MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > Aセグ、Cセグメントとは?Fまである車のセグメントの解説と代表車種|自動車用語解説
役立つ情報

更新

Aセグ、Cセグメントとは?Fまである車のセグメントの解説と代表車種|自動車用語解説

車のカテゴリーを意味する「セグメント」とは、どう区分され何を基準としているのか、代表車種を含めて分かりやすく解説します。車の種類は千差万別。ご自分の愛車はどのセグメントに該当している?自動車用語であるセグメントを理解すれば、ライバル車もおのずと見えてきます。

セグメントとは?

セグメントのイメージ
©MQ-Illustrations/stock.adobe.com

セグメントとは、車を分類するために用いられるクラスカテゴリーを意味し、ヨーロッパではこの区分けが広く浸透しています。元はマーケティング企業が車の統計調査用の判断基準に用いたことが始まりと言われていますが、ヨーロッパのカーメーカーでもセグメント分けをすることで、ライバル車との明確な対比がしやすいことから、開発・販売・プレスリリースとあらゆるシチュエーションで使用されています。

セグメントは、Aを最も小さいクラスカテゴリーとして、B、C、D、E、Fと区分されるのが一般的ですが、そのほかにもスポーツクーペに特化したS、多目的用途車のM、オフロード・SUV車のJなどを別に設定する場合もあります。

セグメント別定義、ボディサイズ、価格比較一覧表

セグメントの定義は概ね全長や価格などで複合的に区分されますが、団体・企業によってその定義は微妙に異なります。また、近年ボディの大型化・エンジン排気量のダウンサイジングが顕著なため、目安にあてはまらないケースもでてきています。

セグメント定義全長の目安車両価格の目安代表車種
Aセグメント最も小さい乗用車を指し、
排気量1.0L以下に相当する車が多い。
軽自動車などでも分類上は
本セグメントに分類される場合も。
3,750mm以下200万円以下トヨタ ライズ
ホンダ N-BOX
フォルクスワーゲン up!
フィアット 500
Bセグメントコンパクトカーと呼ばれる乗用車を指す区分。
1.0~1.5Lに相当する車が多い。
ヨーロッパでは近年人気がある区分で
各メーカーが競ってエントリー車種を投入する。
3,750~4,200mm以下200万~300万円以下トヨタ ヤリス
マツダ 2
フォルクスワーゲン POLO
シトロエン C3
Cセグメントコンパクトより大きいミディアムカーを指す分類。
排気量1.5~2.0Lに相当する車が多く、
大きめのコンパクトカーも本分類に含むことがある。
各メーカーの戦略車種が勢揃いする。
4,200~4,600mm以下250万~350万円以下トヨタ カローラ
日産 リーフ
BMW 1シリーズ
メルセデス・ベンツ Aクラス
DセグメントCセグメントよりラグジュアリー性を高めた
上級ミドルサイズカーを指し、
排気量では2.0~3.0Lに相当する車種が多い。
中核車、フラッグシップ車と
メーカーによって投入車種が多岐。
4,600~4,800mm以下300万~600万円以下レクサス IS
日産 スカイライン
メルセデスベンツ Cクラス
BMW 3シリーズ
Eセグメントフルサイズカーやエグゼブティブカー
と呼ばれる乗用車を指す区分。
排気量3.0L~4.0Lに相当する車が多い。
高性能エンジンを搭載するなど
他モデルと差別化した車種が集まる。
4,800~5,000mm以下550万~1,000万円以下トヨタ クラウン
レクサス GS
アウディ A6
メルセデス・ベンツ Eクラス
Fセグメント最上級フルサイズカーを指す。
セグメント分類のなかで最も上位の分類。
排気量4.0L以上の車が多い。
自らが運転しないショーファー・ドリブンカーも含まれる。
5,000mm以上1,000万円以上レクサス LS
トヨタ センチュリー
メルセデス・ベンツ Sクラス
BMW 7シリーズ

Aセグメントの代表車種

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ 2019年モデル フロント サイド
トヨタ ライズ

コンパクトでありながら洗練されたフォルムが新しく、今まであるようでなかったAセグメントの本格派SUVがトヨタ「ライズ」です。2019年11月のデビュー以来反響は大きく、2020年1月には早くも販売台数1位に輝きました。5ナンバーサイズとしたボディは、ラゲージスペースを可動式デッキボードとすることで大容量を確保。デザイン性の高さと広さに、1.0Lターボのメリハリの効いた高性能エンジンが幅広い層に支持されています。

【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV

フォルクスワーゲン up!

フォルクスワーゲン UP! 2019年モデル フロント サイド
フォルクスワーゲン UP!

車の大型化が顕著ななか、フォルクスワーゲン唯一の5ナンバーサイズ・スモールカーとなる「up!(アップ)」は、2011年のデビュー。2ドア・4ドアタイプが用意され、シンプルでコンパクトながら大人4人がラクラク乗車できる広さに、低速での追突を回避・軽減するシティーエマージェンシーブレーキも標準装備されています。また、2018年にはスポーティーモデルGTIも追加され、走行性能の充実化が図られました。

フォルクスワーゲン新型up! GTI 発売開始!6速MTも採用でスペックと価格は?

その他の代表車種

Bセグメントの代表車種

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス 2020年モデル フロント サイド
トヨタ ヤリス

長年トヨタのBセグメントの代表格であったヴィッツがグローバルモデル名「ヤリス」となったのは2020年2月。驚くほどアグレッシブに変貌を遂げたスタイルは、長年ラリーで活躍する勇姿を彷彿とさせるものでした。ラインナップにはガソリン、ハイブリッドが設定され燃費性能は高く、ガソリンエンジンは新設計となる直列3気筒DOHCのダイナミックフォースエンジンを搭載。コンパクトながら小気味いい走りを実現しています。

新型トヨタGRヤリス発売開始!WRCの技術を惜しみなく投入!9月16日にはオンラインイベント開催

フォルクスワーゲン POLO

フォルクスワーゲン POLO フロント サイド
フォルクスワーゲン POLO

フォルクスワーゲンのエントリークラスとしてBセグメントに位置するPOLOは、1975年のデビュー以来日本でも幅広い世代に支持されるコンパクトです。5代目現行モデルではボディも大型化され、全長が4,000mmを超えたことで室内空間はより広くなり、使い勝手がさらにアップしています。ラインナップにはインタークーラー付きターボ搭載のTSIシリーズも用意され、エントリーモデルと侮れません。

【フォルクスワーゲンポロGTI】実燃費や性能から試乗での評価は?

その他の代表車種

Cセグメントの代表車種

トヨタ カローラ

トヨタ カローラ 2019年モデル フロント サイド
トヨタ カローラ

グローバルモデルとして世界で認知されているカローラは、2019年に12代目へとモデルチェンジ。コンサバティブなイメージから躍動感あふれるスタイルとなりました。セダンで全長約4,500mmと大きくなったボディながら取り回しはしやすく、装備の面でもコネクテッドシステムの充実化やディスプレイオーディオを全車標準装備とするなど、各メーカーが凌ぎを削るCセグメントの代表格と言えるでしょう。

【トヨタ カローラ歴代まとめ】初代から現行12代目まで

BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズ フロント サイド
BMW 1シリーズ

BMWのなかでは最もコンパクトなシリーズであるものの、機能性・走行性の高さを実現する1シリーズは、2019年11月にニューモデルが発売となりました。第3世代F40型となる新型1シリーズは、日本初採用となったARB(タイヤスリップ・コントロール・システム)を搭載し、走行性能はさらにアップ。FF採用で室内空間も確保し、コンパクトであることを忘れてしまう堂々のCセグメントとなっています。

新型BMW 118d 発売開始|1シリーズに待望のクリーンディーゼルを追加

その他の代表車種

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事