MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 20代男性におすすめの車16選|運転初心者も安心して乗れるカッコいい車は?
役立つ情報

更新

20代男性におすすめの車16選|運転初心者も安心して乗れるカッコいい車は?

初めての車選びのポイント

©igorkol_ter/stock.adobe.com

はじめて選ぶ車は、運転しやすさと価格の安さを基準にして選ぶことをおすすめします。

とくに運転に苦手意識を感じている方は、できる限り小さな車を選ぶようにしましょう。視界の広さも運転のしやすさに大きく関わるため、とくに後退が苦手な方はリアガラスの面積の広い車やドアミラーが大きな車をおすすめします。

また、小さな車は車両価格が安いのも特徴です。価格が高い車ほど、維持費も高くなる傾向にあるため、収入が安定しないうちはなるべく車両価格が安い車を選びましょう。維持費とは車を所有するために継続的に支払い続けなければならない費用を指し、燃料代や税金、保険料や整備費用などが維持費に該当します。

とはいえ一番大切なのは魅力を感じるかどうか

原則としてエンジンの排気量が大きく、車体が大きいほど車両価格および維持費が高くなるため、ファーストカーに小さな車を選んでおくことは非常に合理的な選択といえるでしょう。

とはいうものの、もっとも重視されるべきは、なにより自分が魅力的に感じる車を選ぶことです。予算や運転の得意不得意、車のおもな使用用途などを考慮しつつ、なんとなくでも好きになれる部分がある車を選びましょう。20代や運転初心者におすすめできる特徴的な車を紹介していきます。

20代男性におすすめのSUV4選

現在もっとも人気の車はSUV。後方がハッチバックドアのSUVは大きな荷物や長い荷物も積み込めるうえ、後方確認もしやすいのが特徴です。また、地面から床下まで高さがあるため、段差がある場所でも下回りを擦ることなく走行できます。

SUVはアウトドアレジャーに適した車ではあるものの、クロスオーバーSUVと称される車に過度な悪路走破性能を期待するのは禁物です。砂浜やぬかるみなど極端に滑る場所は避けるようにしましょう。

スズキ イグニス

新車販売価格:142万〜203万円

若々しく個性的なスタイリングと、輸入車のような雰囲気が魅力のスズキ イグニスは、実際に海外でも販売されているクロスオーバーSUVです。ボディサイズは軽自動車とそれほど変わらないため運転しやすく、モーターアシストにより1.2Lの排気量の割に力強い発進加速も特徴です。

トヨタ ライズ

新車販売価格:168万〜228万円

力強いスタイリングが特徴のトヨタ ライズは、全長4mを切るコンパクトな車体にもかかわらず、車内はそれ以上に広く感じる優れた空間設計が魅力です。エンジン排気量は1.0Lで一般的なコンパクトカーよりも自動車税が安いうえ、ターボエンジンであるため排気量以上の力強い加速性能を発揮します。

スズキ ジムニーシエラ

新車販売価格:179万〜206万円

スズキ ジムニーシエラは、軽自動車であるジムニーに1.5Lエンジンを搭載した普通車です。クロスオーバーSUVとは車体構造が根本的に違うため、普通の車が走れないような道でも走行可能。また5速MTが用意される希少な車でもあります。ただし車内は軽自動車のジムニーと同様であるため、4人乗りであることには注意が必要です。軽自動車のジムニーであれば149万円から購入できます。

トヨタ ヤリスクロス

新車販売価格:180万円〜282万円

トヨタ ヤリスクロスは、スタイリッシュかつ高級感溢れるおしゃれなクロスオーバーSUV。排気量は1.5L。全長は4.2mで、同じクラスのSUVのなかでは車両価格が安いのも特徴です。ハイブリッドモデルは車両価格が跳ね上がるものの、燃費性能に優れるため燃料代を大きく抑えることができます。

20代男性におすすめのコンパクトカー・軽自動車4選

軽自動車とは、排気量0.6Lで全長3.4×全幅1.48×全高2.0m以下の車。コンパクトカーとは、おおよそ全長4m以下の普通車を指します。

どちらも運転しやすく、車両価格が安いため、はじめて選ぶ車に最適です。とくに軽自動車は、車内が狭いため窮屈に感じられたり、エンジン性能に不満が感じられる場合があるものの、維持費の安さは随一です。

ダイハツ ミライース

新車販売価格:86万〜136万円

もっとも維持費がかからない車を選ぶならダイハツ ミライースがおすすめです。小さなボディは運転しやすく軽量であるため、燃費が良く、軽自動車にありがちなパワー不足も感じづらいように配慮されています。男心をくすぐるロボットのようなデザインも魅力的。自動ブレーキ付きモデルの車両価格は93万円からです。

スズキ ハスラー

新車販売価格:128万〜179万円

スズキ ハスラーは、SUVとワゴンを融合させた軽自動車です。かわいいともカッコいいとも受け取れるポップなデザインが特徴であり、軽自動車としては車内が広く、内装にも本格SUVを模したこだわりのデザインが採用されています。ハスラーは維持費を抑えつつアウトドアレジャーを楽しみたい方におすすめの1台です。

トヨタ ヤリス

新車販売価格:140万〜252万円

旧名ヴィッツことトヨタ ヤリスは、欧州スポーツカーのような、多くの人が率直にカッコいいと呼べる優れたデザインと、コンパクトカーとしての高い完成度が特徴です。排気量1.5Lのガソリンモデルと燃費性能に優れるハイブリッドモデルに加え、維持費が安価な1.0Lエンジンモデルもラインナップ。1.5Lガソリンモデルは6速MTも選択できます。

スズキ アルトワークス

新車販売価格:154万〜169万円

スズキ アルトワークスは、ベーシックな軽自動車であるスズキ アルトに、軽自動車最高スペックのターボエンジンと5速MTおよび5速自動MTを搭載したメーカーチューンドモデルです。しっかり4人が乗れ、高速道路の交流でも十分な加速性能を持ちながら維持費は非常に安価。アルトワークスは高い実用性を備える軽スポーツカーです。

20代男性におすすめのファミリーカー4選

子どもがいるご家庭には、広い室内空間とスライドドアが備わるミニバンがベストです。しかし、大型のミニバンは車両価格も維持費も高額。そこでおすすめしたいのが、頭上空間を広く確保したトールワゴンとコンパクトミニバンです。

どちらもコンパクトサイズながら、荷物やベビーカーの積み下ろしに便利な電動スライドドアが備わり、車内も広くつくられているため、夫婦2人と子ども2人程度の利用であれば十分にカバーできます。

また、紹介するすべての車には、対応するチャイルドシートを簡単に取り付けられるISOFIX固定金具もしっかり備わっているのも特徴です。

ホンダ N-BOX

新車販売価格:143万〜215万円

ホンダ N-BOXは現在もっとも売れている軽自動車。軽自動車とは思えない広い室内で、大柄な男性が乗っても頭上空間には余裕があります。使いやすい両側電動スライドドアに加え、後席をスライドさせ、座面を立てることでできたスペースにベビーカーを楽に積み込むこともできます。直線的なデザインでスッキリとした外観も多くのユーザーに好評です。

ダイハツ タント

新車販売価格:124万〜200万

ファミリー向け軽トールワゴンとしてN-BOXとライバル関係にあるダイハツ タントは、乗り降りの邪魔になる助手席側の柱をなくしたピラーレス構造と、電動スライドドアの多機能性が大きな特徴です。N-BOXと並んで室内空間は軽トップクラスで維持費も同様。車両価格が安く便利なタントは、より生活密着型の軽トールワゴンといえるでしょう。

トヨタ ルーミー

新車販売価格:156万〜209万円

軽自動車ではやや手狭。しかし維持費は抑えたいという方には、普通車のトールワゴンであるトヨタ ルーミーがおすすめです。ルーミーは軽自動車よりひと回り大きく、エンジン排気量は1.0Lであるため、軽自動車の維持費にほんのわずかな額を追加するだけで、5人が乗れる広い室内空間にアップグレードできます。

ホンダ フリード

新車販売価格:200万〜304万

ホンダ フリードはファミリーユースにジャストサイズな7人乗りコンパクトミニバンです。初心者でも無理なく運転できる約4.3mの全長で車内も広々。1.5Lエンジンを搭載するため維持費はコンパクトカーとほぼ同様です。6人乗りモデル選べば2列目シートが左右独立のキャプテンシートになるためゆったりと座れるうえ、ウォークスルーで助手席から3列目まで車内を自由に移動することもできます。

20代男性におすすめの外車・輸入車4選

車選びは性能やデザインだけでなく、雰囲気や存在感、操作感や所有感といった漠然とした感覚も判断基準になります。輸入車はそういった感覚に訴える要素が大きな魅力といえるでしょう。

ただし輸入車は、日本車に比べて燃費性能に劣るうえ、高価なハイオクガソリンを使うように指定されています。また、車両価格や整備費用も高額です。

しかし、小排気量の輸入車なら日本車とそれほど変わらない出費で維持できます。もちろん右ハンドル車も用意されているため運転操作を気にする必要はありません。

フォルクスワーゲン ポロ

新車販売価格:233万〜353万円

ドイツのフォルクスワーゲン ポロは、女性ユーザーも多い全長約4mのコンパクトハッチバックカー。とはいえポロはラリーやレースでも活躍している車であり、シャープなボディデザインは男性にこそよく似合います。搭載エンジンは1.0Lと1.5Lのターボエンジンで、おおむね日本のコンパクトカーと同様の費用で維持できます。

シトロエン C3

新車販売価格:236万〜273万円

目立つ輸入SUVに乗りたい方にはシトロエン C3をおすすめします。日本車にはない独特なデザインは芸術大国フランスならでは。全長は4m弱。搭載される1.2Lターボエンジンは十分な動力性能を発揮しつつ安価な税金で維持できます。また、C3は現在もっとも車両価格が安価な輸入クロスオーバーSUVでもあります。

フィアット 500(チンクエチェント)

新車販売価格:200万〜261万円

イタリアのフィアット 500は、軽自動車より少し大きいだけの3ドアコンパクトカー。キュートな外観は女性的であるものの、男性が乗ってもまったく違和感はありません。搭載エンジンは1.2Lと0.9Lターボの2種類。4人乗りで後席は狭く実用性に欠るものの、輸入車で人気のゴルフやMINIに負けない存在感がある車です。

フォルクスワーゲン T-cross

新車販売価格:278万〜366万円

フォルクスワーゲン T-Crossは、全長約4mのコンパクトサイズながら広い荷室が備わるクロスオーバーSUV。維持費が安価な1.0Lターボエンジンでも、高性能変速機との組み合わせで高速道路も楽々走行できます。車内はデザイン性に溢れたインテリアにまとめられ、運転席に備わる最新のフル液晶デジタルメーターも魅力的。ただし、やや高い車両価格が難点です。

運転しやすい車とは、どんな車?運転しやすい車トップ10!

美女30人に聞いた! 彼氏に乗って欲しい車とは?

軽自動車SUV、新車価格の安い順にランキング!

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード