして、ユーザーの選択肢を広げています。

3位:フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ(2022年)

フォルクスワーゲンの現行ラインナップでは”末弟”にあたるコンパクトカーが「ポロ」です。

コンパクトカーでありながら高級・高品質をセールスポイントとしており、本国ドイツのアウトバーン(高速道路)で鍛え上げたボディは走りの安定感をもたらします。

現行モデルは2022年に改良型が登場。兄貴分のゴルフ同様に先進のデジタル技術が用いられて、スピードメーターに大型液晶ディスプレイを採用した「Digital Cookpit Pro」が採用されています。

5位:アウディ A3スポーツバック

アウディ A3スポーツバック(2020年)

アウディのコンパクトカーラインナップで、ライバルメーカーと真っ向勝負している車種が「A3スポーツバック」です。

2021年に日本導入された4代目は、デザイン・走り・使い勝手・情報技術をハイレベルで融合した1台となってます。

クルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキ、リアビューカメラを組み合わせた「アシスタンスシステム」を搭載。加えて、5つの走行セッティングモードを備えた「アウディドライブセレクト」により、街乗りから高速道路、山坂道など状況に応じて高パフォーマンスの走行性能を発揮します。

{"status":404,"message":"NotFound \u691c\u7d22\u7d50\u679c\u304c\u3042\u308a\u307e\u305b\u3093\u3067\u3057\u305f."}

外車・輸入車 セダン人気おすすめランキング

セダンは走行性能・安全性能・快適性能などのバランスにもっとも優れた車です。人気の輸入セダンは車づくり手本にされることも多く、所有しているだけで社会的ステータスとみなされるモデルもあります。外車・輸入車 セダンランキングTOP5を紹介します。

1位:メルセデス・ベンツ Cクラス

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン(2020年)

メルセデス・ベンツを代表するスタンダードモデル「Cクラス」は、外車・輸入車セダンを選ぶなら欠かさず候補に挙げるべき1台です。

Cクラスの魅力はモーターアシストを付け加えたパワートレインにあります。駆動用モーターを装着したハイブリッドシステムを小排気量の直噴ターボエンジンと組み合わせたことで、走りの質と燃費性能を向上。

また、メルセデスが長年追及してきた安全性能も、想像以上の満足感が得られると定評です。一定時間両手がステアリングから離れたままでの事故を防止・軽減するための「アクティブエマージェンシーストップ」をはじめ、車両側の安全機能システムを強化しています。

2位:BMW 3シリーズ セダン

BMW 3シリーズ セダン(2018年)

BMWを代表するモデルとなる「3シリーズ」は、2019年に通算7代目へモデルチェンジし、高級・高品質なセダンへ進化を遂げました。

「キドニー・グリル」が備わったフロントマスクから、リアテールまで流暢な外観デザインとなっており、スポーツセダンの風格を感じさせます。オーバーハングが短めとなるよう設計されたことで、ボディの大きさを感じさせないカーブでの快適な走りが味わえるでしょう。

エンジン仕様のみでなく、プラグインハイブリッド仕様もラインナップして、環境性能も両立した車となっています。

3位:アウディ A3セダン

アウディ A3セダン(2021年)

アウディのセダンラインナップでは最小サイズにあたる「A3セダン」は、外観以上の快走を披露する1台として知られています。

走りが楽しくなる理由に、「アウディドライブセレクト」の搭載が挙げられます。ボタンひとつを使うだけで5段階の走行モード調節が可能。エンジンの回転数やシフトチェンジのタイミングを調整してくれる便利な機能を採用しています。

フロントボンネットとリアトランクを短めとしたシャープなスタイリングにより、クイックな車の挙動と操縦する喜びが味わえるセダンです。

4位:メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス・ベンツ Sクラス S500(2021年)

「最高のメルセデス・ベンツ」のキャッチコピーどおり、最上級クラスのセダンとなるのがSクラスです。

フラッグシップにふさわしい高出力・大排気量の直噴ターボガソリンエンジンをはじめ、車両に備わった機能をフル活用できるMBUX(Mercedes Benz User Experience)の最新式を標準装備したグレードを用意。ブラックやブラウン、ベージュと本革を使用した3つのインテリアカラーが選べるようになっており、落ち着いた車内空間を演出します。

充実した装備が備わったラグジュアリーセダンです。

第5位:メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ E350 2020年モデル

メルセデス・ベンツ Eクラスの持ち味は、上質で快適な移動を提供するアッパーミドルセダンとしての高いトータルパフォーマンス。長距離移動のためにセダンを購入するならEクラスをおすすめします。

メルセデス・ベンツラインナップの中核モデルゆえに、2016年に登場した現行型5代目は発売から時間が経っても安定した人気を誇り、改良によってMBUXやARナビなど最新のものにアップデートされています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード