初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダの新型車・モデルチェンジ全情報【2017-2018年最新版】

車の購入を検討している方必見! 2017-2018年に発表されるであろう、ホンダの新型・モデルチェンジ情報をご紹介します。人気車種フリードのフルモデルチェンジやNSXの復活など、2017年に注目されること間違いなしのホンダの新型・モデルチェンジ情報をまとめました。

2017-2018年 ホンダモデルチェンジ・新型車情報!

ホンダ ロゴ

©Shutterstock.com/ Jonathan Weiss

ホンダの2017~2018年に噂されている、モデルチェンジ情報や新型車情報をご紹介します。
車メーカー各社はそれぞれ強みや特化している部分があります。
ホンダは創設者である、「本田宗一郎」の経営理念やマインドが未だに根強く生きている自動車メーカーです。
また、車だけでなくバイクの販売も世界的に強く、頑丈で有名な「スーパーカブ」が今もなおロングセラーとなっています。
今回はそんなホンダの2017-18年に行われた、及び行われるであろうモデルチェンジ・新型車情報をご紹介します

ホンダ車に関するおすすめ記事!

2017年の新型車・フルモデルチェンジ情報!

2017年にモデルチェンジ、初登場すると予想されているホンダの新型車情報を紹介!
すでに公式発表されている車種から、依然として不確定な情報が多い車種まで網羅していきます。
2018年以降に発売される可能性がある新型車種についても解説!

【2017年2月】新型NSX(新型車)

ホンダ NSX Acura 新型

2016年8月に新型NSXが公式発表されたことは記憶に新しい出来事ですが、2017年2月、ついに新型NSXの納車が開始されました。
1日の生産可能台数がわずか3台ということを考えれば、納車までの期間がここまで伸びてしまったことは仕方のないことかもしれません。

ホンダ新型NSXに関する詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

【新型NSX価格】
237万円(消費税込)

ホンダ新型NSXの最新情報についてはこちら

【2017年5月】シビック Si(新型車)

ホンダシビックのスポーティな上位モデルとしてシビックSi「クーペ」「セダン」が北米で発売を開始しました。
シビック Si の位置付けとしては、完全なスポーツカーのタイプRと、ベーシックなシビックの中間、ライトなスポーティーモデルとなります。
新型シビック Siのパワートレインには、ハイパフォーマンス1.5リッター直列4気筒直噴ターボエンジンが採用され、2種類のドライビングモードから選べる走行モードが追加されました。
日本での発売日は未定です。

ホンダ新型シビックSiの最新情報についてはこちら

【2017年6月】フィット/フィット ハイブリッド(ビッグマイナーチェンジ)

フィット ハイブリッド(2016年式)

ホンダ フィット ハイブリッド 2016年

ホンダの中核を担う大人気コンパクトカー、フィットが2017年6月にビッグマイナーチェンジされました。
現行モデルは2013年に登場し、その後数回の改良が施されおりますが、今回はおよそ4年ぶりの大幅な改良となるようです。
新型フィットは、現行モデルのハイブリッドシステムをさらに改良し、燃費性能が向上しました。
装備面においては、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が搭載されました

ホンダ新型フィットの最新情報についてはこちら

【2017年7月】グレイス(マイナーチェンジ)

新型 ホンダ グレイス HYBRID EX・Honda SENSING(ブリリアントスポーティブルー・メタリック)

ホンダのグレイスがマイナーチェンジされ7月7日より発売が開始されます。
グレイスは2014年に登場した比較的新しいモデルで、今回が初のマイナーチェンジとなります。
燃費性能の向上や、ホンダセンシングの搭載などが施されるようです。
新型グレイスについて、詳しくは以下の記事をご覧下さい。

ホンダ新型グレイスの最新情報についてはこちら

【2017年8月】ジェイド(マイナーチェンジ)

ホンダ ジェイド ハイブリッド X(2015年式)

ホンダ ジェイド ハイブリッド X 2015年

2017年8月にジェイドがマイナーチェンジを行うと予想されています。
エクステリアデザインを変更しLEDヘッドライトを採用する模様です。またホンダの運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載することが予想されます。
また2列シート、5人乗りモデルが追加される可能性があります。
新型ジェイドについての詳しい最新情報は以下の記事をご覧ください。

【2017年7月】ヴェゼル(マイナーチェンジ)

ヴェゼル HYBRID Z(2016年式)

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド Z 2016年型

ホンダの人気コンパクトSUV、ヴェゼルが2017年にマイナーチェンジを行うと言われています。
ライバル車にあたるマツダCX-5のフルモデルチェンジ、トヨタ新型CHRの登場に対抗した変更となることが予想されます。
ホンダの公式発表はないため、改良の詳しい内容はわかりませんが、ダウンサイジングターボエンジン、クリーンディーゼルエンジンが新たに採用されるのではないかと言われています。

新型ヴェゼルのライバル車について詳しくは以下の記事でチェック!

【2017年7月】シビック(新型車)

新型シビック タイプR

ホンダ 新型シビック タイプR

新型のシビックハッチバック、セダン、タイプRが7月27日に発売されました。
新型のシビックハッチバックでは、シビッククーペ、シビックセダンとフロントデザイン、プラットフォームを共有しています。
2016年の秋頃からアメリカでは発売が開始されています。
タイプRは320馬力というパワフルな新エンジンを搭載しています。

詳くは以下の記事で紹介しております。

【2017年夏】S1000(新型)

ホンダは軽スポーツカーとしてS660を販売しています。
軽自動車にもかかわらず、むしろ軽自動車の軽さを前面に生かした軽快なハンドリングやレスポンスを誇る本格的なスポーツカーで、日本では納期が遅れるほどの人気がある車です。
S1000はそんなS660のコンセプトをそのままに、軽自動車の枠を取り払ったコンパクトスポーツカーになると言われる新型車です。
軽自動車は日本だけの規格ですので、コンパクトで軽量なスポーツカーとして海外での販売を狙っていると考えられます。
S660との差別化が十分にできれば、日本でも発売される可能性が高いでしょう。
発売日に関しては、2017年の夏頃と予想されます。

ホンダ新型S1000の最新情報についてはこちら

【2017年8月】N-BOX(フルモデルチェンジ)

新型N-BOX(試作車)

新型 ホンダ N-BOX 試作車 2017年秋フルモデルチェンジ

ホンダN-BOXは2017年8月31日にフルモデルチェンジをして発売されます。
外装、内装ともデザインだけではなく、車重も大幅に軽くなりホンダセンシングの搭載やオートハイビーム機能も追加されます。
エンジンや燃費については明らかになっていませんが、近日発表されるでしょう。

ホンダ新型N-BOXの最新情報についてはこちら

【2017年9月】シャトル(マイナーチェンジ)

シャトル(2015年型)

ホンダ シャトル 2015年ホンダ シャトル 2015年

シャトルは5ナンバーサイズのステーションワゴンです。
2017年9月に、ホンダ シャトルがマイナーチェンジを予定しています。
まだ公式の発表はありませんが、安全装備HONDA SENSINGの搭載や内装の品質向上、そして燃費の向上といった変更は施されると思われます。

ホンダ新型シャトルの最新情報はこちら

【2017年10月】ステップワゴン(ハイブリッドモデル追加)

ステップワゴン(2015年式)

HONDA 5代目 ステップワゴン SPADA

2017年10月、ホンダ ステップワゴンにマイナーチェンジが行われ、ハイブリッドモデルが追加されると予想されます。
ハイブリッドモデルは1.5Lエンジンとモーターが組み合わされ、JC08モード燃費27km/Lを目指しています。
ビッグマイナーチェンジするステップワゴンに搭載されるエンジンとモーター・バッテリーは、現在アコードハイブリッドとオデッセイハイブリッドに搭載している2リッターエンジンとモーターを使用したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」になるでしょう。
2017年夏にはライバル車のセレナにハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載したモデルが発売されると言われており、燃費性能の向上が図られるのはほぼ間違いないのではないでしょうか?

ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドの最新情報についてはこちら

【2017年10月】オデッセイ(マイナーチェンジ)

ホンダ オデッセイ 2017年型 外装

2017年9月、オデッセイがマイナーチェンジして11月に発売されることがわかりました。

2017年1月に開催されたデトロイトモーターショーにて、フルモデルチェンジしてボディサイズが大きくなった北米向けの新型オデッセイが発表され、同じモデルが日本でも発売されることが期待されていました。
しかし、日本での販売は公表されておらず、国内発売日も予想がつかないのが状態でした。

そして日本では17年内にマイナーチェンジすることが公式に発表され、ハイブリッドモデルのホンダセンシングに渋滞追従機能が追加される、ハイブリッド・ガソリンモデル両方に外装内装の変更・追加があることがわかりました。

ホンダ 新型オデッセイに関する詳しい情報は下記の記事をご覧ください。

【2017年冬】新型CR-V(フルモデルチェンジ)

ホンダ CR-V 2017年型

ホンダ CR-V 2017年型

CR-Vはヴェゼルと並ぶホンダのSUVです。
日本では、ヴェゼルの人気が高すぎて影を潜めている気もしますが、アメリカでは販売台数を伸ばす人気車種です。
日本では販売終了となっています。
しかし、海外では人気があり7月9日には中国で新モデルが発売されました。
日本での発売に関する公式情報はありませんが、発売が決定した場合、早ければ2017年内の発売となるでしょう。

ホンダ新型CR-Vの最新情報についてはこちら

【2017年内】クラリティプラグインハイブリッド&クラリティエレクトリック追加

ホンダ クラリティ プラグインハイブリッド

ホンダ クラリティ プラグインハイブリッド

ホンダ クラリティ エレクトリック

ホンダ クラリティ エレクトリック

ホンダ クラリティ エレクトリック

ニューヨークモーターショー2017でホンダが、クラリティシリーズの新型「クラリティ プラグインハイブリッド」と「クラリティ エレクトリック」を世界初公開しました。
この2車種は「クラリティ フューエル セル」のPHEVとEVモデルで、世界で初めて同一プラットフォームに3種類の電動パワートレインを揃えたモデルです。

日本での販売日の発表はされていませんが、クラリティ プラグイン ハイブリッドは2017年中に米国で販売を開始予定で、クラリティ エレクトリックは2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始するようです。

ホンダ新型クラリティPHEV・エレクトリックの最新情報についてはこちら

2018年以降の新型車とZSXに関する最新情報

2018年以降に登場すると言われている新型車種や、国内未発売の新型オデッセイに関する情報をご紹介します。
また、現在ホンダが開発しているのではないかと考えられている新型スポーツカーについても解説します。
ZSX、新型S2000、ミニNSXなどと言われ、呼称についても定まっていない次世代クーペの最新情報に迫ります。

【2018年】新型WR-V(新型車)


WR-Vは、ヴェゼルと同じくフィットをベースとするSUVになると言われています。
ランクとしては、ヴェゼルと一つ下のモデルとなるようで、ベース車を同じくするヴェゼルとどのような差別化がなされるのかが気になるところですね。
2017年に新興国向けの発売が想定されており、ヴェゼルが好調な日本での発売の可能性は低いと言わざるを得ません。
仮に日本でも販売されるとすれば、発売日は2018年ごろとなると思われます。

【2018年】新型アコード(フルモデルチェンジ)

アコード 北米版

ホンダ 新型アコード フルモデルチェンジ 10代目 アメリカ仕様 2018年モデル1

フルモデルチェンジしたアコードがアメリカのホンダから発表されました。
北米版におけるデザインの変更点は、ボディサイズやフロントマスクの変更や、トランクルームの拡張、USBポートや車内Wi-Fiの追加などです。
また10速ATやダウンサイジングエンジンを採用しています。
注目すべきはシビック タイプRと同じ2.0L I-VTECターボエンジンの採用です。
北米版の変更が日本版に適用されるとは限りませんが、外装のデザインもどことなくシビックに似ており、シビックに寄せたモデルチェンジになるかもしれません。

【2018年】新型N-VAN(フルモデルチェンジ)

バモス ホビオ L

バモス ホビオ L

アクティと並び手軽な軽バンとして親しまれているホンダのバモスは近いうちにフルモデルチェンジが予定されています。
Nシリーズに軽バンタイプのN-VANが追加されると言われており、バモスとアクティがN-VANに集約されると予想されます。
つまり、N-VANの先代となるのがバモスであり、これをフルモデルチェンジと捉えることができます。

2017年にはN-BOXがフルモデルチェンジされており、そのフィードバックを元に細かい調整をされてN-VANが2018年に発売されると予想されています。

ホンダ 新型N-VANの最新情報はこちら!

【2018年】新型ヴェゼル(フルモデルチェンジ)

ホンダ ヴェゼル

2017年にもマイナーチェンジを予定しているヴェゼルが、2018年にはフルモデルチェンジをするかもしれません。
マイナーチェンジでの変更点がまだ判明していないため、20フルモデルチェンジでどのような変更が施されるか予想するのは難しいですが、自動車業界の傾向に合った自動運転の強化やダウンサイジングターボ化などが考えられます。

【2018年】新型レジェンド(ビッグマイナーチェンジ)

ホンダ レジェンド 2014年式

ホンダのフラッグシップモデル、レジェンドが2017年末から2018年にかけてビッグマイナーチェンジを行うと言われています。
レクサスLSのフルモデルチェンジに対抗する意図もあるでしょう。
詳しい変更内容に関する情報はほとんどありませんが、アキュラのプレシジョンコンセプトに採用されていたダイヤモンドペンタゴングリルがレジェンドにも採用されるなど、外装面の変更が加わる可能性が高いようです。

【市販化未定】ZSX(新型車)

2016年にホンダがEU知的財産局で「ZSX」の商標を登録していることや、以前ホンダが米国特許庁に新型スポーツカーのレンダリング画像を提出していることから、ホンダが新しいスポーツカーを開発しているのではという説が浮上しています。
新型S2000として登場するのではないかとも言われています。
さらにZSXの登録から1年後、新たにZSXと思わしきデザインを登録しており、話題を呼ぶ車となっています。
開発の経過や、市販化実現に関する詳しい情報はありませんが、下記の記事で最新情報を解説してます。

ホンダ新型車・フルモデルチェンジが待ち遠しい!

現在の噂、予定されている新型車・フルモデルチェンジ情報はいかがでしたか?
今年もしくは来年に日本のスーパーカーを代表する、NSXの新型モデルの復活が注目されています。
様々な車種の新型車・フルモデルチェンジ情報をご紹介しましたが、公式の発表などをキャッチでき次第随時更新していきます!

現在の愛車の価値を確認するにはこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

モデルチェンジに関するおすすめ記事!

ホンダ車に関するおすすめ記事

2016年に登場したホンダの新型車一覧

【2016年2月】 ヴェゼル(マイナーチェンジ)

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドRS 2016年

現在の日本国内市場では、SUVの人気が熱いです。
ホンダ・ヴェゼルは2016年2月にマイナーチェンジを行い、主に2点の改良がなされました。
先進運転支援システムであるホンダセンシングが搭載された点と、新グレード「RS」が設定された点です。
RSは走る楽しさを追求し、パフォーマンスダンパーや可変ステアリングギアレシオ、さらにホンダ独自のCVT「G・デザイン シフト」を専用に採用しています。

競合他社も安全運転支援システムの開発が進み、一つの強みにもつながります。
ヴェゼルはホンダセンシングが標準装備になり、オプション料金がかからないことも大きな特徴と言えるでしょう。
全体的に、走行時の安定性や乗り心地、快適装備の充実などユーザーのストレスを軽減することに努めたモデルチェンジになったと言えます。

【価格】
192万〜289万円(消費税込)

【2016年2月】 オデッセイ ハイブリッド(追加モデル)

ホンダ オデッセイ ハイブリッド 2016年

オデッセイハイブリッドは販売1ヶ月で受注台数が9,000台を超えるほどの人気が出ています。
今回のオデッセイハイブリッドでは、スポーツハイブリッドが搭載されました。また居住性やネット接続できるようになったことも大きな特徴です。

【新型オデッセイハイブリッド価格】
356万~406万円(消費税込)

【2016年3月】 クラリティ FUELCELL(新型モデル発売開始)

ホンダ クラリティ FUELCELL 2016年

クラリティ FUELCELL(フューエル セル)は水素と酸素の化学反応を動力源とするFCV(燃料電池車)です。
ホンダの最新技術によって燃料電池が小型化されたことにより、空間性の拡充や居住性の向上の実現を可能にしました。
一充填走行距離は約750kmを達成し、充填時間は約3分です。
ガソリン自動車と比較してしまうとなかなか手のとどかない価格設定ですが、補助金と購入後の燃料代を考慮すれば、高すぎる価格というわけではありません。

【価格】
766万円(消費税込)
※国や自治体からの補助金あり

【2016年5月 】ステップワゴン(マイナーチェンジ)

ホンダ ステップワゴン Modulo X 2016年

2015年の4月にフルモデルチェンジしたばかりのステップワゴン。
最近では、上級グレードのステップワゴンスパーダの特別仕様車を発表しました。
2016年5月13日、ステップワゴンが一部改良されて発売開始されました。

ホンダセンシング、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器をBをの除く全タイプに標準装備。
両側パワースライドドアを一部グレードを除き標準装備など、快適装備の充実が主な変更点です。
一部改良であって、大幅にデザインが変更したり、燃費性能の変更などはありません。

【新型ステップワゴン価格】
229万~285万円(消費税込)

【2016年5月 】アコードハイブリッド(マイナーチェンジ)

アコード ハイブリッド 2016年

2016年5月26日、ホンダアコードハイブリッドがビッグマイナーチェンジして発売されました。
今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイスのデザインの変更や内装・インテリアの変更、燃費性能の向上が挙げられます。
また、ホンダの先進的な安全運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備されています。また世界初搭載の技術「信号情報活用運転支援システム」も搭載されました。

【現行車種価格】
375円〜401万円(消費税込)

【2016年8月】 シャトル(マイナーチェンジ)

ホンダ シャトル ハイブリッド Z 2016年式

2016年8月、シャトルが一部改良されました。
インテリアライトのLED化、新色3色採用、インテリアの質感工場が主な変更点です。
基本性能に関する大きな変更点はありません。

【新型シャトル価格】
170万~256万円(消費税込)

【2016年9月】 グレイス(特別仕様車)

ホンダ グレイス HYBRID EX 2015年

グレイスはホンダが2014年から販売しているコンパクトセダンです。
ガソリンモデルとハイブリッドモデルが用意されています。
ハイブリッドモデルにはヴェゼルハイブリッドやフィットハイブリッドにも採用されている「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しています。
2016年9月に特別仕様車STYLE EDITIONを発売しました。
「HYBRID LX」及び「HYBRID EX」をベースにエクステリアと内装を変更し、ETC車載器も特別装備しています。
特別仕様車専用ボディカラー「ミッドナイトブルービーム・メタリック」「ルーセブラック・メタリック」が用意されています。

【新型ホンダグレイス価格】
175万円〜222万円(消費税込)

2016年9月 フリード / フリード+(フルモデルチェンジ)

ホンダ フリード 新型 2016年

2016年9月16日、ホンダの人気ファミリーカー「フリード」がフルモデルチェンジして発売されました。
新型車「フリード+」も同時に発表、発売されています。フリード+は「フリードスパイク」の後継車種にあたります。
フリード/フリード+は9月の発売から1ヶ月で2万7000台を受注しており、これはホンダが発売前に設定した月販目標台数の4倍以上の台数となります。
低価格に抑えられたコンパクトミニバンが支持されていることがわかりますね。

【新型フリード / フリード+価格】
175万円〜222万円(消費税込)

モデルチェンジのおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK