MOBY

ホンダの人気車種を幾つ知っていますか?ホンダでおすすめの人気車種5選!

時代に即した親しみやすい車作りで知られるホンダ。日本で初めて独自設計のオートバイを発表したことで有名ですが、自動車にも走りへの拘りが垣間見えます。若者からお年寄りまで様々な世代に支持される使いやすさと、安定した性能が魅力。そんなホンダ車の中でも今最もおすすめの車種を、5つご紹介します!

様々な世代から支持がアツい!フィット

ホンダフィット

出典:http://www.goo-net.com/

今やホンダ車の代表格とも言えるフィット。
コンパクトなサイズと、運転席まで広めな車内。
普通車には珍しく後部座席を倒せる仕様で、大きな荷物も楽に積むことができます。

幅広い世代に使いやすい内装や性能も魅力ですが、カラーバリエーションが豊富なのも、男女を問わず支持される所以でしょう。

走り・広さ・質感・ステータス・価格・維持費、いずれにおいてもクラストップレベルの新型フィットは、今まで様々なクルマにお乗りになられてきたベテランドライバーにも大きな支持を頂いているクルマになります。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

また、フィットからフィットへと、同じ車種でのお乗り替えが多いのもこのクルマの特徴です。
1度フィットの乗り心地を味わってしまうと、なかなか他のクルマではご満足いただけないようですね。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

ドライバーの死角になりやすいAピラーには大きな三角窓があり、歩行者や障害物に干渉する割合をグンと減らしている。
おまけに大きなフロントガラスのおかげで視認性が良く、非常に運転しやすい。

出典:http://gainer.jp/

シートアレンジで相変わらず重宝するのが、リアシートの座面を上に跳ね上げるとかなり大きめの荷物を積み込めること。
おまけにトランクもクラス最大と言っていいほど広い。

出典:http://gainer.jp/

視界の広さと乗り心地の良さが、世代を超えて支持される理由のようですね。

都会的なデザインで人気急上昇!ヴェゼル

続いては、昨今主流になってきたハイブリッドカー、ヴェゼル。
洗練された雰囲気で、昨今人気を集めています。

重厚感のあるデザインですが意外と小回りが利き、扱いやすいのが特徴。
勿論、ハイブリッドならではの低燃費も魅力です。

ヴェゼルは全長4295mm、全幅1770mm、全高1605mmというコンパクトなボディを持つ。
残念ながら5ナンバー枠に入らず、さらに機械式駐車場にも全高が収まらないのだがSUVとしては十分に扱いやすいサイズとも言える。

出典:http://gainer.jp/

雪国やアウトドアというシーンでの使用を考えなくていい人にとって、燃費面などで少し不利となる4WDではなくFFをセレクトできるのは魅力だ。
クロスオーバーSUVの「見た目のカッコよさ」を優先する人にとって、この選択肢の広さは嬉しいかぎり。

出典:http://gainer.jp/

低く構えたボディは彫りの深いキャラクターラインが走り、ボリューム感のあるサイドの表情を演出している。この表現力のあるデザインが目を引き、町中での存在感を主張し、注目度も高いのだ。

出典:http://gainer.jp/

【エンジン性能】
静かに走れば高級車のような雰囲気に、アクセルを踏んで走ればVTECの官能的なサウンドがスポーティーに一気にレッドゾーンに届きます。
ホンダならではの味付けですね。

出典:http://review.kakaku.com/

【乗り心地】
しっとりしています。
オデッセイのアブソルートからの乗り換えですが、新型オデッセイより高級感を感じました。

出典:http://review.kakaku.com/

まるで高級車のような雰囲気と、滑らかな乗り心地に胸打たれる方は多いようです。
ひと味違う車が欲しい!と思っている方には、ぜひおススメですよ。

こだわりが見える5ナンバーセダン!グレイス

最近では少なくなってきたものの、未だに愛好家も多いセダン。
高級車のイメージも強いですよね。
そんなセダンの中でも手ごろな位置にいながら、劣らない性能で人気を集めているのが「グレイス」です。

グレイスは、コンパクトで使いやすい大きさの「5ナンバー」と呼ばれるセダン。
趣を感じさせつつも、ハイブリッドならではの燃費の良さもあり、乗り心地も評価が高い車種です。

●ゆったりと乗れる5ナンバーセダン
●後部座席にゆとりがある
●前席に程よい空間(もう少し広いとうれしいという意見も)
●運転席の座席の高さが絶妙(高すぎず、低すぎず)
●2015年になり値引きが10万円以上になった

出典:http://graceinfo.blog.so-net.ne.jp/

・ コンパクトで燃費が抜群に良いセダン
・ 静粛性が高く、落ち着いて車を運転したい方
・ たまにはスポーティな走りも楽しみたい方
・ グレイスと同価格帯(200万円前後)で1クラス上のクオリティをお求めの方

出典:http://hobby-review-blog.com/

手の届きやすい値段でありながら、高級感が味わえるのが魅力のようですね。

狭い場所でも乗り降りカンタン!N-BOX

n-box

出典:http://www.goo-net.com/

軽自動車とは思えない広い室内が評判のN-BOX。
後部座席をスライドさせられるため、狭いところでも楽に乗り降りできるのも魅力の一つです。

お年寄りやお子さんの介助をしやすい車でもありますね。
加速性にも優れ、軽自動車でありながらかなりの馬力を持つことでも人気の高い車種です。

なんといっても軽自動車No.1(※1)のその広さです。
実際の車を見たお客様はもれなく「この広さで軽自動車なの?」と驚かれます。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

新開発エンジン搭載で軽自動車の中でもトップレベル(※2)の馬力があり、優れた加速性も魅力のひとつです。
また、その新開発エンジン他、様々なHondaの新技術によってハイトワゴントップクラスの低燃費(※3)を誇っています。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

両側スライドドアなので駐車した時にお子様が隣の車にドアをぶつける心配もありませんし、小さなお子様は室内で立って着替えをできる広さもあります。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

用途に合わせてモデルを選べるのも、N-BOXの他にはない醍醐味と言えそうですね。

使い勝手が良く、安全機能も充実!N-WGN

最後は、豊富な収納スペースが嬉しいN-WGN。
広さが充分なだけでなく、自動ブレーキシステムや高性能のエアバックも搭載され、安全面でも安心感が高い車です。

一番の魅力は居住空間の広さです。特に後部座席の広さは軽自動車であることを全く感じさせない作りとなっております。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

リクライニングも今までは1段階しか倒れなかったのが、このN-WGNは2段階のリクライニングになっています。
また、後部座席の下は荷物を置けるポケットになっているので、荷物で座席のスペースが取られてしまう、なんていう心配もないのです。

出典:http://www.hondacars-miyagi.co.jp/

■リヤシートベルト締め忘れランプ
どうやらこの機能は、軽自動車で初搭載みたいですが、
後部座席に座っている人がシートベルトを付け忘れたら、
ランプが点灯するようです。

出典:http://xn--n-gfu8a3goevae.seesaa.net/

■シティブレーキアクティブシステム
最近多くなってきた"ぶつからない車”のシステム

バックミラーの裏側にあるカメラが前方の障害物を
感知して、時速30km以下で走行中に衝突の危険があると
自動でブレーキかけてくれるそうです。

出典:http://xn--n-gfu8a3goevae.seesaa.net/

■エアバッグ
最近のクルマは、エアバッグ搭載は当たり前に
なっていますよね。

そんな中、N-WGN(Nワゴン)のGAパッケージでは、
サイドエアバッグも搭載されています。

出典:http://xn--n-gfu8a3goevae.seesaa.net/

最近では改善されてきましたが、軽自動車は軽量化されている分、衝突事故の時の防御力が心配だとよく言われますよね。

N-WGNは衝突回避システムはもちろん、前のみならずサイドにも設置されたエアバッグで、横側の衝撃からも身を守ってくれます。

親しみやすいデザインと使いやすさが嬉しい!ホンダのカーラインナップ

普通車も軽自動車も、ホンダの車は全体的に使いやすく、親しみやすいものが多いですよね。
時代に即した車作りが得意だと言われているホンダですから、特にその時を生きる人々に順応しやすいのかもしれません。

加速力や馬力が劣ることもありませんから、普段使いだけでなくちょっとした遠出やアウトドアにも重宝しそうです。
お年寄りやお子さんにも優しいので、ファミリーカーとしてもぜひどうぞ。
少しでも興味がある車種があれば、ホンダに足を運んでみてください。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す