MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 【メルセデス・ベンツのSUV】新車全19車種一覧比較&口コミ評価|2020年4月最新情報
新型車・モデルチェンジ

更新

【メルセデス・ベンツのSUV】新車全19車種一覧比較&口コミ評価|2020年4月最新情報

メルセデス・ベンツのSUVは現在全19車種。これをクラス順に掲載しました。クルマ選び、比較検討にご活用ください。

GLA

現行モデル発売年月日:2014年5月29日
新車価格:422万~476万円
画像は、180
現行モデル発売年月日:2014年5月29日
新車価格:422万~476万円
画像は、180

概要

メルセデス・ベンツ GLAは、同社初となるコンパクトSUV。FF駆動のAクラスをベースとして、ブランドイメージがもつ優雅なデザインにボリューム感のあるボディが融合しています。コンセプトは多彩な使い勝手と気軽なドライブを促す快適な走行性能。ディーゼル車は用意されませんが、フルタイム4WDシステム「4MATIC」搭載グレードはSUVらしさを確保しています。エントリークラスに相当するため、ターゲットは多趣味な若いユーザーが中心とのこと。

口コミ・評価

GLAのユーザーレビューでは、他のAクラスモデルと比べてデザインが気に入り、乗ってみるとスムーズなエンジンとハンドリングで楽しく安心して運転できる、という一連の流れで高い評価が多く見られます。何より、直進・停止・カーブの基本性能が非常に優れているとのこ。オフロードを攻略するSUVとして購入するというよりは、市街地を優雅にこなす背の高いハッチバックとして選ぶユーザーがほとんどでした。

AMG GLA 45 4MATIC

現行モデル発売年月日:2014年5月29日
新車価格:839万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2014年5月29日
新車価格:839万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツAMG GLA 45 4MATICは、GLAをベースにAMG社のチューニングが施された高性能モデル。外観はベースと大きく変わりませんが、AMGモデル共通のグリルデザインや要所にエアロパーツが装着され、スポーティな迫力をより印象づけています。サーキットユースを想定したドライブモードや最大で381PSを発生する2.0Lターボを採用し、存分にパワーを開放するための用意が盛りだくさんです。高い価格設定ですが、AMGのエントリークラスとして購入するには最適な1台。

口コミ・評価

GLA45に試乗したユーザーは、標準GLAを遥かに上回るオンザレール の走行感覚や、あらゆる場面で安定感を維持する4MATICの仕事について多く言及しています。一方あくまでFFベースのため、スリルを求めるFRファンからは「安全すぎる」という意見も。エンジン音はかなり大きく、日常使いでは周囲を驚かさないようにスロットル操作では気を遣う場面もあるようです。総じて、標準GLAのように気軽に乗れる車ではないとも言えます

GLC

現行モデル発売年月日:2016年2月9日
新車価格:690万~775万円
画像は、220 d 4MATIC
現行モデル発売年月日:2016年2月9日
新車価格:690万~775万円
画像は、220 d 4MATIC

概要

メルセデス・ベンツGLCは、CクラスをベースとしたクロスオーバーSUV。内外装はセダンを踏襲しているため、全体的に高級感を感じさせる雰囲気が特徴です。全車標準の4MATICは常時すべてのタイヤを駆動するフルタイム式。GLAでは設定されなかったディーゼル車も用意され、人や荷物を載せて遠方へ出かけるSUVらしい用途も明確に想定されています。世界最高水準の安全性能を誇り、先進技術では同クラスのライバル車を大きくリード。世界中からベンチマークにされる存在です。

口コミ・評価

GLCの評価は、落ち着いたエンジンの挙動やドライブフィールが合う性格のユーザーからは軒並み高評価でした。ディーゼルエンジンの静粛性は高く、ロールを抑えつつ乗り心地を損なわない絶妙なサスペンションも相まって、同乗者目線でも室内の快適性は高いようです。ただし、後席の座面の狭さや背もたれの角度が人によっては合わないことがあるそうで、購入を検討する場合は事前にチェックが必要です。

2020年4月5日更新:GLC350e 4MATICクーペPHEV「EQ POWER」発売開始

2020年4月3日から新型PHEV「メルセデス・ベンツ GLC 350 e 4MATIC クーペ」が追加発売されました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

GLCクーペ

現行モデル発売年月日:2016年2月9日
新車価格:721万~807万円
画像は、300 4MATIC
現行モデル発売年月日:2016年2月9日
新車価格:721万~807万円
画像は、300 4MATIC

概要

GLCクーペは、標準のGLCと同等の走行性能と利便性を維持しながら、スポーティ&スペシャリティ嗜好を強めた派生モデル。ルーフラインが緩やかな曲線を描きながらリアエンドへと繋がるファストバック風のデザインが特徴です。同クラスライバルのBMW X4と異なり、ディーゼル車をラインナップしているのがポイント。最新のマイナーチェンジでは、CクラスやGLCと同様に対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が採用され、最新鋭の安全性能を備えます。

口コミ・評価

GLCクーペは、人とは違う車に乗っている感覚、いわゆるスペシャリティ嗜好に重きを置くオーナーが多いようです。高速時のオンザレール感覚やアクセルの踏み加減で速度調節できるエンジンの器用さは、長距離運転のお供にも最適とのこと。デザインの都合上、後部座席のスペースについては賛否両論でした。SUVとしてではなく、クーペとして所有する感覚でいると積載性や実用性に利を感じるという意見も。

AMG GLC 43 4MATIC

 現行モデル発売年月日:2016年9月9日
新車価格:948万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2016年9月9日
新車価格:948万円
画像は、標準仕様

概要

AMG GLC43 4MATICは、AMGが手掛けるGLCラインナップのエントリーモデル。力強いクロムメッキ仕上げのラジエーターグリルをフロントに構え、他にもスポーティさを強調する意匠が追加されています。前席には横方向のホールド性が高いスポーツシートを標準採用し、赤いステッチの入ったレザーで本格派の雰囲気を主張。最高で367PSを発生する3.0LのV6ツインターボを搭載し、最高速度250km/h、0-100km/h加速4.9秒のスペックはスポーツカーの域に届きます。

口コミ・評価

GLC43は、目線が高く操縦性の良いスポーツカーとして評価されています。スポーツシートの着座感はドライバーとしての気分を高まるとのこと。AMG含む他のGLCモデルと異なり、GLC43は後輪により多くの駆動力を配分する4MATIC仕様ですが、実際に乗ってみてその違いに気づくことはないようです。上にGLC63が控える中、すでに日本の道路事情には余りあるパワーを体感でき、標準GLCのエンジンでは物足りないユーザーにはぴったりです。

AMG GLC 63 4MATIC+

現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,313万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,313万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG GLC 63 4MATIC+は、GLC43のさらに上位に当たるAMGモデル。メルセデスAMG GT以外のモデルで初めて「AMGパナメリカーナグリル」を採用し、スポーツモデルとしてひとつ上の次元を演出します。同じくAMG GTと基本設計を共有するV8ツインターボ「M177」エンジンを搭載し、最高スペックは476PS・650Nm。強烈な刺激と実用性を両方手にしたいユーザー向けです。

口コミ・評価

GLC63のレビュアーは、強烈なM177エンジンの印象をメインに、SUVとは到底思えないスーパーカークラスの走りに驚いていました。全開加速時は強烈なトルクを4WDが全輪に伝えるため、後ろから突き出されるような感覚に襲われ、速い車に慣れていないとかなり恐怖を感じるとのこと。また、コンフォートモードにしても路面の細かい凹凸をかなり拾うため、一般的な乗用車と同じ乗り心地は期待できないようです。

AMG GLC 63 S 4MATIC+

 現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,487万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,487万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG GLC63S 4MATIC+は、GLC63にさらなる動力性能や特殊装備を加えたハイエンドモデル。大径のホイールを収めるため、ノーマルのGLCよりも40mm幅広になっており、踏ん張りのあるスタイルが特徴です。M177エンジンの出力はさらに高められて、最高スペックは510PS・700Nmのモンスタークラス。エンジンマウントの硬さを自動で調整する機能や、シーンに合わせたサウンドが愉しめるエグゾーストシステムなどを備え、最高峰のスポーツドライブを堪能する要素が満載です。

口コミ・評価

試乗インプレッションを見ると、GLC63 Sの性格は踏み込む度に爆音で唸り、一筋縄ではいかない暴れ馬のようです。スポーツモードではエクゾーストシステムのフラップを開いて直接音を鳴らすため、スタート時から鬼気迫るものがあるのだとか。4MATICの恩恵からコーナリング中も駆動力で曲がることができ、ワイドトレッド化による安定感もあって、オンザレール感覚を存分に楽しむことができそうです。反面、爆音エンジンやワイドボディは市街地ではかなりの厄介者扱いに。

AMG GLC 43 4MATIC クーペ

現行モデル発売年月日:2016年9月9日
新車価格:980万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2016年9月9日
新車価格:980万円
画像は、標準仕様

概要

AMG GLC43 4MATIC クーペは、GLCクーペのAMG43系エントリー仕様。ボディ形状がルーフのなだらかなクーペスタイルで、よりスポーツカーらしい雰囲気に仕立てられています。スタイリング以外では標準のGLC43との変更点はなく、367PS・520Nm発生のV6ツインターボや9速のAMGスピードシフトなど、加速力に優れたパワーユニットを搭載。ドライバーズカーとスペシャリティーカーが融合した1台です。

口コミ・評価

GLC43 クーペでオフロードを駆け回るユーザーは少ない印象。ただ、地上最低高やアイポイントの高さは、SUVらしさが担保されていて、オフロードを避けようと考えるほどではないようです。何よりオンロードでの操縦性や安定感、加速のスリルは軍を抜いて優れているとのこと。高速走行時はSUVを運転している自覚など忘れ、ドライバーを純粋に楽しませるクーペに早変わりします。

AMG GLC 63 4MATIC+ クーペ

現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,344万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,344万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG GLC 63 4MATIC+ クーペは、GLCクーペのボディにAMG63系の高性能チューニングを加えたモデル。パナメリカーナグリルとクーペスタイルの組み合わせで、外観は威圧感と高級感漂う4ドアセダンに近い雰囲気です。前後トルク配分50:50の固定式4WDシステム「4MATIC」に対し、50:50~0:100の範囲で電子制御できるよう進化した「4MATIC+」を搭載しています。

口コミ・評価

GLC63 クーペは、4MATIC+の繊細な制御に感心する声が集まりました。M177エンジンの強烈な蹴り出しや、あらゆる走行状況に適用する多彩なドライブモード、コーナリング時やブレーキング時には瞬時にスプリングを硬くする制御など、オンロードを駆け抜けるには申し分ない走行性能とのこと。SUVとしての積載性や走破性も副次的に見るなら、十分に評価できる内容のようです。

AMG GLC 63 S 4MATIC+ クーペ

現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,519万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2018年1月10日
新車価格:1,519万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG GLC63 S 4MATIC+ クーペは、GLC系ラインナップの頂点に位置する高性能クーペスタイルSUV。「S」モデル限定装備として、限界領域におけるコーナリング時のトラクションを高める電制デフや、サーキット走行を想定とした「レース」モードなど、ハイエンドモデルにふさわしい内容を揃えます。2018年のニュルブルクリンクでは、量産SUV世界最速ラップタイムを記録しており、その性能が常軌を逸しているのは明白です。

口コミ・評価

GLC63 S クーペに試乗したレビュアーは、誰もが轟音のエギゾーストサウンドで、”その気”にさせられるようです。オーナーもある種の責任を感じながら周囲の視線を集め、日常のドライブをこなすという感じ。世界でもトップクラスの性能をもちながら、荷物を積んで長時間走る実用性が同居する点にも脱帽の声。当然標準モデルの乗り心地には敵わないとしても、スポーツマシンと乗用ツアラーの両方の顔を持つモデルとしては唯一無二の存在なのかもしれません。

GLE

現行モデル発売年月日:2019年6月19日
新車価格:940万~1,153万円
画像は、300 d 4MATIC
現行モデル発売年月日:2019年6月19日
新車価格:940万~1,153万円
画像は、300 d 4MATIC

概要

メルセデス・ベンツ GLEは、EクラスをベースとしたアッパーミドルクラスSUV。同ブランドの元祖SUV・MLクラスをルーツにもち、高級感・威圧感漂う外観と大柄なボディがプレミアムSUVとしての中核を担います。現行モデル以降は、初の3列シート7人乗り仕様を全グレードで標準採用し、使用状況に応じて乗員キャパシティと積載スペースを調整可能です。ディーゼルターボ車と電気モーター(ISG)+ガソリンターボ車をラインナップし、パワートレインの幅広さも特徴です。

口コミ・評価

GLEのユーザー評価は、豪華な印象に反して、SUVとしての堅実な実用性について言及しています。3列目の空間は長時間のドライブには耐えるほどではありませんが、家族でちょっとしたお出かけをする際は大活躍するとのこと。アイポイントが高いため、女性でも安心して運転できるのもポイント。ISG搭載車は、アクセルを踏み込むとモーターのアシストを強く感じられるそうで、静粛性もかなり優れているようです。

GLEクーペ

現行モデル発売年月日:2016年4月27日
新車価格:935万~1,030万円
画像は、220 d 4MATIC
現行モデル発売年月日:2016年4月27日
新車価格:935万~1,030万円
画像は、220 d 4MATIC

概要

メルセデス・ベンツ GLE クーペは、GLEをベースにクーペスタイルが与えられた派生モデル。ルーフ部分を低く抑えたことで、洗練された雰囲気を漂わせます。車格の恩恵から、デザインの影響が後部座席の空間を大きく犠牲にすることなく、高い実用性を維持しています。パワーユニット含むパッケージングはGLEとほとんど変わらず、よりスポーティなモデルが欲しい方に向けられた1台。

口コミ・評価

GLE クーペのレビューを見ると、GLE譲りの積載能力や走破性はもちろん、スタイルの美しさから入り、運転の楽しさについて高い評価が寄せられています。大柄なボディに反して、ステアリングアシストやパーキングアシストの先進機能のおかげで、駐車場や路地から出るのに苦労を感じることは少ないようです。GLEとGLEクーペの両方の試乗経験があるレビュアー曰く、前者がゆったり乗れるSUV、後者がスポーティな走りも楽しめるSUVという棲み分けができているとのこと。

AMG GLE 43 4MATIC クーペ

現行モデル発売年月日:2015年10月28日
新車価格:1,263万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2015年10月28日
新車価格:1,263万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツAMG GLE 43 4MATIC クーペは、GLEをベースとしたいエントリーモデル。軽量なアルミニウム素材を用いた3.0L V6ツインターボを搭載し、最高スペックは367PS・520Nmです。M製のスポーツサスやロールを抑えるアクティブカーブシステム、ステアリングアシストなどの各種技術により、重厚な巨艦もスポーツカーさながらに操ることが可能です。パノラミックガラスルーフを標準装備し、開放感も満点。

口コミ・評価

GLE 43 クーペの評価を見ると、速度をあげるほどに安定する足回りや、AMGエギゾーストシステムの演出、ドライブモード「スポーツ+」における減速時のブリッピングなど、通通のアッパーミドルクラスSUVでは味わえないスポーティな感覚がドライバーを駆り立てるようです。人によっては加速や音が強烈すぎて「コンフォート」モードにすぐ戻してしまうほどだとか。市街地運転では、サーキット走行や長距離運転では感じないストレスが一気に顕在化する点には覚悟が必要そうです。

AMG GLE 63 S 4MATIC クーペ

現行モデル発売年月日:2015年10月28日
新車価格:1,870万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2015年10月28日
新車価格:1,870万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 S 4MATIC クーベは、GLE系のハイエンドに君臨するAMGモデル。規格外の5.5L V8ツインターボを搭載し、最高580PS・700Nmのとてつもないスペックを記録します。サーキット用のチューニング内容や性能値だけ見るとスーパーカー級ですが、プレミアムSUVとしての美しさや3列シートの実用性は健在。2020年2月には、2代目GLEクーペ(日本未導入)にAMGラインの追加が発表されているので、最新型を求める場合は情報を持った方がいいでしょう。

口コミ・評価

GLE63 S クーベのレビューは、おおむねGLE 43と遜色ないインプレッションを綴ったものが多い印象です。搭載エンジンは明らかに63の方がスペックが上ですが、限界走行を試さない限り、走行感覚の違いを明言できないのでしょう。日本で所有するには性能のすべてを発揮するのが難しいとしても、贅を極めたい、もしくはクラスの頂点にこだわるユーザーにとっては特別な意味を持つのかもしれません。

GLS

現行モデル発売年月日:2016年4月27日
 新車価格:1,261万~2,014万円
 画像は、350 d 4MATIC Sports
現行モデル発売年月日:2016年4月27日
新車価格:1,261万~2,014万円
画像は、350 d 4MATIC Sports

概要

メルセデス・ベンツ GLSは、同ブランドSクラスに相当するプレミアムSUVのフラッグシップモデル。高級セダンと同様の威信を感じられる雰囲気をもちながら、ロングツアラーに適した役割が与えられています。5m超えの全長に3列シートが備えられ、ゆったりとつくろげる室内空間と、最大2,300Lまでアレンジ可能なシートレイアウトが特徴です。登坂や悪路走行でパフォーマンスを発揮するオフロードモードを標準搭載し、オンオフ境なく道を突き進むタフな一面も。

口コミ・評価

GLSの評価を見ると、オフロード用の機能に高い信頼性があるとわかります。市街地・高速道路・山岳路など、あらゆる道に対して相応の車両制御が行われ、苦手な道に出会うのは稀だとか。3列目の使用感については、大人が座ると若干窮屈に感じるとのことで、緊急用と割り切って使用すべきとのことです。かなり大型なボディですが、見切りの良さで取り回しにあまり不安を感じないという意見が多い印象でした。

AMG GLS 63

現行モデル発売年月日:2016年4月27日
新車価格:2,014万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2016年4月27日
新車価格:2,014万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG GLS 63は、GLSをベースにAMG社製チューニングが施されたハイパフォーマンスモデル。専用のバンパーデザインでスポーティ&エレガンスを演出し、足元には標準の22インチホイールが頼もしく踏み込むスタイルです。搭載エンジンは、最高スペック585PS・720Nmの大排気量5.5L V8ツインターボ。実用性と走破性を維持しながら、ドライバーの気分を高めるためのエンジン・車両制御が充実しています。

口コミ・評価

GLS 63のレビュアーによれば、カタログ上のエンジンスペックに身構えつつも、運転してみると静粛性や車重があるおかげか、意外に穏やかに感じられるという第一印象を受けるようです。周囲に威信を示す巨躯に対し、乗り込んでみると細かな気づかいが多く、とくに前席カップホルダーの冷温機能にはデザイン含め感動する声もありました。また、基本的にどのAMGモデルでも言及されていた「スポーツ+」モードの演出は、GLS 63ではやや控えめとのこと。

Gクラス

現行モデル発売年月日:2018年6月6日
新車価格:1,562万~2,035万円
画像は、350 d
現行モデル発売年月日:2018年6月6日
新車価格:1,562万~2,035万円
画像は、350 d

概要

メルセデス・ベンツ Gクラスは、同ブランドSUVのルーツであり、ひときわ異彩を放つ本格オフローダー。軍用車両をベースとしているため、ボディシェルはGL系とは比較にならないほどタフなスクエアデザインです。ラダーフレーム構造による剛性の高さや、最大水深70cmの渡河能力、最大トルク610NmのV8エンジンなど、オフロードを攻略するためのすべてが揃っています。本物感を求めるアウトドア派ユーザーの心惹きつける1台。

口コミ・評価

Gクラスのユーザーは、ほとんどが外観の無骨さとメルセデスらしい高級感漂う内装に満足しています。オフロード性能は言うまでもないとして、オンロード走行も大きな障害なくこなすようです。ただし、ステアリングレスポンスや直進安定性は課題が残る部分があり、高速走行はあまり得意ではない様子。ランドクルーザーの運転経験者によれば、乗り心地はGクラスの方が劣り、メインカーとして日常使いに供するにはストレスを感じる場面が多いとの意見がありました。

AMG G 63

現行モデル発売年月日:2018年6月6日
新車価格:2,035万円
画像は、標準仕様
現行モデル発売年月日:2018年6月6日
新車価格:2,035万円
画像は、標準仕様

概要

メルセデス・ベンツ AMG G 63は、全SUVラインナップでも最も高価でパワフルなAMG製Gクラス。4.0LのV8ツインターボを搭載し、最高スペックは585PS・850Nm。燃費問題に応じるように、燃料タンクは標準Gクラスの75Lから100Lに拡大されています。ベースがもつ本格オフローダーとしての性能を継承しつつ、独自の足回りチューニングによって乗り心地やロール剛性などが向上しています。Gクラスにスポーティな性能を求めるユーザーに向けられた1台。

口コミ・評価

G 63の評価を見ると、標準のGクラスが苦手としていた高速走行での操縦性・安定性をカバーするチューニングを実感するユーザーが多い印象です。踏み込むと轟音をあげるエンジンや、Gクラス以上のアクセルレスポンスから、スポーツ走行を許される安心感があるとのこと。非常にニッチな分野を開拓するG 63ですが、度肝を抜く燃費の悪さも含め、オーナーからすればなかなか手放せない魅力が詰まっているという感触でした。

EQC

現行モデル発売年月日:2019年7月18日
新車価格:1,080万円
画像は、GLA 250 4MATIC
現行モデル発売年月日:2019年7月18日
新車価格:1,080万円
画像は、GLA 250 4MATIC

概要

メルセデス・ベンツ EQCは、日本市場では同ブランド初となるピュアEV。GLCをベースとしたSUVで、丸みのあるボディにゴーグルをかけたような独特なフロントマスクが特徴です。前後2基のモーターを備え、駆動機構はパートタイム式の4WDを採用します。モーターの最大スペックは400PS・765Nmで、0kmからの鋭い加速はEVならでは。残価差額精算の要らないクローズエンド方式のリースを用意し、5年間または10万kmまでの保証を受ける「EOケア」を標準設定するなど、初めてのEVユーザーでも不安のないようなサポート体制も充実。

口コミ・評価

EQCの評価ポイントは、一目でEVとわかる先進的なデザイン、全開で踏んだときの飛ぶような加速に対する恐ろしく静かな室内、きちんと担保されたSUVとしての実用性などが挙げられます。カタログの航続距離は400kmですが、実際は200~250km程度で、回生ブレーキをうまく使えばもう少し伸びる余地があるとか。レーンキープを筆頭とした先進機能の精度は非常に高く、長距離移動は苦にならないようです。一方で、日常的な移動に慣れている人でなければ、あまりの静けさに退屈さを感じるのではないかとの意見もありました。

おすすめ関連記事

この記事の執筆者
長岡 慎太郎

関連キーワード