初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【保存版】車の形(ボディタイプ)の種類と名称は?意外と全部言えないかも?

自動車には様々な種類があり、その判断基準は形(ボディタイプ)によって大別することができますが、皆さんは全ての種類を覚えていますか? 今回は、7種類のボディタイプの特徴と代表車種を合わせて紹介し、自動車に詳しくない方にも分かりやすく解説していきます。

車の形(ボディタイプ)の種類と名称を全て言える?

車 ボディタイプ

自動車には様々な車の形(ボディタイプ)が存在することは、街行く車を見ていればなんとなくわかると思いますが、全ての種類と名称を言う事はできますか?
自動車に詳しい方であれば初歩的な知識かもしれませんが、全て言えなかった方は是非ここからの記事の内容を見て、覚えて帰って頂ければと思います。
難しい定義は交えず、簡単な特徴や代表車種などを紹介していきます。

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~セダン~

BMW 3シリーズ セダン 2015年型

BMW 3シリーズ セダン 2015年型

セダンは昔から続くベーシックなボディタイプです。
ボンネット(エンジンルーム)・客室・荷室の3つに空間が独立しており、「3BOX」とも言われます。
「トランクが付いていて、4ドアのタイプは大抵がセダンである」というイメージを持っていれば十分です。

セダンの語源は「sedre:座る」というラテン語から来ていますが、英国におけるセダンは「サルーン」と呼ばれます。
「サルーン」としてのセダンについては、詳細に解説してくれている記事があるので、リンクを掲載しておきます。

セダンの代表車種

ホンダ 新型 シビック セダン

ホンダ 新型 シビック セダン

マツダ アテンザセダン

マツダ アテンザセダン

セダンに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~クーペ~

BMW 2シリーズ M2クーペ

BMW 2シリーズ M2クーペ

クーペの基本形は2ドアクーペ

クーペは、「2ドアの2人乗り用の車」を指します。
さらに、セダンと同じ3BOXで構成された「ノッチバック」と呼ばれるタイプと、リアウインドの一部が流れるデザインの「ファストバック」と呼ばれるタイプに分類できます。
流れるようなルーフラインや低い車高、走りを重視した走行性能など、運転が好きな方に人気のボディタイプです。

2ドアクーペの代表車種

トヨタ 86

トヨタ 86

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E400

メルセデス・ベンツEクラス クーペ E400

4ドアのクーペも存在する?

クーペの定義は2ドアが基本ですが、4ドアクーペと呼ばれるタイプも存在します。
クーペの定義を曲げずに説明するならば、4ドアクーペはいわゆる「クーペ風のセダン」のことを意味しています。

クーペのデザインは、なだらかなピラーが作る流麗なルーフラインが特徴なので、セダンにこのデザインを適用している場合、4ドアクーペとして販売しているメーカーが多いです。

4ドアクーペの代表車種

BMW 4シリーズ グランクーペ M スポーツ 2016年型

BMW 4シリーズ グランクーペ M スポーツ 外装 2016年型

日産 スカイライン 2014年

日産 スカイライン 2014年

クーペに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~コンパクトカー~

コンパクトカー

©Shutterstock.com/ Teddy Leung

コンパクトカーは、正確にはボディタイプの名称ではありませんが、分類としては上下に開閉するハッチドアがついており、全長が4m程度のものを呼びます。
コンパクトカー以外にもハッチドアが付いている車種は多く存在しますが、コンパクトカーのおおよそがハッチドアを採用しているため、「ハッチバック=コンパクトカー」という認識を持っていても問題ありません。
また、スポーティーなコンパクト「ホットハッチ」もコンパクトカーにあたります。
ホットハッチは主にヨーロッパで人気があり北米では「スポーツコンパクト」とも呼ばれています。

コンパクトカーの代表車種

トヨタ アクア

トヨタ アクア

ホンダ新型フィット

ホンダ新型フィット 2017~ 無限

コンパクトカーに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~オープンカー~

オープンカー

オープンカーは、その名の通り屋根のないボディタイプです。
しかし、オープンカーにもいくつか種類があります。

ロードスター

マツダ ロードスターが代表車種として挙げられます。
ロードスターはボディタイプとしての名称でもあり、特徴としては「最初からオープンスタイルを前提とした設計である」点です。

マツダ ロードスター ND型

マツダ ロードスター ND型

©iStockphoto.com/ Tramino

スパイダー

スパイダーもロードスターと同じく、オープンスタイルがベースのオープンカーの分類です。
簡易的な幌は取り付け可能で、幌と車体を結ぶ紐をクモ(スパイダー)の糸に見立てていることが、スパイダーの由来であるという説がありますが、正式な由来は明確になっていません。

「スパイダー」という名前は、アルファロメオやフィアットなど、イタリア車のスポーツカーに多く使用されています。

フィアット 124 アバルトスパイダー

フィアット 124 アバルトスパイダー 4

コンバーチブル

こちらはセダンやクーペをベースに、屋根の着脱が可能なタイプです。
ロードスターやスパイダーと異なり、「屋根が付いている状態を前提とした設計である」点が特徴です。

BMW MINI クーパー コンバーチブル 2015年

BMW MINI クーパー コンバーチブル 2015年

カブリオレ

コンバーチブルと同様の屋根付き状態が基本のタイプです。
19世紀フランスで使用されていた馬車がその名の由来であり、主に欧州の自動車メーカーのオープンカーには大抵「カブリオレ」という名前が付いています。

BMW 4 カブリオレ

BMW 4 カブリオレ

オープンカーに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~ミニバン~

ホンダ フリード

ホンダ フリード

ミニバンは、客室空間に3列シートを所有し、6名以上の定員を乗せることができるボディタイプです。
ファミリー向けのボディタイプとして非常に人気があり、乗り降りを便利にするスライドドアや車内泊も可能な広い室内空間が特徴です。

ミニバンの代表車種

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード G Fパッケージ ハイブリッド 2015年

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

ミニバンに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~ワンボックス~

ワンボックスは、エンジンが床下に設置されており、リアはハッチドアであるため、ボンネットもトランクもなく、客室のみで車体が構成されるボディタイプを指します。
ワンボックスをバンと間違えるケースは多いかもしれませんが、そもそもワンボックスは乗用で1BOXのみ、バンは商用で1~2BOXタイプのものが存在します。

ワンボックスの代表車種

日産 NV350キャラバン

日産 NV350キャラバン 2017年型

トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエース ワゴンGL 2WD 2700ガソリン

ワンボックスに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~ステーションワゴン~

トヨタ プリウスα

トヨタ プリウスα tune BLACK

ステーションワゴンは、ワンボックスとセダン(3BOX)の中間に位置する「2BOX」の形状をしていて、車高が低いボディタイプを指します。
イメージとしては、セダンのリア部分を座席1つ分伸ばし、ハッチドアが付いているのがステーションワゴンです。

また、クーペ風セダンの「4ドアクーペ」と似たように、クーペ風ステーションワゴンも存在し、「シューティングブレイク」という名前が付けられています。

ステーションワゴンの代表車種

トヨタ カローラフィールダー 2015年

トヨタ カローラフィールダー 1.5G 2015年

スバル インプレッサ SPORT

スバル インプレッサ SPORT 1.6i-S EyeSight 2015年

シューティングブレイクの代表車種

メルセデスベンツ CLSシューティングブレイク

メルセデスベンツ CLSシューティングブレイク

シューティングブレイクについて、代表車種も合わせて詳細に解説している記事がありますので、リンクを以下に掲載します。

シューティングブレークに関連するおすすめ記事はこちら

ステーションワゴンに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~SUV~

2015 日産エクストレイル

2015 日産エクストレイル

SUVは、「Sport Utility Vehicle(スポーツ用多目的乗用車)」の略であり、専らアウトドア用途に適ったボディタイプです。
特徴としては、路面状況を選ばない高い走行性能や高い車高、荷物を多く積むことができる広いハッチドアなどが挙げられます。
近年では、ボディのデザインがクーペのように流麗なものが登場したりと、そのタフなイメージが変化しつつあります。

SUVの代表車種

トヨタ C-HR 2017年型

トヨタ C-HR 2017年型

スバル XV

3代目スバルXV

SUVに関連するおすすめ記事はこちら

車の形(ボディタイプ)の種類と名称 ~軽自動車~

スズキ ワゴンR スティングレー

スズキ ワゴンR スティングレー 外装

軽自動車は、総排気量が660cc以下、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、乗車定員4名以下の条件を満たす自動車のことを指します。
小回りの効きや経済性が高い人気を誇り、現在の日本に多く普及しています。
ただ、総排気量の制限から、上り坂や高速道路ではパワー不足を感じる局面もあります。

軽自動車の代表車種

日産 デイズ デイズルークス 2017年

日産 デイズ デイズルークス 2017年

スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン 2015年型 ブルー

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース 新型 2017 126

軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

ボディタイプのバリエーションは今なお増えている!

“SUVクーペ”メルセデス・ベンツ GLE クーペ 2

メルセデス・ベンツ GLE クーペ 2016年型

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

最近では、「SUVクーペ」や「SUVコンバーチブル」などカテゴリが融合した車がいくつも登場してきています。
多種多様なボティタイプは、さらに今後も新たなデザインが登場し増えていくことでしょう。

また、EVの普及化が、車のボティタイプにどう影響していくのかにも注目ですね。

ボディタイプごとの人気ランキング記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す