初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【車種別】車(普通車)の人気おすすめランキング!新型車や定番車をボディタイプ別に紹介

普通車の車種別人気おすすめランキング!ボディタイプごとの特徴もご紹介!この記事では、普通車の人気モデルを車種別のおすすめランキングにまとめています。ボディタイプごとの特徴も紹介しているので、車選びの参考にしてみてください。

普通車の人気モデルをボディタイプ別にランキングでご紹介!

車 ボディタイプ

自動車には、特徴の異なるさまざまなボディタイプが存在しています。
そのため、自動車の購入を決める際には、使用目的や家族構成、予算、好みなどを考慮したうえで、最適なボディタイプを選ぶ必要があるのです。

この記事では、ボディタイプ別のおすすめ人気ランキングに加えて、それぞれのボディタイプが持つ特徴についても解説しているので、是非車選びの参考にしてみてください。

軽自動車の人気おすすめランキングTOP3

軽自動車の特徴とは?

軽自動車とは、日本の自動車の分類で、最も小さい規格に当てはまる自動車のことです。
低価格・低燃費であることに加えて、かかる税金も少ないので、他のボディタイプと比較すると維持費が非常に安いという特徴があります。
現在の規格では、以下の条件に当てはまる自動車が軽自動車となります。

全長3,400mm以下
全幅1,480mm以下
全高2,000mm以下
排気量660cc以下
定員4名以下
積載量350kg以下

●軽自動車についての記事はこちら!

軽自動車の人気おすすめランキング【第1位】ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX G・Lパッケージ 2015年型

N-BOXとは、ホンダが2011年から製造・販売している軽ハイトワゴンです。
室内空間は軽自動車でトップクラスの広さを誇り、燃費性能はJC08モードで25.6km/Lという低燃費となっています。
人気も非常に高く、2015年度と2016年度の軽四輪車新車販売台数で1位を記録しました。
また、2017年の8月には新型へフルモデルチェンジされる予定です。

●ホンダ N-BOXについての記事はこちら!

軽自動車の人気おすすめランキング【第2位】ダイハツ タント

ダイハツ タント 2013年型 X

タントとは、ダイハツが2003年から製造・販売している軽ハイトワゴンです。
2013年に発売された現行モデルは、3代目となります。
イタリア語で「とても広い」という意味がある車名の通り、広い室内空間を持ち、使い勝手に優れた装備も充実しているので、ちいさな子どものいるファミリー層に人気があります。
また、2017年の冬に新型へフルモデルチェンジするという噂もあるようです。

●ダイハツ タントについての記事はこちら!

軽自動車の人気おすすめランキング【第3位】日産 デイズ

日産 デイズ 2013年

デイズとは、日産が2013年から販売している軽トールワゴンです。
開発は日産と三菱の合弁会社「NMKV」によって行われ、三菱によって生産されています。
コンパクトで扱いやすいボディに、十分な広さの室内空間を持ち、自動ブレーキをはじめとした先進安全装備も充実しています。

●日産 デイズについての記事はこちら!

コンパクトカーの人気おすすめランキングTOP3

コンパクトカーの特徴とは?

明確な定義はありませんが、日本では普通車のうち「5ナンバー」サイズに含まれる、小型のハッチバックやトールワゴンのことをコンパクトカーと呼ぶ傾向にあります。
低燃費・低価格で維持費が安いという点では軽自動車と同じですが、コンパクトカーは軽自動車と違って、排気量660cc以上のエンジンを搭載することができるので、より高い走行性能を持つことができるのです。
また、安全性においても軽自動車よりコンパクトカーの方が高いという特徴があります。

●コンパクトカーについての記事はこちら!

コンパクトカーの人気おすすめランキング【第1位】日産 ノート

ノートe-POWER

ノートとは、日産自動車が2004年から製造・販売しているコンパクトカーです。
現行型ノートのパワートレインには、電機自動車とハイブリッド車のメリットを併せ持つ「e-Power」というシステムが搭載されており、話題と人気を集めています。
e-Power搭載モデルは、発売初月における販売台数で15,874台という数字を記録しており、軽自動車を含めた全車種における販売台数で1位を記録しました。

●日産 ノートについての記事はこちら!

コンパクトカーの人気おすすめランキング【第2位】トヨタ アクア

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

アクアとは、トヨタ自動車が2011年から製造・販売しているコンパクトハイブリッドカーです。
トヨタがプリウスの開発などで培ってきたハイブリッド技術を搭載しており、JC08モードで38.0km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
また、手頃な価格帯に設定されているため、車離れが進んでいる若者からも人気のモデルとなっています。

●トヨタ アクアについての記事はこちら!

コンパクトカーの人気おすすめランキング【第3位】トヨタ ヴィッツ

トヨタ ヴィッツ 2017

ヴィッツとは、トヨタ自動車が1999年から製造・販売しているコンパクトカーです。
ホンダ・フィットや日産・マーチと並んで「日本のコンパクトカー御三家」の一つに数えられていたこともあるヴィッツは、優れたデザインと環境性能を持つコンパクトカーとして、世界的にも高い人気があります。

現行型の3代目ヴィッツのパワートレインには、1.0Lの直列3気筒エンジンと1.3Lの直列4気筒エンジン、そして1.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンの3種類がラインナップされています。
ハイブリッドモデルの場合、JC08モードで34.4km/Lという高い燃費性能を発揮することが可能です。

●トヨタ ヴィッツについての記事はこちら!

ミニバンの人気おすすめランキングTOP3

ミニバンの特徴とは?

明確な定義はありませんが、一般的に6人以上の乗車定員であり、ワゴンタイプのボディを持つ車種のことをミニバンと呼びます。
普通車では最大クラスの室内空間を持ち、大人数が乗れて積載量も大きいので、ファミリーカーやアウトドア用の車に適しています。

●ミニバンについての記事はこちら!

ミニバンの人気おすすめランキング【第1位】ホンダ フリード

ホンダ フリード ハイブリッド

フリードとは、ホンダが2008年から製造・販売しているコンパクトミニバンです。
同社の「モビリオ」と「モビリオスパイク」を統合した後継車種であり、ミドルクラスミニバンでは大きすぎると考えているユーザーをターゲットとして開発されました。
2016年に発売された現行型のフリードは2代目であり、初代フリードで好評だった「ちょうどいい感じ」をさらに進化させています。

●ホンダ フリードについての記事はこちら!

ミニバンの人気おすすめランキング【第2位】トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

シエンタとは、トヨタ自動車が2003年から製造・販売しているミニバンです。
2015年に発売された現行モデルは2代目となります。
ミニバンらしからぬコンパクトでおしゃれなボディに、ゆとりある室内空間と使い勝手の良さを持つシエンタは、幅広い世代からの人気を獲得しました。

●トヨタ シエンタについての記事はこちら!

ミニバンの人気おすすめランキング【第3位】日産 セレナ

2016 日産セレナ

セレナとは、日産自動車が1994年から製造・販売しているミニバンです。
現行型の5代目セレナでは、半自動運転システム「プロパイロット」を搭載することにより、高速道路上におけるドライバーの負担を大幅に軽減しています。

●日産 セレナについての記事はこちら!

SUVの人気おすすめランキングTOP3

SUVの特徴とは?

SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略称です。
その定義は非常にあいまいですが、日本では大きなタイヤを履いて車高が高く、オフロード性能に優れた車種をSUVに分類しています。

●SUVについての記事はこちら!

SUVの人気おすすめランキング【第1位】トヨタ C-HR

トヨタ C-HR 外装

C-HRとは、トヨタ自動車が2016年から製造・発売しているクロスオーバーSUVです。
4代目プリウスに次ぐ「TNGA」導入車両であるC-HRには、プリウスと同様の最先端ハイブリッドシステムが搭載されており、JC08モードで30.2km/Lという高い燃費性能を発揮しつつ、SUVとしての力強い走りも実現しています。

●トヨタ C-HRについての記事はこちら!

SUVの人気おすすめランキング【第2位】ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド RS 2016

ヴェゼルとは、本田技研工業が2013年から製造・発売しているクロスオーバーSUVです。
SUVの力強さとクーペの艶やかさ、そしてミニバンの使いやすさを併せ持つヴェゼルは、国産SUVの中でも特に人気が高く、2014年から2016年までの3年間連続で、年間SUV販売台数1位の座に輝いています。

●ホンダ ヴェゼルについての記事はこちら!

SUVの人気おすすめランキング【第3位】トヨタ ハリアー

トヨタ 新型 ハリアー 2017年型

ハリアーとは、トヨタ自動車が1997年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
「高級クロスオーバーSUV」というジャンルの先駆けとして登場したハリアーは、力強い走りと高級サルーンのような乗り心地で世界を驚かせ、多くの追随モデルを生み出しています。
現行型の3代目ハリアーは、2.0Lの直列4気筒ガソリンと2.0Lの直列4気筒直噴ガソリンターボ、そして2.5Lの直列4気筒ハイブリッドの3種類のエンジンをラインナップし、優れた4WDシステムによる質感の高い走りを実現しました。

●トヨタ ハリアーについての記事はこちら!

ステーションワゴンの人気おすすめランキングTOP3

ステーションワゴンの特徴とは?

ステーションワゴンとは、一般的に2ボックス(ボンネットがあり、キャビンと荷室が一体化しているボディタイプ)で車高の低い車種のことを指します。
セダン並みの走行性能と室内の快適性を持ち、セダン以上の荷室容量を確保しているという点が、ステーションワゴンにおける最大の特長です。

●ステーションワゴンについての記事はこちら!

ステーションワゴンの人気おすすめランキング【第1位】トヨタ カローラフィールダー

トヨタ カローラフィールダー 特別仕様車 HYBRID G +Red 2016年

カローラフィールダーとは、トヨタ自動車が2000年から製造・販売しているステーションワゴンです。
2012年に発売された現行型は3代目となります。
派生元であるカローラアクシオと共に「大人4人が、安心・安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに開発されたカローラフィールダーは、日本の交通環境に最適な取り回しに優れたステーションワゴンとなっています。
燃費性能も非常に高く、ハイブリッド車はJC08モードで33.8km/Lという低燃費を実現しました。

●トヨタ カローラフィールダーについての記事はこちら!

ステーションワゴンの人気おすすめランキング【第2位】ホンダ シャトル

ホンダ シャトル 2015年ホンダ シャトル 2015年

シャトルとは、本田技研工業が2015年から製造・販売しているステーションワゴンです。
同社のフィットをベースに、「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」として開発されました。
シャトルのハイブリッドモデルの燃費性能は、ベースであるフィットと同様に非常に高く、JC08モードで34.0km/Lを発揮します。

●ホンダ シャトルについての記事はこちら!

ステーションワゴンの人気おすすめランキング【第3位】トヨタ プリウスα

トヨタ プリウスα S ツーリングセレクション 2014年

プリウスαとは、トヨタ自動車が2011年から製造・販売しているステーションワゴンです。
3代目プリウスをベースとした派生車種であるプリウスαは、プリウスの特長である高い環境性能を維持しつつ、室内空間をより広く使えるようになっており、通常のプリウスと同様の5人乗り2列シート車のほか、7人乗り3列シート車も用意されています。
パワートレインには、3代目プリウスと同様のハイブリッドシステムを搭載し、JC08モードで26.2km/Lという燃費性能になっています。

●トヨタ プリウスαについての記事はこちら!

セダンの人気おすすめランキングTOP3

セダンの特徴とは?

セダンとは一般的に、ボンネットを持ち、座席とトランクルームが分けられた3ボックスタイプの乗用車のことを指します。
自動車の最もスタンダードなスタイルであるセダンは、高い走行性能を持ち、室内の快適性や乗り心地に優れるという特長を持ちます。
その反面、積載容量は少なく、ミニバンやSUVのように座席を倒して、貨物スペースを拡げるといったことはできません。

●セダンについての記事はこちら!

セダンの人気おすすめランキング【第1位】トヨタ プリウス

トヨタ プリウス A ツーリングセレクション 2015年

プリウスとは、トヨタ自動車が製造・販売しているハイブリッド専用車です。
ハイブリッド車の代名詞ともいえるプリウスは、1997年に世界初の量産ハイブリッド車として登場し、世界中を驚かせました。
2016年に発売された現行型の4代目プリウスは、トヨタが掲げる次世代の開発方針「TNGA」に沿って開発された車両の第一弾であり、JC08モードで40.8km/Lという燃費性能を実現しています。

●トヨタ プリウスについての記事はこちら!

セダンの人気おすすめランキング【第2位】トヨタ カローラアクシオ

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G 2015年

カローラアクシオとは、トヨタ自動車が2006年から製造・販売している4ドアセダンです。
現行モデルとなる2代目は、2013年に発売されました。
カローラの原点に立ち返って開発が進められたというカローラアクシオは、日本の交通事情にピッタリな小回りのきくコンパクトボディを持ち、室内空間には大人4人がゆったりと座れる広さを確保しています。
燃費性能もJC08モードで33.8km/Lと非常に高く、スタンダードなセダンとして必要なものがすべて揃っているのです。

●トヨタ カローラアクシオについての記事はこちら!

セダンの人気おすすめランキング【第3位】トヨタ クラウン

トヨタ クラウンロイヤル ガソリン

クラウンとは、トヨタ自動車が1955年から製造・販売している4ドアセダンです。
トヨタ自動車を代表する高級セダンとして、長年にわたってモデルチェンジを繰り返してきたクラウンは、現行型で14代目となります。
安心と信頼の純国産セダンであるクラウンは、走行性能や乗り心地、質感などが非常に高いレベルでまとまっています。

●トヨタ クラウンについての記事はこちら!

クーペの人気おすすめランキングTOP3

クーペの特徴とは?

クーペとは、一般的に2ドアの乗用車のことを指します。
スポーツカーなど、趣味の車に採用されることが多いボディタイプです。
走行性能に優れたモデルが多い一方で、乗車定員や積載容量が少ないという特徴も持ちます。

●クーペについての記事はこちら!

クーペの人気おすすめランキング【第1位】トヨタ 86

トヨタ 86

86とは、トヨタ自動車が2012年から販売しているスポーツクーペです。
トヨタとスバルの共同開発で生まれた86には、スバル「BRZ」という姉妹車も存在しています。
若者に走る楽しさを知ってもらうために開発された86は、価格をできるだけ低く抑えつつ、FR駆動による高い走行性能も実現しました。

●トヨタ 86についての記事はこちら!

クーペの人気おすすめランキング【第2位】スバル BRZ

スバル BRZ-S 2016年型

BRZとは、スバルが2012年から製造・発売しているスポーツクーペです。
トヨタ自動車との共同開発で誕生したBRZは、トヨタ側では「86」として販売されています。
その基本的な仕様は86とほぼ同じですが、ヘッドライトやフロントバンパーなど、一部のデザインは86と異なっています。

●スバル BRZについての記事はこちら!

クーペの人気おすすめランキング【第3位】日産 GT-R

日産 GT-R 2017年型

GT-Rとは、日産自動車が2007年から製造・販売しているスポーツクーペです。
スカイラインGT-Rの後継車種であるGT-Rは、日産がこれまで培ってきた技術を結集して開発したスーパーカーであり、あらゆる面で圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

●日産 GT-Rについての記事はこちら!

ボディタイプごとの特徴を理解して自動車を選ぼう

コンパクトカー イラスト

自動車のボディタイプ別おすすめ人気ランキングはいかがでしたでしょうか?

ボディタイプごとの特徴を理解していれば、自動車選びはよりスムーズになります。
自動車の購入を決める際には、ボディタイプごとの特徴を使用目的や家族構成、予算、好みなどと照らし合わせて、最適なモデルを選ぶようにしましょう。
もちろん、試乗も忘れないようにしてくださいね?

自動車の人気ランキングに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK