MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > Aセグ、Cセグメントとは?Fまである車のセグメントの解説と代表車種|自動車用語解説
役立つ情報

更新

Aセグ、Cセグメントとは?Fまである車のセグメントの解説と代表車種|自動車用語解説

車のカテゴリーを意味する「セグメント」とは、どう区分され何を基準としているのか、代表車種を含めて分かりやすく解説します。車の種類は千差万別。ご自分の愛車はどのセグメントに該当している?自動車用語であるセグメントを理解すれば、ライバル車もおのずと見えてきます。

セグメントとは?

セグメントのイメージ
©MQ-Illustrations/stock.adobe.com

セグメントとは、車を分類するために用いられるクラスカテゴリーを意味し、ヨーロッパではこの区分けが広く浸透しています。元はマーケティング企業が車の統計調査用の判断基準に用いたことが始まりと言われていますが、ヨーロッパのカーメーカーでもセグメント分けをすることで、ライバル車との明確な対比がしやすいことから、開発・販売・プレスリリースとあらゆるシチュエーションで使用されています。

セグメントは、Aを最も小さいクラスカテゴリーとして、B、C、D、E、Fと区分されるのが一般的ですが、そのほかにもスポーツクーペに特化したS、多目的用途車のM、オフロード・SUV車のJなどを別に設定する場合もあります。

セグメント別定義、ボディサイズ、価格比較一覧表

セグメントの定義は概ね全長や価格などで複合的に区分されますが、団体・企業によってその定義は微妙に異なります。また、近年ボディの大型化・エンジン排気量のダウンサイジングが顕著なため、目安にあてはまらないケースもでてきています。

セグメント定義全長の目安車両価格の目安代表車種
Aセグメント最も小さい乗用車を指し、排気量に当てはめると1.0L以下に相当する車が多いのが特徴です。なかには目安となる全長を越す軽自動車などでも分類上は本セグメントに分類される場合もあります3,750mm以下200万円以下トヨタ ライズ
ホンダ N-BOX
フォルクスワーゲン up!
フィアット 500
Bセグメントコンパクトカーと呼ばれる乗用車を指す区分で、排気量で言うと1.0~1.5Lに相当する車が多いのが特徴です。ヨーロッパでは近年人気がある区分で、各メーカーが競ってエントリー車種を投入しています3,750~4,200mm以下200万~300万円以下トヨタ ヤリス
マツダ 2
フォルクスワーゲン POLO
シトロエン C3
Cセグメントコンパクトより大きいミディアムカーを指す分類です。排気量では1.5~2.0Lに相当する車が多く、大きめのコンパクトカーも本分類に含むことがあります。各メーカーの戦略車種が勢揃いするのが本区分です4,200~4,600mm以下250万~350万円以下トヨタ カローラ
日産 リーフ
BMW 1シリーズ
メルセデス・ベンツ Aクラス
DセグメントCセグメントよりラグジュアリー性を高めた上級ミドルサイズカーを指し、排気量では2.0~3.0Lに相当する車種が多いのが特徴です。中核車、フラッグシップ車とメーカーによって投入車種が多岐となります4,600~4,800mm以下300万~600万円以下レクサス IS
日産 スカイライン
メルセデスベンツ Cクラス
BMW 3シリーズ
Eセグメントフルサイズカーやエグゼブティブカーと呼ばれる乗用車を指す区分で、排気量では3.0L~4.0Lに相当する車が多いのが特徴です。サイズの他にも高性能エンジンを搭載するなど他モデルと差別化した車種が集まります4,800~5,000mm以下550万~1,000万円以下トヨタ クラウン
レクサス GS
アウディ A6
メルセデス・ベンツ Eクラス
Fセグメント最上級フルサイズカーを指し、セグメント分類のなかで最も上位の分類です。排気量では4.0L以上の車が多いのが特徴です。乗用車を自らが運転しないショーファー・ドリブンカーも含まれる贅を尽した車が集まります5,000mm以上1,000万円以上レクサス LS
トヨタ センチュリー
メルセデス・ベンツ Sクラス
BMW 7シリーズ

Aセグメントの代表車種

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ 2019年モデル フロント サイド
トヨタ ライズ

コンパクトでありながら洗練されたフォルムが新しく、今まであるようでなかったAセグメントの本格派SUVがトヨタ「ライズ」です。2019年11月のデビュー以来反響は大きく、2020年1月には早くも販売台数1位に輝きました。5ナンバーサイズとしたボディは、ラゲージスペースを可動式デッキボードとすることで大容量を確保。デザイン性の高さと広さに、1.0Lターボのメリハリの効いた高性能エンジンが幅広い層に支持されています。

フォルクスワーゲン up!

フォルクスワーゲン UP! 2019年モデル フロント サイド
フォルクスワーゲン UP!

車の大型化が顕著ななか、フォルクスワーゲン唯一の5ナンバーサイズ・スモールカーとなる「up!(アップ)」は、2011年のデビュー。2ドア・4ドアタイプが用意され、シンプルでコンパクトながら大人4人がラクラク乗車できる広さに、低速での追突を回避・軽減するシティーエマージェンシーブレーキも標準装備されています。また、2018年にはスポーティーモデルGTIも追加され、走行性能の充実化が図られました。

その他の代表車種

Bセグメントの代表車種

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス 2020年モデル フロント サイド
トヨタ ヤリス

長年トヨタのBセグメントの代表格であったヴィッツがグローバルモデル名「ヤリス」となったのは2020年2月。驚くほどアグレッシブに変貌を遂げたスタイルは、長年ラリーで活躍する勇姿を彷彿とさせるものでした。ラインナップにはガソリン、ハイブリッドが設定され燃費性能は高く、ガソリンエンジンは新設計となる直列3気筒DOHCのダイナミックフォースエンジンを搭載。コンパクトながら小気味いい走りを実現しています。

フォルクスワーゲン POLO

フォルクスワーゲン POLO フロント サイド
フォルクスワーゲン POLO

フォルクスワーゲンのエントリークラスとしてBセグメントに位置するPOLOは、1975年のデビュー以来日本でも幅広い世代に支持されるコンパクトです。5代目現行モデルではボディも大型化され、全長が4,000mmを超えたことで室内空間はより広くなり、使い勝手がさらにアップしています。ラインナップにはインタークーラー付きターボ搭載のTSIシリーズも用意され、エントリーモデルと侮れません。

その他の代表車種

Cセグメントの代表車種

トヨタ カローラ

トヨタ カローラ 2019年モデル フロント サイド
トヨタ カローラ

グローバルモデルとして世界で認知されているカローラは、2019年に12代目へとモデルチェンジ。コンサバティブなイメージから躍動感あふれるスタイルとなりました。セダンで全長約4,500mmと大きくなったボディながら取り回しはしやすく、装備の面でもコネクテッドシステムの充実化やディスプレイオーディオを全車標準装備とするなど、各メーカーが凌ぎを削るCセグメントの代表格と言えるでしょう。

BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズ フロント サイド
BMW 1シリーズ

BMWのなかでは最もコンパクトなシリーズであるものの、機能性・走行性の高さを実現する1シリーズは、2019年11月にニューモデルが発売となりました。第3世代F40型となる新型1シリーズは、日本初採用となったARB(タイヤスリップ・コントロール・システム)を搭載し、走行性能はさらにアップ。FF採用で室内空間も確保し、コンパクトであることを忘れてしまう堂々のCセグメントとなっています。

その他の代表車種

Dセグメントの代表車種

レクサス IS

レクサス IS フロント サイド
レクサス IS

誕生以来グローバルに存在感を示すレクサスにおいて、ラグジュアリースポーツ代表となるのがDセグメントに位置する「IS」です。2013年には第3世代にフルモデルチェンジが実施され、あらたなアイコン・スピンドルグリルに変貌を遂げたISは、2019年には日本古来の特別な色である「搗色(かちいろ)」を用いた限定車も販売されました。そんなISに2020年、新型がいよいよお目見えするとのアナウンスも届いています。

メルセデス・ベンツ Cクラス

メルセデス・ベンツ Cクラス フロント サイド
メルセデス・ベンツ Cクラス

Dセグメントの代表格メルセデス・ベンツ Cクラス。4代目W205型は2018年のビッグマイナーチェンジを受け後期型となり、車体の半分に相当する6,500個のパーツが新しくされ、Cクラス史上最も大きな変貌を遂げました。また、180、350eにはAMGラインが追加されたことでラインナップも多彩とし、定評のある安全装備でもレーダーセーフティパッケージがさらなる充実化を果たし、どこにも死角は見当たりません。

その他の代表車種

Eセグメントの代表車種

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン フロント サイド
トヨタ クラウン

誕生から65年を迎えるトヨタのフラッグシップ・クラウンは国産車Eセグメントに君臨するラグジュアリー・セダンです。現行モデルは15代目にあたり、2018年にフルモデルチェンジを実施。トヨタのTNGAプラットフォームにコネクテッド機能を備える次世代モデルとなりました。FRらしいロングノーズスタイルに6ライトウインドウを採用するクラウンは、今では少なくなった国産Eセグメント・セダンです。

アウディ A6

アウディ A6 フロント サイド
アウディ A6

アウディの正統派セダンA6は5代目以降シャープなルックスでスポーティさをアップ。メルセデス・ベンツBMWなどの中核モデルが凌ぎをけずるEセグメントでも輝きを放っています。フロントデザインに新世代シングルフレームグリルを採用し、内装も近未来を感じさせるバーチャルコックピットを採用。メカニカルでは直噴ターボにマイルドハイブリッドを組み合わせ、最新鋭のテクノロジーとしています。

その他の代表車種

Fセグメントの代表車種

レクサス LS

レクサス LS フロント サイド
レクサス LS

国内高級ブランド・レクサスのなかにおいてフラッグシップ・セダンとなるのがFセグメントに位置する「LS」です。広々とした室内空間を確保しながらフォルムは優雅なクーペ・スタイル、そしてスピンドルグリルは憧れの的。2017年に第5世代となったLSは、世界のカーメーカーの傾向でもあるエンジンをダウンサイジングし、3.5LV型6気筒としたものの、ツインターボ化したことで先代よりパワーアップを果たしています。

メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス・ベンツ Sクラス フロント サイド
メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス・ベンツのフラッグシップに君臨するSクラス。オーナードリブン、ショーファードリブンどちらにも対応可能で、所有する者のステータスとなり得るモデルです。現在は2013年にフルモデルチェンジが実施された第6世代W222型。2014年そのSクラスに生産が途絶えていたマイバッハがメルセデス・サブブランドとして復活し、話題となりました。また、2020年後半にはSクラスの新型も登場予定となっています。

その他の代表車種

すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
石黒 真理

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード