MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スライドドアのコンパクトカー/トールワゴン(普通車)人気おすすめランキング【2021年最新情報】
メーカー・車種別

更新

スライドドアのコンパクトカー/トールワゴン(普通車)人気おすすめランキング【2021年最新情報】

スライドドアのコンパクトカー/トールワゴンの魅力とは

スライドドアのコンパクトカー/トールワゴン(普通車)全車種

取り回し・使い勝手の良さと広い室内、さらに買いやすい価格で大人気のスライドドアのコンパクトカーやトールワゴン。スライドドアを備えたモデルは軽自動車、ミニバンともにラインナップが豊富ですが、スライドドアのコンパクトカー/トールワゴンの魅力とは何でしょうか。

コンパクトボディで運転初心者にも安心

7人/8人乗りのミニバンに比べて、コンパクトカーやトールワゴンはボディサイズがコンパクトです。とくに、ミニバンは全長が長くなるため、狭いスペースでの切り返しや後退時、運転に慣れていない人は少し怖いと感じるかもしれません。

コンパクトカーやトールワゴンは全幅、全長ともに小さいため、運転に慣れていない人や、若葉マークのドライバーでも安心して運転できます。

【7人乗りのミニバン】新車全16車種一覧比較&口コミ評価|2020年最新版

【8人乗りのミニバン】新車全12車種一覧比較&口コミ評価|2020年最新版

普通車だから家族が増えても安心

税金や維持費、車体本体価格が安い軽自動車ですが、4人乗りという点で不便になる可能性があります。

家族が増えたタイミングで車を買い換えるライフプランもありますが、なるべく出費を抑えたいのであれば5人~7人を乗せられるコンパクトカーやトールワゴンがおすすめです。

スライドドアの軽自動車全車種徹底網羅!おすすめ人気ランキングTOP5をご紹介

新車で買えるスライドドア付きコンパクトカー/トールワゴンは7モデル

スライドドアのコンパクトカー/トールワゴンの新車販売台数ランキング

順位車種名2020年1~12月
新車販売台数
備考
1位トヨタ ルーミー87,242  ―
2位ホンダ フリード/フリード+76,283内「フリード+」16,635台
3位トヨタ シエンタ72,689
4位スズキ ソリオ40,342  ―
5位ダイハツ トール19,699  ―
6位スバル ジャスティ1,7661-9月
7位三菱 デリカ D:2ソリオOEM台数不明

2021年2月時点で新車販売されているのは、国産スライドドア付きコンパクトカー/トールワゴンで登録車(いわゆる普通車)は全7モデルとなります。

9月にマイナーチェンジしたルーミーが1位。タンクと統合したことで、旧タンクからの乗り換えユーザーもいるでしょう。7人乗りコンパクトミニバンでもあるシエンタとフリードを大きく引き離しています。

7人乗りモデルではフリードとフリード+に軍配。シエンタも2列5人乗りタイプ「シエンタ ファンベース」が含まれていますので、シリーズ累計でもフリードのほうが売れています。

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ X
トヨタ シエンタ X
  • 2020年1~12月新車販売台数:72,689台
  • 新車販売価格:180万~258万円

7人乗り3列シートを備えたコンパクト・ミニバン激戦が始まったのは2003年のことでした。その年に初代デビューしたのが、シエンタ。同時期には、日産 キューブもデビューしています(今は生産終了)。

7人乗りコンパクト・ミニバンの始祖は、2001年にデビューした「ホンダ モビリオ」です。

その対抗馬として誕生したシエンタは、全長4.4mを切るコンパクトクラスのミニバン。シートアレンジは「片手でポン」をセールスポイントに、そのカテゴリーではシエンタが1位の座を獲得することになります。

一度カタログ落ちするも復活した7人乗りミニバン

 2010年には、一度生産終了を迎えながらも7人乗りのミニバンを惜しむ声が後を絶たず、2011年には異例となる復活を遂げました。その大きな理由は、ダウンサイジングするユーザーに人気が高いことが挙げられます。

先代のRAV4や、ヴォクシー、ノア、エスクァイアなどから乗り換えても、車内の広さや積載性に優れているため、違和感がなく使用できることにあるようです。加えて独創性の高い外観のデザインが幅広い世代に受けていることも大きな理由でしょう。

シエンタのエンジンは、1.5Lガソリンと、同じエンジンにモーターのハイブリッドの2ラインナップ、全車AT(ガソリン車:CVT、ハイブリッド車:電気式無段)、3列7人乗りの他、2列シート5人乗りも設定されています。

スライドドアには、ウェルカムパワースライドドアのほか、自動でクローズ中に施錠予約することが可能な予約ロック機能も採用。ロックのかけ忘れもこの機能があれば、途中で施錠OKです。

ライバルは、ホンダ フリード。他の2列5人乗りのコンパクト・トールワゴンに比べると車両価格はフリードと同じく高めです。またクルマの格も少し高めといえるでしょう。

最新「シエンタ」中古車情報
本日の在庫数 4506台
平均価格 130万円
本体価格 0~1,247万円
シエンタの中古車一覧へ

次期新型トヨタ シエンタ フルモデルチェンジをリーク!デザイン予想CGを入手【新型スクープ】

トヨタ ルーミー

トヨタ ルーミー(標準)G
トヨタ ルーミー(標準)G
  • 2020年1~12月新車販売台数:87,242台
  • 新車販売価格:155万~209万円

2020年9月16日に、マイナーチェンジして新型になりました。このとき、「タンク」は廃止、「ルーミー」に1本化されました。この背景には、トヨタの販売ディーラー4系統が「トヨタモビリティ○○」1系統にまとめられ、今やトヨタのお店はどの看板を掲げていても、全車種販売できるようになったという経緯があります。

ダイハツ トールとのOEMであるため、エクステリア・インテリアに大きな差異はありません。グレードもノーマルとカスタムモデルの展開で同様です。しかしルーミーだけの特徴があるので、ご紹介しておきましょう。

充実のコネクテッドサービス

トールにも「コネクティッドサービス」はありますが、2つの機能の搭載でした。しかしルーミーはさすがにトヨタだといえるような、さまざまなサービスが展開されています。

マップ オンデマンド

新しい道路情報を自動的にダウンロード。ナビの地図データを自動で更新するサービス

ハイブリッドナビ

車載ナビとトヨタ独自のビッグデータ「トヨタスマートセンター」の2つのシステムを活用してルートを案内する機能

オペレーターサービス

24時間365日、オペレーターに口頭で情報の検索や依頼をすることができるサービスです。例えば、故障やパンクなどの際にロードアシストへの取次を行ったり、レストランや駐車場の場所を教えてくれたりします。また、ユーザーに代わってカーナビの設定も行います。

マイカーセキュリティ

盗難などに備えて、車の異常を検知するとメールや電話で知らせてくれます。その後車の位置を追跡し、車が停止すると直ちに警備員を派遣します。

また、車のオートアラーム作動を検知するとエンジンの再始動やステアリングロック解除の禁止を行うことも可能です。

OEMでもトヨタは売れる

トヨタ ルーミー カスタム G-T
トヨタ ルーミー カスタム G-T

スライドドアは快適な生活への入り口。ウェルカムパワースライドドアや、閉まりきる前にロックできる予約ロックは、ダイハツ トール同様に施錠・開錠が簡単です。どこでも気を遣うことなく開け閉めできるスライドドアは、やっぱり魅力的なものではないでしょうか。

OEMは売れない、販売側が積極的に売らないという傾向はありますが、トヨタ・ダイハツの関係においては、開発当初からOEMの前提があることと(あとからOEMしてよ、ということはこれまで多々あり)、OEMされる側のトヨタの強い発言力(そもそもダイハツの親会社になっている)というパワーバランスにあるでしょう。

新型コンパクトSUVの「ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ」同様、「ダイハツ トール/トヨタ ルーミー」の両社両方の成功と相成ったという背景もうなずけるのではないでしょうか。

最新「ルーミー」中古車情報
本日の在庫数 1817台
平均価格 141万円
本体価格 48~259万円
ルーミーの中古車一覧へ

【新型ダイハツ トール/トヨタ ルーミー】2車比較とマイナーチェンジ変更点|さよならトヨタ タンク

ホンダ フリード

ホンダ フリード クロスター ハイブリッド ホンダセンシング
ホンダ フリード クロスター ハイブリッド ホンダセンシング
  • 2020年1~12月新車販売台数:76,283台(内、「フリード+」16,635台)
  • 新車販売価格:199万~327万円

「コンパクトミニバン」の思想で開発された、ホンダ フリード 。ライバルと比較すると、モデルとしての格はやや上級となり、車両価格設定も高めとなっています。そのため初代より男性でも乗りやすいスタイリッシュなフリースタイルのミニバンとして好評を得てきました。

ホンダ ステップワゴンで培ったミニバン開発のノウハウ、もとより強みのあるホンダのパワートレインで、走りも使い勝手も一級品。室内空間も初代より拡大されました。2列目にはキャプテンシートを採用し、大人が足を組んでも余裕のスペースが誕生しています。

またキャプテンシートならではのメリットは、シートの間が通路になること。雨の日でも車内移動が楽々です。CMでもお馴染みの「ちょうどいい」は、家族の暮らしや毎日の子育てに魅力が満載といえるでしょう。

スライドドアは足先をかざせば自動で開閉。助手席側も運転席側にも対応するディーラーオプションを用意しています。ステップの低さは子どもが乗り降りするためにちょうどいい高さです。

車中泊もできる「フリード+」も併売

バンは買いたくない。でも、仕事や遊びでガンガン荷物は積みたい、そんなオーナーのためにホンダが用意したのが「フリード+(プラス)」。全長を変えずに、荷室を2階建てにして容積を“プラス”。 

開口部が広いだけでなく、開口部地上高が低めに設定されており、大型の荷物でも積み込みやすいことが特徴です。2列シートを採用し6対4分割方式にダブルフォールダウン機能で2列目を床下に収納することができます。 

荷室用のユーティリティボードと2列目の背もたれを使用することで見事にフラットな空間が出現。車中泊も視野に入れた設計となっています。ディーラーオプションも充実しているため、車中泊だけでなく、趣味や生活を楽しむことができそうです。

最新「フリード」中古車情報
本日の在庫数 2984台
平均価格 95万円
本体価格 1~290万円
フリードの中古車一覧へ
最新「フリード+」中古車情報
本日の在庫数 118台
平均価格 180万円
本体価格 108~260万円
フリード+の中古車一覧へ

ホンダ新型フリード 10月18日マイナーチェンジ!SUVスタイルの「フリードクロスター」追加へ

ダイハツ トール

ダイハツ トール カスタム Gターボ
ダイハツ トール カスタム Gターボ
  • 2020年1~12月新車販売台数:19,699台
  • 新車販売価格:155万~191万円

ダイハツといえば軽自動車。かつては「シャレード」という人気の登録車(いわゆる普通車)がありましたが、なかなか登録車でヒットを飛ばすことはないメーカーです。そんなイメージを覆したのがトールといえるでしょう。

トールはダイハツが全くもってイチから開発したコンパクト・トールワゴン。広い室内空間と十分な動力性能をもったクルアマです。エンジンは排気量1.0Lのターボとノンターボをラインナップ。トランスミッションは全車CVT(AT)で、2WDと4WDを設定しています。 

「リッターカー」は登録車の自動車税区分では最も安い区分となり、ライバル車が軒並み自動車税1.5L区分となっているところ、トールは維持費の面で勝ちです。排気量が小さい分、エンジンもコンパクトにできますから、エンジンルームの余裕=安全性、運動性能の良さ、低燃費などにもプラスに働きます。

豊富なオプションも魅力

簡単に開閉できる大開口のスライドドアも人気の秘密。もちろんウェルカムオープン機能はもはや外せない装備のひとつかもしれません。

 また、OEM供給元のトールならではの数多いオプション設定が好評です。その一部をご紹介します。

  • 14、15インチのアルミホイール
  • オートブレーキホールド機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • レザー調ファブリックシート(「トールカスタム」メーカーオプション)
  • フットイルミネーション(「トールカスタム」メーカーオプション)
最新「トール」中古車情報
本日の在庫数 1399台
平均価格 154万円
本体価格 60~250万円
トールの中古車一覧へ

【新型ダイハツ トール/トヨタ ルーミー】2車比較とマイナーチェンジ変更点|さよならトヨタ タンク

スズキ ソリオ

スズキ ソリオ GX4
スズキ ソリオ GX4
  • 2020年1~12月新車販売台数:40,342台
  • 新車販売価格:158万~214万円

元祖、登録車スライドドア・コンパクトカー/トールワゴンが「スズキ ソリオ」。こちらが家元(?)です。ソリオの大人気を横目で見ていたホンダが、フリードの開発をはじめ、トヨタはダイハツに作れと命じた(本当かどうかは知らない)という噂があります。

室内の広さや使い勝手、走行性能といったトータルバランスは、後発のライバルより一枚上手といった声も聞かれます。元々は軽トールワゴンのワゴンRを拡大し、コンパクトカーとして販売が開始されました。

エンジンパワーでライバルに勝る

2010年にフルモデルチェンジを行った際に、エンジンはスイフトと共用しており、現在もその流れは変わらずK12C型を共用しています。そのため低回転でもトルクが向上し、軽量コンパクト化で力強い走りを実現。

1.3Lガソリン・マイルドハイブリッドを設定。三菱 デリカ D:2はマイルドハイブリッドのみの設定でしたが、ソリオにはガソリン車もラインアップされています。後席両側のスライド度は携帯リモコンのスイッチを押すだけのワンアクションパワースライドドアを採用しました。

ライバルと比較するとパワーはアドバンテージがあります。エンジン単体の最高出力は91PS、電気モーターの最高出力は13.6PS、両方合わせて100PSを超えるのは、このクラスでは余裕の走りと、その質感をもたらしています。 

最新「ソリオ」中古車情報
本日の在庫数 1815台
平均価格 97万円
本体価格 10~239万円
ソリオの中古車一覧へ

【スズキ ソリオ 新型発表!12/4発売】158万円からでマイルドハイブリッドを主軸|速報

スバル ジャスティ

スバル ジャスティ
  • 2020年1月~9月新車販売台数:1,766台
  • 新車販売価格:196万~216万円

ダイハツが生産する「トール」のOEM。もともと、OEM車は売れない、というより販売ディーラーも積極的に売らない、メーカーとしても積極的に売らないのが基本スタイル。(トールのOEM「トヨタ ルーミー/タンク」は別格、特例、ダイハツの新型コンパクトSUV「ロッキー」のOEM「トヨタ ライズ」も別格、特例です)

2020年9月24日に、ダイハツ トールのマイナーチェンジを受けて、ジャスティもマイナーチェンジの発表がありました。今回トヨタ タンクがルーミーに統合されたことで、デザインが変更になっています。

マイナーチェンジで外観はカスタム風に

トヨタ ルーミーとジャスティのベースモデルに使用されていたエクステリアが廃止されました。そこでジャスティには、トヨタ ルーミーとダイハツ トールのカスタムモデルとして採用されているエクステリアが、標準モデルに登場しています。

そのほかでは、ジャスティのグレード設定も変更され1Lのターボエンジンは廃止されました。安全性能の充実を図り、最新の「スマートアシスト」や「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」を搭載しています。

スライドドアは、ウェルカムオープン機能で車に近づくだけでドアが自動オープン。乗車時にアクセスキーを持ち予約した側のドアに近づくだけの簡単設定です。これなら子供を抱いていても、買い物で手いっぱいの荷物でも困ることはありません。

スバルに乗る人は、先進安全技術「アイサイト」や、四輪駆動システム「シンメトリカルAWD」、水平対向エンジンに乗りたい人が基本。実際に試乗している人は、スバリストを始めとする、ファミリーが多いようです。

スバル ジャスティの需要は、お世話になっているスバルのディーラーに、セカンドカーの購入として、あるいは、お世話になっている近所の自動車整備工場が取り扱っていたから、といったところでしょう。

最新「ジャスティ」中古車情報
本日の在庫数 77台
平均価格 128万円
本体価格 72~198万円
ジャスティの中古車一覧へ

三菱 デリカ D:2

三菱 デリカD:2 ハイブリッド MZ5
三菱 デリカD:2 ハイブリッド MZ5
  • 2020年1~12月新車販売台数:―
  • 新車販売価格:188万~236万円

「D:2」と書いて「ディーツー」と発音します。このクルマは、「スズキ ソリオ」のOEM。またカスタム車両となるデリカD:2カスタムは、ソリオ バンディッドの兄弟車ということになります。

特徴として挙げられるのは、D:2のパワートレインは全車マイルドハイブリッド仕様。モーター機能の付いた発電機とリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、エンジンをアシストします。また「全方位カメラ付きナビパッケージ」をグレード設定にしているという点です。

最新「デリカD:2」中古車情報
本日の在庫数 692台
平均価格 93万円
本体価格 13~212万円
デリカD:2の中古車一覧へ

【三菱 デリカ D:2 総合情報】ソリオとの違いや評価は?中古車選びの注意点も

【販売終了】トヨタ ポルテ/スペイド

トヨタ ポルテ
トヨタ ポルテ

すでに現行モデルとしては販売が終了していますが、兄弟車であるトヨタ ポルテとスペイドもスライドドアを備えたモデルでした。

内外装のデザインが違うだけでエンジン、トランスミッションといったパワートレイン、アーキテクチャ(基本構造)は全く同じです。

スペイド/ポルテはフルモデルチェンジ時に、左側スライドドア+右側ヒンジドア1枚から、左側のスライドドアはそのままに右側のヒンジドアを2枚へ増やし使い勝手を向上しています。高級大型セダン並もしくはそれ以上の室内前後長、高さは先代から変わらず特筆すべき点です。

若者ウケを狙ったスペイドだったが…

トヨタ スペイド
トヨタ スペイド

「ポルテ」より若い年齢層をターゲットとしたコンセプトの「スペイド」。ポルテのフルモデルチェンジと同時にデビューしましたが、先代(初代)ポルテの人気が高く、その影に隠れて車名の知名度がいまいち上がりませんでした。

エンジンは、1.5Lガソリンのみのラインナップ、トランスミッションは全車CVTとなっています。4WDの設定もあります。

最新「ポルテ」中古車情報
本日の在庫数 1315台
平均価格 54万円
本体価格 1~160万円
ポルテの中古車一覧へ
最新「スペイド」中古車情報
本日の在庫数 1333台
平均価格 67万円
本体価格 15~165万円
スペイドの中古車一覧へ

トヨタがポルテとスペイドを一部改良し安全装備を充実特別仕様車も登場

スライドドアのコンパクトカー/トールワゴンの新車車両価格一覧

車種名最安価最高価
トヨタ ルーミー155万円209万円
ダイハツ トール155万円191万円
スズキ ソリオ158万円214万円
トヨタ シエンタ180万円258万円
三菱 デリカ D:2188万円236万円
スズキ ジャスティ196万円216万円
ホンダ フリード199万円327万円

スライドドアのあるコンパクトカー/トールワゴンの新車車両本体価格を一覧にしてみました。(このカテゴライズの性格を考慮して、最安価順に掲載)※価格は消費税を含む。千円の位で四捨五入。

新車販売台数1位のルーミーは最も安い価格です。7人乗りミニバンではシエンタのほうが安いですが、価格の高い(このカテゴリで最も高額な)フリードのほうが売れているのが意外です。

スライドドアのコンパクトカー/トールワゴンの発売日一覧

車名世代現行デビューマイナーチェンジ
スバル ジャスティ5代目2016年11月2020年9月
トヨタ シエンタ2代目2015年7月 
スズキ ソリオ2代目2015年8月2018年9月
三菱 デリカ D:22代目2015年12月
ホンダ フリード2代目2016年9月
トヨタ ルーミー初代2016年11月2020年9月
ダイハツ トール初代2016年11月2020年9月

購入の決め手の要素に大きく影響を与えるのが、発売日。現行モデルがいつデビューしたのかは、値引きにも影響します。古いモデルなら値引きやサービスをたっぷりとおねだりしちゃいましょう。この記事では、現行モデルの古い順に掲載しています。

トヨタ スペイドやポルテが2020年12月で生産終了となり、選択肢が減ったという感覚は否めません。

しかし、そのほかの車種は装備の充実やスタイリッシュなデザイン性でスライドドアのコンパクトカーを盛り上げてくれているといえるでしょう。

価格で選ぶもよし、OEM供給元のオプションの充実度で選ぶもよし。すべては車選びの楽しみのひとつです。大いに悩んでみてはいかがでしょうか。

車内が広い軽自動車ランキングTOP10|室内が広いメリットは?【2021年最新情報】

おすすめ軽自動車ランキング記事はこちら

おすすめのミニバンランキング記事はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード