MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 安くてかっこいい車ランキング!国産車・輸入車でコスパに優れたモデルは?【2022年最新情報】
メーカー・車種別

更新

安くてかっこいい車ランキング!国産車・輸入車でコスパに優れたモデルは?【2022年最新情報】

車選びをするとき、「なるべく高額でなく、街なかでも人が振り向くようなかっこいいモデルはないの?」とお考えの方もいるでしょう。限られた予算内で新車を買い、維持費も抑えてドライブを楽しみたいですよね。国産車と輸入車、それぞれでコスパに優れたモデルをピックアップして解説します。

安いけどかっこいい車はある?

@nitinut380/stock.adobe.com

近年、走りや内装の質感が上がったと同時に、安全装備の充実もあって車の本体価格が上がっています。ところが、くまなく探してみると、以下のポイントに該当した”ディスカウント価格”のモデルもあるためチェックが欠かせません。

  • 車両の本体価格が安い
  • 維持費が節約できる
  • デザインが優れている
  • 価格に見合った以上の快適アイテムや安全機能がついている
  • 走行性能が高い

車両の本体価格が安い

車を購入するなら誰もが気にするポイントとなりますが、近年の新型車であれば以下の価格帯が目安となるでしょう。

  • 国産車:200万円から300万円程度
  • 輸入車:300万円から400万円程度

中古車を購入するなら車の状態に応じて値段が異なりますが、年式が古い、あるいは事故歴があるなどいくつもの要素が絡んでくるため選ぶのが難しいです。

もし、初めから状態のいい車を選びたいなら、現在販売されている新車から安くてかっこいいモデルを選ぶとよいでしょう。

維持費が節約できる

維持費も、車両の本体価格と同様にお金の面で考えたいポイントです。

かっこいい車と聞くと、真っ赤なスポーツカー、エンジン音が派手なオープンカーなど想像するかもしれません。しかし、思い浮かべた車種はいずれも本体価格が高いだけでなく、ガソリン代や車検などのメンテナンスでお金がかかるでしょう。

今回は以下の基準を決めて、ランキングを作っています。

  • 国産車:軽自動車から排気量2,000ccまでのエンジンを搭載した普通乗用車
  • 輸入車:排気量2,000ccまでのエンジンを搭載した普通乗用車

デザインが優れている

「かっこいい車」と称えられるほど外観デザインに優れていると、所有する喜びを味わえるでしょう。

今回選定した車たちはコンパクトサイズのハッチバックが多いですが、純正でエアロパーツが装着されているモデルもあります。標準グレードよりもスポーティな印象を与えて、より愛着が湧きやすくなるでしょう。

価格に見合った以上の快適アイテムや安全機能がついている

運転しやすさを手助けする装備がついているかどうか、欠かさず確認したいポイントです。

近年は、衝突被害軽減ブレーキの装着がマストとなっているほか、クルーズコントロールなど、安全運転に役立つシステムが標準装備されている車種もあります。

予算との兼ね合いが出てくるため便利な機能が満載とはなりませんが、「必要な装備が揃っていてこの価格!」と満足感が高い1台をチョイスできるでしょう。

走行性能が高い

走行性能も、安くてかっこいい車探しには欠かせない注目ポイントです。

外観がかっこいいなら、走行性能も優れていたほうがいいと考える人は多いでしょう。

今回解説しているモデルは、最高出力こそスーパーカーより下がってしまうものの、ドライブを十二分に楽しくするエンジンや足回り、走りのセッティングを施した車種が揃っています。

安くてかっこいい国産車ランキングTOP10

10位:スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサスポーツ STI Sport(2020年)

「インプレッサスポーツ」は、スバルのグローバルモデルとなる「インプレッサ」シリーズのワゴンタイプです。

スバル独特の「水平対向エンジン」に、「シンメトリカルAWD」(フルタイム4WD)と呼ばれるパッケージで、駆動力を生かした安定感のある乗り味を実現しています。

2016年に登場し、2020年にマイナーチェンジした現行モデルでおすすめのグレードは「STI Sport」です。

スバルのスポーツモデルを象徴する公式のチューニングメーカー「STI」のロゴが入り、ブラックに塗られたリアスポイラーやミラーカバー、アルミホイールでシンプルかつ洗練されたスタイリングとなっています。モータースポーツで活躍するSTIの手が加わった上級グレードが、FF(フロントエンジン・前輪駆動)仕様で273万9,000円、AWD仕様で295万9,000円(いずれも税込)とバーゲンプライスとなっています。

9位:マツダ MAZDA3ファストバック

マツダ MAZDA3ファストバック(2021年)

マツダの5ドアスポーツハッチバックである「MAZDA3ファストバック」は、躍動感のあるスタイリングが特徴で高い評価を得ている1台です。

マツダの車種に共通している「魂動デザイン」を採用し、フロントからリアまで生命の息吹を感じさせるような流麗なスタイリングに惹かれるでしょう。インテリアは5種類のカラーを用意するなど上質な雰囲気を漂わせます。

ドライバーを中心に位置づけた車内設計により運転しやすく、FFレイアウトベースながらレスポンスのいいハンドリングが強みです。パワートレインは、1,500ccおよび2,000㏄のガソリン仕様と1,800ccのディーゼル仕様、加えてハイブリッド仕様を用意。車両本体は220万円からとコスパに優れているのも魅力です。

8位:ダイハツ コペン

ダイハツ コペン Robe(2014年)

現行では唯一のオープンカー軽自動車である「コペン」は、ダイハツを代表するスペシャリティカーです。

しかし、コペンはエントリーグレードとなる「Robe」でも、本体価格188万8,700円(税込)と安価な設定が魅力です。アルミ製の電動オープントップ「アクティブトップ」など軽自動車でも珍しい装備が使われていながら、200万円を切る車両価格はバーゲンプライスと称えてよいでしょう。

SUVチックな外装が特徴の「XPLAY」や、丸目のヘッドライトがクラシックカーの雰囲気を感じさせる「Cero」などバリエーションが豊富。購入後に外装を着脱して着せ替えられるのもコスパの高さを感じさせます。

7位:マツダ MAZDA2

マツダ MAZDA2(2019年)

マツダのコンパクトハッチバック「MAZDA2」は、「デミオ」時代から継承しているスポーティなスタイリングと走りの良さを両立した1台です。

本体価格が150万円台からと、普通乗用車では安価な価格が魅力。インテリアに専用のカラーが用いられた特別仕様車が複数用意されており、バリエーションの豊富さも注目されているポイントです。

マツダが独自で開発しているコネクティビティシステム「マツダ コネクト」を搭載。目的地までのナビゲーションシステムやオーディオ、ハンズフリー通話などのコミュニケーション機能が便利に使えるようになっています。

6位:トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス(2019年)

トヨタの売れ筋コンパクトカーである「ヤリス」は、安い・かっこいいを兼ね備えた1台に挙げられるでしょう。

1,500ccの「ダイナミックフォース」ガソリンエンジンは、FF仕様でWLTCモード燃費が21.6km/Lと軽自動車顔負けの低燃費を実現。「Toyota New Global Artitecture」(TNGA)の理念を取り入れたプラットフォームにより、上級車種にも引けを取らない質感の高い走りを披露します。

おすすめのグレードは「X」の2WDモデル。14インチホイールやディスプレイオーディオなど必要な装備を揃えつつ、車両本体価格は159万8,000円(税込)と現行モデルの新車では破格の安さを実現しています。

5位:ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE RS(2020年)

ホンダのトールワゴン軽自動車「N-ONE」は、軽自動車を卓越する質の高い走りを実現しているのが特徴です。グレード「RS」は、軽自動車の自主規制枠と64馬力まで引き上げた3気筒ガソリンターボエンジンを搭載したスポーツタイプ。CVT(無段変速機)もしくは6速MT(マニュアルトランスミッション)の2種類から選択できます。モータースポーツで培ったホンダの走りを手軽に味わえる1台です。

2020年に誕生した2代目は、初代モデルとホンダの四輪車で黎明期を支えた軽自動車「N360」の雰囲気を継承した外観デザインは昔懐かしさを感じるでしょう。1970年代から1980年代のフランス車を思わせる斜めに角度がつけられたリアデザインは、ユニークな印象があります。

また、安全運転サポートシステム「Honda SENTING」を全グレードに標準装備。軽自動車では希少価値の高い「アダプティブクルーズコントロール」が装着されているのも注目です。

RSの車両本体価格はFF(2WD)仕様で199万8,000円(税込)。CVTでもMTでも同じ価格となっているため、バーゲンプライスと称えるべき車となっています。

4位:トヨタ GRヤリス

トヨタ GRヤリス RS(2020年)

トヨタがWRC(世界ラリー選手権)での勝利を目指し開発されたスポーツモデルである「GRヤリス」。

GRヤリスには、272馬力のガソリンターボエンジンを搭載した「RZ」だけでなく、300万円を切る本体価格で気軽に走りを楽しめる「RS」がラインナップされています。

18インチのアルミホイールやスポーツメーター、スポーツシートなど、上級グレードにも引けを取らない豪華な装備を揃えているのが特徴です。

1,500㏄の直列3気筒エンジンは、スペック値120馬力と控えめながらCVTと組み合わされて快適な走りを味わえます。

本格的なスポーツ走行以外でGRヤリスを楽しみたいなら、本体価格が265万円(税込)であるRSも候補となるでしょう。

3位:マツダ ロードスター

マツダ ロードスター(ND型)

新車でも希少価値が高くなったオープンカーの一種である「マツダ ロードスター」は、200万円後半から300万円前後の本体価格で販売されています。

「人馬一体」と評されているハンドリング性能の高さは、前後重量配分を50:50としていたり、エンジンや駆動系システムを車体の中心に据えたりと丁寧な設計からもたらされる性能です。カーブでも挙動が安定し、心地よい走りを体感できます。

また、オープンカーながら最新の安全運転サポート機能を備えているのも強みです。全グレードに標準装備されている「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」は、夜間でも歩行者を検知できる仕組みです。前を走る車や歩行者を車載カメラでとらえて、ブレーキによるコントロールを使用し衝突事故を回避します。

走りの楽しさに、安全性が加わった現行ロードスターはコスパに優れた貴重な車種となりつつあるのです。

2位:トヨタ GR86/スバル BRZ

トヨタ GR86/スバル BRZ(2021年)

日本で生産されている2ドアクーペタイプのスポーツカーで、コスパに優れている車種と聞かれたら真っ先に挙げられるのはトヨタ「GR86」とスバル「BRZ」でしょう。

トヨタとスバルによる共同開発モデルであり、2021年に登場した2代目は初代の面影を感じさせつつも進化を遂げている車です。

エンジン排気量を2,000ccから2,400ccにアップさせて、207馬力から235馬力へ出力を向上させています。低重心の水平対向エンジンを軸に、ワイド&ローのスタイリングでハンドリング性能を高めています。

また、GR86やBRZ、それぞれでフロントマスクやランプデザインに違いを加えているなど好みに合わせた選択が可能です。トヨタ、スバルそれぞれで購入できるのも強みとなるでしょう。

GR86なら279万円(RC・6速MT仕様)、BRZなら308万円(R・6速MT仕様)と、手ごろな価格で購入できるスポーツカーとなっています。

1位:スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ(2017年)

現在、市販されている国産車で「安くてかっこいい」のテーマに当てはまる車種がスズキの「スイフトスポーツ」です。

2017年に登場した現行・ZC33型は、何よりも車両価格の安さに尽きます。FF仕様、安全運転サポートシステム「スズキ セーフティサポート」の有無にもよりますが、187万4,400円(税込)からの良心的な価格設定が強み。手軽にスポーティな走りを楽しむなら適した1台です。

140馬力の1,400cc「ブースタージェット」ガソリンターボエンジンは低燃費かつ低速域からの加速性能に優れています。加えて、軽量化を得意分野とするスズキの技術が込められたプラットフォーム「HEARTECT」により、1,000kgを切る車両重量を実現。

また、「チャンピオンイエロー」をはじめとしたボディカラーの豊富さも、シャープな目つきやグリルなどが備わる外観デザインにアクセントを加えます。

免許を取ってから初めての新車でも手が届くスポーティな車として、スイフトスポーツは選択肢に欠かせない1台となるでしょう。

安くてかっこいい外車・輸入車ランキングTOP5

5位:ルノー トゥインゴ

@Domagoj/stock.adobe.com

ルノーのエントリーモデル「トゥインゴ」は、2ドアクーペを思わせるかのようなシャープな外観デザインが特徴の5ドアコンパクトハッチバックです。

2014年から市販されている3代目は、俊敏な走りと便利な機能を両立したパッケージングが魅力。RR(リアエンジン・後輪駆動)レイアウトを取り入れたことで街中での取り回しに優れているほか、900㏄ターボエンジンと6速ATの組み合わせによりコンパクトカーの枠を超えた走りを味わえます。

車内では、インストゥルメントパネル(インパネ)に備わった「タッチスクリーン」を搭載。スマートフォンと連動して目的地へのマップや好きな音楽のプレイリストを簡単に設定できるのが強みです。

車両本体価格は210万円(税込)からと、気軽にフランス車でのカーライフを始められる設定となっています。

4位:ルノー ルーテシア

ルノー ルーテシア(2020年)

「ルーテシア」は、ルノーのラインナップの中核を担う5ドアコンパクトハッチバックです。

2020年に日本輸入が始まった5代目は、ルノーが業務提携を結ぶ日産・三菱自動車と共同で開発したプラットフォームが採用されて話題となっています。伴って、シャープなフロントマスクと、幅広で低く抑えられたスポーティな外観デザインへ生まれ変わりました。

131馬力を発揮する1,300cc直噴4気筒ターボと、パドルシフト付き7速ATの組み合わせにより余裕のある走りを実現。

「インテンス テックパック」装着車には、「360℃カメラ」を中心とした安全運転サポート機能が充実しており、ドライバーを快適に目的地へ導きます。

新車の車両本体価格は200万円台前半から後半と安価な設定となっており、300万円以内でフランスの名門メーカーの高品質ハッチバックが購入可能です。

3位:フィアット アバルト595

アバルト 595 2019
フィアット アバルト595(2019年)

「アバルト595」は、フィアットのコンパクトカー「500」(チンクエチェント)をベースにスポーティモデルへ仕上げた1台です。内外装ともに、”可愛い”ではなく”かっこいい”を前提に打ち出しています。

外観は、「ABARTH」の文字が入ったバンパーとアバルトブランドのバッチが入ったフロントマスク、スポーティなサイドスカートとリアスポイラーが備わっているのが特徴。一方内装も、スポーツタイプのシートと「Apple CarPlay」に対応した7インチサイズのタッチパネルモニター「Uconnect」が装備されています。

搭載されている1,400ccのターボエンジンは145馬力の高出力を達成しており、今や希少価値の高い5速MT(マニュアルトランスミッション)との組み合わせです。

右ハンドルおよび左ハンドル仕様から選択が可能で、車両本体価格は320万円(税込)と良心的な設定となっているのも注目ポイントとなります。

2位:プジョー 208

プジョー 208(2020年)

プジョーでコスパに優れたかっこいい車種なら、「208」が挙げられるでしょう。

208は、かつてWRC(世界ラリー選手権)で活躍した「205」や「206」の血縁を引き継ぐコンパクトハッチバックであり、スポーティな走りがセールスポイントのモデルです。

ラインナップは200万円後半から300万円前半の設定。おすすめしたいグレードは「208 GT」です。

ノーマルグレードのシャープな外観はそのままに、スポーティなフロントバンパーやリアスポイラーが装着されています。内装には視覚に優れた液晶タイプのスピードメーターやタッチパネルが装着されており、「3D i-Cockpit」と銘打った高品質の車内空間を実現。

近未来の要素も随所に織り込まれた、フランスでも屈指の安くてかっこいい1台となっています。

1位:フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ(2021年)

安くてかっこいい車・輸入車でトップに君臨するのは、「フォルクスワーゲン ゴルフ」です。

ゴルフの現行・8代目は2019年に本国ドイツ、遅れて2021年より日本でも輸入が開始された5ドアハッチバック。パワートレインは、マイルドハイブリッドを搭載した2種類のガソリン仕様と、パワーに優れたディーゼル仕様の合計3種類から選択可能となっており、バリエーションの豊富さが魅力です。

ラインナップの中でコスパに優れているのは「eTSI R-Line」。150馬力を発揮する1,500ccのガソリンエンジンにハイブリッドシステムの組み合わせとなっています。グレード専用のバンパーやスポーツサスペンション、17インチのアルミホイールなど豪華な外観を実現するための装備が揃っています。

また、フォルクスワーゲンの安全運転サポートシステム「Travel Assist」にも注目です。同一車線内で時速210kmまでの範囲内なら、前を走る車との車間距離や走行レーンの維持などドライバーがあらかじめ設定できるようになっている機能を全グレードに標準装備しています。

コスパのいい車は新車・中古車?不人気車?おすすめ車種と中古車選びのコツ

不人気車ってどんな車?メリットはある?不人気車おすすめ人気ランキングTOP10

一人暮らしの独身が持つべき車は?一人暮らしの車選びで注目したいポイント

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事