MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ランドクルーザー > 【#みぃぱーきんぐの車紹介】トヨタ新型ランドクルーザー(300系)の外装・内装を徹底解説!
ランドクルーザー

更新

【#みぃぱーきんぐの車紹介】トヨタ新型ランドクルーザー(300系)の外装・内装を徹底解説!

みぃぱーきんぐさんトヨタ新型ランドクルーザーの外装・内装を徹底紹介!

美人すぎる車系Youtuber・みぃぱーきんぐさんが、トヨタ新型ランドクルーザーの外装・内装を解説!

日本が世界に誇るSUVことランドクルーザー。新型となる300系は発売後、注文が殺到し、納車までとんでもない期間が提示されたことも話題になりました。

歴代モデルを踏襲し、世界屈指のオフロード性能を備えつつも、内外装ともにラグジュアリーに仕上げられたランクル300。

この記事では、動画の見どころをピックアップしてご紹介します。

◇ みぃぱーきんぐ ◇
みぃぱーきんぐ
車の紹介・解説を行う車系Youtuber。きめ細やかな視点での解説は初心者や女性にも分かりやすい。実際に使ってみてのレビューなど、購入や車選びの参考になる情報が満載。

Youtubeチャンネルはこちら

Twitterはこちら

第15回 日産 ノートオーラ編はコチラ!

迫力満点のフロントフェイス&真四角ボディ

フロントグリルは大型でインパクトがありますが、ギラギラしすぎないカラーが特徴。ブラックの差し色でスタイリッシュに引き締められていますね。

中央がえぐれた、ランクルらしいデザインはもちろん、ヘッドライト部分が1段下がっていることで、表情が豊かに見えますね♪

フロント、サイド、リアどこから見てもスクエアボディが際立つスタイル。先代の200系に比べて”真四角さ”がアップしました。

しかし伸びやかでまとまりのあるデザインは、昨今の高級SUVのトレンドスタイルに寄っています。

先進的なライトの造形に少しレトロな箱型のデザインは、王者・ランクルだからこそ出せる世界観だと思います!

ボディそのものはもちろん、ドアや窓、ライト類などは、みぃぱーきんぐさんが隣に立つとその大きさがよく分かりますね。

底床設計のミニバンや軽スーパーハイトワゴンに慣れていると、ランクル300のステップはやや高めですが、ココはクロスカントリー車ならではの個性といったところでしょう。

50台以上が集結!トヨタ新型ランドクルーザーが速攻でドバイ警察に納車される

ベージュ内装で高級感がぐっと高まる!

ノーマルグレードの内装色はブラックとベージュ。ブラックはファブリックシートか本革シートが選べますが、ベージュは本革シートのみ。

人気があるのは国内外含めベージュだそうです。ご紹介いただいた車両もベージュの本革シート。車内が明るく、広く、ゆったり見えます。外観のタフさと内装のラグジュアリー感のギャップがカッコいいですね。

12.3インチナビは2画面表示。地図を広げたままでも、同じ画面で違う操作ができます♪

スイッチ類も見やすくて押しやすい!褒めてばかりになってしまいますが、新しい感覚でセンスが感じられました!

サンルーフを開ければさらに明るく!

指紋認証だけじゃない!新型ランドクルーザーの盗難防止機能に世界が仰天!

モード切替でオンロードもオフロードもお任せ!

ランドクルーザー300にはいくつかの走行モード切り替えスイッチが装備されています。みぃぱーきんぐさんの動画内で紹介しきれなかった部分を、MOBYがご紹介します。

切り替えスイッチは3種類。モード切替スイッチ・ツマミはココ。

スイッチの役割は以下の通りです。

  • MODE SELECT
  • MTS
  • DAC・CRAWL

MODE SELECT

「モードセレクト」のダイヤルでは、オンロード走行時のモード切替をすることができます。

選べる走行モードはグレードによって異なり、今回ご紹介いただいた「ZX」では「カスタム」を含む6種類を用意。

具体的には、パワートレイン、ステアリング、サスペンション、エアコンの設定を、「標準」「加速重視」「乗り心地重視」「燃費重視」などに振り分けることで、ダイナミックな加速を楽しみたいとき、ゆったり燃費よく走りたいときなど、設定をワンタッチで変更できます。

MTS

「MTS(マルチテレインセレクト)」のスイッチでは、オフロード走行時のモード切替をすることができます。

最近のトヨタ車ではRAV4でもおなじみのセレクトスイッチで、泥道や砂地、雪道などで車がスタックや失速を起こさないよう、駆動力を自動的に配分してくれます。

DAC・CRAWL

「DAC・CRAWL」のスイッチでは、ダウンヒルアシストコントロールとクロールコントロールのON・OFFを切り替えることができます。

急な坂道を下る際や滑りやすい路面を走行する際、ドライバーがステアリング操作に集中できるよう、エンジンの出力やブレーキを車が最適化してくれるものです。

トヨタ RAV4/RAV4 PHV完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

後席ゆったり!モニターがあればさらに贅沢空間に

今回ご紹介いただいたランドクルーザーは2列シート・5人乗り。後席は大人が乗っても広く、足元、頭上空間ともに余裕があります。

オプションで装着できるリアエンターテイメントシステムは、薄型11.6インチの本格モニター。まさに贅沢の極みですね。

さらに、後席用のセンターコンソールは前席とほぼ同じものが用意されています。エアコン操作ボタンはもちろん、シートヒーターやシートベンチレーション、USB、イヤホンジャックなど、必要なものがすべて揃っています。

王様気分が味わえるような快適さ♪

シャンパングラスを傾けながら映画鑑賞……なんて夢も叶うクルマです!

オプションでクールボックスを付ければ、いつでも冷たい飲み物も楽しめます。

5人乗りならラゲッジスペースも広々!

2列シート・5人乗り仕様は、ラゲッジスペースも広々。コンセントやLEDライト、巻取り型のトノカバーなど、使い勝手もバッチリ。

さらに大きな荷物を乗せる際は、2列目シートをワンタッチで前に倒し、スペースを広げることができます。

構造上、フルフラットにはならないのですが、マットなどで段差を埋めれば車中泊もできそうでした♪

おまけの走行シーンも必見です!

みぃぱーきんぐさんから撮影コメントをいただきました!

みぃぱーきんぐさんからMOBYへ、新型ランドクルーザーの撮影を終えての感想をいただきました!

憧れのランドクルーザーの撮影という事で、この日はかなりテンション高く撮影をしました!

いつもより、短い時間での撮影且つ内容盛りだくさんだったので大変でしたが、それ以上にとても楽しかったです!

今回のお車にも着いていましたが、サンルーフのついている車っていいですよね♩

こんな車で海沿いをドライブしたい〜!

車内映像(スクリーンショット)でもお分かりいただけたかと思うのですが、新型ランドクルーザーは車内が明るい!

ベージュ内装との相性もよく、広い空間がますますゆったり見えますね。

天気のいい日は、開放感のあるドライブが楽しめそうです。

トヨタ ランドクルーザーの基本情報

ランドクルーザー300 ZX(ガソリンモデル)

ランドクルーザーはトヨタのクロスカントリー車。シティユースの小型~中型SUVとは一線を画する、高級大型オフロードモデルとして、実に70年もの歴史がある人気車です。

日本はもちろん、北米や中東でも人気が高く、悪路走破性能や路面状況に左右されない安定感、静粛性などが評価されています。

今回ご紹介いただいたのは最新モデルの「300系」。先代となる200系の登場後、15年ぶりにフルモデルチェンジが行われ、大注目を浴びました。

フルモデルチェンジのトピックスはいくつかありますが、なかでもディーゼルエンジンの復活は歴代ランクルオーナーにとっても特別でしょう。

エンジンはV8からV6にダウンサイジングしたものの、ツインターボによりパワーはじゅうぶん。先代モデルゆずりの高い悪路走破性に加え、10速に多段化したトランスミッションにより、いかなる環境や路面でも力強く走ってくれます。

ランドクルーザー300 GRスポーツ

さらにトヨタ初採用の指紋認証機能や、先代にはなかった「GRスポーツ」グレードの設定など、話題の付きないランクル300は、発表直後に注文が殺到。

「納車まで5年待ち」という話が出るほどですから、間違いなく2021年No.1の注目車と言ってよいでしょう。

トヨタ ランドクルーザーの歴代モデル一覧!各世代の特徴や性能を解説

トヨタ ランドクルーザー(300系)のスペック

全長4950~4985mm
全幅1980~1990mm
全高1925mm
ホイールベース2850mm
車両重量2635~2905kg
乗車定員5~7人
エンジンV型6気筒ツインターボV型6気筒ツインターボ
排気量3444cc3345cc
最高出力305kW[415PS]/5,200rpm227kW[309PS]/4,000rpm
最大トルク650N·m[66.3kg・m]/2,000-3,600rpm700N·m[71.4kg・m]/1,600-2,600rpm
トランスミッション10速AT10速AT
駆動方式4WD4WD
使用燃料ハイオクディーゼル
{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

今回みぃぱーきんぐさんが紹介してくれたのはこんな仕様!

ご紹介いただいたのはディーゼル車のエントリーグレード。「GRスポーツ」は外観も大きく異なりますので、ランクル300のディーゼル車がほしい場合は、ノーマルデザインとスポーツテイスト、どちらが好みかを決めてもよいでしょう。

グレード名ZX
パワートレイン3.3L ターボディーゼル
駆動4WD
定員5人
WLTCモード燃費9.7km/L
価格7,600,000円~

ランドクルーザー300系のグレード早見表

ちなみに2021年10月時点で、ランクル300のグレードは以下の通り。ガソリン車は基本的に7人乗り、ディーゼル車は5人乗りのみとなっています。

5人乗り7人乗り
ガソリンGXAX
VX
ZX
GRスポーツ
ディーゼルZX
GRスポーツ

最上位のスポーツグレード「GRスポーツ」も、5人乗りと7人乗りとで差別化されているのも興味深いですね。

トヨタ ランドクルーザー300系完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

みぃぱーきんぐさんのYouTubeチャンネルを要チェック!

国産車の内外装解説やドライブレポートなど、さまざまな動画をアップしているみぃぱーきんぐさん。

記事では紹介できなかった楽しい&分かりやすい解説は動画でご覧ください!

女性ならではの丁寧な説明や鋭い視点で、初心者にもわかりやすくクルマを解説してくれています。

いきなりディーラーに試乗に行くのはちょっと不安かな…という人も、ポイントをしっかりおさえることができるので、クルマ選びの強い味方になること間違いなし!

MOBYではこれからもみぃぱーきんぐさんの楽しい&分かりやすい動画をご紹介していきます。

#みぃぱーきんぐ チャンネル登録はこちらから!

みぃぱーきんぐさんのTwitterはこちら

みぃぱーきんぐさんの記事一覧はこちら!

トヨタの新型車情報はコチラ♪

最新のモデルチェンジ・新型車情報はコチラで随時更新中!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 伊東 千夏
MOBY編集部 伊東 千夏
母の愛車・CR-Xの後部座席で幼少期を過ごす。現在はCR-Z(10年選手)を母と共有。インスタでは専らラリーカーとレースクイーンばかりを見ているため、男性向け広告しかレコメンドされない悲しみを味わっているネ...
すべての画像を見る (18枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード